相武紗季 松下奈緒に関するニュース

Tehuの「残念ながら、アイドルヲタです。」第15回:灘高生がもっとも好きな女性芸能人は「能年玲奈」(Tehu調べ)

週プレNEWS / 2014年01月24日16時00分

卒業文集への掲載用として、117人分の回答を集めることに成功しました! というわけで、早速調査結果をお知らせします! ■調査日:2013年11月某日 ■サンプル数:n=117 1位:5票 能年玲奈 2位:4票 堺雅人 B’z 3位:3票 堀北真希 Mr. Children ももいろクローバーZ 松井玲奈(SKE48) 4位:2票 武井咲 明石家さんま いき [全文を読む]

石田ゆり子、刹那の“キスシーン”に心奪われるワケ 『コントレール』は恋愛ドラマの傑作となるか

リアルサウンド / 2016年05月06日06時10分

ちなみに、『僕のヤバイ妻』では主人公である伊藤英明が、その愛人役の相武紗季と毎回のようにチュッチュやっており、『ラヴソング』では、藤沢さくら演じる主人公の幼馴染み役の菅田将暉が、意表を突いて藤原さくらの唇を奪うという急展開になっているのです。 なにやらこの春、いつになくデフレ傾向にある気がしないでもない、ドラマのなかの“キスシーン”。そんな状況下にあって、 [全文を読む]

迷走するフジ 期待できない『僕のヤバイ妻』を初回2時間スペシャルでオンエアの暴走で、予想通り爆死スタート!

日刊サイゾー / 2016年04月21日13時00分

一見、順風満帆な人生を送っているように見える幸平だが、裏では本音を隠した妻の気遣いと束縛に息苦しさを感じ、カフェのシェフで不倫相手・北里杏南(相武紗季)と妻の殺害を企てていた。ある日、妻を殺そうと決心した幸平が家に帰ると、妻は何者かに誘拐され、犯人から2億円の身代金を要求される。そして、幸平のまったく知らない妻の恐るべき素顔が、徐々に浮かび上がっていく…… [全文を読む]

好きなアイドルが載っているだけで雑誌即買い!今どきの雑誌グラビア訴求力とは

しらべぇ / 2015年05月29日18時00分

■男性週刊誌は艶っぽい! 『サンデー毎日』2015年6月7日号 松下奈緒 『週刊朝日』2015年6月5日増大号 相武紗季 こちらは購入する年齢層が40〜50代と高くなるので、表紙を飾る女優も大人っぽい魅力を持った人選になっています。 表紙に政治や経済の見出しが踊るなか、綺麗な女性が中央に配置されていると、表紙が少しやわらかい印象になるのかもしれません。 [全文を読む]

CM&ドラマ女優四季報2012(4)ドラマ失敗でもイメージ維持

アサ芸プラス / 2012年02月24日11時00分

まずは「ミタ」に出演していた相武紗季(26)だ。 「その前は『リバウンド』(11年・日テレ系)に出演し、急にデブになって薬をのんだりする滑稽な役を好演。キャラクターが強く、脇にいても主役を食いそうな感じがちょっと絡みにくい気はしますが、同性からも親近感を得て、存在感が確立してきました」 2人目は満島ひかり(26)。「モテキ」(10年・テレビ東京系)、昨年 [全文を読む]

フォーカス