藤原竜也 蜷川幸雄に関するニュース

松坂桃李出演『ヘンリー四世』放送! 「蜷川幸雄VS若手俳優」特集として、小栗旬、小出恵介、山本裕典出演作品も一挙放送!

PR TIMES / 2013年09月24日13時30分

蜷川幸雄が演出した4時間以上にも及ぶシェイクスピア戯曲との壮絶な戦いを制し、その実力で藤原竜也や小栗旬らに続く演劇界注目の若手俳優の座を手にいれた松坂桃李。 飲んだくれの不良中年騎士フォルスタッフと、後に名君ヘンリー五世となる若きハル王子というシェイクスピアの生んだ人気キャラクター2人を軸に描かれる。“大酒のみで女好き、狡猾で大ボラ吹き”という魅力的な騎士 [全文を読む]

「一周忌追悼企画 蜷川幸雄シアター」

PR TIMES / 2017年03月13日10時12分

1.実施概要 タイトル : 一周忌追悼企画 蜷川幸雄シアター 実施内容 : 珠玉の蜷川作品の中からセレクションした4作品を全国の映画館で上映 実施日時 : 2017年5月13日(土)より4週間、1日/1回上映 (蜷川幸雄の一周忌5月12日(金)に合わせての実施) 実施場所 : 全国15の映画館にて特集上映 入場料金 : 当日2,500円(税込)、前売は2 [全文を読む]

埼玉の偉人 蜷川幸雄の人生

クオリティ埼玉 / 2016年06月07日00時43分

先月他界した蜷川幸雄の告別式には、吉田鋼太郎、藤原竜也、小栗旬、堤真一、寺島しのぶ、宮沢りえ、内野聖陽、木村拓哉などのトップスターが参列し、彼の死を惜しみ、涙を流した。これは彼の残した功績といえるだろう。 蜷川幸雄はここ埼玉県川口に生まれた。 そして蜷川幸雄が手がける演劇公演が与野本町にある「彩の国さいたま芸術劇場」で数多く上演された。 彩の国さいたま芸 [全文を読む]

ファンキル史上最大のアップデート『地上編』始まる。コンセプトフィルム『ファントム オブ キル ―ZEROからの反逆―主人公【ゼロ】役の声優が藤原竜也に決定!

PR TIMES / 2016年03月29日09時27分

さらに、コンセプトフィルム『ファントム オブ キル ― ZEROからの反逆― 』にて、まだ発表されていなかった主人公【ゼロ】役の声優が、藤原竜也さんに決定したことを3月25日(金)放送のファンキルベースinニコ生にて発表しました。■コンセプトフィルム 主人公【ゼロ】の声を藤原竜也さんが演じることを発表!藤原竜也さんが今回演じたのは、実験によって魔獣の力を得 [全文を読む]

“日本史上最も可愛い殺人者”と呼ばれたネバダと【封印映画】の意外な関係とは?

tocana / 2016年06月05日09時00分

訃報を受けて、前日に病室へ見舞っていた俳優の藤原竜也は、「僕を生んでくれたのは蜷川さんです」とコメントした。その言葉に偽りはなく、映画『デスノート』シリーズや『カイジ』シリーズほか、様々な舞台でも活躍中の藤原竜也は、1997年に蜷川幸雄演出『身毒丸』の主役オーディションで選ばれデビュー。その後「蜷川幸雄の秘蔵っ子」として脚光を浴び続けてきたのだ。そんな藤原 [全文を読む]

梅雨の鬱々した気分がむしろ快感、「不条理な世界たち」少し笑えて、ちょっと不思議な、七つの物語。

PR TIMES / 2015年06月16日16時56分

藤原竜也主演の「ハムレット」では、清家氏はギルデンスターン役で出演。5月の「ハムレット」のロンドン公演では、ロンドンカードのRebecca Sykesという地元の記者から「サージェント・ペパーズを歌っていた時のジョン・レノンとポール・マッカートニーのようで、悲劇の中にそえられたコミカルな演技」という評価を受けた。http://www.ldncard.com [全文を読む]

WOWOW:蜷川幸雄さん追悼番組「天保十二年のシェイクスピア」

PR TIMES / 2016年05月19日14時20分

渡世修業から戻ってきたきじるしの王次(藤原竜也)や、各地を転々としてきたお光も入り乱れて、村は血塗られた惨劇に巻きこまれていく。 [スタッフ・キャスト] 作:井上ひさし 演出:蜷川幸雄 音楽:宇崎竜童 出演:唐沢寿明、藤原竜也、篠原涼子、夏木マリ、高橋惠子、勝村政信、木場勝己、吉田鋼太郎、壤晴彦、高橋洋、毬谷友子、沢竜二、西岡徳馬、白石加代子、他 [収録日 [全文を読む]

【女性チャンネル♪LaLa TV】シェイクスピア没後400周年記念放送!蜷川幸雄演出×シェイクスピア原作の舞台作品を4か月連続特集放送!

PR TIMES / 2016年04月13日13時33分

予告動画はこちら https://youtu.be/EqCAUl2fG4E【放送作品詳細】[画像1: http://prtimes.jp/i/7517/106/resize/d7517-106-103469-1.jpg ]「ジュリアス・シーザー 」放送日時:4/16(土)23:15~2014年/176分/2部構成/HD作品/CS初放送出演: 阿部寛(ブル [全文を読む]

藤原竜也、向井理らの舞台を配信開始!!

Smartザテレビジョン / 2015年07月01日21時40分

藤原竜也、向井理など人気俳優の出演作品や蜷川幸雄監督をはじめ有名演出家が手掛けた人気舞台作品22タイトルを7月1日から順次独占配信していく。 今回、7月1日より配信する作品は、映画、ドラマとさまざまなジャンルで活躍する藤原竜也と、ダイナミックな演出が世界でも高い評価を受けている蜷川幸雄監督による舞台「蜷川幸雄×藤原竜也×鈴木杏 ロミオとジュリエット」や、向 [全文を読む]

WOWOW『ジュリアス・シーザー』放送。出演の阿部寛、「蜷川作品は、ものすごい刺激をもらえる」

PR TIMES / 2015年03月03日17時54分

[画像1: http://prtimes.jp/i/1355/2607/resize/d1355-2607-408309-0.jpg ] WOWOWでは、蜷川幸雄が阿部寛、藤原竜也、横田栄司、吉田鋼太郎ら豪華俳優陣とともに放ったシェイクスピアの代表作「ジュリアス・シーザー」をお届けする。 蜷川幸雄が芸術監督を務める彩の国さいたま芸術劇場では、1998年以来 [全文を読む]

何人殺した!? 怪優・藤原竜也に憑依した、4人の“凶悪殺人犯”たち

dmenu映画 / 2017年06月02日07時00分

若冠15歳にして蜷川幸雄に見出だされ、舞台『身毒丸』(1997年)で衝撃的なデビューを飾った天才、藤原竜也。その後は、野田秀樹や栗山民也などの演出する舞台や、深作欣二、三池崇史、中田秀夫など巨匠たちの手掛ける映画で主演を務め、正気の沙汰ではない強烈な役どころを数多く好演し、狂人を演じさせたら右に出る者がいない怪優として不動の地位を確立してきました。 (C) [全文を読む]

<女性チャンネル♪LaLa TV>8月9月2か月連続企画【追悼】蜷川幸雄ドキュメンタリー「疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~」他故・蜷川幸雄氏 演出・監督の舞台、映画、関連作品を一挙放送

PR TIMES / 2016年07月26日11時08分

●ドキュメンタリー『疾走する蜷川幸雄80歳~生きる覚悟~』放送日時:2016年8月1日(月)11:00~ほか●映画『蛇にピアス』放送日時:2016年8月5日(金)25:15~ほか出演:吉高由里子、高良健吾、ARATA、あびる優、ソニン、 (特別出演)市川亀治郎(現 猿之助)、井出らっきょ、小栗旬、唐沢寿明、藤原竜也原作:金原ひとみ(第130回芥川賞受賞作品 [全文を読む]

【女性チャンネル♪LaLa TV】蜷川幸雄さんを偲び追悼放送が決定 舞台「ヘンリー六世」「ジュリアス・シーザー」

PR TIMES / 2016年05月13日18時34分

シェイクスピア没後400周年記念 蜷川幸雄演出 舞台「ヘンリー六世」「ジュリアス・シーザー」 【舞台】「ヘンリー六世」 HD 日本初放送 2016年5月14日(土)23:00~ 演出:蜷川幸雄 出演:上川隆也(ヘンリー六世)、大竹しのぶ(ジャンヌ・ダルク/マーガレット)、高岡蒼甫(リチャード)、池内博之(サフォーク伯爵/ジョージ)、長谷川博己(シャルル/ [全文を読む]

「巨星」演出家の蜷川幸雄さん死去......同日に主演ドラマ発表の藤原竜也との「縁」

Business Journal / 2016年05月12日19時00分

ちょうどこの日、日本テレビ系の日曜ドラマ『そして誰もいなくなった』枠で、俳優の藤原竜也が主演することが明らかになった。藤原が演じるのは、偽者に人生を乗っ取られ、どん底の生活に転落した男で、サスペンスドラマだという。 藤原といえば、蜷川さん演出の舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを獲得。国内外で「天才現る」と一躍注目を浴びることとなり、一気に世間 [全文を読む]

藤原竜也、結婚前に美輪明宏からアドバイスをもらっていた!

ハピズム / 2013年06月04日09時00分

俳優・藤原竜也さんが4歳年上の一般女性との結婚を発表。お相手は、2004年夏に知人の紹介で知り合った元OLの女性で、なんと交際期間9年を経ての結婚! 5月31日に記者会見を開いた藤原さんは、結婚を決めた理由として、恩師でもある演出家・蜷川幸雄氏に、一人前の役者だと認めてもらったエピソードを紹介。婚姻届は年内に提出、「結婚を機に、さらに芝居に力を入れていきた [全文を読む]

伊野尾慧、岡田将生にも愛されまくる藤原竜也の男子力

messy / 2017年04月21日16時00分

アツこと、秘密のアツコちゃんです! 今クールのドラマで早くから注目度の高かった藤原竜也さん主演の『リバース』(TBS系)は見たかしら? 原作は“イヤミス(=読んで嫌な気分になるミステリー)の女王”こと湊かなえさんだからハズレなし! と踏んで、アツもずっと前から楽しみにしていたのよね。今までも同枠では湊さんの作品『夜行観覧車』や『Nのために』を放送して毎回話 [全文を読む]

松山ケンイチが、藤原竜也を絶賛!「あの演技は今でも忘れられない」

日刊大衆 / 2016年10月29日16時00分

10月29日から公開となる映画『デスノート Light up the NEW world』の完成を記念し、旧2部作『デスノート』『デスノート the Last name』の上映イベントが10月24日に行われ、藤原竜也(34)と松山ケンイチ(31)が登壇した。上映後に当時を振り返った松山が、藤原を評して「狂気じみた演技を今でも忘れられない」とコメントし、ファ [全文を読む]

藤原竜也が“激務”すぎ!? 主演映画・主演ドラマ同時撮影の裏に「蜷川さんへの想い」

日刊サイゾー / 2016年08月02日18時00分

10年ぶりに映画の吹き替えもやりましたし、やっぱり蜷川幸雄さんが亡くなられたのが大きかったのかもしれませんね」(舞台関係者) 現在放送中のドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)で主演を務めている藤原竜也。 「初回視聴率は10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)でまずまずのスタートとなったものの、3話目では7.2%まで下げています。藤原 [全文を読む]

岡村隆史が「妻夫木聡のトラウマ」で藤原竜也とのバトル回避に成功!?

アサ芸プラス / 2016年07月26日09時59分

7月21日放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」で、岡村隆史が藤原竜也に演技論を吹っかけたくなったのをグッとこらえた話を打ち明けた。 岡村がバーでスタッフと、ドラマ「そして、誰もいなくなった」(日本テレビ系)の話題で盛り上がっていたところ、突然ドラマ出演者のヒロミに声をかけられた。共演者(藤原竜也、玉山鉄二、Hey! Say! [全文を読む]

新ドラマでもさっそく披露、藤原竜也の“叫び声”はクセになる?

アサジョ / 2016年07月21日09時59分

7月17日にスタートしたドラマ「そして、誰もいなくなった」(日本テレビ系)で、同姓同名の男に自分の人生をそっくり乗っ取られる藤堂新一を演じている藤原竜也。その演技力はデビュー当時から故・蜷川幸雄からお墨付きをもらっているほど優れているため、藤原が出演する作品は映画であれ、舞台であれ、ドラマであれ「すごいことが起きそう」と期待感をあおってくれることで有名だ。 [全文を読む]

フォーカス