マラソン 村上春樹に関するニュース

村上春樹氏大人気エッセイを初電子化『走ることについて語るときに僕の語ること』(文藝春秋)8月28日 主要電子書店で発売開始!

@Press / 2015年08月26日15時00分

今回、電子書籍版が発売される『走ることについて語るときに僕の語ること』は、専業作家となった1982年の秋から走りはじめ、現在まで世界各地でフルマラソンやトライアスロンで走り続けてきた村上氏が、走ることとそのときの自分の気持ちを素直に書き綴ったエッセイ集です。 書き下ろしのかたちで書き始められた文章には、東京、ハワイ、ボストンなどを走った際の村上氏の思いが [全文を読む]

村上春樹氏大人気エッセイを初電子化『走ることについて語るときに僕の語ること』(文藝春秋)7月31日Kindleストア、楽天kobo、iBooks、紀伊國屋書店、Reader Storeで先行予約開始!

@Press / 2015年07月30日13時00分

今回、電子書籍版が発売される『走ることについて語るときに僕の語ること』は、専業作家となった1982年の秋から走りはじめ、現在まで世界各地でフルマラソンやトライアスロンで走り続けてきた村上氏が、走ることとそのときの自分の気持ちを素直に書き綴ったエッセイ集です。 書き下ろしのかたちで書き始められた文章には、東京、ハワイ、ボストンなどを走った際の村上氏の思いが [全文を読む]

障害者を求め続ける24時間テレビが超高視聴率、を気持ち悪いと思うことが許されない社会

Business Journal / 2015年05月16日17時00分

【今回取り上げる書籍】『紋切型社会 言葉で固まる現代を解きほぐす』(朝日出版社/武田砂鉄著) 松岡修造による前向きなことばかりが書かれた日めくりカレンダーが85万部も売れたり、ラーメン屋の便所に相田みつをの言葉がかけられていたり、J-POPの歌詞を聞いて「元気をもらえた」と言う人がいたり、「障害者はいねぇがぁ!」「不幸な人はいねぇがぁ!」となまはげの如く出 [全文を読む]

加藤嘉一「30歳を迎え、生きていくのがほんの少しだけ楽になりました。」

週プレNEWS / 2014年05月12日11時00分

“大台”に突入する前に、ライフワークであるランニングの分野でフルマラソンの「サブスリー」(3時間未満)を達成しておきたいと考えたぼくは、2月1日に米フロリダ州で開催されたマイアミマラソンに参加しました。結果は後ほどお伝えしますが、アメリカでマラソン大会に出るのは初めてで、面白い発見がありました。 アメリカの大会はとにかく敷居が低い。日本の大規模なレースでは [全文を読む]

海外記者が断言。日本ほど「ランニング中毒」な国はない

まぐまぐニュース! / 2016年08月10日21時00分

image by: Flickr フィン氏は、駅伝で100位になった日本人ランナーでも、同日に行われているイギリスのマラソン大会でチャンピオンになれる実力があるのに、日本人ランナーはそれほど国際的な競走には興味がないという興味深い指摘をしています。 しかし一方で、アフリカなどの他の国の選手より速く走ることができない一因も指摘。 マラソンランナー数多く生み [全文を読む]

加藤嘉一「小説の世界観よりも、村上春樹という人間の生き方に興味を持っています」

週プレNEWS / 2012年10月09日15時00分

日本での最新刊は『脱・中国論 日本人が中国とうまく付き合うための56のテーゼ』(日経BP社) 【関連ニュース】東京マラソンで惨敗した加藤嘉一「“情けない男ナンバーワン”というランキングがあったら、全力で立候補したい気持ちです」東京マラソンに初出場する加藤嘉一「東京マラソンで、サブスリー(3時間以内)を目指します」猫ひろしの2時間49分28秒を超える「最速マ [全文を読む]

フォーカス