友達 高良健吾に関するニュース

アジカンが高良健吾主演作と再タッグ 映画『横道世之介』に主題歌提供

リッスンジャパン / 2012年10月02日19時00分

家族や友達や恋人や、世界そのものが、愛おしくなるような、そんな作品でした。そういう想いに、そっと花を添えるような、そんな楽曲を作ることができたと思います」とコメント。その言葉通り、主題歌「今を生きて」は魅力的な主人公のキャラクターを象徴するような祝祭感に満ちたミディアムナンバーとなっており、アジカンの新たな一面も垣間見える楽曲に仕上がっている。映画『横道世 [全文を読む]

「残念なイケメン」に心がなごむ 不器用さにキュンとくる映画3選

Woman.excite / 2016年02月13日10時00分

家主のおばあさんと猫のトラだけが友達だったのに、おばあさんの孫娘、香具矢(宮崎あおい)と出会って恋に落ちます。編集部のノリの軽い西岡(オダギリジョー)にラブレターの添削を頼みますが、何と手紙は巻紙に筆文字。「何で筆選んじゃったの。戦国武将じゃねえんだぞ」と、のけぞる西岡。書き直すという馬締に「そのまま渡しちゃえよ。インパクトはあるから」とそそのかします。案 [全文を読む]

高良健吾と行定勲監督が、熊本復興の映画に込めた思いを告白

Movie Walker / 2017年04月14日22時09分

さらに高良は「ずっと引きこもっていた友達がいたけど、地震が起こって家から出てきたんです。避難所となった地元の中学校で久しぶりにみんなと会った。そしたらその友だちが車の整理とかを全部仕切っていて、そいつにとってこの地震は何だったんだろうといろんなことを思いました」と感慨深い表情で語った。 行定監督は「劇中の台詞や、設定などはほとんど本当にあったことばかりで [全文を読む]

有村架純&高良健吾が月9主演で本格ラブストーリー

Smartザテレビジョン / 2015年11月19日17時20分

有村は「夢をたくさん持って上京しましたが、親も友達も関西なので、一人ぼっちなんだなと、いてほしい時に人がいないという感覚がすごく寂しかったです」と語り、高良は「空気が汚い、人混みが嫌だ、と最初は一人で生きていく覚悟もないから人のせいにばっかりしていました」と振り返った。 劇中では北海道で知り合い、東京ですぐに離れ離れになってしまう音と練。有村は「音が練く [全文を読む]

北川景子と深田恭子がガチバトル&キスシーン! ホラー映画『ルームメイト』で美女優ふたりが初共演

週プレNEWS / 2013年10月31日17時00分

信じていた友達のもうひとつの顔に気づいてしまった主人公が、次々と恐ろしい出来事に巻き込まれていくというストーリーだ。 恐怖心に捉われる主人公・萩尾春海役を北川景子、春海を追い詰めていく西村麗子役を深田恭子が演じる。 今や日本映画界を代表する女優であるふたりは本作が初共演。北川は「共演が決まったときは、えっ、深田恭子ちゃんと共演できるの?って、飛び上がるほど [全文を読む]

高良健吾、地元・熊本地震の経験踏まえ「知っておく備え」の重要さを力説

映画.com / 2017年09月10日13時30分

地元に残っている仲間や、こっちに出てきている友達と連絡を取り合い自分たちのつてでいくらでも運ぶことができた」と振り返った。 当時の様子については、「どの避難所でも、配る時に並ぶと必ずお年寄りや子どもたちを優先する。パワーをもらったのは、大変な状況なのにユーモアを忘れない人が必ずいて、周りをほぐしていく景色。大切なことだと思った」と明かした。 現在は、地震保 [全文を読む]

木村拓哉さんが語る「仕事」「映画」「これから」 表紙含め全12ページのグラビア&インタビューが大好評!

PR TIMES / 2017年02月03日14時14分

おしゃべり好きな世代の女性たちが、お友達と「きいて、きいて」「だよね」「そうでしょ」と話の花を咲かせる“種”(話題)を提供します。日々の暮らしに役立つ情報のほか、家庭中心、仕事中心で暮らしてきたけれど、子育てが終わった―、仕事に余裕ができた―、と人生の新しい段階に入った女性たちに未知の世界をのぞく楽しさを伝え、挑戦する勇気を応援する雑誌でもあります。企業プ [全文を読む]

大原櫻子の“囚われた宇宙人”姿に嫉妬の声が殺到! “わんわん動画”流出で野村周平に怒りの声も?

おたぽる / 2016年08月15日12時00分

その一方で、野村が今月6日、大原からプレゼントされたという直筆サイン入りのCDジャケットの画像を、自身のTwitterにアップした際には、『周平君、お友達にならない?』『住所教えるから、送って』などと、野村に取り入ろうとするファンも現れ始めていたようです」(同) 野村は、5日には、「朝から強烈」と、同じくドラマで共演しているグラビアモデルの佐野ひなこからプ [全文を読む]

長谷川博己、石原さとみら登壇!ゴジラ一色に染まった歌舞伎町を写真で振り返る!

Movie Walker / 2016年07月26日13時37分

竹野内豊は、「女性が友達を誘ってみても十分に楽しめる作品です」と作品の出来栄えに自信をうかがわせると、高良健吾も「ゴジラ対人間はもちろん、人間対人間のドラマもある。今だからこそ伝わるメッセージが込められています」とコメント。 一方、本作の脚本・編集・総監督を務めた庵野秀明も「純粋に先入観なしで見ていただきたいです。正攻法で作った映画なので安心して観てくだ [全文を読む]

フォーカス