付き人 志村けんに関するニュース

志村けんの「運転手募集」で見直される、芸能界入りのチャンス“付き人ルート”

日刊サイゾー / 2013年10月03日09時00分

タレントの志村けんが運転手兼付き人を募集しており、話題を呼んでいる。求人・転職情報サイト「はたらいく」に掲載されている募集要項によると、仕事の内容は「志村けんの自宅へのお迎え」「テレビ局やスタジオ、ロケ地など、目的地から目的地への送り届け」「番組収録中はスタジオ内で付き人業務」「地方ロケの場合は駅や空港までの送り届け」「志村けんの仕事がすべて終わったら自宅 [全文を読む]

「前任者がサイドビジネスに転身で……」意外にケチだった志村けん“付き人募集”の裏事情

日刊サイゾー / 2013年10月25日09時00分

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリストが、縦横無尽に話題の芸能トピックの「裏側」を語り尽くす! 10月初め、志村けんが求人転職情報サイト「はたらいく」で「志村けんが好きで、本気でシゴトに打ち込めて、芸能が好きな方なら、きっとだいじょうぶだあ~!」と、自身の“運転手兼付き人”を募集。志村自身が「ザ・ドリフターズ」の付き人からスターになった [全文を読む]

志村けんは高校時代に“加トちゃんぺ”をまねていた!?

ザテレビジョン / 2017年07月05日06時00分

芸能界に入るきっかけは、高校卒業直前にザ・ドリフターズの付き人になったこと。1972年に「マックボンボン」というコンビを結成、その2年後の1974年にザ・ドリフターズの正式メンバーとなり、「東村山音頭」や「ひげダンス」などでブームを巻き起こし一躍人気者になった。 そんな志村が、小学校から都立久留米高校の卒業アルバムを見て事前に打ち合わせを行い、18人の気 [全文を読む]

志村けん、今明かされる「コント界のカリスマ」になるまでの驚愕遊びっぷり

アサ芸プラス / 2017年06月17日09時58分

3年にわたる付き人生活のあと、お笑いコンビ『マックボンボン』を結成、のちに解散。ちょうどその頃、ドリフから荒井注さんが脱退したため、志村さんが加入。月収は、50万円に跳ね上がったそうです」“全員集合”は、最高視聴率50.5%を叩きだした超オバケ番組。志村はゴールデンタイムで2本のレギュラー番組を抱えた時期もあった。番組制作費もギャラも高騰していたこの頃、遊 [全文を読む]

志村けん・65歳の“笑えない”求愛生活(3)“3年周期”が結婚できない理由のひとつ?

アサ芸プラス / 2016年01月31日09時57分

付き人にも『24時間おもしろいことを考えろ!』と指導しています。『100人いたら100人を笑わせろ、99人じゃダメだ』。飲みに行ってもおもしろいことは言いません。後輩芸人は『志村さんに笑われるのが修業』とさえ言います」(芸能関係者) 一方で、金に困っている芸人がいると、「ちょっと健さん(高倉健)になっちゃおうかな」 とおどけて、ポンとお小遣いをあげる気前 [全文を読む]

志村けん・65歳の“笑えない”求愛生活(1)「がっかりだよ…」とぼやいていた理由

アサ芸プラス / 2016年01月30日09時57分

高校卒業の17歳でザ・ドリフターズの付き人となり、74年に正式メンバーへ。最高視聴率50.5%を記録した伝説の番組「8時だョ!全員集合」(TBS系)で、一躍人気者となってから現在までの活躍ぶりは誰もが知っていることだろう。 だが、そんなスーパースターでもなかなか手に入れられなかったものがある。それは、亡くなった母親が願ってやまなかった「お嫁さん」のことだ。 [全文を読む]

【あの大物も】芸能界デビューへの近道!?近年見直される「付き人」のルート

しらべぇ / 2015年06月01日20時00分

そんな中、芸能界入りのチャンスとして近年見直されはじめているのが付き人ルート。 こと、俳優やお笑い芸人の世界では、今でも徒弟制度が残っているようなところがあり、以前、志村けんさんやさまぁ~ずの三村マサカズさんが求人サイトなどで「運転手件付き人」を募集し話題を呼びました。 そこで、実際に付き人から活躍している芸能人にはどんな方がいるのか、調べてみました。 [全文を読む]

志村けん、付き人兼運転手募集で浮上...過去に変なオジサンのクビ騒動!?

東京ブレイキングニュース / 2013年10月04日12時00分

タレントの志村けん(63)が求人サイト「はたらいく」で、"付き人兼運転手"を募集していると話題となっている。2009年にも同様に付き人兼運転手を募集していて、今回の募集はその時の前任者の退職に伴うものだという。志村自身も付き人からキャリアをスタートさせ、今の地位に上り詰めたことはあまりにも有名だ。 そんな志村だが、自分の"付き人兼運転手"には恵まれなかった [全文を読む]

ドリフターズが「結成50周年」でも再起動しない理由

アサ芸プラス / 2014年03月28日09時59分

また加藤と志村も、かつて付き人だった時代の志村が加藤の家に書生として居候していた時代から、今なお尊敬の念は変わっていない。 では誰が? 線を引いていうと「志村と仲本の不仲」にたどり着く。この2人で有名なのは、81年に起きた「競馬ノミ行為事件」である。会見の場でリーダーのいかりやは厳しく叱咤し、志村の頭を何度も叩くという場面も見られた。この時、志村がボソッと [全文を読む]

芸能界一過酷でブラック!?“タレント専属運転手”の実態

WEB女性自身 / 2014年03月06日07時00分

「志村自身も、いかりやさんの付き人出身。運転手を勤め上げれば、志村に芸能デビューさせてもらえる可能性はあると思います。だが毎晩のように朝方まで飲む。大半は車中での待機になるでしょう。でも、志村はエンジンをかけたままでもOKなので、冬でも夏でも快適なほうですよ。募集広告では、運転手の給料は20万円だった」(芸能プロ関係者) 業界最底辺の額で運転手を雇ってい [全文を読む]

「披露宴」欠席でバレた加トケン深刻不仲

アサ芸プラス / 2012年03月20日11時00分

ふだんは『志村』とか『志村くん』と言うだけに、“さん付け”だったことに妙な距離感を感じました」 加藤と志村といえば、かつて志村が加藤の付き人だった経緯がある。加藤が必要以上によそよそしい対応をするのには、違和感を禁じえないのである。 実は、2人の微妙な関係には伏線があったという。 昨年8月に綾菜さんとの再婚を公表した加藤は、9月に50周年記念シングルの公開 [全文を読む]

フォーカス