経済学部 同志社大学に関するニュース

『円ドル同時終焉の跫音』

DreamNews / 2014年10月20日15時00分

一橋大学経済学部卒業。1975年三菱総合研究所入社後、経済調査部、ロンドン駐在員事務所長兼駐在エコノミストなどを経て、2002年より同志社大学大学院ビジネス研究科教授。2011年には同志社大学大学院ビジネス研究科長に就任。2012年から財務省の財政制度等審議会臨時委員を務める。専門は「国際経済学」「国際金融論」「欧州経済論」 (価格)1,000円+税 〈発 [全文を読む]

【妖怪アベノミクス退治の最終兵器登場! 浜矩子『「アベノミクス」の真相』が発売】

PR TIMES / 2013年05月30日13時44分

一橋大学経済学部卒業。 三菱総合研究所ロンドン駐在員事務所長、同研究所主任研究員を経て、 2002年より現職。専門はマクロ経済分析、国際経済。 『「通貨」を知れば世界が読める』(PHPビジネス新書)、『新・国富論』(文春新書)、 『超入門・グローバル経済』(NHK出版新書)など著書多数。 【本書の主な構成】 <目 次> はじめに Chapter1 「黒田バ [全文を読む]

プロフェッショナルインタビュー:宮坂 学(後編)

ガジェット通信 / 2012年09月13日16時00分

同志社大学経済学部卒業。92年、株式会社ユー・ピー・ユーに入社。企業PRや創刊間もない『Esquire Magazine Japan』などの雑誌にも関わる。97年、創業2年目のヤフー株式会社入社。2002年メディア事業部長、以降『スポーツナビ』運営、ニューズウォッチ(現デジアナコミュニケーションズ)やオリコンDDなどの取締役を兼務、09年には執行役員コンシ [全文を読む]

プロフェッショナルインタビュー:宮坂 学(前編)

ガジェット通信 / 2012年09月12日16時00分

同志社大学経済学部卒業。92年、株式会社ユー・ピー・ユーに入社。企業PRや創刊間もない『Esquire Magazine Japan』などの雑誌にも関わる。97年、創業2年目のヤフー株式会社入社。2002年メディア事業部長、以降『スポーツナビ』運営、ニューズウォッチ(現デジアナコミュニケーションズ)やオリコンDDなどの取締役を兼務、09年には執行役員コンシ [全文を読む]

【新刊】『辛酸なめ子と寺井広樹の「あの世の歩き方」』~漫画とリポートでめぐる「死後の世界」~

@Press / 2017年03月15日10時30分

同志社大学経済学部卒業。大学時代に事故物件に住んだ経験から霊感が強くなる。涙を流すことで心のデトックスを図る「涙活」を発案し、作家の志茂田景樹氏とともにグリーフケアの一環として「天国ポスト」を創設。また、2017年1月から笑顔のお別れ会「笑顔葬」をスタート。『泣いてやせる!涙活ダイエット』(マキノ出版)、『天国ポスト~もう会えないあの人に想いを届けます。』 [全文を読む]

【報道関係者様向け特別説明会のご案内】株式会社アドライト、最新のオープンイノベーションとCVCの成功ポイントを考えるイベントに関する『特別説明会』を2017年2月22日(水)に開催

DreamNews / 2017年02月08日16時00分

◆本イベントの概要日 付: 2017年2月22日(水) 16時30分~19時30分 (16:00受付開始)場 所: EGG JAPAN(新丸の内ビルディング10階)内 容:三菱地所による取り組みや施設の紹介、オープンイノベーションにおけるCVCの役割、注目のベンチャー企業による大企業とのオープンイノベーション事例発表、オープンイノベーションを積極的に行う大 [全文を読む]

<成蹊大卒の安倍首相>内閣総理大臣に学歴は関係あるのか?

メディアゴン / 2017年02月06日07時30分

だが、それならなぜ、稲田朋美防衛大臣(早稲田大学法学部卒)や、金田勝年法務大臣(一橋大学経済学部卒)を閣僚に起用するのか。稲田朋美防衛大臣は、2月2日の衆院予算委員会で、沖縄県名護市沖での米軍垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの不時着事故をめぐる野党議員の質問に直接答えず、浜田靖一委員長(自民)から「質問に答えて」と注意された。稲田氏に質問した共産党の笠井 [全文を読む]

株式会社アドライト、オープンイノベーションとCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)の成功ポイントを考えるイベント「日本流オープンイノベーションとCVCの未来」を2017年2月22日に開催

DreamNews / 2017年01月18日18時00分

◆タイムテーブル(予定)16:00~ 開場(受付開始)16:30~16:40 はじめに、三菱地所からの施設紹介16:40~16:50 【講演】 オープンイノベーションにおけるCVCの役割16:50~17:20 【プレゼン】 ベンチャー企業2社のトップによる大企業支援事例17:20~17:50 【プレゼン】 大企業2社によるよるオープンイノベーション事例17 [全文を読む]

格差を生み出す人間の深い闇と、心の拠り所を考える親鸞フォーラム「格差社会×仏教」を6月19日に開催

@Press / 2016年04月20日10時00分

一橋大学経済学部卒業。株式会社三菱総合研究所に入社し、同社初代英国駐在員事務所長兼駐在エコノミストとしてロンドン勤務。その後、同社経済調査部長、政策・経済研究センター 主席研究員を経て、2002年より同志社大学大学院ビジネス研究科教授。専門はマクロ経済分析、国際経済。主な著書に『グローバル恐慌―金融暴走時代の果てに』(岩波新書)、『老楽国家論―反アベノミク [全文を読む]

新卒入社の7割が起業する会社、ガイアックスの秘密

Forbes JAPAN / 2016年03月20日10時31分

代表執行役社長の上田祐司は1974年生まれ、同志社大学経済学部卒。 [全文を読む]

【驚異のスピード!!】飲食業界未経験者が「7ヶ月」で独立開業を実現した理由

PR TIMES / 2016年03月05日17時58分

◆津田優太さん(37歳)◆[画像2: http://prtimes.jp/i/13181/16/resize/d13181-16-773885-11.jpg ](「飲食人大学寿司マイスター専科」大阪第4期 卒業生)同志社大学経済学部卒業後、生命保険会社に15年勤務業界未経験ながら、実家が飲食店(まぐろ専門店)を営んでいることをきっかけに自身も飲食店の独立開 [全文を読む]

感謝の気持ちを届けよう『ありがとう ~Thank you~ 大切な人といっしょに読みたい39のメッセージ』著者寺井広樹、イラスト世界中に笑顔を広げるアーティストをキンドル電子書籍で2月1日にリリース

DreamNews / 2016年02月12日18時00分

同志社大学経済学部卒。 涙を流すことで心のデトックスを図る「涙活」を発案。 心温まる映画や音楽とのコラボレーションを定期的に行い、涙活を番組化した「タカトシの涙が止まらナイト」(テレビ東京系)には企画段階から携わっている。 直木賞作家の志茂田景樹氏と共にグリーフケアの一環として「天国ポスト」の活動を開始。シンガーソングライターの川嶋あい氏と共同作詞した『 [全文を読む]

『涙活』初の公認朗読CDが発売。女優・桜庭ななみ朗読による実話を元にした、優しい奇蹟の感涙ストーリー『ボクと7通の手紙』

DreamNews / 2015年03月17日15時00分

同志社大学経済学部卒。2013年1月から「涙活」をスタート。現在、泣ける映画、音楽、詩の朗読など毎回テーマを変えて涙活を開催している。本作は、涙活でもっとも反響を呼んだ感涙実話を元にした、著者初の小説。主な著書に『心が元気になる涙のキキメ』、『涙活でストレスを流す方法』、『泣く技術』がある。 【キャスト紹介】桜庭ななみ(さくらば・ななみ)1992年10月1 [全文を読む]

“進撃の阪神巨人”の新興宗教家と小沢一郎の気になる関係

デイリーニュースオンライン / 2014年12月22日08時50分

同志社大学経済学部を卒業後にサラリーマン生活を経て「ワールド」を立ち上げ、約7万2000人(2011年7月時点)の会員を抱える。自ら「現代の弘法大師」「21世紀のレオナルド・ダ・ヴィンチ」と名乗り、在福岡カンボジア王国名誉領事やカンボジア大学総長のほか、中国や英国の教育機関の学位など、数え切れない肩書を持つマルチな人物だ。 冒頭に紹介した小沢氏とは特に親密 [全文を読む]

東大法学部、志願者減で異変?中央大、青学、首都大は郊外移転で没落か

Business Journal / 2014年10月24日01時00分

文部科学省「学校基本調査」によると、法学部、経済学部の14年度の志願者数が10年度との比較で11%減となっているのに対して、国際教養系は30%増、外国語系は26%増と共に大きく伸びている。 国際化の流れは海外の大学においても同様で、名門と呼ばれる大学は「外国人留学生比率が2~3割、外国人教員比率4~5割という世界でしのぎを削っている。対して東大は外国人留 [全文を読む]

『関西の大学生とコラボ!知恵と元気!うまいもんWEEKS』 関西大学商学部×エキマルシェ大阪 大学生コラボ商品開発!!

PR TIMES / 2014年10月10日11時50分

今回は各施設が関西の大学生と食のコラボレーションを実現!JR大阪三越伊勢丹は同志社大学経済学部の公認団体「e-staff」と、大丸梅田店は関西学院大学商学部の石淵ゼミと、エキマルシェ大阪は関西大学商学部の荒木ゼミ・西岡ゼミとそれぞれタッグを組み、「働く女性を笑顔にする」をテーマに、マーケティングなど流通分野の学業を活かして学生たちがターゲットのニーズをイ [全文を読む]

創造都市政策セミナー in 札幌市「芸術祭と創造都市」、第4回創造農村ワークショップ in東川町「創造農村と文化景観ツーリズム」2014年8月8日(金)~8月10日(日)開催

PR TIMES / 2014年07月31日17時20分

後半のパネルディスカッションでは、モデレータに佐々木雅幸氏(同志社大学経済学部特別客員教授/文化庁文化芸術創造都市振興室室長)、パネリストには、田邊俊一氏(横浜市)、山出淳也氏(BEPPU PROJECT)、酒井裕司氏(札幌市)をお迎えします。各地の個性溢れる芸術祭の取組事例発表の後、「芸術祭と創造都市」の関係性と今後の可能性について討論を行います。【開催 [全文を読む]

【新刊】『泣いてやせる! 涙活ダイエット』 ~ポジティブ心理学で判明した「泣きやせ」の法則~

@Press / 2014年06月16日09時30分

同志社大学経済学部卒業。「離婚式」の発案者として知られ、現在までに約200組の式に携わる。2013年1月から「涙活」をスタート。現在、泣ける映画・音楽・詩の朗読など、毎回テーマを変えて涙活を開催している。また、泣ける話に特化した人情噺「泣語」を発案。医療や教育の現場において心のケアを目的とした「感涙療法士」の認定制度もスタート。CNN、AP通信などの海外メ [全文を読む]

映像学習サービス「sopra」、デジタルマーケティングカンファレンス「アドテック東京」とのコラボ「ad:tech×sopra」の第一弾として、メディアジーン今田氏を講師に宣伝担当者向けセミナーを開催

PR TIMES / 2013年11月21日13時16分

1989年 同志社大学経済学部卒業。1991年 イギリスのSotheby’sにてHistory of Art course修了。同年、株式会社同朋舎出版に入社。パートワーク週刊GREATARTISTをはじめ、英ドーリングキンダスリー社や仏ガリマール社などの数々の海外版書籍、雑誌の編集を行う。1994年 月刊誌「ワイアード」日本版の海外版権交渉、ローンチを経 [全文を読む]

FIFAマスター卒業後、最初のレギュラー番組出演!宮本恒靖氏がリーガ・エスパニョーラ13-14シーズンWOWOW専属解説者に就任!

PR TIMES / 2013年08月05日17時54分

」 <プロフィール> 宮本恒靖(みやもとつねやす) 1977年2月7日生まれ 大阪府出身 同志社大学経済学部卒。ガンバ大阪ユースから1995年にトップデビュー。2000年に日本代表初選出を果たすと、2002年FIFAワールドカップではbest16進出、2006年FIFAワールドカップではキャプテンを務めた。2007年にはオーストリアのザルツブルクへ移籍。U [全文を読む]

フォーカス