テナント 六本木ヒルズに関するニュース

また始まった「六本木ヒルズの呪い」! グーグル水晶玉発火事件は地霊の祟りか?

tocana / 2015年12月02日12時30分

六本木ヒルズの呪いといえば、過去、六本木ヒルズのテナント企業が立て続けに不祥事を起こしたことなどで注目されましたが、ここへきて"また"呪いが復活したのでは......と囁かれているのです。 出火したのは30階にある「Google」のオフィス。じゅうたん・段ボールが燃えたところで、「Google」社員が消火器を使ってすぐに消し止めたようです。【その他の画像は [全文を読む]

声優・アーティストの牧野由依さんを一日消防署長に迎え、六本木ヒルズの火災予防査察を実施

PR TIMES / 2015年11月18日13時55分

一日消防署長に任命された牧野由依さんが、ウエストウォークのテナントショップを訪問し、通路に避難の障害となる物品等が置かれていないか、スプリンクラーなどの消防用設備が適切に維持管理されているかなどをチェックし、災害発生時に利用客の安全を確保する体制についてショップ店員の方々に質問するなどして、六本木ヒルズの防火安全体制を確認しました。 査察を終えた牧野由依 [全文を読む]

上海の高層ビルの丸い空洞が“日の丸”と叩かれ四角に変更

NEWSポストセブン / 2012年04月05日07時00分

「これまでは森さんの卓越した資金調達能力と故人の人脈を生かしたテナント誘致で壮大なプロジェクトを動かしてきましたが、今後は厳しい時代背景もあって難しくなるかもしれません」 森ビルの広報室は、 「森会長の街づくりに対する情熱、強い想いは、森ビルという組織、社員に深く根付いています。これからも、森ビルが目指すべき方向にいささかのぶれもありません」 とコメント [全文を読む]

世界最先端の学びの機会を『キッズワークショップ2017』開催

イクシル / 2017年07月22日08時10分

今年は、近年社会的関心が高まっているプログラミングから、都市づくり、職業体験など多彩なテーマを、当社が未来の都市づくりについて共同研究を進めているMIT Media Labをはじめ、テナント企業や店舗、映画館や美術館などと連携し、ヒルズでしかできない学びの場を創出します。 森ビルとMITの共同研究からスタート 「MIRAI SUMMER CAMP」は、森 [全文を読む]

変貌する銀座 朝日新聞vs読売新聞の「高級ホテル戦争」も

NEWSポストセブン / 2017年04月20日07時00分

仏クリスチャン・ディオールや伊フェンディなど海外の高級ブランドをはじめ、テナントの半数以上が、それぞれ企業やブランドを象徴する大型の「旗艦店」として出店。まさに富裕層を相手に“最高のクオリティを集積”した商業施設といえる。 ターゲットは日本の富裕層ばかりではない。年々増加する訪日外国人客の取り込みを意識したつくりになっているのも特徴的だ。〈和〉や〈伝統〉を [全文を読む]

虎ノ門ヒルズ全容公開。国内外の人々が集う場所へ

FASHION HEADLINE / 2014年06月09日20時30分

集客を募るといった場所でないため、物販テナントを入れておらず、商圏範囲や来場・売り上げ目標といったものも設定していない」と、森ビル広報者。また同施設はオフィスの拠点として国内外から様々な人が集う場所になるだろうと言い、2から26階のオフィスの入居も日本企業と外資系企業の半々の構成で、住居スペースにも外国人入居者が多くいると話した。 オープン前から話題の虎ノ [全文を読む]

フォーカス