本名 井川遥に関するニュース

井川遥「暴力住職の親族」報道でネトウヨが在日ヘイト攻撃! カミングアウトできないのは本人のせいじゃないのに

リテラ / 2016年12月10日16時00分

〈井川遥の本名は趙秀恵。これ、大スクープなのにテレビでは絶対報道しないwww 同胞が問題起こし過ぎで在日擁護もそろそろ限界じゃないですか?笑〉〈私は井川遥が朝鮮人=趙秀恵だって知ってましたけどね(^^;; 大して可愛くもなく、格好良くもないのに、異常に推されてる連中は怪しい〉〈井川みたいな下手くそ整形自称女優が使われるのはチョン枠 それだけで悪そのもの〉 [全文を読む]

井川遥 女優絶好調に水を差す「暴行住職」叔父の生臭余罪

アサ芸プラス / 2017年01月07日09時57分

「昔は『井川』と名乗っていたが、本名は『趙』という姓だった。女優の井川遥(40)の父が彼の兄だったようで、どこに行っても当時グラビアで売り出し中だった彼女の名前を出して威張り散らすので、兄からは『あまり娘の名前を使うな』とクギを刺されていた」(前出・A氏) 井川といえば99年に東洋紡の水着キャンギャルから女優に転身。06年の結婚後も、14年に出演した「サン [全文を読む]

webサイト「ザテレビジョン」が【視聴熱】春ドラマランキングを発表 「リバース」や「あなそれ」を抑えて「貴族探偵」が堂々の1位に!

PR TIMES / 2017年07月22日20時22分

探偵を名乗りながら自らは推理をせず、本名も分からない謎の男“貴族探偵”を相葉雅紀が演じ、武井咲、生瀬勝久、滝藤賢一、中山美穂、松重豊ら豪華俳優陣の共演が話題になった。最終回の第11話では、今期の最高視聴熱となる115,418ptという高ポイントを記録した。 同作品は、2015年に相葉が主演したドラマ「ようこそ、わが家へ」(フジテレビ系)のスタッフが再集結。 [全文を読む]

『貴族探偵』相葉御前の正体も判明?佳境前に振り返る記事3つ

しらべぇ / 2017年06月05日07時00分

(1)とにかくキャラ立ちな相葉御前職業、年齢、本名も一切不明な貴族探偵。美しい女性に対してはとても紳士的な対応を見せる反面、男性や使用人たちにはなかなか厳しい面も。第五話では名家・桜川家の跡取りをめぐる争いで、3人の男が殺されてしまう事件が起きる。そんな中、貴族探偵がひとつの死体に向かって「この、罰当たりがっ!!!」と声を荒げる一幕があった。というのも、事 [全文を読む]

相葉雅紀“月9”主演もメンバーからは「何すんの?」

Smartザテレビジョン / 2017年04月03日08時00分

主人公は探偵を趣味としている貴族で、年齢、家族、学歴、住所、そして本名までも不明、さらには、推理を「雑事」と言い放ち、召使いに任せながら、自らは優雅に謎を解くという、探偵という存在の既成概念を打ち砕く前代未聞のミステリー。 「貴族が召使を使って謎を解く」という設定にかけて、「実際に物語に出てくるような召使がいたらどんなことをお願いする?」という記者からの質 [全文を読む]

「相葉雅紀と心中する覚悟」を決めたフジテレビ月9陣が犯したミス

messy / 2017年03月31日17時30分

年齢も生まれ育ちも、本名までナイショなんですって。で、探偵は探偵でも、それはあくまで趣味であって、実際に事件を捜査&推理するのは彼の周りにいるワケありの超個性的な召使たち……なんだとか。そう、ドラマの最大の売りは“主人公が推理をしない異色のミステリー”ってこと。 原作は麻耶雄嵩氏の本格推理小説で、麻耶作品が映像化されるのは初めてなんだって。手厳しい原作ファ [全文を読む]

「A LIFE」方式?相葉雅紀主演「貴族探偵」に豪華脇役陣が配されたワケ

アサジョ / 2017年03月09日10時14分

相葉演じる主人公は、年齢も家族も住所も本名も不明という謎の青年。常に紳士的で、洒落者。自身を“貴族”と名乗り、趣味は探偵で、興味のある事件には、上層部に働きかけ捜査に関わる。 ただし、実際に捜査や推理をするのは彼の召使いたちで、松重豊演じる執事、中山美穂演じるメイド、滝藤賢一演じる運転手が任に当たる。その他、元探偵役の井川遥、新米探偵役には武井咲、主人公 [全文を読む]

フジ月9で嵐・相葉雅紀『貴族探偵』スタート、フジが「月9ミステリー」なる新語を猛アピール

日刊サイゾー / 2017年02月10日20時30分

麻耶雄嵩氏の同名推理小説シリーズが原作で、相葉が演じるのは、年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明ながら、己のことを「貴族」と名乗る“貴族探偵”。しかしながら、召使たちに捜査・推理をさせ、自身は何もしないのだという。 発表されているキャストは、新米探偵役の武井咲のほか、生瀬勝久、井川遥、滝藤賢一、松重豊、仲間由紀恵。さらに、メイド役として中山美穂が出 [全文を読む]

相葉雅紀“30周年の月9”を「貴族探偵」で彩る

Smartザテレビジョン / 2017年02月10日07時00分

相葉が演じる主人公は年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明。己のことを貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年役。女探偵として何かと相対する愛香(武井)を尻目に「推理などという雑事は、使用人に任せておけばいいんですよ」と言い放ち、執事の山本(松重)やメイドの田中(中山)、運転手の佐藤(滝藤)ら、召使いたちが現場分析、証拠集めなど捜査を始めていく。 そ [全文を読む]

フォーカス