自宅 五十川敦子に関するニュース

高島礼子 激やせ!苦悩の裏で高知東生が残す2ショットLINE

WEB女性自身 / 2016年09月21日06時00分

事件後は二人で住んでいた愛の巣になかなか入ることができなかった高島だが、ひそかに自宅へ戻っていたのだ。 判決前日の9月14日午前10時ごろ、自宅前に白のポルシェが停車。中から出てきたセレブ風の女性が姿を見せると、そのまま家へ入っていく。約1時間後、女性とふたりそろって出てきた高島は事件直後よりもかなり激やせしている。頬はこけ、ひとまわりは小さくなったように [全文を読む]

高島礼子 元夫・高知東生が「土下座謝罪」でもスポンサー圧力で強制離婚

アサ芸プラス / 2016年08月11日17時57分

泣く泣く離婚した形です」 今後の女優業に支障をきたせば高知被告の更生生活を支えることは難しいうえ、自宅から吸引用のストローが発見されたことも離婚の大きな要因だったという。芸能プロ関係者によれば、「ラブホテルで隠れてシャブセックスに溺れるだけでなく、自宅でも一発キメてから外出するほどの常習性が明らかになっては、もはや離婚要請を拒みきれなかった」 7月30日に [全文を読む]

高島礼子 高知逮捕から3週間、思い出の自宅には今も帰れず

WEB女性自身 / 2016年07月20日06時00分

6月24日に覚せい剤取締法違反で夫の高知東生容疑者(51)が逮捕されてから3週間、彼女の姿はずっと自宅にないという。 また横浜市内にある高島の実家も訪ねてみたが、出入りするヘルパーのひとりは「彼女はここにはいません」と答えた。 「高島さんは現在、今月21日からスタートする主演ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)の撮影のため京都に滞在しています。とい [全文を読む]

高知東生 過去には自宅で不倫三昧、ダミー男性も準備

NEWSポストセブン / 2016年06月29日16時00分

「逢瀬はいつも高知さん夫婦の自宅マンション。私が行く時は常に高知さんの友人男性がいて、万一、高島さんが急に帰ってきても、私とその男性が恋人同士という形にして言い逃れできるような態勢を取っていた」「セックスするのは、高知さんと高島さんがいつも寝ている夫婦のベッド。高島さんには申し訳ない気持ちだった」 [全文を読む]

8千万円減も!不動産高騰でも損した”お騒がせ芸能人”たち

WEB女性自身 / 2016年09月22日06時00分

彼が指摘するように、芸能人の事件を機に自宅がクローズアップされることは多い。 ただ近年不動産価格は大きく上昇している。豪邸ともなれば額が大きいだけに、得した芸能人もいるのではないだろうか。そこで本誌は不動産のプロに価格鑑定を依頼。報道や当時の不動産相場などをもとに算出した購入時額と比較し、騰落額をランキング化した。 今回、もっとも損する結果となったのがAS [全文を読む]

高知東生・五十川敦子両被告初公判、五十川父の異常な“親バカ”ぶりが明らかに

日刊サイゾー / 2016年09月13日13時00分

五十川被告は、自宅でも覚せい剤を使用していたというが、父親は五十川被告の部屋にも入ったことがないそうで、そのことについて恥ずかしげもなく『まったく知りませんでした』とキッパリ。保釈時の身元引受人になったというが、最近の生活にぶりについて『朝はきちんと起きて家事を手伝うし、夜もちゃんと寝てくれます』と、うれしそうに話した。おまけに、8年前には『仕事関係の人』 [全文を読む]

小倉優子がゲス不倫被害!なぜ不倫相手には本妻よりもブスが選ばれるのか?

WEB女性自身 / 2016年08月04日20時00分

第2子妊娠中だったゆうこりんは、すでに自宅を出て別居生活に入ったとの報道もあります。 妊娠中に事務所の後輩と不倫。菊池氏の罪は大きいのは当然として、ふと感じることがあります。それは「ゆうこりんほど可愛いくて売れっ子で、尽くしてくれる妻がいるのに、どうして菊池氏は売れないアイドルに手を出したのか?」ということです。 そこで思い出されるのが、先日離婚した高島礼 [全文を読む]

高知東生「薬物使用」へとつながる高校時代の先輩・後輩「闇交遊人生」

アサ芸プラス / 2016年07月17日17時57分

結果的に山本の逮捕まで行きましたが、被害女性も悪質な犯行に協力していたことで逮捕され、重い実刑となりそうです」 被害者の一人の供述によれば、山本容疑者の子分の自宅で小分けされた覚醒剤を目撃したことがあったという。山本容疑者が高知容疑者のシャブ入手ルートだったのか、関心が持たれている。「組の方針で表向き手を出してなかったけど、山本は裏で扱ってたってな」(前出 [全文を読む]

セクシー女優麻生希も薬物逮捕されていた! 「マトリ」の動きに見る高知東生容疑者の「売人芋づる逮捕」と、クスリを「買った連中」とは

Business Journal / 2016年07月08日14時00分

自宅に踏み込んだマトリに薬物を押収されての逮捕である。 「週刊文春」(文藝春秋)の今週号で、同じくAVに多数出演していた香西咲氏が“脅迫”や“洗脳”、“囲い込み”などの手法でAVに出演し続けなければならなかったことを告白し、所属事務所の社長を相手取った訴訟を起こすという衝撃的な記事が出たが、体を張る商売を続ける過程で精神を病むことが多いのは容易に想像がつく [全文を読む]

高知東生容疑者は「覚せい剤ブローカー」!? 一連の報道に見る“10年前”は偶然の一致か

日刊サイゾー / 2016年07月07日09時00分

あくまで匿名記者による話であるため信ぴょう性が高いとはいえないが、このメールマガジンはその後、ほかで公になっていない芸能人の自宅住所や少年犯罪者の実名なども報じており、一定の事情通であったことはうかがえた。 今回の事件は捜査中の段階で、高知容疑者が実際にいつから薬物を扱っていたのかはまだ明らかになっていないが、前述のウワサが事実であれば、女優・高島礼子と [全文を読む]

高知東生、同時逮捕の女性と「7年シャブ愛人関係」発覚! 高島礼子の発言に見る「矛盾」と、おしどり夫婦の「本当の関係」

Business Journal / 2016年06月28日22時00分

マスコミ関係者の中でも「仮面夫婦説」はすでに語られており、自宅近くを取材してもツーショットなどは見たことがないという情報もすでに出回っている。 高島が「ただただ驚いて困惑している状況です」と語ったのは、夫婦の“本当の関係”を暴かれないがための逃げ口上なのか……話に矛盾がある以上、そう感じてしまう人は多い違いない。 今回の衝撃の逮捕は、まだまだ収束の域を見 [全文を読む]

フォーカス