舞台 新妻聖子に関するニュース

「オリンピックコンサート2017」新妻聖子・中川晃教によるスペシャルプログラム&参加アスリート発表!

PR TIMES / 2017年05月11日15時00分

[画像1: https://prtimes.jp/i/20716/22/resize/d20716-22-773068-0.jpg ][画像2: https://prtimes.jp/i/20716/22/resize/d20716-22-639227-6.jpg ]■新妻聖子、中川晃教による珠玉の名曲、フルオーケストラによるスペシャルステージ!今年のオリ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】新妻聖子 1歳時の母子ショットに「お母さまそっくり」

TechinsightJapan / 2016年05月12日17時55分

さらに2003年にはミュージカル『レ・ミゼラブル』のオーディションでエポニーヌ役に選ばれて舞台で女優デビュー、2006年にはNHKの朝ドラ『純情きらり』の挿入歌『夢の翼』でCDデビュー、2010年に映画『アンダンテ ~稲の旋律~』の主演と活躍が続く。 2015年にはバラエティ番組の企画“最強カラオケ王No.1決定戦”で優勝してさらにファン層が広がりテレビ番 [全文を読む]

小関裕太、“成人の企み”に、ナオト・インティライミの影あり?

Woman Insight / 2016年01月13日20時00分

舞台のナオト・インティライミさんと20歳の注目俳優、小関裕太さんがダブル主演を務めるミュージカル『DNA-SHARAKU』の東京公演がスタート。 本作は、“人工知能”に支配された2116年の世界を中心に、その分岐点となる2045年と2016年、さらには謎の絵師・東洲斎写楽が登場する前年の1793年、この4つの時代を舞台に繰り広げられる、SF歴史スペクタク [全文を読む]

新妻聖子「カラオケ王No.1決定戦」前人未到の100点満点で3連覇

dwango.jp news / 2016年10月03日00時22分

初戦では、世界を舞台に活躍するオペラ歌手・鷲尾麻衣と、セリーヌ・ディオンの『My Heart Will Go On』で対戦。先攻の高得点を間近にしつつも、昨年12月以来となるこの番組に歌声を響かせ、見事勝ち抜いた。 また、2回戦においては、全国から集まった歌唱自慢16人のアマチュア枠を勝ち抜いた現役女子高生・鈴木瑛美子さんと対戦。1回戦では同じ高校生です [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】新妻聖子の「松坂世代」に上田晋也が爆笑 SOPHIA松岡充との“ニンニク”エピソードも告白

TechinsightJapan / 2017年03月07日19時58分

ま、いいかっ」と平気な顔で舞台に戻る。 その時の相手役がSOPHIAの松岡充だった。彼はニンニクの臭いに気づいて40人近いキャストたちに「ニンニク食べた?」と確認して回った。最後にヒロイン役の新妻に「ごめんね、失礼なこと聞いて、聖子ちゃん食べてないよね?」と言うが早いか「食べたよっ」と悪びれもせずに答えたという。 素敵な歌声と美貌からは想像もつかない天然キ [全文を読む]

新妻聖子 遅咲き「大河女優」が極秘婚約した男の「アブナイ下半身」

アサ芸プラス / 2017年02月05日17時57分

以後、多くの舞台に立ち、今ではミュージカル界では誰もが認める女優となっています」(芸能レポーター) 持ち前の歌唱力が話題となり、昨年9月のバラエティ番組ではNO1に輝いたのだ。「その後、トーク番組では舞台で共演した歌手に『ババア』呼ばわりされたことで、相手のみぞおちにパンチを食らわした過去を語るなど、ぶっちゃけキャラとして評判を呼んでいるんです」(前出・芸 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】新妻聖子“5オクターブの歌姫”はオーラなし!? 稽古場でスタッフに気づかれず。

TechinsightJapan / 2015年12月02日17時51分

舞台や映画、ドラマの他に音楽番組にも出演しており、最近では『FNSうたの夏まつり2015』で坂本九メドレーを歌い、9月25日放送の『関ジャニ∞のTheモーツァルト 音楽王No.1決定戦』へ参戦してカラオケ女王にもなった。さらに、11月8日には『関ジャム完全燃SHOW』(テレビ朝日系)で“音楽講座”に登場して圧巻の歌声を聴かせている。 それなりにメディア露出 [全文を読む]

スポーツと芸術の融合 「オリンピックコンサート2017」に小谷実可子、小塚崇彦の参加が決定!

PR TIMES / 2017年04月20日12時40分

競技者としてまた表現者として、オリンピックという最高の舞台に立ち、現在はオリンピックの理念や素晴らしさを伝える活動にも取り組む2人が、それぞれの競技の魅力、情熱をもって挑戦し続けた日々、今だからこそ伝えたい想いを語ります。ゲストアーティストはミュージカルをはじめ各方面で大活躍の新妻聖子、中川晃教の共演が実現。共に確かな演技力と歌唱力を武器に、舞台に情熱をさ [全文を読む]

ナオト・インティライミ&小関裕太、W主演ミュージカル『DNA-SHARAKU』が2016年1月に上演

okmusic UP's / 2015年11月05日19時30分

本作『DNA-SHARAKU』は、そんな人工知能が支配するであろう2116年の未来と、その分岐点となる2045年、さらに 2016年の現在と、過去―謎の絵師東洲斎ti楽が活躍する前年、1793年―、4つの時代を舞台として繰り広げられるSF歴史スぺクタクルミュージカル。私たちが持つ「創造する心」が否定された近未来で、魅力あふれる登場人物たちが「創造する心」を [全文を読む]

テニミュでデビュー!突然の病気療養・・・そして復活!「白洲迅」の魅力とは?

日本タレント名鑑 / 2015年11月03日09時55分

実力派ぞろいの舞台に抜擢!しかし・・・!?2012年には、演劇界では超有名な橋本さとしさん、映像でも大活躍の堀内敬子さん、そして『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』などのミュージカル女優として有名な新妻聖子さんが出演する4人舞台、『Bitter days, Sweet nights』に抜擢されます。 夢や希望をもったテニミュキャストたち。ロングラン公演は [全文を読む]

平野綾、Ms.OOJAらがカラオケバトル3連覇中の新妻聖子に挑戦!

Smartザテレビジョン / 2017年04月21日05時00分

番組への出演後、「コイケヤ」のCMに大抜擢され、「あの歌うま女子高生は誰だ?」と一躍時の人になった鈴木が、新妻へのリベンジを目指し、再び“モーツァルト”の舞台に帰ってくる。 また、番組ではそんな鈴木に続くアマチュアの新星を探し、全国の歌うまシンガーたちによる2回のオーディションを実施。番組が発掘した“第2の鈴木瑛美子”を狙うアマチュアシンガーが、プロ歌手と [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】宮澤佐江『王家の紋章』のキャロル姿 元SKE矢方美紀が興奮「こやつめ!!」

TechinsightJapan / 2017年04月18日20時34分

彼女が4月16日、『宮澤佐江 sae_3830 Instagram』にて舞台と同じ姿で「5月末まで頑張ります!!」と決意を示したものだ。 「私はキャロル! アメリカ人のキャロル・リード!!」という宮澤佐江に「やばい! かわいい!! キャロ江ー!!」「心臓が苦しいよー、かわいいー」と反響があるなか「えぇい! こやつめ!!」と突っ込んだのが矢方美紀である。 S [全文を読む]

映画『夜は短し歩けよ乙女』で新妻聖子が”唯一無二の歌声”披露

dwango.jp news / 2017年04月07日11時51分

森見登美彦原作の2007年本屋大賞2位に選ばれ、累計130万部を超えるベストセラー小説で、京都を舞台に描かれる、どこかファンタジックな青春恋愛物語。 星野源が主演、湯浅政明が監督を務めることでも話題となっている本作。 新妻は、ロバート秋山演じる「パンツ総番長」を支える演劇部に所属する女子大学生で、ゲリラ演劇の舞台監督「紀子さん」役で出演。もちろん劇中では [全文を読む]

「オリンピックコンサート2017」新妻聖子、中川晃教がゲストアーティストとして出演決定!!

PR TIMES / 2017年03月24日11時55分

オリンピックという最高の舞台に向かって、熱い想いを胸に挑戦を続けてきたアスリートの夢は、時を超えて今に受け継がれ、そして、2018年平昌、2020年東京へとつながろうとしています。いつの時代も人々に夢を与え続けてきた歴代ヒーロー、ヒロインの栄光や挫折、そして、己の限界に挑み続ける現代のアスリートの姿といったオリンピック映像を、壮大なフルオーケストラの音楽と [全文を読む]

「奇跡の歌声」新妻聖子の意外すぎる“声の悩み”とは!?

Smartザテレビジョン / 2017年03月06日08時55分

このコメントに上田は「本でも出せば?」と提案すると、新妻は「あぁぁぁー! いやー、そんなにはー」と、ミュージカルの舞台でも使わないような高音で大絶叫。 上田も「林家パー子さんみたいになってきたね」と、ここぞとばかりにツッコミ。 これに対し新妻は「笑い声が高くて悩んでいるんですよ」と、意外な悩みを吐露した。 次回の「おしゃれイズム」は3月12日放送、古田新 [全文を読む]

星野源が恋に空回りする“先輩”を熱演! 映画『夜は短し歩けよ乙女』特報映像

ガジェット通信 / 2017年02月23日13時00分

京都を舞台に描かれる、どこかファンタジックな青春恋愛物語である本作は、角川文庫の「大学生が選んだ本」第1位に毎年のように選ばれ続けるなど、森見登美彦作品の中でも最もファンの多い作品の一つで、満を持しての初映像化。主人公の“先輩”を、星野源がさん務め、アニメ声優として単独初主演を務めます。 星野さんのアフレコは2月某日に数日にわたり都内で行われ、監督と積極 [全文を読む]

松岡昌宏、NG出すほど入れ込む深夜枠

NewsCafe / 2016年11月24日11時30分

脚本・演出の福田雄一氏(48)はミュージカルから宝塚まで舞台愛好家ですから、人脈も広い、と…」 デスク「(ミュージカル・宝塚舞台制作の)東宝作品にはこれまで100万円以上払ってるけど、まさか『ヨシヒコ』で深夜に新旧スターの歌と踊りが見られるとは恐れ入った。これ、DVDを買う価値あるよ」 記者「はいはい。鼻息抑えてください。個人的には『黒い十人の女』(日本テ [全文を読む]

ナオト・インティライミ、初挑戦&初主演ミュージカル「DNA-SHARAKU」Blu-ray 発売!

PR TIMES / 2016年11月15日12時58分

その他キャストの、舞台への想いを語るシーンの数々も収録しています。また、主演二人による思い出話や裏話を存分に堪能できるファン必見のオーディオコメンタリー(第一幕5場まで)を収録!収録中突然小関が歌い出す様子や、ナオト・インティライミのストリートミュージシャン時代の私物ギターを舞台で使用していたことなど、ここでしか聞くことが出来ない裏話が多数飛び出します。 [全文を読む]

「真田丸」新妻聖子が江役で出演!星野源と夫婦に

Smartザテレビジョン / 2016年08月20日14時00分

舞台でご一緒させていただいた三谷幸喜さんの作品に呼んでいただけて、本当にうれしいです! 当て書きをされることも多い三谷さんがどんなせりふを書いてくださるのか、毎回ワクワクしながら台本を待っています」と喜びのコメント。 さらに、「まだ撮影は始まったばかりですが、暑苦しいくらいポジティブで、押しも自己主張も強い姉さん女房の江。最後まで楽しみながら演じてまいりま [全文を読む]

傑作ミュージカルのベストナンバーを生演奏で!一日限りの夢の共演『アイ・ラブ・ミュージカルズ』いよいよ開催!

PR TIMES / 2016年07月07日09時40分

さらには、ラミン、ノームが演じるファントムともそれぞれ共演経験を持つ『オペラ座の怪人』クリスティーヌ役で、今現在『スクール・オブ・ロック』でブロードウェイの舞台に立っている現代ミュージカル界のスター女優、シエラ・ボーゲスも来日。スペシャルゲストには日本ミュージカル界の歌姫、新妻聖子を迎え、『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』をはじめとす [全文を読む]

フォーカス