後期 東洋大学に関するニュース

凶悪な連続殺人鬼のアートワークが集結。「シリアルキラー展2」が東京・銀座にて開催中。

PR TIMES / 2017年05月22日10時30分

会期は前期5月11日(木)~6月11日(日)、後期6月13日(火)~7月17日(月・祝)の二部制で、前・後期展示内容を総入れ替えて、約40名の作品と人生を辿ります。東京・銀座のヴァニラ画廊では、小説や映画のモデルにもなるほどの凶悪な殺人を犯したシリアルキラー(連続殺人犯)たちの作品、セルフポートレート、手紙、資料等、あらゆるアイテムを蒐集するHN氏のコレク [全文を読む]

東洋大学および観光庁主催 『観光教育に関する学長・学部長等会議』を開催

PR TIMES / 2012年06月22日19時32分

平成23年からは大学院国際観光学専攻博士後期課程を開設し、観光分野における高度な教育研究を行う人材育成に取り組んでいます。さらに平成25年度には、白山第2キャンパスから白山キャンパスへと移転し、さらなる飛躍を目指しています。 このような積極的な取り組みの中、今回は標記会議を本学で実施することになりました。観光教育に関する取り組みが一同に紹介される機会にな [全文を読む]

近大「志願者数」3年連続トップ!明治、早稲田が負けるワケ【志願者数ランキング100】

プレジデントオンライン / 2016年12月15日09時15分

さらに、東京大学が後期日程を廃止して実質的に一発勝負となったため、早稲田大の出願数を増やした受験生も多かったようだ。 ■全私立大の45%が定員割れの実態 15年、志願者が10万人を超えていたのは、この3校のみだったが、今春は4位の日本大学と5位の法政大学も10万人超だ。日本大は学部が独自に行う入試に加え、複数学部が同一日に実施し、学部間の併願が可能なN方式 [全文を読む]

PHP総研が「変える力」フォーラムを開催「なぜ、いま、憲法が問題なのか――改正論の新潮流」

@Press / 2014年07月08日15時00分

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程単位取得退学。 同大学院政策・メディア研究科助教(有期・研究奨励2)、東洋大学非常勤講師等を経て現職。ゲンロン憲法委員会メンバー。専門は情報社会論と公共政策。情報化と社会変容や政策としての「新しい公共」等を研究。 [全文を読む]

被災地福島県の郷土料理「こづゆ」 思い出すと幸せになれる味

NEWSポストセブン / 2012年01月08日16時00分

そもそもは江戸時代後期から会津藩の武家料理として広まったごちそうで、ニンジン、サトイモ、ギンナン、キクラゲ、しらたき(糸こんにゃく)、豆麩を、干し貝柱とその戻し汁とともに煮含めたもの。 「お祝いの席で出される『ハレのごちそう』なので、会津の人にとっては楽しい記憶とセットになっています。家によって少し具は違うこともありますが、お正月には必ず食べる煮物という [全文を読む]

フォーカス