村上春樹 1q84に関するニュース

ハルキストよ、待望の時が来た! 村上春樹の最新刊『騎士団長殺し』いよいよ2/24(金)発売開始

PR TIMES / 2017年02月17日16時29分

村上春樹作品で文芸と音楽をつなぐ店内コラボ展開や、全国6拠点でカウントダウンやイベント開催。全国に書店を展開する株式会社TSUTAYA(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長兼COO:中西 一雄/以下、TSUTAYA)では、2017年2月24日(金)発売開始となる村上春樹氏の7年ぶりの長編作品『騎士団長殺し』(新潮社)の発売を記念して、村上春樹と関連した書籍・ [全文を読む]

女優・杏 はじめてのエッセイ集が刊行4日で重版決定!(『杏のふむふむ』ちくま文庫)

PR TIMES / 2015年01月20日11時32分

解説、村上春樹。2015年1月14日時点 2刷累計53,000部いま最も注目される女優・杏さんのはじめてのエッセイ集『杏のふむふむ』が、書き下ろしを加えて文庫化。売れ行きが好調のため、13日、刊行から4日後のスピード重版を決定しました。(2015年1月14日時点 2刷累計53,000部)杏さん自身が大ファンであるという村上春樹さんの解説が話題を呼ぶとともに [全文を読む]

女優・杏 はじめてのエッセイ集が空前のヒット

dwango.jp news / 2015年01月20日10時57分

杏自身が大ファンであるという村上春樹の解説が話題を呼ぶとともに、自然体で飾らない杏の人柄がそのまま文章にあらわれていると、女性からの圧倒的な支持が集まっている。(ちくま文庫 本体600円+税、2015年1月9日発売)■内容紹介 杏は、高校を中退して単身パリでモデルの勉強をしたり、オーディションを受けたりと、その活動の当初から自身で道を切り開いてきた。そして [全文を読む]

村上春樹 酩酊した「ドイツ“大麻”パーティ」の一部始終(1)ドイツ人カメラマンが明かしたパーティの経緯

アサ芸プラス / 2014年08月12日09時58分

現在、ノーベル文学賞に最も近い日本人作家・村上春樹氏。めったにメディアに登場しない孤高の小説家の素顔は謎に包まれている。ドイツ人カメラマンが撮影していた紫の煙に酔いしれる姿。それはまさしく「1Q84」年の出来事だった。村上作品のルーツの一つが今、解き明かされる! 薄暗い室内でテーブルを囲む男女。かなり酔いが回っているのか、ある者は目が充血し、ある者はおど [全文を読む]

大注目の作家・百田尚樹…村上春樹に引けを取らぬ人気

NewsCafe / 2013年07月03日15時00分

そんな百田氏だが、本屋大賞受賞スピーチでは「間の悪いことに、2日後には村上春樹さんが新刊を出されます(笑)。もしかしたら自分の本は、歴代の本屋大賞で一番売れない本になるんじゃないかと心配です。文春さんも村上さんもかなり意地が悪い」と語って会場を沸かせたとか。さすがは構成作家、聴衆の心をつかむのもお手の物だ。そこでNewsCafeもブームに乗り、アリナシコー [全文を読む]

『1Q84』売れた理由は“ハングリー・マーケティング”と識者

NEWSポストセブン / 2012年10月20日16時01分

惜しくもノーベル文学賞受賞を逃した村上春樹さん(63才)だが、世界的な人気を誇る彼の評価に変わりはない。村上作品が海外で読まれ始めたのは、2002年に発売された『海辺のカフカ』からだった。 それまでも村上作品は海外でも迎えられていたが、世界中で広く読まれ始めたのは、この前後からだ。文芸評論家の加藤典洋さんが解説する。 「この作品は海外、特に欧米で評価が高い [全文を読む]

韓国で日本の小説が大ブーム、人気の理由は?=「1つ1つの文章が自然で美しい」「日本の小説にも短所はある」―韓国ネット

Record China / 2017年07月19日18時40分

中でも特に人気が高いのが村上春樹と東野圭吾の作品だという。教保文庫の関係者は「村上春樹は新作を出すたびに大きな注目を集める作家だが、今回の新作『騎士団長殺し』は『色彩を持たない多崎つくると彼が巡礼の年』以降約4年ぶりに発売された長編小説である上、分量と内容が『1Q84』に続く大作構成になっているため、より大きな期待が寄せられた」と話した。「海辺のカフカ」な [全文を読む]

村上春樹最新小説が本日発売 前日深夜カウントダウンイベント、多数のファンで活況

Business Journal / 2013年04月12日07時10分

本日(4月12日)、作家・村上春樹氏の小説『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋刊)が発売される。村上氏の長編小説としては、2010年4月に刊行された『1Q84 BOOK3』(新潮社刊)以来3年ぶりの作品となる。 前作『1Q84』はBOOK1〜3のシリーズ累計部数で300万部を超えるベストセラーとなったが、最新作『色彩を持たない〜』も、発売 [全文を読む]

韓国の「村上春樹旋風」と「東野圭吾人気」に見る時代の変化

文春オンライン / 2017年07月21日11時00分

『騎士団長殺し』発売でお祭り騒ぎの韓国 7月12日、韓国で“村上春樹祭り”が幕を開けた。 4年ぶりの新作、7年ぶりの長編『騎士団長殺し』(2巻組で3万2600ウォン=約3250円)の韓国語版の話だ。 世界各国にファンを持つ「村上春樹熱」は韓国でもアツい。 ファンクラブはもちろん、作品に登場する料理を再現する集まりなどもある。 2009年から2010年にかけ [全文を読む]

村上春樹新作『騎士団長殺し』 ハルキストは「世界観全開」

NEWSポストセブン / 2017年03月03日07時00分

2月24日、村上春樹氏(68才)の新作『騎士団長殺し』(新潮社刊)が発売された。2009~2010年に発売した『1Q84』(同社刊)以来7年ぶりの長編大作。発売前に重版がかかり、すでに発行部数130万部を超えた。 「騎士団長」という名前からヨーロッパを想像するが、物語の舞台は神奈川県小田原市。肖像画を得意とする画家「私」は突如妻に離婚を切り出される。「私 [全文を読む]

村上春樹の新作、酷評&絶賛噴出?「駄作」「真新しさない」「過去の作品を参照して執筆」

Business Journal / 2017年02月27日00時00分

24日、人気作家・村上春樹氏の長編小説『騎士団長殺し』(新潮社/以下、本作)が発売された。村上氏の4年振りの長編小説となり、すでに発売前から累積部数が130万部に達するなど、ファンの期待の高さがうかがえるが、その内容について早くも賛否両論の意見が飛び交っているようだ。「村上氏の作品としては、『1Q84』(同/2009~10年)や『世界の終りとハードボイルド [全文を読む]

【読書と恋愛傾向に関する調査】本を読む男性はレディーファーストでロマンチック

PR TIMES / 2015年03月05日16時09分

(2)好きな作家は、「東野圭吾」、「村上春樹」、「百田尚樹」が上位を占める。(3)本を読む男性は、「ロマンチック」で「レディファーストを心がけている」人の割合が高く、「一人の人を長く愛せる」、「好きな人とは会って話したい」など結婚生活に向く回答があった。■調査概要対象:全国20歳~39歳の男性400名期間:2014年12月8日~12月10日方法:インターネ [全文を読む]

秘密主義徹底の村上春樹の新作 謎の多さに書店も大わらわ

NEWSポストセブン / 2013年04月11日07時00分

村上春樹ファンはこの日を、一日千秋の思いで待ち続けてきただろう。 単行本3冊と文庫本6冊の累計が770万部を突破した『1Q84』(新潮社)以来となる、3年ぶりの長編『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』(文藝春秋)の発売。それは、これまで明らかにされてこなかった内容が、やっと白日の下にさらされるということ。そもそもそのタイトルからして、謎を呼んだ。 [全文を読む]

加藤嘉一「小説の世界観よりも、村上春樹という人間の生き方に興味を持っています」

週プレNEWS / 2012年10月09日15時00分

日本を代表する作家として、世界で高く評価されている村上春樹さん。 ぼくが追い求めなければならない、“個”としての圧倒的な発信力を持っています! 10月中旬にノーベル文学賞の受賞者が発表されますが、イギリスの「ラドブロークス」というブックメーカーは、日本人作家の村上春樹さんにトップの評価を付けているそうです。 実は、ぼくが言論の世界でシンパシーを強く感じてい [全文を読む]

韓国で村上春樹人気が「台風」並みに!?最新作の韓国語版発売で=ネットにはアンチコメントも「反対に、日本で韓国人作家がブームを起こしたら…」

Record China / 2017年07月13日11時40分

2017年7月12日、韓国・ファイナンシャルニュースは、村上春樹氏の7年ぶりの長編小説『騎士団長殺し』の韓国語版が韓国で発売され、一大ブームを巻き起こしていると伝えた。 韓国のインターネット書店「インターパーク図書」によると、6月30日に村上氏の最新作『騎士団長殺し』韓国語版の予約販売を開始したところ、すぐさまベストセラーにランクイン、6月第4週と7月第1 [全文を読む]

「村上春樹現象」という捏造された幻想…読書イベントはたった9人、語り合いなく静かに解散

Business Journal / 2017年04月01日17時00分

村上春樹の新作長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)が2月24日に発売されてから、およそ1カ月。しかし、発売の前や当日こそマスコミが取り上げたことで注目を集めたものの、今やインターネット上でもあまり話題に上らなくなっている。 芸能人や著名人による評価やレビュー記事も少なく、絶賛する声もなければ酷評もあまりない。これは『1Q84』(同)や『色彩を持たない多崎つく [全文を読む]

村上春樹、人気の終焉か…読者側に「飽き飽き感」充満、新作で読者を置き去り

Business Journal / 2017年03月28日20時00分

村上春樹の新作長編小説『騎士団長殺し』(新潮社)がさっぱり話題に上らない。発売当初こそマスコミに大々的に取り上げられたものの、次第に『騎士団長殺し』はおろか「村上春樹」の名を目にすることもほとんどなくなった。 なにより、これまでの村上作品と違うのは、熱狂的信者であるはずの“ハルキスト”をはじめ、一般読者からの反響がほとんどないことだ。第1部「顕れるイデア編 [全文を読む]

村上春樹は、なぜ「同じ話」を書き続けるのか 彼が「騎士団長殺し」でも挑んだテーマとは?

東洋経済オンライン / 2017年03月26日12時00分

村上春樹氏の新作『騎士団長殺し』の発売から、早くも1カ月が過ぎた。「第1部 顕(あらわ)れるイデア編」「第2部 遷(うつ)ろうメタファー編」をあわせた発行部数は130万部を超えている。今回の作品で、そして過去の長編小説で、村上春樹が一貫して挑戦を続けてきた「主題」とは何か。村上春樹についての著作を持つ評論家の栗原裕一郎氏が読み解く。2月24日に、村上春樹[全文を読む]

日韓が熱中する村上春樹作品、韓国人には「憧れ」、日本人には?=韓国ネット「韓国より日本の小説の方がはまれる」「ハルキのいい所は…」

Record China / 2017年03月02日23時50分

2017年3月2日、韓国メディア・韓国日報は、日本のみならず韓国でも大ベストセラー作家となっている村上春樹氏について、同じ「大人気」でもその背景にあるものは日韓で違いがあるとの記事を報じた。 2月24日、村上氏の4年ぶりとなる新作『騎士団長殺し』が初版130万部で発売され、「ハルキスト」と呼ばれるファンのみならず日本の出版界が沸いているが、韓国の出版界では [全文を読む]

そして村上春樹を超越した『騎士団長殺し』が目の前に現れた。それだけで十分である。

Business Journal / 2017年03月01日06時00分

昨年もそうだったが、ノーベル賞の季節になると、まるで季語のように村上春樹の名がメディアに浮上する。日本に全人口の1%ほどはいると思われる文学愛好家にとっては、そんなことはどうでもいいことになっていた。村上の作品ばかりを繰り返し読む、「ハルキスト」と呼ばれる人々。とりあえずは新作が出たら読んでみるという人々。嫌いだから批判するために読むという人々。村上の作品 [全文を読む]

フォーカス