病気 大渕愛子に関するニュース

【エンタがビタミン♪】大渕愛子弁護士 “頭の形を治す”ヘルメットを被った次男の姿を公開

TechinsightJapan / 2017年06月07日16時50分

確かに頭のいびつな形は病気が原因で起こるものでなければ、治療が必要かどうかは親の判断に任せられる。治療できる月齢が限られている「頭蓋形状誘導ヘルメット」治療を、出産前に知っておくことはその判断の材料になろう。大渕愛子弁護士のブログでこの治療法を知り、専門医を訪ねようと考えた母親も実際にいるのだ。 画像は『大渕愛子 2017年6月5日付オフィシャルブログ』 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大渕愛子弁護士は親子で感染。「まさか私が」と安田美沙子。“手足口病”まだまだ流行中。

TechinsightJapan / 2015年09月08日20時50分

この病気は幼児や小学生がかかりやすい感染症というイメージだが、家庭に子どもがいない大人でも感染することがあるようだ。タレントの安田美沙子も最近、“手足口病”を患ったばかりだ。 ウイルスの感染によって起こる“手足口病”は、口の中や手足などに水疱性の発疹が出ることで知られている。有効なワクチンや特効薬、特別な治療方法もないことから自宅で安静にして経過観察するし [全文を読む]

大渕弁護士がブログに綴った「治療頭蓋形状誘導ヘルメット」で治療した体験記

Woman.excite / 2017年06月02日16時30分

頭の変形は水頭症などの病気が原因であるケースもあるため、ヘルメットが使用できるかの適応診断も受けました。そして、息子の頭のサイズの模型を作り、オーダーメイドでヘルメットを作成。いよいよ治療がスタートしました。■頭蓋骨を矯正するのではなく、骨の成長を誘導するヘルメット頭蓋矯正と言うと、出来ている頭蓋骨に力を加えて形を整えると思うかも知れませんが、無理矢理頭を [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大渕愛子弁護士、次男の頭のゆがみ「頭蓋形状誘導ヘルメット」での治療を決意

TechinsightJapan / 2017年05月21日16時08分

そこで昂生くんの頭の形がいびつになっているのは病気が原因で起こる二次的な症状ではないと診断されたため、寝返りをするようになるまで様子を見ていたという。その頃には目立たなくなってくる場合も多いのだが、昂生くんにはあまり変化が見られなかったため大渕弁護士は「頭蓋形状誘導ヘルメット」での治療を決意した。ヘルメットで治療できる月齢が限られているという事情もあって [全文を読む]

大渕愛子、「私生活切り売りしすぎ」で総スルー! スマホ新モデル発表会に「場違い」の声も

サイゾーウーマン / 2015年10月09日13時00分

会見後の囲み取材では、「PR会社の息のかかったレポーターがほぼ代表質問のような形で当たり障りのない質問を続けていましたが、『これでは記事にならない』と思ったスポーツ紙記者が、仕方なく手足口病のことに触れると、大渕はここぞとばかりに、『子どもにチューをいっぱいしすぎて病気がうつった』『それだけスキンシップが密だったということ』『手足口病でダウンしてから、ダン [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】大渕愛子弁護士のブログに賛否。「猫と乳児のベビーラックの共有」は是か非か?

TechinsightJapan / 2015年05月13日15時10分

しかし「信じられない! 一緒に使うなんて…」「神経質になったってならなくたって、喘息等の病気になる子はなるし、ならない子はなりません」等の文言が目立ち始めると、より意見の対立が激しくなってしまったようだ。 「うちの息子も産まれた時から猫と共に育ちました」「いちいち猫の毛は猫の毛はってうるさいです」「いくら可愛くても、綺麗でも、やっぱり動物は動物」「父が猫の [全文を読む]

子宮頸がんの5年生存率 ステージIで91.7%、IVで25.1%

NEWSポストセブン / 2016年01月03日07時00分

「子宮体がんは50~60才の閉経前後に多い病気なので、たとえば45才の患者さんの場合、子宮を残して将来妊娠する可能性は低いと考えられるので、治療を優先して全摘出します。早期で若い女性だと、将来のことを考えて、リスクは高くなりますがホルモン療法を行うこともあるのです」(清水院長) 子宮がんの放射線治療や抗がん剤治療では、乳がんと同じく、吐き気や脱毛といった副 [全文を読む]

フォーカス