ホンダ トヨタ自動車に関するニュース

【自動車メーカーに関するアンケート調査】将来性を感じる自動車メーカー、4位の「スバル」は2011年調査時より増加。トップ3は減少

PR TIMES / 2014年04月16日09時53分

【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18811/──<< TOPICS >>────────────────────────────────■いずれのイメージも「トヨタ」「ホンダ」「日産」がトップ3、4位に「スバル」がつける。最も乗ってみたいメーカーでは「BMW」が4位■『将来性を感じる』では「スバル」が [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2016トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2017年06月16日11時00分

https://www.patentresult.co.jp/news/2017/06/fcitcar.html<<特許・技術調査レポートについて>>http://www.patentresult.co.jp/report/index.html<<特許分析セミナー情報>>http://www.patentresult.co.jp/seminar/<< 本件 [全文を読む]

東京モーターショー直前「今年は部品メーカーに見所」と識者

NEWSポストセブン / 2015年10月28日07時00分

カーマニアの間では、早くもトヨタ自動車の小型試作車『S―FR』、ホンダが11年ぶりに復活させる新型『NSX』、マツダの『スポーツコンセプト』といったスポーツカーに期待する声が高まっているが、モーターショーの醍醐味は何も派手なモデル鑑賞ばかりではない。「いま、自動車業界は厳しい環境規制に対応した最新エコカーの開発や燃費競争、自動運転システムなどをめぐる未知 [全文を読む]

第2回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業」調査結果を発表

@Press / 2013年12月27日16時30分

次いで「全日本空輸(ANA)」が2位(同8.3%)、「本田技研工業(ホンダ)」が3位(同6.8%)となりました。以下、4位「サントリー」、「三菱商事」(同5.3%)、6位「日本航空(JAL)」、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」(同4.8%)、8位「タニタ」(同4.4%)、9位「東海旅客鉄道(JR東海)」(同4.3%)、10位「電通」(同4.1%)と続いてお [全文を読む]

2016年度自動車販売ランキング、「プリウス」が5年ぶり首位奪還

ZUU online / 2017年04月09日12時10分

●新車乗用車販売台数ランキング10位 フリードホンダ7万5384台9位 トヨタヴィッツ 7万8634台8位 トヨタカローラ 8万1391台7位 日産セレナ9万369台6位 トヨタヴォクシー 9万2421台5位 ホンダフィット 9万8923台4位 日産ノート12万3938台3位 トヨタシエンタ 12万7392台2位 トヨタアクア15万5566台1位 トヨタプ [全文を読む]

上半期の新車販売ランキングTOP10はこうなっている!

clicccar / 2016年07月11日06時03分

1位 トヨタ プリウス 14.2万台2位 トヨタ アクア 8.9万台3位 トヨタ シエンタ 6.1万台4位 ホンダ フィット 5.9万台5位 日産 ノート 5.1万台6位 トヨタ ヴォクシー 4.4万台7位 トヨタ カローラ 4.3万台8位 ホンダ ヴェゼル 3.9万台9位 トヨタ ヴィッツ 3.7万台10位 日産 セレナ 3.5万台 また、全軽自協(全 [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2015トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2016年05月30日11時00分

http://www.patentresult.co.jp/news/2016/05/fcitcar.html<<特許・技術調査レポートについて>>http://www.patentresult.co.jp/report/index.html<<特許分析セミナー情報>>http://www.patentresult.co.jp/seminar/<< 本件に [全文を読む]

トヨタとホンダ、両雄の2016年以降のキーワードは「電動化」?次世代PHV開発は加速するか

FUTURUS / 2016年01月18日18時00分

中でも、トヨタとホンダはHV(ハイブリッド車)やPHV(プラグイン・ハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)の開発、販売に積極的な両雄。 そこでトヨタ、ホンダ両社に今後の次世代環境技術への取組みに対する考え方を伺ってみた。 ■ 2016年、トヨタは「電動化」を推進 トヨタ自動車『広報部 商品・技術 広報グループ主査』である本多 誠之氏は、2015年を「HV [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2015年05月25日12時00分

http://www.patentresult.co.jp/news/2015/05/fcitcar.html <<特許・技術調査レポートについて>>http://www.patentresult.co.jp/report/index.html <<特許分析セミナー情報>>http://www.patentresult.co.jp/seminar/ << [全文を読む]

【自動車メーカー】他社牽制力ランキング2014トップ3はトヨタ、日産、ホンダ

DreamNews / 2015年05月25日12時00分

http://www.patentresult.co.jp/news/2015/05/fcitcar.html <<特許・技術調査レポートについて>>http://www.patentresult.co.jp/report/index.html <<特許分析セミナー情報>>http://www.patentresult.co.jp/seminar/ << [全文を読む]

ホンダが人工知能の開発でボストン大学と共同研究を開始!

clicccar / 2017年05月22日11時33分

そうしたなか、5月16日には2020年を目処に高速道路での自動運転実用化を目指しているホンダが、AIの情報セキュリティー領域でボストン大学と共同研究を開始したと発表しました。 ホンダは昨年12月22日、Googleを傘下に持アルファベット社の自動運転研究開発子会社「ウェイモ」と、米国で自動運転技術領域の共同研究に向けた検討に入ったと発表。 いち早く自動運 [全文を読む]

第5回「お子さん/お孫さんに勤めてほしい企業ランキング」調査「公務員」が加わり「トヨタ」「ANA」との不動の三強体制に

@Press / 2017年01月27日15時30分

(図表A)業種では、製造業が7社(トヨタ自動車、パナソニック、サントリー、資生堂、花王、タニタ、本田技研工業(ホンダ))と最も多く、その他交通インフラ系3社(全日本空輸(ANA)、日本航空(JAL)、東海旅客鉄道(JR東海)と続きました。前回(第4回)の結果と比較したところ、今回のアンケートより選択肢に追加した「公務員」が最上位2社にランクインしましたが、 [全文を読む]

第3回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査 上位4社は自動車2社と鉄道2社で昨年と同じ企業に!

@Press / 2016年09月30日13時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同14.2%)、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」が3位(同13.5%)となり、以下「東海旅客鉄道(JR東海)」(同12.4%)、「日清食品」(同12.3%)、「日産自動車」(同11.6%)、「味の素」(同11.0%)と続きました。(図表A)業種では、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車) [全文を読む]

タカタ、経営危機と債務超過の現実味高まる 業績悪化、底なしの制裁金&損害賠償地獄…

Business Journal / 2015年12月03日06時00分

タカタの大株主であり、最も頼りとする本田技研工業(ホンダ)が、タカタが現在製造しているエアバッグインフレーター(ガス発生装置)の使用を取り止めることを表明すると、日産自動車、トヨタ自動車、マツダ、富士重工業のほか、海外ではフォード・モーターもタカタ製インフレーターの使用を取り止める方針を表明した。タカタの本業の業績は順調に推移してきたが、今後エアバッグ関連 [全文を読む]

リスクモンスター、第2回「100年後も生き残れると思う日本企業」のアンケート調査結果を発表

@Press / 2015年07月31日10時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」が3位となり、以下「東海旅客鉄道(JR東海)」、「パナソニック」、「日産自動車」、「日立製作所」、と続きました。(図表A)業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ)、日産自動車)、電気機器製造業3社(パナソニック、日立製作所、キヤノン)、飲食料品製造業4社(味 [全文を読む]

[遠藤功治]【営利、我が国初の3兆円乗せへ】~大手自動車会社決算と今後の課題 トヨタ 1~

Japan In-depth / 2015年06月01日18時00分

特に、トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車、マツダ、スズキの5社につき、最近のトピックスも含め、考査することにします。今回はまず、トヨタ自動車を取り上げます。 1.トヨタ自動車 2015年3月期の売上高は前年度比6%増の27兆2,345億円、営業利益は同20%増の2兆7,505億円となり、共に2期連続で過去最高益を更新。純利益も19.2%増の2兆1,733億円 [全文を読む]

第1回「100年後も生き残ると思う日本企業」調査結果を発表

@Press / 2014年07月07日09時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同22.7%)、「日産自動車」が3位(同18.0%)となり、以下「パナソニック」(同15.3%)、「東日本旅客鉄道(JR東日本)」(同14.9%)、「日立製作所」(同14.2%)、「東海旅客鉄道(JR東海)」(同13.9%)と続きました。(図表A)業種としては、自動車製造業3社(トヨタ自動車、本田技研工業(ホンダ)、 [全文を読む]

東芝、今年「反転攻勢」への正念場~好調の半導体、新主軸の自動車とヘルスケアを加速

Business Journal / 2014年01月02日01時00分

ショーに併設された展示場に東芝は、本田技研工業(ホンダ)、積水ハウスと3社合同でブースを持っていた。「スマート・モビリティー・シティー2013」と題したこの展示ブースは、二酸化炭素を排出しない水素をエネルギー源とする「水素社会」の実現に向け、環境配慮型都市(スマートシティ)での暮らしを提案したものだ。 異業種の3社には、水素をエネルギー源とした燃料電池を手 [全文を読む]

リスクモンスター、第1回「独創性を感じる日本企業」アンケート調査結果を発表

@Press / 2013年05月28日10時30分

次いで「本田技研工業(ホンダ)」が2位(同16.9%)、「ソニー」が3位(同16.6%)となっております。上位3社の顔触れは、先月発表した「世界に誇れる日本企業」アンケート調査結果(1位トヨタ、2位ソニー、3位本田技研工業(ホンダ))と同様となりました。以下「ファーストリテイリング(ユニクロ)」(同15.5%)、「任天堂」(同13.7%)、「タニタ」(同1 [全文を読む]

ホンダ「シビック」日本復活の意義とこだわり 7月に登場する10代目は何がスゴいか

東洋経済オンライン / 2017年05月31日17時00分

7年前、ホンダが「シビック」の日本仕様を8代目限りで終了し、9代目は原則として日本国内向けには販売しないと聞いたとき、「やっぱり、そうなったか」と率直に思った。「カリーナ」「コロナ」(トヨタ自動車)、「サニー」「ブルーバード」(日産自動車)、「ファミリア」(マツダ)、「ギャラン」(三菱自動車)――。30~40代以上のクルマ好きなら、これらの名前を知っている [全文を読む]

フォーカス