決算 トヨタ自動車に関するニュース

[遠藤功治]【営利、我が国初の3兆円乗せへ】~大手自動車会社決算と今後の課題 トヨタ 1~

Japan In-depth / 2015年06月01日18時00分

自動車や自動車部品会社の決算が出揃いました。ここでは各社の決算を精査すると共に、今後の各社の課題等につき、ご報告したいと思います。特に、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、マツダ、スズキの5社につき、最近のトピックスも含め、考査することにします。今回はまず、トヨタ自動車を取り上げます。 1.トヨタ自動車 2015年3月期の売上高は前年度比6%増の27兆2,3 [全文を読む]

トヨタ自動車、営業利益が30%減少 円高や研究開発費の増大が圧迫

ZUU online / 2017年05月23日17時40分

東京株式市場は3月期決算の発表がほぼ一巡し、目先的には手掛かり材料難から仕掛けにくい展開となる可能性がある。日経平均株価も方向感の定まらない展開となりそうだ。■「営業利益」上位10社、3業種が傑出それでは、今回は東証1部の「営業利益」上位10社の顔ぶれをみていこう。(1)トヨタ自動車 1兆9943億7200万円 2017/03(2)日本電信電話 1兆539 [全文を読む]

設備投資が巨大な「トップ500社」ランキング 企業の「存在感」の評価で重要な指標だ

東洋経済オンライン / 2017年03月28日07時00分

東洋経済オンラインは上場企業の本決算における設備投資額を調べ、トップ500社をランキングにした。 ■ネット社会のインフラを担うNTTがトップ 1位は日本電信電話(NTT)。国内の地域電話を独占、光回線でも高いシェアを持っている。子会社のNTTドコモは携帯電話首位で、そのドコモ分(7位・5952億円)も含む連結ベースでの直近本決算における設備投資額は1兆6 [全文を読む]

トヨタ、京セラ…社外取締役導入企業急増のワケ〜本当に企業統治健全化につながるのか?

Business Journal / 2013年09月02日07時00分

3月決算会社の新日鐵住金・宗岡正二会長に対する賛成票の割合は78.12%と、合併前だった前年の新日鐵の総会より10%強下がった。ちなみに友野宏社長は79.51%だった。同じく社外取締役を置いていない任天堂の岩田聡社長の賛成率は77.26%。前回を13ポイントも下回った。 3月に総会を開いたキヤノン(12月決算会社)のケースだと、御手洗冨士夫会長兼社長の選 [全文を読む]

豊田章男社長が決算報告会で語った「不退転の決意」とは?

clicccar / 2017年05月12日08時03分

トヨタ自動車(以下トヨタ)が5月10日、2017年3月期(2016年4月~2017年3月)の連結決算を発表しました。 それによると、売上高が27.6兆円(前期比‐2.8%)、営業利益が1兆9,943億円(‐30.1%)、営業利益率が7.2%、純利益が1兆8,311億円(‐20.8%)と、2012年3月期以来、5年ぶりの減収(▲8,059億円)減益(▲8,5 [全文を読む]

三菱自動車、東芝、シャープの崩壊は、企業が数字を追い求めすぎた結果だった! 『トヨタ式現場管理 ものづくり日本再生のための7つのカイゼン』 トヨタが実践する、儲けは後からついてくる「ものづくり」とは?

DreamNews / 2016年06月03日10時00分

トヨタは、2016年3月期決算で過去最高益を達成したものの、豊田章男社長自ら、“追い風参考記録”と認めたように、円安相場による恩恵が大きいものでした。そのため、年初からの円高により、来期は大幅な下方修正が予想されています。しかし、品質とイノベーションの点で消費者から圧倒的な信頼を勝ち得て、トヨタは揺るぎない地位を築き続けています。こうしたトヨタの強みとは何 [全文を読む]

【熊本地震】電機業界に甚大な被害、生産停止で中小企業では倒産リスクも…今の復旧状況

Business Journal / 2016年04月27日06時00分

このためソニーは、地震による工場停止の影響を精査するという理由で17年3月期の決算予想発表を延期した。 ソニーは本来ならばゴールデンウィーク前の4月28日には決算と予想を公表することになっていたが、決算予想については5月まで延期した。延期発表時に延期する期間さえ発表できないということは、傷が深いということよりも、どのくらいの傷か見通しが立たないことを意味す [全文を読む]

第3回「金持ち企業ランキング」調査 金持ち企業と儲かり企業は違う顔ぶれに!

@Press / 2015年08月31日09時30分

1.実施概要・調査名称 :第3回「金持ち企業ランキング」調査・調査方法 :決算書の分析結果に基づく調査・調査対象決算期:2015年8月3日時点で開示されていた 2014年4月期決算以降の最新決算・調査対象企業 :決算短信提出企業 但し、金融機関(銀行、証券会社、保険会社等)を除く・調査対象企業数:3,540社2.調査結果[1]2強時代が続く、金持ち企業ラン [全文を読む]

トヨタ自動車の第1四半期決算、純利益が過去最高に!

clicccar / 2015年08月07日11時33分

トヨタ自動車が4日に発表した第1四半期(4-6月)連結決算によると、国内市場の低迷を北米市場の好調や円安効果でカバー、第1四半期として過去最高を記録しています。 売上高は前年同期比+9.3%増の6兆9,876億円、営業利益は同+9.1%増の7,560億円、純利益についても同+10.0%増の6,463億円といった状況でまさに絶好調。 ただ、生産台数では前年同 [全文を読む]

ソフトバンク、絶好調決算の先にある"金脈" これからゴールドラッシュが始まる?

東洋経済オンライン / 2017年05月11日08時51分

5月10日、ソフトバンクグループ(以下ソフトバンク)が2017年3月期決算を発表した。売上高は8兆9010億円(前期比0.2%増収)と前期並みだったが、営業利益は1兆0259億円(同12.9%増益)、最終利益(親会社に帰属する当期利益)は1兆4263億円(同200.8%増益)と大幅増益だった。■米スプリントの業績が改善営業増益を牽引したのは米通信子会社スプ [全文を読む]

三菱電機、反対派の筆頭がIFRS導入のなぜ? 2011年、「IFRS強制適用」大反対騒動の結末

東洋経済オンライン / 2017年04月07日08時00分

上場会社の決算開示制度にかかわる専門家は報道を聞いて思わず、そう漏らした。2月21日、三菱電機が2019年3月期の第1四半期から、決算開示上の会計基準を、従来の米国基準から国際会計基準(以下IFRS)に変更する予定であることを発表した。■IFRS強制適用を阻止した「要望書」現在約3600社強ある上場会社のうち、IFRS適用済みの会社は105社、適用予定会社 [全文を読む]

【外食役員報酬ランキング】すかいらーく5億円超、破格の理由

プレジデントオンライン / 2017年04月05日09時15分

12月期決算企業は16年度についても開示を始めているが、3月決算の場合、社内取締役へ支給された年俸が明らかになる有価証券報告書の開示は、おおよそ6月末である。14年度と15年度で見てみた。 日本マクドナルドHDの社内取締役の平均年俸は、14年度9825万円、15年度5766万円である。15年度は、前年度にあった前会長への報酬3億3900万円(子会社からの支 [全文を読む]

狙いは初代スープラ世代! 決算期で80年代スポーツカーが超買い時!?

週プレNEWS / 2017年03月07日06時00分

3月決算期到来。男がギンギンになる国産スポーツカーを新車で探すと、萎えるほど高価格…。 しかし、中古に目を向けると“国産スポーツカー黄金期”と呼ばれる1980年代のモデルが手頃な価格でゴ~ロゴロ。これってもしや超買い時なのか!? おなじみ小沢コージが徹底解説! ■80年代国産スポーツが今も人気の理由とは!? いよいよ日本で最もクルマが売れる3月決算期に突入 [全文を読む]

東芝と運命共同体、PwCあらた監査法人の「黒歴史」…安々と決算発表を許せない事情

Business Journal / 2017年02月16日06時00分

2月14日、東芝は同日に予定していた2017年3月期第3四半期(16年4-12月)連結決算発表を、3月14日まで1カ月間を延長すると発表した。当初は2月14日正午に発表を行うはずだったが、正午を過ぎても東芝の決算短信は公表されず、その理由も明らかにされていなかった。 東芝が発表延期を正式に公表したのは、同日午後2時30分。この発表をきっかけに、それまでも下 [全文を読む]

ルネサス、「巨額減損リスク」浮上…トヨタら自動車会社の言いなり&買い叩かれ自立遠のく

Business Journal / 2016年10月13日06時00分

ルネサスは決算期を3月から12月に変更するため、16年12月期は9カ月の変則決算となる。17年12月期には国際会計基準に移行する。日本の会計基準では、のれん代は20年以内の均等償却だが、国際会計基準だと毎年、厳格な減損テストを行い、インターシルの業績が悪化すれば減損損失を一気に計上しなければならなくなる。減損処理が必要になれば170億円程度の利益貢献など [全文を読む]

年収調査 総合商社は軒並み1200万円超も一寸先は闇

NEWSポストセブン / 2016年08月12日16時00分

資源価格の下落により、2015年度決算では減損が相次ぎ、三菱商事と三井物産は初の赤字決算だった。純利益で初の商社トップとなった伊藤忠商事も7月末に米投資ファンドに不正会計の可能性を指摘されるなど、先行きは不透明だ。 上位には商社と並んで金融業界の企業も多い。野村ホールディングスの1516万円を筆頭に東京海上ホールディングス(1437万円)、三井住友フィナン [全文を読む]

平均年収 約1,000万円のビジネスパーソンが勧める就職人気企業ランキング20161位 トヨタ自動車 2位 Google 3位 三菱商事

@Press / 2016年05月11日09時00分

トヨタ自動車は、販売台数1,000万台超で世界一、2015年3月期決算では純利益が2兆円を超え、過去最高益を2年連続で更新しています*2。ビズリーチ会員のコメントからは、「グローバルに活躍できること」や、「今後はITとの融合など成長の余地がある」という声が多く挙がりました。■Google、ソフトバンク、楽天のIT系企業3社がトップ10にランクイン企業として [全文を読む]

トヨタの四半期決算、営業利益が前年比5.3%減の訳は?

clicccar / 2016年02月09日06時03分

トヨタ自動車が2月5日、2016年3月期 第3四半期(10月-12月)の連結決算を発表しました。 それによると、売上高が7兆3,398億円(前年同期比+2.4%)、営業利益が7,222億円(同-5.3%)、営業利益率が9.8%、純利益が6,279億円(同+4.7%)となっています。 前年同期比で営業利益が低下しているのは、景気が低迷する中南米や中近東、アフ [全文を読む]

株安の最中に発表 三菱UFJ国際投信の衝撃レポートの中身

NEWSポストセブン / 2016年01月25日07時00分

実際、これだけ悲観論が支配的であるにもかかわらず今年度は好決算の企業が多い。「トヨタ自動車や伊藤忠商事といった大企業も、2016年3月期決算で最高益を更新する見込みで、企業は好調なんです。さらに政府は今年、現行は32.11%の法人実効税率を29.97%まで引き下げる方針です。そうなれば浮いたお金は設備投資などに回せるので、企業の収益力や評価をさらに向上させ [全文を読む]

[遠藤功治]【株価一人負けのマツダ、その理由は?】~大手自動車会社決算と今後の課題 マツダ 1~

Japan In-depth / 2015年06月07日07時00分

前回ではトヨタ自動車の決算と今後の課題等につき取り上げました。その中でマツダとの提携についても簡単に触れました。今回は、そのマツダの現状と今後について述べたいと思います。 2015年3月期の営業利益は、前年度比11.4%増益となる2,028億円で、過去最高益を更新しました。2016年3月期の業績予想も、営業利益は3.5%増の2,100億円で、再度、最高益を [全文を読む]

フォーカス