ハーフ ホラン千秋に関するニュース

春香クリスティーンの破局はハーフタレント飽和が原因?

アサ芸プラス / 2015年08月10日09時59分

日本とスイスのハーフとして知られる春香クリスティーンが、公開告白した恋人と交際わずか5カ月で破局していたことを明らかにした。ハーフタレントには珍しい、汚れ役とも言えそうなエピソードだが、春香自身はこうやって話題になることをよしとしているようだ。 その春香は上智大学の現役学生で、語学にも堪能。スイス出身らしく政治にも興味があり、「永田町大好き!」という本も上 [全文を読む]

ホラン千秋がローラを“あっち側”呼ばわり、ハーフ界に仁義なき女の戦いが勃発!?

アサジョ / 2016年08月02日17時59分

その中で、医師でタレントの西川史子が「ハーフタレントの存在意義」に物申した。西川は「ハーフタレントが多すぎる。ハーフだったらテレビに出られる」と言い、続いてかつてハーフタレントが少数だった頃はまだよかったが、「今は誰が誰だかわかんない飽和状態」と発言したのだ。 これに対し、ホラン千秋とSHELLYが反発。ホランは「ハーフタレントでも“あっち側”と“こっち [全文を読む]

ベッキー、「マーケティング」センスの証明

NewsCafe / 2015年02月06日17時00分

記者「タレント、ベッキー(30)が差配(さはい)して始まったっていう『ハーフ会』が話題になっています」デスク「ああ…、何かとお騒がせのローラ(24)を始め、ウエンツ瑛士(29)やSHELLY(30)、ユージ(27)、ホラン千秋(26)なんかが参加したっていうんだろ」記者「他にもお笑いでは亡父がアフリカ系米国人なのに英語がしゃべれない『マテンロウ』のアントニ [全文を読む]

ベッキー、ローラ...「ハーフタレントの陰謀論」がネットで話題?

tocana / 2015年02月06日09時00分

「女性自身」(2月17日号)に、芸能人派閥『ハーフ会』が注目されているという記事が掲載された。バラエティ番組に存在する"ハーフ枠"の出演をめぐり集ったのが、ベッキー(30)、ローラ(24)、ウエンツ瑛士(29)、SHELLY(30)、ユージ(27)、ホラン千秋(26)、ハリー杉山(30)、お笑いコンビ「マテンロウ」のアントニー(24)ら8名。 なんでも、ベ [全文を読む]

ベッキー“友達少ない”発言に「ハーフ会は友達じゃないの?」“元気の押し売り”に辟易で、好感度急下降か

おたぽる / 2015年10月22日09時00分

これに対してネット上では、「ハーフ会の面々は友達じゃないの?」などと、疑問の声が上がっている。 「ウエンツ瑛士やローラ、ホラン千秋、JOYなど、芸能界で活躍するハーフタレントだけを集めたハーフ会を主催し、その様子をインスタグラムやバラエティ番組内で披露するなど、ベッキーには芸能界での友達が多いイメージがありますが、実際のところハーフ会は友人付き合いではな [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ローラ、IVANとの3ショットを豊田エリーが公開。ハーフ会メンバーはやっぱり仲良し。

TechinsightJapan / 2015年06月12日11時35分

イギリスと日本のハーフである女優・豊田エリーが、ハーフ会メンバーのローラ、IVANとの仲睦まじいスリーショットを公開した。普段から親交があるという3人は楽しそうな表情を見せており、「3人ともかわいい!」とファンから好評を集めている。 豊田エリーは11日、自身のInstagramを更新。「きゃわいいふたりとっ」とコメントし、モデルのローラ、IVANとのスリー [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ベッキーが投稿した“ハーフ会”の写真が怖い? 「SHELLYの下半身が見えない!」と話題に。

TechinsightJapan / 2015年01月26日12時40分

昨今の“ハーフタレントブーム”の先駆けとして活躍中のベッキーが、他ハーフタレントと開催した“ハーフ会”の様子を自身のInstagramで公開した。ローラやウエンツ瑛士、ホラン千秋など豪華なメンバーに喜ぶフォロワーが多い中で、写真の“ある部分”に話題が集まった。 ベッキーは26日、自身のInstagramを更新。ハーフタレントとして活躍中の芸能人とともに“ハ [全文を読む]

ホラン千秋、新番組MC恵俊彰は「近所のおばちゃん」

Smartザテレビジョン / 2016年10月19日22時08分

この番組で取り上げてほしいテーマについて宮澤は「『ハーフは劣化が早い』とよく言う人がいて、すごい最低だなと思う」とハーフならではの悩みを告白。「肌の色素が白いとか皮膚が薄いとか、そういうことでアジア系の人よりも老いが目立ちやすいのかもしれないんですけど、それを『劣化した』と言われないようにする“X”を早く突き止めてほしいなと思います」と期待を語った。 同 [全文を読む]

城田優が「ガイジン」と言われたいじめを告白...秋元才加、ざわちん、青山テルマらも明かすハーフ・クォーターへの偏見と差別

リテラ / 2017年06月23日19時05分

これだけ時代が変わったにも関わらず、もし、未だに学校等で、ハーフの子供達が"外人"と呼ばれているのだとすると、すごく悲しいことです。 そうではないと信じたい。〉 彼はスペイン人の母と日本人の父との間に生まれたハーフ。誰もが知る通り端正なルックスの彼だが、実は生い立ちゆえに、その外見に劣等感を抱いていた時期もあったと告白したことがある。 2014年に『オペ [全文を読む]

“おバカ代表”藤田ニコルがミスユニバースとのトークバトルに圧勝!?

アサジョ / 2016年11月16日18時15分

藤田によると4月放送のバラエティ番組にて2015年ミスユニバース日本代表の宮本エリアナが、藤田の言葉遣いを理由に「ハーフが全員バカだと思われている」と批判。それに対して藤田は「私も敬語使えるんです」と反論し、人と仲良くなりたいときにあえてタメ語を使っていると主張した。 続けて藤田は「だからTPOですよ、T・P・O!」と強調。すると中継で出演した宮本が「TP [全文を読む]

ダレノガレ明美が剥き出しにしたマギーへの敵意「事務所の力が強え」「アイツつまんねえもん」

messy / 2016年01月06日19時00分

同番組でダレノガレは、道端アンジェリカ(30)とともに「20代~60代主婦100人に聞いたバラエティで生き残りそうなハーフタレントランキング」での自分の順位を予想。ランキングには、ベッキー(31)、ローラ(25)、SHELLY(31)、森泉(33)、春香クリスティーン(23)、ホラン千秋(27)、マギー(23)、藤田ニコル(17)の名前が並んでいた。『ロ [全文を読む]

デスクの下からのぞく生足に興奮! ホラン千秋、ニュース番組風バラエティでインテリ美女に

メンズサイゾー / 2015年05月30日18時00分

「番組中では、ここ数年急増している"ハーフタレント"の話題にも触れており、そのひとりに数えられるホランさんも競争の激しさを訴えていましたね。しかしネット人気という点で見ればホランさんはかなり高いものがあります。個性的な面々がそろうハーフタレントの中にはアンチが多いタイプもいますが、ホランさんにはあまり批判的な意見を聞きません。かつて彼女はバラエティ番組に [全文を読む]

この艶っぽさはどうしたことだ?ホラン千秋が鬱々としたアラサー主婦役で覚醒

アサ芸プラス / 2016年10月21日09時58分

タワーマンションを舞台にどろどろとした主婦たちの交友関係を描いたドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」(TBS系)で、ハーフタレントのホラン千秋が達者な演技を見せている。バラエティ番組では真面目でインテリな雰囲気を漂わせているホランだが、本作では鬱々としたアラサー主婦を好演しているというのだ。女性誌のライターが驚いた様子で話す。「ホランさんはミスコンの優勝実績を [全文を読む]

不快なハーフ女性芸能人は誰?20代女性の3割が嫌いなのは…

しらべぇ / 2016年05月24日08時00分

画像はTwitterのスクリーンショット今やバラエティ番組に欠かせない存在のハーフ女性芸能人。抜群のルックスは、ひな壇に座っているだけで番組に華を添える。だが、最近活躍しているハーフ女性芸能人を見ると、自分の言いたいことをズバッと痛快にコメントするタイプの人が多い。それは、ときに視聴者を不快にさせてしまうようだ。しらべぇ編集部では、全国の男女726名を対象 [全文を読む]

ハリセンボン・近藤春菜は「利用されてる」!? ベッキーが“大親友”利用し復帰画策か

日刊サイゾー / 2016年03月24日00時00分

さらに、ウエンツ瑛士、JOY、IVAN、ホラン千秋ら「ハーフ会」で『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演した際には、ウエンツとJOYがベッキーのハーフ会での言動にクレームを入れた際「よくも言ってくれたな」「退会するか?」などものすごい剣幕で睨んだり絶句したりということも。これがネタかどうかは定かではないが、やはり独占欲は強そうな……。 ちなみにハー [全文を読む]

産休SHELLYの「代役の輪」に呼ばれなかったあのハーフ会メンバー

アサジョ / 2016年01月16日09時59分

ハーフタレントのSHELLYが産休に入った。昨年末の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)に続いて、2011年の番組開始当初からメーンMCを務めてきた「日経スペシャル 未来世紀ジパング~沸騰現場の経済学~」(テレビ東京系)を休むことになったのだ。1月4日放送が最後の出演となり、11日放送からは、MCを自身の友人らにバトンタッチ、友情出演の輪をつなげていく。白羽 [全文を読む]

不倫騒動で「タレントとして死んだ」ベッキー…早くもポスト・ベッキー争い?最有力は?

Business Journal / 2016年01月09日07時00分

飽和状態といわれる、いわゆる“ハーフ系タレント”市場の中でも、ベッキーはトップランナーでしたが、これで勢力図が大きく変わるでしょう。まず、出番が増えると思われるのが、同じくバラエティが主戦場のローラやダレノガレ明美です。ベッキーはMCとしても活躍していましたが、司会力に定評のあるホラン千秋やSHELLYがその代役を務めることも考えられます。 また、政治オ [全文を読む]

ハーフタレント戦国時代、ローラの後釜は誰だ!? ホラン千秋が一歩リードのワケとは

日刊サイゾー / 2014年12月18日13時00分

「ここ数年、外国人ハーフタレント枠は群雄割拠の時代を迎えているといっても過言ではないでしょう。その中でも頭ひとつ抜けているといわれているのが、ホラン千秋さんです。彼女はバラエティにMCにドラマにキャスターと、幅広くこなしていますからね」(テレビ局関係者) もはや“ハーフ枠”を超えた存在となったベッキーは別として、各番組にハーフ枠はひとりというのが定番になっ [全文を読む]

ベッキー、ローラ凋落で新ハーフ女王へ! 滝沢カレン、大いなる可能性への期待

日刊サイゾー / 2017年07月20日15時00分

2年前の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で「変な日本語をしゃべるハーフ」として注目を浴びて以降、着実にキャリアを積んでいる。当初は「そこまで賞味期限は長くない」と業界ではウワサされていたが、そんな予想をはるかに裏切る“長持ち”ぶりだ。その秘密は、どこにあるのだろうか?■ハーフタレントの淘汰 前提として、一時期は乱立状態にあったハーフタレントが「整理 [全文を読む]

ホラン千秋が狼狽した「ある“依存症”」騒動(2)「ホレっぽく、飽きっぽい」

アサ芸プラス / 2017年06月17日17時57分

同じ『ハーフ枠』では山本モナで懲りているTBSだけに、厳しい検査だったはず。今は恋愛よりも仕事優先なのでしょう」(スポーツ紙芸能デスク) さて、坂上からホランへの“かわいがり”は継続中で、6月8日放送の「バイキング」でもこんな“口撃”があった。 淫行で捕まったホテル専属歌手の「栃木のプリンス」こと宇都ノ宮晃容疑者のニュースを紹介した際、容疑者の収入が月18 [全文を読む]

フォーカス