彼女 高良健吾に関するニュース

「本当の高良健吾さんがわからない」瀧内公美さんとお互いの印象は?

ananweb / 2017年07月13日20時30分

■ 自分の居場所を求めてもがく人々を描いた『彼女の人生は間違いじゃない』!【映画、ときどき私】 vol. 101 震災で母を亡くし、父親と2人で仮設住宅に暮らしていたみゆき。平日は福島にある市役所に勤めていたが、週末になると東京の英会話教室に通うためだと嘘をついて高速バスに乗り、渋谷でデリヘルのアルバイトをしていた。福島と東京を行き来する生活のなかで、みゆ [全文を読む]

芳根京子、『いつ恋』最後のキーパーソンに選ばれた理由 二面性を持つキャラと演技力に迫る

リアルサウンド / 2016年03月22日06時10分

その少女は奈良県から上京してきたばかりで、音はかつて東京に初めて来た頃の自分を重ね合わせて、彼女に手を貸すのである。その少女、明日香を演じているのは先月19歳になったばかりの女優・芳根京子である。 これまでも、昨年夏に放送されていたドラマ『表参道高校合唱部!』(参考:芳根京子は大女優の器か? 隠れた名作『表参道高校合唱部!』に見る可能性)、秋に公開された映 [全文を読む]

高畑充希、待望の初主演『とと姉ちゃん』で実力発揮なるか? “変幻自在の演技”への期待

リアルサウンド / 2016年04月03日15時13分

彼女が選ばれたオーディションの応募者数は2564人。前作『あさが来た』は歴代最多の2590人だったが、それに次ぐ歴代2位の多さであり、視聴率だけでなく、若手女優の登竜門としての注目度も増していることが伺えるのである。 高畑の演技といえば、記憶に新しいところでは先月ハッピーエンドで幕を閉じた月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』だろう。視聴 [全文を読む]

新月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』に涙腺崩壊者続出!「早くも名作の予感」との声も

AOLニュース / 2016年01月19日18時00分

音の住む田舎町に滞在するあいだ、練は彼女の置かれた閉鎖的で過酷な状況を知る。幼い頃肉親を失った彼女は、里親である林田(柄本明)にこき使われながら暮らし、さらに林田の勝手な判断で25歳も歳の離れた富豪・白井(安田顕)と結婚しなければならないという。好きではない人との結婚を止める練だが、心揺れながらも状況を受け入れつつある音。 しかし、二人が一緒にいる姿を見 [全文を読む]

高良健吾の“人生を変えた”廣木監督!2人の歩んできた軌跡を振り返る!

dmenu映画 / 2017年07月08日07時00分

その人こそ、『彼女の人生は間違いじゃない』(7月15日公開)で実に5度目のタッグを組む廣木隆一監督。『ストロボ・エッジ』(2015年)や『PとJK』(2017年)といった人気作を手がける廣木監督ですが、なぜ高良は廣木の作品に出演し続けるのでしょうか? これまでの軌跡を振り返りながら、考察してみました。 高校生の高良健吾に「お前のやることが正解だ」とゲキ! [全文を読む]

廣木隆一監督最新作、主演に瀧内公美を抜擢!

Smartザテレビジョン / 2017年04月24日11時00分

次々と話題作を生み出す廣木隆一監督が“どうしても映画化したかった”とまで思い入れる新作映画「彼女の人生は間違いじゃない」が7月15日に公開されることがわかった。主演は、映画「日本で一番悪い奴ら」('16年)などで知られる女優・瀧内公美が務める。 映画「ストロボ・エッジ」(’15年)や公開中の「PとJK」などが話題の廣木氏。同時に、映画「ヴァイブレータ」(‘ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】早見あかりが5秒で泣いた CM共演の高良健吾もびっくり

TechinsightJapan / 2016年04月10日14時00分

2014年のNHK連続テレビ小説『マッサン』でも注目を集めた彼女が、今月12日から公演スタートの舞台『夢の劇 -ドリーム・プレイ-』では主役という大役を務める。また現在放送中のCM撮影の現場では、早見がすぐに涙をこぼし、共演の俳優・高良健吾やスタッフを驚かせたという。 放映中のCMで早見あかりが高良健吾とカップルを演じている。泣いている彼女・早見あかりを、 [全文を読む]

ドSな早見あかりが高良健吾を詰めまくる動画が可愛すぎる 「男はみんな新しい方を選ぶのよ」

AOLニュース / 2016年04月01日18時00分

https://youtu.be/58G9sfGL_8M <関連動画はこちら> CMは、うなだれる彼女(早見あかり)を、彼氏(高良健吾)が料理を作りながらなぐさめるシーンから始まる。高良が作った料理は、ほっこりと温かく、優しい味のえびワンタンスープだ。スープの味の決め手は「創味シャンタンやわらかタイプ」。 スープの美味しさに、早見の表情が明るくなり、高良 [全文を読む]

二階堂ふみの、あの艶めかしくてエロティックな赤い衣装が…

Woman Insight / 2016年02月26日19時00分

■二階堂ふみとのやりとり 彼女はこちらの思い描いたイメージに乗り、その上でもっと個性を強くするアイディアを出してくれる素敵な役者です。顔合わせで初めて会ったときにデザイン画を見て、「楽しみにしています」と言っていました。 衣裳的には、「ポックリがいいと思う」とアイディアが出てきました。まだ白い生地で作成された衣裳の仮縫いを着て、「ポックリ……」と彼女が口 [全文を読む]

「残念なイケメン」に心がなごむ 不器用さにキュンとくる映画3選

Woman.excite / 2016年02月13日10時00分

スキーで転んで入院した祥子をお見舞いに行き、恐縮する彼女に「心配させてよ。心配しちゃうのが仕事っていうか…」とねぎらう人の好さ。夏は故郷の海辺で、冬は雪の降るクリスマス、下宿の前の庭で、世之介は祥子に「キスしていい? じゃ、ちょっと失礼して…」とキス。そんなこと聞く男って最低! と普段なら思うのですが、嫌味のなさはさすがイケメン。かっこいいのにもったいない [全文を読む]

最後の大物独身女優・石田ゆり子、最新映画で“気高き美女“の艶技を披露

メンズサイゾー / 2015年01月25日12時00分

しかし、彼女の場合は、かなり刺激的な内容でもまったく下品にならない。洗練された美人ということはもちろんですが、そこはかとなく漂う上品さが、画面からも伝わるのでしょう。2013年に放送されたドラマ『夜行観覧車』(TBS系)では、夫を殺害する妻というインパクトのある役柄を演じていましたが、その際にもエロティックな雰囲気がにじみでていましたね。迫真の演技とともに [全文を読む]

震災で人生を変えられてしまった若者たち――もがく彼らに光は届くのか?

NeoL / 2017年08月01日11時45分

『ヴァイブレータ』『さよなら歌舞伎町』などの廣木隆一監督の最新作『彼女の人生は間違いじゃない』が公開中。 英会話教室に通っていると嘘をつき、週末は東京でデリヘル嬢としてアルバイトをする、市役所勤務のみゆき。故郷の福島では父親と二人暮らしだが、家では父が酒を飲みながら震災で亡くなった母の思い出話を繰り返し、どこにも居場所のない現実にもがいていた。そんなある日 [全文を読む]

【Yahoo!映画ユーザーが選ぶ】今週末みたい映画ランキング(7月13日付)

ガジェット通信 / 2017年07月13日19時50分

5位 『彼女の人生は間違いじゃない』(https://yahoo.jp/kKTuH0) ■公開日 :2017年7月15日(土) ■監督 :廣木隆一 ■キャスト:瀧内公美、高良健吾、柄本時生、光石研、戸田昌宏、安藤玉恵、波岡一喜、麿赤兒、蓮佛美沙子、小篠恵奈、篠原篤、毎熊克哉、趣里 他 ■作品概要:福島県と東京を舞台にしたヒューマンドラマ。週末ごとに東京で [全文を読む]

新星・瀧内公美を高良健吾が誤解「すごく闇が深い人だと思った」

Movie Walker / 2017年06月12日18時41分

『ヴァイブレータ』(03)や『さよなら歌舞伎町』(15)の廣木隆一監督が、自身の処女小説を映画化した『彼女の人生は間違いじゃない』(7月15日公開)の完成披露試写会が、6月12日にヒューマントラストシネマ渋谷で開催。瀧内公美、光石研、高良健吾、柄本時生、廣木隆一監督が舞台挨拶に登壇し、瀧内たちは和気あいあいとクロストークした。 瀧内はオーディションでヒロイ [全文を読む]

『べっぴんさん』の見どころは“芳根京子”だ! 類稀なる女優の才はどこまで磨かれる?

リアルサウンド / 2016年10月10日06時10分

デビューからわずか3年余りで今回のヒロインを務めるという大役を任された彼女を、『表参道高校合唱部!』以降注目し続けている筆者としては、録画では満足できずにテレビの前に正座して毎朝8時を迎えている。ここのところ駅のコンビニ・NewDaysの広告でしか彼女の姿を見ることができずにいたので、待ちに待った“動く姿”である。 もっとも、朝ドラの基本通りに序盤は幼少時 [全文を読む]

次期CMクイーンの呼び声も高い中条あやみ、うんち片手に「んちゃ!」 アラレちゃんCMがキュートすぎる!

メンズサイゾー / 2016年09月04日12時00分

そんな彼女は「次期CMクイーン」の呼び声も高いが、今回のCMがシリーズ化されることになれば、さらに女王の座が近づきそうだ。 「絶対的美少女などと称される中条さんですが、単に美しいだけではないところも大きな特徴。たとえば、ハーゲンダッツのCMでは入浴シーンなどを披露し、歴代キャストの真矢ミキさん(52)や柴咲コウさん(35)に負けないセクシーさを発揮している [全文を読む]

ローラが熊本で炊き出しボランティア! 背景にある信念とは? かつて語っていた、社会的弱者への思いと貧困体験

リテラ / 2016年04月28日12時45分

ローラがそう願うようになったのは、「自分も苦労してきた」と語っているように、彼女自身の生い立ちが深く関わっている。日本語がまったく分からない状態で日本に来て、さらにはその後、両親の離婚と再婚により複雑な家庭環境、そして経済的に厳しい生活......。 そんな厳しい環境のなかで道を切り拓いてきたローラは、前述のインタビューでこんなふうにも語っている。「今こう [全文を読む]

どこにでもある日常が愛おしい——人はなぜ言葉を交わすのか?『いつ恋』第8話

日刊サイゾー / 2016年03月10日15時00分

認知症が進行し、しゃべることもしなくなったおばあさんに朝陽が毎日語りかけ、彼女は口を開く。出てきた言葉は、きんつば、だった。特別で豪華な料理ではなく、日常にあふれた食べ物であっても、彼女の日常にとっては大切な食べ物だったのだろう。彼女を連れて、朝陽と共に動物園へゴリラを見に行った話を、音は楽しそうに話す。どこにでもある日常であっても、いやだからこそ、日常は [全文を読む]

あの「あさ」ちゃんがグレちゃった!? 波瑠の高校生姿が衝撃すぎる【動画】

AOLニュース / 2016年02月27日12時00分

昔ながらのスケバン風ルックスは現在朝ドラ『あさが来た』で主演をつとめる清純派女優としての彼女の姿とは似ても似つかない。明るく健康的だった三女は、部屋にこもり、ひたすら食べることでストレスを発散した。 そんな三姉妹を救うのが、いつも不良グループに絡まれていた卓球部員(高良健吾)の言葉だったのだ...。 このCMに対しネット上では「あさちゃんどうしたのwww」 [全文を読む]

登場人物の誰もが、“特別”な存在になる――人が人を好きになる方法『いつ恋』第3話

日刊サイゾー / 2016年02月03日19時00分

彼女は主人公である練(高良健吾)の交際相手だ。第1話では練と一緒に寝ていたが、第2話では妻子のいる男と付き合っていることが明らかになった。代理店に務めるキャリアウーマンであり、派手な服装で、大人の色気もある。時折、博多弁の混じるその口調は、これまで多くの男を手玉に取ってきたのだろうと思わせる。 そんな木穂子が、家具屋でカーテンを選んでいる。そういえば前回、 [全文を読む]

フォーカス