高校 横澤夏子に関するニュース

指原莉乃の「よくわからないアイドルのSNOWモノマネ」に横澤夏子が大絶賛

dwango.jp news / 2016年11月30日11時38分

また、高校では友達「関西人が東京でナメられたらいけない」とかなりキツイ態度で接し結果として友達がいなかったという。公開した日記は、「生」「抹殺」「死」「南無阿弥陀仏」などが達筆で書かれたかなりオカルトな内容にスタジオも衝撃を受ける。指原も「闇が怖い」と引き気味。「生きるって結局死への道じゃないですか」とかなり闇が深そうだ。 伊藤ゆみも幼少期にお人形さんの首 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】“思い出の卒業ソング”1位は小嶋陽菜も歌ったあの歌

TechinsightJapan / 2017年02月28日20時10分

■街の人が選ぶ思い出の卒業ソング トップ7 7位 『手紙 ~拝啓 十五の君へ~』(アンジェラ・アキ) 「15歳の時にアンジェラ・アキがこの曲を作った時期で 今聴くと心にしみてきますね」(23歳・男性) 「卒業式で先生が歌ってくれた 泣かないって決めてたけど、めちゃ感動した」(23歳・男性) 6位 『YELL』(いきものがかり) 「担任の先生にサプライズで [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】関取花、『奪い愛、冬』から妄想が膨らみ「めちゃ食べたい、肉」 “石田ゆり子”への道は遠い

TechinsightJapan / 2017年02月24日10時40分

朝からゲスト出演した『モーニングジャム』では、中学時代にバスケ部に入っていたが高校から音楽の道に進んだことを話した。バスケ部の引退試合を終えて皆でカラオケに行きKiroroの『Best Friend』を歌ったところ「泣かせにかかるあざとい選曲だったが、皆は“ずっと友達でいようね”と泣いてくれた」という。 子どもの頃から褒められることが少なかった彼女は「これ [全文を読む]

今夜放送「ラストキス」に出演!ベイビーギャング北見のモテエピソード4選

Woman Insight / 2016年02月16日22時00分

ホワイトデーに“屋上からクッキーをばらまく”、中学高校では自分の卒業式でもないのにボタンが1個もなくなった……など、なかなか派手な学生時代を過ごされています。 ■モテる男の会話を広げる“トーク術” トーク術も求められる美容師時代に学んだのが、「目を見て話す」「笑顔で接する」「敬語で話す」の3つ。さらに、自分の話をしすぎない、「YES or NO」で完了する [全文を読む]

ブレイク街道まっしぐらの芸人・ピスタチオ伊地知の“嵐時代”とは!?

Woman Insight / 2015年08月08日06時01分

高校を卒業して、小さな事務所に入って俳優をやってたんですけど、目立って笑いをとるわけじゃないので面白くなかったんです。それで、NSCに入りました。 ホストもお金がほしいからやっていたのじゃなく、“ナンバー○”に入れば目立つ、という理由から。それでナンバー2や3より、やっぱりナンバーワンのほうが目立つし、調子にのれるから目ざしただけです(笑)。たしかに歌舞伎 [全文を読む]

【今日のインサイト】若手イケメン芸人が実演「雨の日の必勝ナンパテク」に思わずクラッ

Woman Insight / 2015年07月08日06時00分

Woman Insight編集部(以下、WI) いきなりですが、初ナンパはいつですか? 村 潤之介さん(以下、ムラジュン) たぶん、高校生のころに声をかけたのが初めてだと思います。僕、高校のときはサッカー部に入っていたんです。地元は富山(県)、全国大会に出るようなサッカーの強豪校で、練習に明け暮れて、休みも年に1回ぐらいしかないぐらい。だから、通勤時間が [全文を読む]

フォーカス