芥川賞 村上春樹に関するニュース

太宰治が川端康成に逆ギレの真実は? 芥川賞の歴史を解く

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月09日06時30分

又吉直樹『火花』受賞で盛り上がる芥川賞。【画像あり】ダ・ヴィンチニュースはこちら この調子で純文学界が盛り上がることを期待したいところだが、そもそも芥川賞について詳しく知っている人はどれくらいいるのだろう。筆者の周りでも、「芥川賞はどこに応募するの?」と公募だと思っていた人や、「芥川賞と直木賞はどちらの権威が上?」と、芥川賞と直木賞の違いをわかっていない人 [全文を読む]

賞金は1億円超から1500円までさまざま!? 文学賞の発表シーズンが何倍も楽しくなる『世界の8大文学賞』

ガジェット通信 / 2017年01月07日07時00分

これを獲ったら世界一?「ノーベル文学賞」 日本で一番有名な文学賞「芥川賞」 読み始めたら止まらない「直木賞」 当たり作品の宝庫「ブッカー賞」 写真のように本を読む「ゴンクール賞」 アメリカとは何かを考える「ピュリツァー賞」 チェコの地元賞から世界の賞へ「カフカ賞」 理解するということについて「エルサレム賞」 芥川賞、直木賞、ノーベル文学賞は、こうやってで [全文を読む]

和田アキ子、又吉の小説“難癖”発言に批判殺到「何様?」「テレビに映ると不愉快」

Business Journal / 2015年07月23日23時00分

7月16日、お笑いタレント・又吉直樹(ピース)の小説デビュー作『火花』(文藝春秋)が第153回芥川賞に選ばれた。今年3月に出版された同作は、売れない芸人「徳永」と先輩芸人「神谷」の青春を描いた中編小説で、又吉は芸人として初の芥川賞受賞者となった。 そんな快挙に水を差すような、和田アキ子の失言が話題になっている。和田は19日放送の『アッコにおまかせ!』(TB [全文を読む]

毎晩洗面器1杯分の野菜を食べる…村上春樹の知られざる素顔5

WEB女性自身 / 2017年02月24日12時00分

当時の陽子夫人を知る早稲田大学の卒業生から、陽子夫人の容姿は、作中で描かれる緑の描写とそっくりだと聞きました」(齋藤さん・以下同) 【2】おもな文学賞は総ナメだが、芥川賞だけとっていない 29歳の春、神宮球場で野球の試合を観戦中、小説を書こうと思い立つ。翌年、書き上げた『風の歌を聴け』が「群像新人文学賞」を受賞。晴れて小説家デビューを遂げた。 「同作と、2 [全文を読む]

村上春樹『職業としての小説家』はエッセイの枠を超えたビジネス書!?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月12日06時30分

その後も、「芥川賞」ノミネート作品『1973年のピンボール』、80年代を舞台に新たな価値を求めて闇と光の交錯を鮮やかに描きあげた『ダンス・ダンス・ダンス』、家を出て小さな図書館の片隅で暮らすようになった「カフカ」と名乗る僕の物語『海辺のカフカ』など、短編、長編、エッセイとジャンル問わず多くの作品を発表してきた。 2015年9月に刊行された『職業としての小説 [全文を読む]

村上春樹が“作家・村上春樹”のなりたちを解き明かす 待望の新刊『職業としての小説家』

ダ・ヴィンチニュース / 2015年08月28日17時30分

芥川賞、ノーベル賞など、時に作家の周辺をいたずらに騒がせてきた「文学賞」の存在について、彼自身はどう考えているのか。なぜ、どのような形で、ある時から日本を出て、いかなる試行錯誤と悪戦苦闘を経ながら、世界へ向かう道を歩みはじめたのか。3.11を経たこの国のどこに、問題があると見ているのか。そもそもなぜ、彼は小説家という不思議な職業を選び、以来、40年近くの [全文を読む]

<ネタバレ注意・又吉直樹「火花」を読んでみた(2)>文学に純も大衆もない。面白いか否かがあるだけである。

メディアゴン / 2015年08月05日07時00分

高橋維新[弁護士]* * *(その1はこちら:http://mediagong.jp/?p=11071)何かと話題の芥川賞受賞作・又吉直樹著『火花』(文藝春秋)。この作品は、純文学というジャンルに属すると一般的には理解されている。「純文学」というものの中身については論争があるらしいが、百科事典の類をひもとけば、 「娯楽性や大衆受けを意識せずに、専ら作者の芸 [全文を読む]

異例の初版30万部、又吉直樹第二作『劇場』をSmartNewsで発売前に先読み!

PR TIMES / 2017年05月10日11時00分

~5月10日、11日の期間限定で新刊『劇場』の一部(約5600字)を「読書チャンネル」等で提供~[画像1: https://prtimes.jp/i/7945/158/resize/d7945-158-242459-4.jpg ]『劇場』はデビュー作『火花』で芥川賞を受賞し話題となった又吉直樹さんによる待望の第二作で、もともと『火花』より前に書き始め、1年 [全文を読む]

ボブ・ディラン受賞の驚きと、村上春樹の機が熟した2つの理由 - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2016年10月14日16時30分

【参考記事】芥川賞『コンビニ人間』が描く、人畜無害な病理 要するに、別に受賞できなくてもいいではないかと申し上げました。それから3年が経過しました。この間に、時代の状況はかなり変わってきたように思います。日本だけでなく、世界的に人々の意識に変化が生じ、時代の持つ意味とか課題というものも変化してきました。そんな中、村上氏の文学の持つ意味も少し変わってきたよう [全文を読む]

『64(ロクヨン)』『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』など文藝春秋の人気作品を30%ポイント還元!!電子書籍ストア「Reader Store」にて本日よりフェア開催

PR TIMES / 2016年06月10日12時18分

本キャンペーンでは、佐藤浩市主演で現在絶賛公開中の映画の原作『64(ロクヨン)』をはじめ、村上春樹の人気長編小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』や、「ピース」又吉直樹による第153回芥川賞受賞『火花』、阿部サダヲ主演の映画『殿、利息でござる!』の原作『無私の日本人』など、文藝春秋の人気作品をお得に購入することができます。 「文藝春秋作品全品ポ [全文を読む]

“秋の風物詩”村上春樹、ノーベル文学賞落選で、ハルキストも完全諦めムード? 受賞できない理由とは…

おたぽる / 2015年10月15日19時00分

村上のこの姿勢に対しては、『スウェーデン・アカデミーへのゴマすり』と批判する声も少なくないようです」(同) 若手作家時代、芥川賞に2度候補に挙がり、受賞を逃しているだけに、大きな賞には縁がないのかもしれない。村上はこのまま、ノーベル文学賞を受賞することはないのだろうか? [全文を読む]

『株は「連想ゲーム」だ!相場の福の神が教える売買サインの見抜き方』Yahoo!株価予想で勝率第1位、39連勝の記録を持つ相場の福の神が教える「ブッ飛び株」の見つけ方!

DreamNews / 2015年09月09日10時00分

たとえばニュースの場合、今年上半期の芥川賞がお笑い芸人又吉直樹氏の『火花』と決まった翌日、書店を経営する文教堂ホールディングスの株価がストップ高となりました。ではなぜ投資家は又吉氏の芥川賞受賞で文教堂株を選んだのか。それは過去に村上春樹氏がノーベル文学賞の有力候補になった際、値上がりした銘柄が文教堂だったからです。この過去の事例にのっとれば、文学界で大きな [全文を読む]

トーハン調べ 2015年 8月期月間ベストセラー発表

DreamNews / 2015年09月08日16時00分

3位に東山彰良著「流」、4位に羽田圭介著「スクラップ・アンド・ビルド」と、第153回芥川賞・直木賞受賞作が揃って上位にランクインしました。トーハン調べ8月期月間ベストセラーを発表いたします。7月に続き又吉直樹著「火花」が第1位。3位に東山彰良著「流」、4位に羽田圭介著「スクラップ・アンド・ビルド」と、第153回芥川賞・直木賞受賞作が揃って上位にランクインし [全文を読む]

芥川賞有力! 又吉直樹に樹木希林が「『火花』読んでないけど、読んだ人が『好きじゃない』って」と...

リテラ / 2015年06月19日18時00分

来月発表される芥川賞の候補作に、ノミネートされた。発売1週間で累計35万部に達した売り上げもその後も伸び続け、文学作品としては「村上春樹作品に次ぐ」ベストセラーになっている。 不況にあえぐ出版業界にとって又吉は救いの神らしく、各社ともこぞって原稿やインタビュー、対談をオファー。下へもおかぬ扱いで、芥川賞でも有力候補といわれている。 芸能界でも、最近は「芸人 [全文を読む]

芥川賞受賞作『穴』、村上春樹の書き下ろし小説収録! eBookJapanで総合月刊誌のトップ雑誌「文藝春秋」の配信を開始しました

PR TIMES / 2014年02月10日11時52分

最新号となる2014年3月号は第150回芥川賞受賞作、小山田浩子の『穴』全文掲載、特集『靖国参拝 激怒するアメリカ 暗躍する中韓』、村上春樹の描き下ろし小説など強力企画満載、グラビア、特集からコラム、小説まで紙版のすべての記事を収録した見逃せない1冊となっております。 月刊「文藝春秋」は毎月10日に発売されますが、電子版も同日、毎月10日に配信開始されます [全文を読む]

ノーベル文学賞は地域の持ち回りか 村上春樹が受賞逃した理由

NEWSポストセブン / 2012年10月19日07時00分

※女性セブン2012年11月1日号 【関連ニュース】日本で初めてワープロで執筆した作家とされる“文豪”は誰?美人芥川賞受賞者朝吹真理子氏 親族にはノーベル賞・野依氏もモサドの強みは世界を敵に回してでも生き残る国是と佐藤優氏日本の真髄を伝えた川端康成 実はタフネゴシエーターだった人間的な、あまりに人間的な文学賞を巡る嫉妬の騒動史描く本 [全文を読む]

東京大学 エリートはどこへ消えた?――徹底解剖 日本の大組織

文春オンライン / 2017年08月21日07時00分

作家の登竜門とされる芥川賞や直木賞は東大出が少なくなり、早稲田大学を筆頭にして、いろいろな大学で学んだ人が受賞者となっている。今ノーベル文学賞候補の最右翼にいる村上春樹も早大卒である。筆者は、東大出でもっとも退潮の目立つ分野は文学の世界と判断している。なぜ過去において東大が著名な作家を多く生み、現代になってそれが見られなくなったかについては、『東大 vs. [全文を読む]

「文学賞なし」で人気作家になる人のリアル 「投稿サイト」で夢は叶いやすくなったのか?

東洋経済オンライン / 2017年07月12日08時00分

さらに芥川賞受賞という、文学界最高の栄誉にも輝いた。同氏の大きな功績は、普段は本を読まない人が、手に取るきっかけになっていることだろう(そうでないと、この部数はありえない)。読書好きという限られた層だけでなく、社会に広く影響を与えているのだ。そんな又吉氏の姿を見て、「自分も作家デビューしたい!」と思う人もいるかもしれない。かくいう筆者も、かつては小説家を志 [全文を読む]

又吉直樹小説第二弾、「書かずにはいられない重要な主題」

NEWSポストセブン / 2017年05月20日16時00分

初長編小説『火花』で芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の小説第二弾『劇場』の出版会見&お渡し会が行われた。作品発表を前に、又吉はこうコメントした。 「『劇場』という小説を書きました。演劇や恋愛や人間関係の物語です。おおざっぱな説明になってしまうのですが、自分にとって書かずにはいられない重要な主題でした。書きはじめてから完成まで二年以上かかりまし [全文を読む]

又吉直樹が第2弾小説発売、今度は映像化が難しそうなワケ

アサ芸プラス / 2017年05月17日05時59分

第一作「火花」は「第153回芥川賞」を受賞。電子書籍を含む累計発行部数300万部突破のベストセラーに。「劇場」が掲載された「新潮」4月号は発行部数5万部という異例の数ながら、10日あまりで完売。村上春樹の「騎士団長殺し 第1部」「同 第2部」の50万部に次ぐ初版30万部で売り出された。「タイトルにちなんで、劇場でのお渡し会を提案され、二つ返事でOKした又 [全文を読む]

フォーカス