演劇 藤原竜也に関するニュース

“日本史上最も可愛い殺人者”と呼ばれたネバダと【封印映画】の意外な関係とは?

tocana / 2016年06月05日09時00分

そんな藤原竜也の才能に目を付けたいたのは演劇界だけではなく、日本映画界の巨匠も同様だった。映画『仁義なき戦い』の深作欣二だ。 深作欣二が実子・健太と二人三脚で撮った『バトル・ロワイアル』シリーズは、高見広春の同名小説を原作に映画化したもので、キャッチコピーは「ねえ、友達殺したことある?」だった。しかしその過激な内容に、公開やソフト化に際し、様々な障壁が行く [全文を読む]

「人間の証明」主演・藤原竜也『素晴らしい戯曲、演劇は色あせない』

Smartザテレビジョン / 2017年04月01日07時00分

芝居をやっているとよく思うんですが、素晴らしい戯曲、演劇がなぜ色あせないのかというと、時代って回っているだけで、一歩も先に進んでいないからじゃないかと。だから、また時代はやってきて、同じ戯曲、作品、台本が評価されるのかなって。この台本もまさにそういうことで、時代を経ても共感できる、人の心に強く訴えかけるようなものだと思うんです。もちろん、原作が非常に素晴ら [全文を読む]

「一周忌追悼企画 蜷川幸雄シアター」

PR TIMES / 2017年03月13日10時12分

「世界のニナガワ」として、日本の演劇界をリードしてきた「蜷川幸雄」 アングラ、小演劇から出発し、商業演劇・大劇場に進出しダイナミックな演出で数多くの話題作を世に放ち、演劇にその命を捧げました。 この度「一周忌追悼企画 蜷川幸雄シアター」では数多くの演出作品から厳選した蜷川作品を映画館で上映し、蜷川幸雄作品の魅力、凄味を紹介します。 1.実施概要 タイトル [全文を読む]

WOWOW:蜷川幸雄さん追悼番組「天保十二年のシェイクスピア」

PR TIMES / 2016年05月19日14時20分

日本の演劇史を堪能できる。 [内容] 天保十二年の下総国を舞台にした任侠時代劇に、シェイクスピアの戯曲全37作のエピソードを巧みに盛り込むという、作家・井上ひさしによる遊び心にあふれた作品。蜷川幸雄の70歳を記念して行なわれた連続公演企画“NINAGAWA VS COCOON”全4作の集大成。 時代劇、シェイクスピア劇など多くの作品を手掛けた名演出家の技が [全文を読む]

梅雨の鬱々した気分がむしろ快感、「不条理な世界たち」少し笑えて、ちょっと不思議な、七つの物語。

PR TIMES / 2015年06月16日16時56分

[画像1: http://prtimes.jp/i/11229/3/resize/d11229-3-915560-0.jpg ]今、日本の演劇界を最高の魅惑力と力強さで牽引している演出家、鬼才、異才といえば、蜷川幸雄氏だろう。その蜷川演劇に圧倒的な回数で出演している役者がいる。蜷川幸雄を父として仰ぎ、一心に後を追い続けた役者、清家栄一。蜷川演劇のファンは必 [全文を読む]

人智を超えた「革命アイドル暴走ちゃん」ステージの超カオス

しらべぇ / 2016年10月16日09時30分

豪州アデレード公演を大成功の勢いそのままに東京凱旋公演中の「革命アイドル暴走ちゃん」ですが、噂以上にパワフルで噂以上に水と紙吹雪とワカメが降ってきた(笑)!現代のええじゃないか!最高でした! pic.twitter.com/BPnaTDHf3a— ギュウゾウ/電撃ネットワーク (@gyuzo_rock) October 30, 2015昨日はありがとうござ [全文を読む]

岡村隆史が「妻夫木聡のトラウマ」で藤原竜也とのバトル回避に成功!?

アサ芸プラス / 2016年07月26日09時59分

いきなり『それは違うじゃないですか』と大声で否定され、ものすごく怖かったそうです」(芸能ライター) そのことがトラウマとなり、以後どんなに酔っぱらっても、懸命にこらえてセーブしてきたというが、演劇関係者は「岡村は踏みとどまってよかったですよ」と言ってこう続ける。「藤原は小栗旬がリーダーの小栗会の重鎮。メンバーは山田孝之、綾野剛、小栗旬、中村勘九郎、吉田鋼太 [全文を読む]

「巨星」演出家の蜷川幸雄さん死去......同日に主演ドラマ発表の藤原竜也との「縁」

Business Journal / 2016年05月12日19時00分

演劇のみならず、日本の芸能シーンに残した足跡は永久に消えないだろう。心からご冥福をお祈りしたい。 [全文を読む]

綾瀬はるか主演「精霊の守り人」追加出演に藤原竜也ら

Smartザテレビジョン / 2015年07月13日13時59分

演じてみての感想を聞かれた藤原は「自分は帝なので、自分は演劇の大先輩でもある81歳の(聖導師役)平幹二朗さんを従えて演技するんですが、『どう考えても成立しないよな』と思いながら演じました」と撮影時のエピソードを披露した。 また、綾瀬と初めて対面した時の感想を聞かれた小林は「すごくきれいで優しくて、撮影中は面白いです」とコメント。「特に、くしゃみがかわいいで [全文を読む]

日本を代表する個性派俳優 生瀬勝久×古田新太による劇団「勝・新」が本格スタート!

PR TIMES / 2012年08月17日16時41分

伊勢谷友介、吉高由里子、風間杜夫、松雪泰子などを迎え、生瀬、古田のふたりが演劇界に波瀾を巻き起こした。劇団「勝・新」は藤原竜也を迎え、「CBGKシブゲキ!!」で、大阪弁のシェイクスピアを!という目標を達成すべく、まずは本格的に劇団員を揃えるため、大々的なオーディションをすることに。 プロ・アマ・経験不問のオーディションに集まったのは総勢828名。番組は、生 [全文を読む]

藤原竜也と伊藤英明、初バトルの感想は?『22年目の告白』撮影現場に潜入

Movie Walker / 2016年11月25日11時00分

演劇もそうですが、踏み込んではいけないんじゃないかというラインを気にしてしまうときってあるんです。でも伊藤さんは瞬間的に『でもここはこれでやりたいんですがどう思いますか』とそのラインを超えて来てくれるので。熱いだけじゃない、素敵な俳優さんでした」。 一方の伊藤は「他の作品を見ていてもものすごく頼もしい役者さんなので、一緒にできるのを楽しみにしていました」と [全文を読む]

ヤマハミュージックメンバーズ会員限定 ホリプロ公演 チケット優待サービスの提供を開始

PR TIMES / 2016年10月13日17時53分

ホリプロの所属タレントをはじめ、著名な俳優や演出家を起用したミュージカル・演劇のほか、海外で話題の作品など、年間を通してご案内します。■提供開始日 2016年10月13日(木)■提供主体株式会社ホリプロ■対象ヤマハミュージックメンバーズ プレミアム会員■申し込み方法1.電話(ホリプロチケットセンター)*12.インターネット(ホリプロオンラインチケット)*2 [全文を読む]

吉田鋼太郎「どうして僕に?」地上波初MCに挑む!

Smartザテレビジョン / 2016年07月04日05時00分

さらに吉田は、「蜷川幸雄さんは僕にとって演劇の師匠だったんですが、同じまな弟子のようだった藤原竜也と一緒にお見舞いに行ったんです。そうしたら僕らが見舞いに行った翌日にお亡くなりになった。僕らにも虫の知らせがあったのか、蜷川さんも僕らを待っていてくれたのか…。ひょっとしたら会えなかったかもと考えると、そんなふうにも考えましたね」とプライベートで体験したちょ [全文を読む]

埼玉の偉人 蜷川幸雄の人生

クオリティ埼玉 / 2016年06月07日00時43分

そして蜷川幸雄が手がける演劇公演が与野本町にある「彩の国さいたま芸術劇場」で数多く上演された。 彩の国さいたま芸術劇場は、施設設置者は埼玉県ではあるが、指定管理者は公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団で、その芸術監督を務めていたのが蜷川幸雄だったためである。 そして今、蜷川幸雄の遺作「尺には尺を」が藤木直人、多部未華子によってその芸術劇場で公演されている。 [全文を読む]

小島慶子のそこじゃない! 蜷川幸雄さんが体験した不遇時代の育児と生活での切実な思い…「舞台は評論ではなく、感情で見てほしい」

週プレNEWS / 2016年05月25日10時00分

タレントでエッセイストの小島慶子が、世間の気になる話題に独自の視点で斬り込む! *** 「稽古中に灰皿が飛んでくる」という逸話で有名な蜷川さんの演劇への情熱と功績は、訃報を受けて何度も報じられました。 まさに仕事に生き、最後まで仕事への熱意を燃やし続けた蜷川さんが、主夫として幼い娘の育児をしていたというのは意外かもしれません。 写真家で長女の実花さんが生 [全文を読む]

故・蜷川幸雄さん 臨終の床で残した妻への呼びかけ

NEWSポストセブン / 2016年05月19日07時00分

蜷川さんは何よりもかわいがっていた孫の顔を見て、危険な状態から奇跡的な回復をしてきたそうです」(蜷川家の知人) それでも深刻な状態が関係者の間に伝わり始めたGW明け、俳優や演劇関係者らがお忍びで次々に病室を訪れた。蜷川作品の常連だった大竹しのぶ(58才)は9日、病床の蜷川さんに声をかけた。「大竹さんの声ははっきりと蜷川さんに聞こえたようでした。少し目を開け [全文を読む]

「あの表情にゾクッ」、ドラマ「デスノート」窪田正孝の才能が開花した瞬間

アサ芸プラス / 2015年09月06日09時59分

演劇関係者が語る。「当初、台本を読んでも言葉の意味が全く分からなかったという窪田くんは、ポスター撮影の際、勇気を出して蜷川さんに『教えて下さい』と直談判しました。すると、『僕も分からない。頭で考えず体で反応しながらやればいいよ』と言われ、真っ白な状態で臨んだそうです。厳しいと有名な蜷川さんの演出と、名優・平幹二朗さんとの40分に渡る二人きりのシーン等が刺激 [全文を読む]

周囲は「静養してほしい」のに……80歳を迎える大演出家・蜷川幸雄が貫く“現場主義”

日刊サイゾー / 2015年04月13日13時00分

「現在も精力的に活動はしていますが、予断を許さない状況のようですよ」(演劇関係者) 昨年11月、香港で緊急入院した演出家の蜷川幸雄。今年で80歳を迎える現在も、あくまで“現場主義”で数多くの演出を手掛ける予定だという。 「先日まで台湾で藤原竜也主演の『ハムレット』を上演してましたし、この秋には溝端淳平主演で『ヴェローナの二紳士』が上演されます。来年2月には [全文を読む]

小栗旬 芸能界追放のピンチ!?そのワケとは

アサ芸プラス / 2014年09月12日09時59分

三宿や三軒茶屋、中目黒周辺の居酒屋やバーで、演劇論を熱く語っている姿がたびたび目撃されています。また小栗は、自腹で芝居ができるスタジオとトレーニングジムを完備した稽古場も建設中なんです。さらに、バーニング系列やジャニーズ事務所など力の強い芸能プロがキャスティングを牛耳っている、日本の芸能界の現状に嫌悪感を抱き、一石を投じる構えもみせているんです」 実際、雑 [全文を読む]

フォーカス