トヨタ自動車 輸入車に関するニュース

VW、自動車販売世界一なのに日本市場でサッパリな理由

プレジデントオンライン / 2017年02月28日09時15分

VWの自動車販売台数は2016年、世界で1031万台となり、グループ(子会社のダイハツ工業と日野自動車を含む)で1017万台となったトヨタ自動車やゼネラル・モーター(GM)を抜き、初めて世界ナンバーワンに輝いた。全体の4割近くを占める中国市場で、小型車減税の追い風を受け、過去最高の販売を達成。世界最大市場の中国で大幅に伸ばしたことがトヨタとの差につながっ [全文を読む]

知られざる“企業VS企業”の遺恨事件(1)長年続いた恨みとは…

アサ芸プラス / 2014年04月03日09時56分

先頃放送された「トヨタ自動車」創業者をモデルとしたテレビドラマが大きな反響を呼んでいる。戦後復興のため、男の夢と希望をかけて奮闘する姿が支持された結果だ。そして、視聴者を最もハラハラさせたのは“生死”を賭けた企業同士の激突であった。ところが、こうした知られざる“暗闘劇”は日本経済史にゴマンと存在する。 3月22日、23日の2夜連続で放送されたドラマ「LEA [全文を読む]

レクサス 逆張りの発想でドイツ車御三家の牙城崩した

NEWSポストセブン / 2016年04月13日07時00分

大手自動車メーカーの高級車といえば、メルセデス・ベンツ、BMW、アウディと、いずれもドイツメーカーが圧倒的な存在感を発揮し続けているが、近年、これらジャーマンスリーと呼ばれる御三家の一角に食い込んでいるのが、トヨタ自動車の「レクサス」だ。 レクサスはもっとも安い小型車種で約366万円、上位クラスともなると軽く1000万円を超えるトヨタのプレミアムブランド。 [全文を読む]

トヨタ自動車、11月 生産・国内販売・輸出実績を発表

JCN Newswire / 2015年12月25日16時47分

Toyota City, Japan, Dec 25, 2015 - (JCN Newswire) - トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、11月のトヨタ、ダイハツ工業(株)(以下、ダイハツ)及び日野自動車(株)(以下、日野)の生産、国内販売、輸出の実績を下記のとおり発表した。画像: https://www.acnnewswire.com/topimg/ [全文を読む]

[遠藤功治]【米の厳しいNOx規制が引き金】~VWディーゼル車排ガス規制不正問題 2~

Japan In-depth / 2015年10月01日00時04分

2、全ての始まりは米国VW、今年1-6月でトヨタ自動車を販売台数で抜き世界1位、ゴルフ・ビートル・ポロ・パサートと、日本でも人気車種が多く、きびきびしたハンドリングと軽快な走りで永らく輸入車で販売トップ、中国では日本車各社に大きな差をつけ断トツで販売首位、先日辞任した前名物社長のウインターコーン氏は、2018年までにトヨタ自動車を抜いて、世界販売台数で最大 [全文を読む]

もしハイブリッドやEVが水没したら感電しないの?

clicccar / 2015年09月22日08時03分

(出展 トヨタ自動車) HVやEVには約200V以上の高電圧システムが搭載されており、事故などで露出した高電圧ケーブルなどに接触すれば、感電による死亡または重傷を負う恐れがあります。 そこで国土交通省は電動車の急速な普及に伴い、2011年6月に道路運送車両の保安基準を改正、感電防止に関する国際基準を新たに採り入れるなど、衝突時の感電防止や高電圧配線の橙色 [全文を読む]

日本の自動車産業に期待を寄せて…「信頼している日本車メーカー」ランキング

NewsCafe / 2014年05月16日12時00分

※回答総数…757件【1位】トヨタ自動車(46.5%)■二十歳からトヨタ車オンリー。トラブルがほとんどないから、安心感は抜群だ。他メーカーに対し、食指は動かない。[男性/50代/会社員]■個性には欠けるが…安心感がある。[男性/10代/会社員]■やっぱりトヨタよね! エンジン音が軽やかで大好き! マツダの本拠地住みだけどね(汗)。[女性/40代/会社員]【 [全文を読む]

レクサスGSほかラインナップ充実。今、新世代プレミアムセダンが熱い!

週プレNEWS / 2016年11月07日19時00分

新時代プレミアムセダンのここがスゴい!」 (取材・文/小沢コージ 写真/トヨタ自動車[全文を読む]

日本初の名車の祭典「オートモビル カウンシル 2016」を8月5日から幕張メッセで開催

clicccar / 2016年07月23日20時33分

トヨタ自動車 展示テーマ:カローラ生誕50年(1)初代カローラ (2)TE27 (3)カローラGT (4)カローラ生誕50年 記念限定車 ■日産自動車 展示テーマ:日産・プリンスとの融合50年(1)R380‐1(1=ローマ数字表記) (2)プリンス・スカイラインGT S54A-1型 (3)KPGC10(初代GTR) (4)GTR 17MY ■富士重工業 [全文を読む]

ヤクザ、資金不足深刻で「ベンツ離れ」加速…トヨタのプリウスやミニバンが人気のワケ

Business Journal / 2016年03月29日06時00分

実際、多くの暴力団が事務所を構える新宿・歌舞伎町を歩いて観察してみると、いかにもコワモテといった風貌の人たちは、トヨタ自動車の高級サルーン「センチュリー」に乗っていることが多く、次に目につくのは、同じくトヨタの高級セダン「レクサス」だ。やはり、ベンツに乗るヤクザは少なくなった印象を受ける。 日本自動車輸入組合が発表した2015年の輸入車ブランド別販売台数 [全文を読む]

三菱自動車はSUVシフトに本腰 デザイン自由度も人気の要因

NEWSポストセブン / 2015年09月08日07時00分

「最近はステーションワゴンとSUVの中間ともいえる『クロスオーバーSUV』のラインアップが増えたことにより、小型で快適性や燃費も重視した“街乗りSUV”が主に若者たちから支持されています」 トヨタ自動車『ハリアー』、日産自動車『ジューク』、マツダ『CX―3』、ホンダ『ヴィゼル』、スバル『フォレスター』、スズキ『ハスラー』……、中小型のSUV市場が年々拡大し [全文を読む]

消費者意識調査で「FCV・PHV」の認知度が急上昇!

clicccar / 2015年07月06日11時33分

「FCV」については、トヨタ自動車が昨年発売した初の量産FCV「MIRAI」や、企業、政府自治体による水素関連活動がメディアを通して数多く報じられたことが寄与しているようです。 また「PHV」、「CD(クリーンディーゼル車)」についても認知度が昨年比で+7%上昇、「超小型モビリティ」も+2%上昇しており、各メーカーによるプロモーション活動が奏功している模 [全文を読む]

YANASEが創立100周年!「いいものだけを世界から」

clicccar / 2015年05月27日13時34分

ドイツ大使館 Dr.ハンス・カール・フォン・ヴェアテルン駐日大使が来賓として出席したほか、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長を始め、トヨタ自動車の豊田章一郎名誉会長などの自動車業界の重鎮が列席。 創業以来、積み上げてきた新車販売台数は1996年に100万台を突破、2014年4月末時点で183万台に到達したそうです。 現在ではメルセデスベンツ、スマート [全文を読む]

フォーカス