求人 トヨタ自動車に関するニュース

保育所・託児所付き!ママも注目の「ヤクルトスタッフ」、新学期に向けた「塾講師バイト」が2月に急上昇正社員は「自動車関連」の求人増!増税を見越した国内需要の増加も影響か

@Press / 2016年03月14日12時45分

株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:南 壮一郎 以下、ビズリーチ)が運営する日本最大級の求人検索エンジン「スタンバイ」(https://jp.stanby.com/)は、同サイトのアルバイト・正社員「求人数急上昇ランキング(2016年2月)」を発表します。このランキングは、同サイトに掲載されている400万件超の求人を、アルバイトと正社 [全文を読む]

「働きがい」が人気の秘訣? 転職人気企業ランキングでトヨタ自動車が1位に!

clicccar / 2017年06月14日06時03分

転職市場では求人数が増加するなど、かつてない活況が続いているそうで、求人のバリエーションや転職先の選択肢が広がるなか、ワーク・ライフ・バランスの実現に向けた取り組みが進んでいる企業への人気が高まっているようです。 そうした背景から、今回のランキングにも「働き方」への注目度が大きく反映されているようで、政府が掲げる「働き方改革」の影響も含め、働く時間や環境 [全文を読む]

「雇用情勢は絶好調」はまやかし?地方では悪化や不況の兆候 トヨタのお膝元でも異変

Business Journal / 2015年10月16日06時00分

厚生労働省は毎月月末、「労働力調査」として前月の完全失業率と有効求人倍率を算出・公表している。8月の有効求人倍率は1.23倍で、バブル景気末期の1992年1月の1.25倍以来、23年7カ月ぶりの高水準だった。 これは全国平均の数値だが、厚生労働省には各都道府県に「労働局」という出先機関があり、管内各地の職業安定所(ハローワーク)を統轄している。毎月、その求 [全文を読む]

全研本社が日本在住外国人の就労支援の一環として英語講師専門の求人サイト『Teaching jobs in Japan』をオープン!

@Press / 2015年05月26日12時00分

全研本社株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:林順之亮)は、2015年5月25日(月)、英会話スクールの講師専門の求人サイト『Teaching jobs in Japan』をオープン、日本在住の外国人や英会話スキルのある日本人向け就労支援のWEBサービスを開始しました。『Teaching jobs in Japan』https://teachingjo [全文を読む]

相次ぐ大手企業のベア、中小企業の実態

JIJICO / 2015年03月30日10時00分

これまでより多めの賃金を設定して求人を出しても応募がなく、人手不足に悩んでいる企業も増加。小売店では、店舗の閉鎖や営業時間の短縮を強いられているところもあります。生産年齢人口が減り続けているなかで良い人材を確保しようすれば、賃金や労働時間などの労働条件を良くしていく必要があります。 中小企業が賃上げしやすくなるような支援が必要 今いる人材も他に労働条件が良 [全文を読む]

「春闘」過去最高回答続出の要因

JIJICO / 2015年03月25日13時00分

昨年2014年の有効求人倍率は1.09倍、直近27年1月は1.14倍となっています。求職者1人に対し、求人が1.14社あるということです。市場原理からすれば、「良い人材を採用しよう」「つなぎ止めておこう」とすれば、他社よりも良い労働条件を出さなければなりません。 そうした意味で、今年の春闘は中小企業もある程度、追随せざるを得ないと思われます。被雇用者にとっ [全文を読む]

トヨタ賃金見直しで若手に手厚く、その狙いは?

JIJICO / 2015年02月06日17時00分

どこの業界も「求人を出しても応募が来ない」ということに悩まされています。ただし、賃金体系を変更する際に気をつけるべき点は「闇雲に上げない」ということです。それは、一度引き上げた労働条件は止むを得ない事情がない限り引き下げられないという大原則があるからです。自社にとってベストな形は何なのか?じっくりと腰を据えて多角的な視点から検討する必要があります。 (佐 [全文を読む]

フォーカス