新曲 小沢健二に関するニュース

小沢健二19年ぶりシングルCD発売!「大人になった」歌声に感じる歳月

しらべぇ / 2017年02月22日08時00分

■新譜発売により小沢の露出増(画像は小沢健二オフィシャルサイトひふみよからのスクリーンショット)前述の全国ツアーで披露された新曲7曲のうちのひとつが、今回シングルとして発売される『流動体について』だ。カップリングとして収録された『神秘的』は、2012年に東京オペラシティで開催したコンサート『東京の街が奏でる』で披露した楽曲となっている。小沢は発売に合わせて [全文を読む]

小沢健二に第2子誕生 キラキラネームも「違和感なし」とネット民

しらべぇ / 2016年10月18日15時00分

次男の名前の由来となったのも、このツアーで披露した新曲『フクロウの声が聞こえる』の歌詞。その中の「天を縫い合わす飛行機 その翼の美しさを」という部分から引用したそうだ。「結婚してってそれはちょっと」と歌っていたかつての王子様も、今では子供の名前を歌詞に入れる、ロマンチックな良きパパになったようだ。■キラキラネームも、なぜか「違和感がない?」この「天縫」とい [全文を読む]

8年ぶりCDリリースの“オザケン”45歳になった小沢健二は、なぜやる気を出したのか

日刊サイゾー / 2014年02月06日09時00分

今回のライブアルバムは、かつての“ポップ”なオザケンを堪能できるので、往年のファンとしては満足度が高いのですが、贅沢をいえば、やはり新曲が欲しかった。反グローバリズムもいいですが、女好きだった頃のような俗っぽい面も復活してくれると、新曲もポップな感じになるんじゃないか、と期待しているのですが。今回のCD発売を機に、もっと曲づくりに励んでほしいですね」(同) [全文を読む]

異色のアイドルグループ・でんぱ組.inc「『冬へと走りだすお!』はお風呂に入ってる気分で歌いました(笑)」

週プレNEWS / 2013年05月29日16時00分

新曲『でんでんぱっしょん』はお祭りのように派手な曲ですね。しかも「マイナスからのNo.1つかむぜ」って詞もあって、やたら元気がいいし。 梨紗 『WWD』が気持ちを伝えるっていうより、自分を吐き出すタイプの曲だったんです。なので今回は、よりみんなに伝えたいっていう気持ちの曲ですね。 彩音 うん、会場で一緒に盛り上がりたいなって。 ―最近は香港や台湾へも進 [全文を読む]

初音ミクが歌う「今夜はブギー・バック」ニコ動公式チャンネルで先行公開

リッスンジャパン / 2012年05月22日19時00分

ボカロシーンで活躍するNem、電ポルPによる渋谷をテーマとした新曲も収録されている本作は、約20年前のお洒落ムーブメントとしての渋谷系を新しい解釈として未来POPカルチャーへ昇華させる、そんなボカロPたちの挑戦作でもある。そして、この話題騒然のプロジェクトの公式チャンネルがニコニコ動画にオープン。第1弾として、NemPがフィーチャリングで参加した「今夜はブ [全文を読む]

春眠暁を覚えず、心地よい眠りに誘う5曲

okmusic UP's / 2017年03月06日18時00分

余談ですが、昨年急逝されたライターの大塚幸代さんに小沢健二の新曲を評してほしかったなあ。■2.「雨模様です」(’16)/クウチュウ戦青田買い枠と紹介しようにも3〜4年前からすでにあらゆる媒体で賞賛され尽くしてしまっているし、“プログレッシブロックの超絶技巧に歌謡曲の歌心を交合させたバンドです”という紹介文ももはや手垢が付いて埃をかぶっているのですが。それに [全文を読む]

おじさんになったポップアイコン・小沢健二、突如活動再開の裏に何がある?

日刊サイゾー / 2017年03月01日23時30分

新曲は疾走感あふれるポップな曲調で、全盛期を思わせる出来映えです。しかし、しばらくぶりに姿を見せた渋谷系のプリンスが年相応の中年男になっていたというのは、ファンにしてみれば違和感のほうが大きいような気がします。また、若い世代にとっては、たたのオジサンがキラキラした往年のヒット曲を歌う姿を奇異に感じてしまうのではないでしょうか」(同) 幸い、小沢のニューシン [全文を読む]

小沢健二、19年ぶりにシングル発売! 人気番組出演も

Smartザテレビジョン / 2017年02月22日00時05分

2016年5月から、6年ぶりに行われた全国ツアー「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」において7曲披露された新曲の中の1曲をCD化したもの。 また、収録曲「神秘的」は2012年に東京オペラシティにて12日間行われたコンサート「東京の街が奏でる」にて披露された楽曲を収録している。 2月24日(金)には「ミュージックステーション」(テレビ朝日系) [全文を読む]

小沢健二 19年ぶりのシングルを急遽発売、テレビ出演も決定

dwango.jp news / 2017年02月21日10時14分

今作に収録される『流動体について』は、6年ぶりに2016年5月25日 から6月27日にかけて行われた全国ツアー「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」において7曲披露された新曲の中の1曲をCDとして発売(ダウンロード販売はしていません)。 また『神秘的』は、2012年に東京オペラシティにて12日間行われたコンサート「東京の街が奏でる」にて披露 [全文を読む]

小沢健二、19年ぶりとなるシングルを急遽発売&特設サイトにて過去のMVを公開

okmusic UP's / 2017年02月21日04時00分

【その他の画像】小沢健二今作に収録される「流動体について」は、6年ぶりに2016年5月25日 から6月27日にかけて行なわれた全国ツアー『魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ』において7曲披露された新曲の中の1曲。また、カップリングの「神秘的」は2012年に東京オペラシティにて12日間行われたコンサート『東京の街が奏でる』にて披露された楽曲だ。 [全文を読む]

さかいゆう、シングル「ジャスミン」リリースツアーがスタート

okmusic UP's / 2015年12月01日18時00分

【その他の画像】さかいゆう本ツアーは蔦谷好位置をプロデューサーに迎え、女優の早見あかりが主演したミュージックビデオが各所で絶賛されている話題の新曲「ジャスミン」をひっさげての全国五大都市ツアー。種子田健(Ba)、田中“TAK”拓也(Gu)、望月敬史(Dr)、pochi(Key)という盤石のバンドメンバーを従え、新旧の人気曲はもちろん、ファンから事前にTwi [全文を読む]

東京スカパラ、ベストアルバム発売にあたり小沢健二によるライナーノーツが実現

okmusic UP's / 2015年02月28日13時00分

~ 14. YOU DON'T KNOW (WHAT SKA IS) -live- 15. HURRY UP!! 16. Blue Mountain 17. 愛があるかい? 18. Dear My Sister 19. ルパン三世 '78 20. 火の玉ジャイヴ ■CD-2Chapter II ~NEW HOPE~ 第二章「新たなる希望」2000-2008 [全文を読む]

倖田來未「ラブリー」カバー論争、小沢健二にとっては「悪い話ではない」?

サイゾーウーマン / 2013年02月19日13時00分

新曲のCDセールスが絶望的な状況の今の音楽業界において、かつてヒットした実績のある名曲のカバーを出すというのは、手堅く売り上げが見込める、お手軽な音楽ビジネスの1つといえるでしょう。楽曲の制作と候補曲の選定が省かれるのも、作り手にとっては楽ですからね」 昔から洋楽、邦楽問わずカバー曲というのは存在しているが、それは「長く活動するアーティストのちょっとした [全文を読む]

でんぱ組.inc、ZEPP TOKYO公演大成功、野音ツアーをサプライズ発表

リッスンジャパン / 2013年01月22日01時00分

1月16日にリリースされた新曲「W.W.D」披露の前には、今まで口にしてこなかった過去の独白や今に至るまでの心境をメンバーが一人ずつ語り、「W.W.D」の歌詞にも出てくる「生きる場所なんてどこにもなかった」「マイナスからのスタート舐めんな!」という言葉の意味がオーディエンスの心深くに刻まれた瞬間となった。でんぱ組.inc - アーティスト情報そして、代表曲 [全文を読む]

超多忙! 星野源の穴を埋めるのは、あの大物ミュージシャン?

アサジョ / 2017年04月13日10時15分

「19年ぶりに新曲『流動体について』を発表したシンガーソングライターのオザケンこと小沢健二に注目が集まっています。東大出身のインテリで“渋谷系王子”として一世を風靡した90年代の小沢の人気は現在の星野以上。小沢を知らない世代にもポスト星野として遜色ないと、根回ししている人物がいるのだとか」(広告代理店関係者) 2人のキャラクターが近いかどうかは疑問だが、共 [全文を読む]

小沢健二、1998年以来19年ぶりのシングル緊急発売!

PR TIMES / 2017年02月21日16時52分

2016年5月から6年ぶりに行われた全国ツアー「魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ」において7曲披露された新曲の中の1曲をCD化。また収録曲「神秘的」は2012年に東京オペラシティにて12日間行われたコンサート「東京の街が奏でる」にて披露された楽曲を収録しています。 2月24日(金)にはテレビ朝日系「ミュージックステーション」に生出演し、「流 [全文を読む]

ORIGINAL LOVEの『風の歌を聴け』は“このグルーブを聴け!”と言いたくなる名盤

okmusic UP's / 2016年03月30日18時00分

今回のシングルには書き下ろしの新曲の他に1994年に発売されたヒット曲「朝日のあたる道 AS TIME GOES BY」をオールドジャズ風にアレンジした「朝日のあたる道in a tuxedo」が収録されているというが、ORIGINAL LOVEの名盤とで真っ先に思い浮かぶのはやはり、この曲が最後に収録されている『風の歌を聴け』だ。世代を超えて長く愛され続け [全文を読む]

山本和臣 初のミニ・アルバム『White』試聴動画公開

dwango.jp news / 2016年01月26日14時00分

このミニ・アルバムは、TVアニメ「トリアージX」のEDテーマ『ソレーユ・モア』のほか、新曲はもちろん小沢健二カバーの『流れ星ビバップ』など全6曲を収録。そしてこの度、今作のラストに収録される『Key of Life』が、テレビ東京にて毎週月曜深夜27時20分~放送中のフレッシュアニメバラエティー「アニメマシテ」の2月度エンディング曲に決定した。さらに2月 [全文を読む]

さかいゆう 2年ぶりの4thアルバムをサプライズ発表!

dwango.jp news / 2015年12月01日12時22分

本ツアーは、蔦谷好位置をプロデューサーに迎え、女優の早見あかりが主演したミュージックビデオが各所で絶賛されている話題の新曲『ジャスミン』をひっさげての全国五大都市ツアー。 ベース:種子田健、ギター:田中”TAK”拓也、ドラム:望月敬史、キーボード:pochiという、盤石のバンドメンバーを従え、新旧の人気曲はもちろん、ファンから事前にTwitter等でリクエ [全文を読む]

終わらない“セカオワ”、アラサーからアラフィフ主婦までハマる“ドラゲナイ”現象

週プレNEWS / 2015年03月06日06時30分

『めざましテレビ』(フジテレビ系)の7時台で「広がる“ドラゲナイ現象”」と称し、SEKAI NO OWARIことセカオワの新曲『Dragon Night』でヴォーカルのFukaseがトランシーバー風マイクでシャウトする姿が話題となっていることを取り上げ、渋谷駅前などで街頭インタビューが行なわれていたのだ。 このコーナーを見たパートの主婦S(35歳)が言う [全文を読む]

フォーカス