女性 大渕愛子に関するニュース

男は55歳までがピーク! アラサー美女を魅了する“待ち勝ち婚”に備える心得とは?

週プレNEWS / 2014年09月30日06時00分

30代、40代の男性も10年待てば、30代女性と「待ち勝ち婚」できるのだろうか? 「そうです。30代の男性は、10年待てばアラサー美女と結婚できる可能性が大いにあります!」 そう断言してくれたのは、脳科学者の中野信子先生だ。 「一般的にキャリアのある女性ほど結婚は負担となります。仕事で結果を求められる一方で、家庭では料理や洗濯、掃除などの家事をしなくては [全文を読む]

男性上司が女性社員に「妊活」を尋ねる手順 社労士がガイド

NEWSポストセブン / 2015年01月04日07時00分

2015年の仕事始めを前に、働く女性たちの中には憂鬱な気分になっている人もいるかもしれない。 昨年は政府が成長戦略で掲げている「女性登用」の機運が高まり、女性管理職の割合を数値目標で明示する企業が相次いだ。しかし、一方で仕事と家庭の両立に悩む女性社員の内情が大きくクローズアップされ、マタハラ(マタニティハラスメント)の被害件数も増えた。 では、男性上司は働 [全文を読む]

「ふなっしーに出会って、私は変われた」 大渕愛子弁護士に聞く、梨の妖精が“働く女性を癒す理由”

ウートピ / 2014年08月14日18時00分

ふなっしーファンとして有名な弁護士の大渕愛子さんに、女性が惹かれるその魅力について伺いました。 >>【前編はコチラ】なぜ女は“ふなっしー”にハマるのか? 大渕愛子弁護士が語る、大人女性の心をつかむ「奥深い魅力」とは 以前は「サイボーグ」と呼ばれるほど、仕事で気を張っていた ――ふなっしーに出会って、大渕さん自身に変化はありましたか? 大渕:私は弁護士になっ [全文を読む]

素肌Yシャツの男性社員に「乳首透けるの嫌」とセクハラ訴え

NEWSポストセブン / 2013年10月23日07時00分

「対価型とは、男性側の性的な言動に対する女性側の対応によって、解雇、降格などの不利益を受けるもの。例えば、男性事業主が女性従業員に性的な関係を求め、拒否されたため解雇するといったケースです。 一方、環境型は男性側の言動によって女性側の就業環境が害されるものを言います」(アディーレ法律事務所の刈谷龍太弁護士) 環境型セクハラでは本人に自覚がないことが多い。 [全文を読む]

大渕愛子と西川史子――高収入女性タレントの再婚・離婚模様に見る“母との距離感”

サイゾーウーマン / 2015年01月05日12時57分

<今回の芸能人>「(金山一彦には)反論できない」大渕愛子『有吉ゼミ年末総決算3時間スペシャル』(日本テレビ系、12月22日放送) 「お母さんに婚活の進捗状況を報告してはいけない」と言うと、婚活中の女性はたいてい「どうしてダメなの?」と目を見開いて驚く。結婚するかどうか、最終判断はお母さんにしてもらうという女性も珍しくない。 なぜ母親に婚活の話をしてはいけな [全文を読む]

篠崎愛、森下悠里、宮崎宣子らが「さげまん」を競う

dwango.jp news / 2014年12月26日23時54分

一緒にいるパートナーを不幸にしてしまう、残念な女性たち“さげまん女子”。見た目も言動も一見普通なのに、他人の人生を狂わせてしまう女性たちのことだが、はたしてなにか共通点はあるのだろうか?そこで、「他人を不幸にしてしまうさげまん女の特徴」を、「ディグラム診断」の生みの親である木原誠太郎氏が診断。「ディグラム診断」とは、心理学と数十万人のアンケートデータを組み [全文を読む]

机上妻子写真に「未婚の私をバカに…」とお局OLセクハラ訴え

NEWSポストセブン / 2013年10月24日07時00分

「男性上司が女性社員のお尻や胸を触ったり、エッチな言葉を投げかけるなんていうことは論外だし、実際にはほとんどない。セクハラだと声をあげる女性は増えているけど事情を聞くと、セクハラは言い過ぎだろうという微妙な話がほとんど。 男性社員が妻と子供の写真をデスクに飾っていたら、お局OLが『私が未婚なことをバカにしている!』と激怒するみたいな話にはため息が出てしま [全文を読む]

“ミニスカ謝罪”の大渕愛子弁護士がテレビ自粛続行、“空席”にし続けた日テレ『行列』の本音

日刊サイゾー / 2017年03月28日20時30分

大渕氏は、2010年に離婚した女性から養育費請求の依頼を受けたが、後に女性が法テラスの代理援助制度を利用。この場合、依頼人から直接報酬を受け取ることはできないが、大渕氏は女性から着手金や顧問料を受領。弁護士会の説得に応じるまで、およそ5カ月にわたり返金を拒否していた。 「ミニスカート姿で現れた謝罪会見では、『法テラスの制度をよく知らなかった』という驚きの [全文を読む]

大渕愛子弁護士の“ミニスカ謝罪会見”が物議「ベッキーは、ロングスカートだったのに……」

日刊サイゾー / 2016年08月04日00時00分

大渕弁護士は、2010年に離婚した女性から養育費請求の依頼を受けたが、その後、女性が法テラスの代理援助制度を利用。規定上、法テラスを利用した依頼人から、弁護士が直接報酬を受け取ることはできないが、大渕弁護士は法テラスが支払った金額以外に、女性から着手金や顧問料として17万8,500円を受領。弁護士会の説得に応じた同年10月までのおよそ5カ月にわたり、返金 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】タイタン・太田光代社長、大渕弁護士を擁護「入院中の人にコレなに」

TechinsightJapan / 2015年12月22日15時00分

特に大渕弁護士とトラブルになったとされている女性側の弁護士が取材を受け、質問に答えていることに不満を抱いているようだ(タイタン側は相談依頼者の守秘義務の観点から、取材に答えていない)。「今更論をプロが何を言っているの。司法の資格で弁護士を選んだのなら、品位のもとに謹んで頂きたく存じます」とツイートしている。 不安を抱えながら入院した当日の夜に、このようなニ [全文を読む]

大渕愛子、法曹界では「見下されている」! 離婚危機で話題作り&守秘義務トラブルの今

サイゾーウーマン / 2015年02月11日13時00分

信用してたのに」と、女性弁護士の大渕愛子への怒りをあらわにした。鈴木は信頼して、“夫婦の性生活”を相談したにもかかわらず、大渕は別の番組でその内容を暴露してしまったという。ここ最近の大渕は、なにかとトラブルが報じられており、ネット上では批判が殺到している。 同番組に出演した鈴木によると、ある番組の収録前、大渕に対して「実は新婚なのにダンナが全然求めてくれな [全文を読む]

矢口真里参戦!「ロンハー」“格付け”4年ぶりに復活

Smartザテレビジョン / 2015年02月05日05時00分

世間的に「格付けに出た方がいいんじゃないか?」と思われる女性タレントが増えてきたということもあり、満を持して放送される。 今回は「格付けしあう女たち まぜるな危険スペシャル!!」と題し、今世間的に最も話題といっても過言ではない三船美佳の他、矢口真里も緊急参戦することが決定。その他、遠野なぎこ、花田美恵子、大渕愛子など、訳ありメンバーのオンパレードで、史上“ [全文を読む]

大渕愛子弁護士の「復帰はしない」ブログは、逆に復帰アピール!? 現場からは「弁護士を辞めれば……」

日刊サイゾー / 2017年03月31日13時00分

これは10年、養育費請求の依頼をした女性が、着手金17万8,500円を立て替える日本司法支援センター(法テラス)の援助制度を利用したにもかかわらず、残金7万3,500円と5カ月分の顧問料10万5,000円を請求し、受け取ったというもの。女性から返還の要求があっても、大渕弁護士は弁護士会の説得があるまで返金を拒否していた。 [全文を読む]

大渕愛子はマヨラー?女性弁護士の意外に質素な食生活

アサジョ / 2016年10月19日17時58分

テレビで「何でもマヨネーズをかけて食べる」シーンを披露し、お茶の間を驚かせたのが女性弁護士の大渕愛子さん。本人曰く「マヨネーズを食べないと痩せてしまうという体質」なのだそうです。 世の中の女性弁護士たちが皆、大渕愛子さんのような食生活を送っていないことを願いたいところですが、実際の女性弁護士は日々多忙なのはもちろん、「お金もない」と嘆く人も少なくありません [全文を読む]

「目立ちすぎた」大渕愛子、不当報酬受領で「重すぎる処分」の怪…弁護士会を逆なでか

Business Journal / 2016年08月05日07時00分

大渕氏は、依頼人の女性から離婚した元夫への養育費請求を着手金17万8500円、月額顧問料2万1000円で受任、依頼人は並行して、弁護士費用の立て替えなどを行っている機関「法テラス」の代理援助制度を利用した。そのため、法テラスの規定により、弁護士は依頼人から直接報酬を受け取ることができなくなると同時に、法テラスが定めた着手金10万5000円と経費2万円しか受 [全文を読む]

子宮頸がんの5年生存率 ステージIで91.7%、IVで25.1%

NEWSポストセブン / 2016年01月03日07時00分

ポートサイド女性総合クリニックビバリータ院長の清水なほみ先生が説明する。「早期の子宮頸がんの場合、円錐切除といって子宮の入り口の一部だけを切り取って、子宮を残すことが可能になります」 大渕弁護士も子宮頸部円錐切除の手術を受けた。子宮を摘出するか温存するか──その判断に迫られたときには、メリットとデメリットを見極める必要がある。そのポイントとなるのが年齢だ。 [全文を読む]

俳優の「育休宣言」をヒモ呼ばわり…「働く男」へのまなざしは変わらないのか?

messy / 2015年05月26日18時30分

今月5日の「こどもの日」に、自身の公式ブログで、女性の社会進出や少子化の問題解決のためにも「お父さんの子育てが必要なのではないでしょうか?」と提案。「お父さんも産休をとってどっぷり子育てに参加する。そう言うお父さんが増えてくれば、会社のシステムも変わってくるだろうし。。。」と、育児に“どっぷり”参加する意思を匂わせていた。ただ、金山はスポーツ紙報道の「引退 [全文を読む]

お嬢様と結婚する男性芸能人が増えている!? 芸能界の「逆玉の輿」事情

ウートピ / 2015年05月13日15時00分

舅は大物政治家女性週刊誌の編集者はいう。「今年の青学初等部の入学式で、俳優の井浦新の姿がありました。青学へ初等部から通わせるのは相当お金もかかりますし、ずいぶんなセレブな生活ぶりに驚きました。彼が経営に加わっていたストリート系のアパレル企業は負債を抱えて倒産したはずですし、そうそう懐具合が暖かいようにも思えなかったからです。そうしたら、彼は大物政治家の次女 [全文を読む]

これはヤバい!女性が「器の小さい男」と感じる男性の特徴10項目

AOLニュース / 2014年12月26日17時00分

丸裸にされた本性を元に、格付けするという内容となっているが、なかでも注目されるのが、近年、女性誌はもとより、ネット上のニュースサイトなどでも取り上げられる「器の小さい男」についての診断。この番組での診断のベースとなっているディグラム・ラボによると、世の女性たちが「器の小さい男」と感じる男性の特徴は、下記のようなものになるのだという。 「器の小さい男の10 [全文を読む]

30代以上の既婚女性が選ぶ嫌いな夫婦 1位は加藤茶・綾菜

NEWSポストセブン / 2014年11月15日07時00分

今回30才以上の既婚女性100人を対象にインターネットでアンケート調査を実施。「好きな夫婦嫌いな夫婦」について5組まであげてもらった。嫌いな夫婦のランキングは以下の通りだ。 1位 加藤・綾菜(30票) 2位 玉置浩二・青田典子(29票) 3位 赤西仁・黒木メイサ(24票) 4位 船越英一郎・松居一代(13票) 5位 金山一彦・大渕愛子(10票) 6位 市川 [全文を読む]

フォーカス