作風 村上春樹に関するニュース

文豪たちの文体を真似て「カップ焼きそばの作り方」、著作権の問題はないの?

弁護士ドットコムニュース / 2017年09月14日09時58分

ですから、村上春樹風の文体をまねた文章であっても、その内容が村上春樹の小説と無関係であれば、村上春樹の著作権の侵害とはなりません」 ●絵画・音楽・映像でも「作風」を真似することは著作権侵害にあたらない 「絵画における画風についても同様です。『ピカソ風』の絵画を描いたからといって、ピカソの著作権の侵害になるわけではありません。 また、タレントの清水ミチコは [全文を読む]

村上春樹「侵略は事実、謝るべき」発言はポーズじゃない! 初期作品にも東アジアへの罪の意識

リテラ / 2015年07月02日18時59分

かつて村上春樹は自らの創作について、「デタッチメント(社会とのかかわりのなさ)」を大事なポイントだと挙げ、その作風や政治にコミットしない姿勢から、「ノンポリ文化人」だと揶揄されてきた過去がある。だからそのレッテルを払拭するかのようなこの最近の目立った政治性へのアプローチの裏には、今年こそノーベル文学賞を取るぞ、という村上流マーケティングがあるのではないか [全文を読む]

毎晩洗面器1杯分の野菜を食べる…村上春樹の知られざる素顔5

WEB女性自身 / 2017年02月24日12時00分

アメリカ文学の影響を受けた斬新な作風で、審査員の評価が分かれたようです。ですがそれ以降、谷崎潤一郎賞をはじめ、最近では海外のアンデルセン賞など数々の文学賞を受賞しました」 【3】『ノルウェイの森』の装丁は村上氏自身のデザイン デビューから約3年後、執筆活動に専念するため海外に居を移した後に発表した『ノルウェイの森』が大ベストセラーに。 「上下巻の単行本の、 [全文を読む]

加藤ミリヤの「痛快!ワードパンチ!」Vol.6.1

Walkerplus / 2017年02月22日16時18分

誰でも作風を知っているし、新しい作品が出れば大きな話題になるっていう。今回の『騎士団長殺し』なんて、初版で50万部以上も刷られるみたい。いい意味で“異常”ですよね(笑)」――たくさんのファンが存在している一方で、その難解な物語性や主人公の雰囲気を苦手とする人もいるようですが。「うん。それもすごくわかる。春樹作品に出てくる男性って、特殊だなって思うことが多い [全文を読む]

村上春樹、ノーベル文学賞逃す ネット民は一斉に「やれやれ」

しらべぇ / 2016年10月13日20時09分

なぜ、こうも毎年話題になっているにも関わらず、彼はノーベル賞を受賞できないのだろうか?文学に詳しくない人には少し難しい話だが、批評家によると「政治的なメッセージに欠ける」「社会との関わりを持とうとしない作風」「民族・対抗などの要素がない」などが考えられる理由だそう。しかし、そもそも完璧な文学などと言ったものは存在しないはず。完璧な絶望が存在しないように。そ [全文を読む]

【ノーベル賞】村上春樹、9回目の落選! 文学賞、獲る獲る詐欺はほかにもいた!

tocana / 2015年10月09日09時00分

受賞できない理由としては、政治性が足りないことや、作風がこれまでの受賞者と比較してもエンタメ寄りであることなどが指摘されている。しかし村上氏本人も、『村上さんのところ』(新潮社 )で、「正直なところ、わりに迷惑です。だって正式な最終候補になっているわけじゃなくて、ただ民間のブックメーカーが賭け率を決めているだけですからね。競馬じゃあるまいし」と綴っている [全文を読む]

村上春樹最新小説が本日発売 前日深夜カウントダウンイベント、多数のファンで活況

Business Journal / 2013年04月12日07時10分

また、同じく読書会に参加した30代女性は、「私は村上さんの昔の作品が好きだが、前作の『1Q84』は昔の作風に戻ったとも言われており、今回も昔のように主人公のパーソナル面に焦点を当てているのではとの前評判もあるので、期待している」と語った。 読書会では、福田氏が「まだ作品のタイトルしかわからないので、なんとも言えないが」と前置きしつつも、「村上さんの作品は [全文を読む]

ノーベル文学賞は地域の持ち回りか 村上春樹が受賞逃した理由

NEWSポストセブン / 2012年10月19日07時00分

ノーベル賞は人道主義的な作風の作家が取ることが多いのですが、莫言さんは中国の農民の生活を描き続け、一人っ子政策に批判的であるなど、その要件も満たしていました。 一方の村上さんも近年、『壁と卵』など積極的に社会的な発言をしていましたが、時期が早すぎました。大江さんが受賞してから18年しか経っていません。川端から大江までは26年、間が空いています。“ノーベル文 [全文を読む]

北欧ミステリーの旗手、J・ネスボが来日「『ブッ飛んだTOKYO』を探してるんだけど、まだ出会えてない」

週プレNEWS / 2017年03月04日11時00分

それを決定づけたシリーズ5作目にあたる『悪魔の星』日本刊行を記念し、待望の来日が実現! 暗い情念にまみれた猟奇殺人や暴力を描く作風に加え、イカツイ表情で通る本人の風貌に怯えつつ…インタビューに臨むと、そこにはアメカジに身を包んだ笑顔のナイスガイが! 初のロングステイとなる日本滞在にさすが好奇心旺盛、周囲のスタッフが逆インタビューされつつ、人気シリーズの作 [全文を読む]

フォーカス