書籍 小泉今日子に関するニュース

【ドラマ・CD・書籍】多分野で実績を残した「トリプルスリー芸能人」を考察

しらべぇ / 2015年11月09日06時30分

テレビ番組で視聴率30%は社会現象とならねば達成不可能な数字であるし、CD・書籍のミリオンセラーは(時代により価値の違いはあるが)今も大ヒットの目安である。難しいのはプロ野球の記録と違い、これらの数字の基準が必ずしも明確でないことだ。レコード売上といっても出荷枚数なのか実売枚数なのかによって異なり、書籍に至ってはそもそも実売部数は公表されない。従って、本コ [全文を読む]

小泉今日子、デビュー35周年記念ベストアルバム発売決定

okmusic UP's / 2017年03月21日14時00分

当時を知る者も、今の小泉今日子しか知らない者も必読の、約250ページのスペシャル書籍だ。監修・編集は伊藤総研が担当し、松永良平が執筆を手がけている。 もう1冊はアナログ、8cmCD、12cmCD、配信シングルの全ジャケット、さらに初回盤限定盤、特典物など貴重なパッケージのアートワークによる「コイズミ図録」の計2冊が付属。さらにデビュー当時の懐かしいポラロイ [全文を読む]

「風前の灯火」な海外文学を救うかもしれない、たった1誌のメルマガ

まぐまぐニュース! / 2015年12月29日23時00分

海外書籍を多く取り扱う出版社のメルマガ「月刊白水社」って何ぞや!? それがこのメルマガ「月刊白水社」です。 バックナンバーを読んで、メルマガで紹介されていたズラリと並ぶ作家名に目を疑いました。 スティーヴン・ミルハウザー、ロベルト・ボラーニョ、パトリック・モディアノ、マルグリット・ユルスナール、マルカム・ラウリー……。 有名な海外作家ばかりじゃないか!( [全文を読む]

サイドランチ新刊『絵師×歌詞 花編』2015年11月20日発売!!

DreamNews / 2015年11月11日12時00分

株式会社サイドランチ(東京都千代田区)は、2015年11月20日に書籍『絵師×歌詞 花編』を、全国書店にて発売いたします。『絵師×歌詞シリーズ』とは、書籍やゲームなど幅広く活躍する "絵師" と呼ばれる人気イラストレーターたちが、最新のJ-POPからアニメソング、懐かしの歌謡曲まで、実際にある "歌詞" を独自のイメージで描き下ろす絵詩集です。第二弾となる [全文を読む]

小泉今日子「コイズミクロニクル」トレーラー第2弾公開

Entame Plex / 2017年04月25日18時00分

今回公開となったトレーラー第2弾では初回限定盤プレミアムBOXに特典としてつく2冊の本のうちのひとつで全シングル制作に携わった作詞、作曲、編曲家、ディレクター、エンジニア、プロモーターなどクリエイター&スタッフへの総力取材による、小泉の音楽史を紐解く壮大なシングルメイキング本「コイズミシングル〜小泉今日子と50のシングル物語」(全368ページ/松永良平・ [全文を読む]

小泉今日子書評集に高評価! 一方、佐藤江梨子と前田敦子は……“アイドルと文章”の系譜

おたぽる / 2015年11月12日12時00分

その点、『読売新聞』という媒体で、自分の言葉で書評を書いた彼女の実力に評価が集まるのでしょう」(書籍編集者) 女優と書評といえば、佐藤江梨子も読書家として知られる。太宰治好きを公言し、太宰を原作とする映画『斜陽』にも出演。エッセイ集として『気遣い喫茶』(扶桑社)を出版しているが、あまり話題にならなかった。 「『気遣い喫茶』を読めばわかりますが、サトエリの文 [全文を読む]

これぞお宝 小泉今日子コンプリートシングルベスト発売

dwango.jp news / 2017年03月21日09時30分

当時を知る者も、今の小泉今日子しか知らない者も必読の、もはや特典を超えた約250ページのスペシャル書籍。(約250P 監修・編集:伊藤総研 執筆:松永良平)。 もう一冊はアナログ、8cmCD、12cmCD、配信シングルの全ジャケット、さらに初回盤限定盤、特典物など貴重なパッケージのアートワークによる「コイズミ図録」の計2冊が付属。さらにデビュー当時の懐かし [全文を読む]

小泉今日子、デビュー35周年記念コンプリートベスト発売

Entame Plex / 2017年03月21日04時00分

当時を知る者も、今の小泉今日子しか知らない者も必読の、もはや特典を超えた約250ページのスペシャル書籍。(約250P 監修・編集:伊藤総研 執筆:松永良平)。 そして、もう1冊はアナログ、8cmCD、12cmCD、配信シングルの全ジャケット、さらに初回盤限定盤、特典物など貴重なパッケージのアートワークによる「コイズミ図録」の計2冊が付属。さらにデビュー当時 [全文を読む]

小泉今日子に斉藤由貴「アラフィフ芸能人」が、美しすぎる!

日刊大衆 / 2016年09月23日11時00分

そして50歳となった今年2月には、90ページの大特集を組まれた雑誌『MEKURU』(ギャンビットパブリッシング)がAmazonの書籍のベストセラーランキングで1週間にわたって1位を獲得。同誌で披露したすっぴんショットがあまりにも美しいと評判になった。現在は女優、歌手、執筆活動の他、演出家としても活躍する小泉。その充実した仕事が、衰えない美しさの源となってい [全文を読む]

『昭和のスターとアイドル展』、5月に日本橋三越本店にて開催決定! コンサートや屋上ライブも

okmusic UP's / 2016年04月04日20時30分

また、山野楽器、ディスクユニオン、八重洲ブックセンターなどと協力し、それら歌謡曲が収録されたCDやDVD、アナログレコード、書籍、グッズなどを販売する予定だ。以下の詳細をチェックして、期間中にぜひ足を運んでいただきたい。■『昭和のスターとアイドル展』期間:5月3日(火・祝)~5月9日(月)場所:日本橋三越本店主催:NPO法人ミュージックソムリエ協会■新館7 [全文を読む]

小泉今日子の「変わっていく力」を考え彼女の生き方を学ぶ本

NEWSポストセブン / 2015年11月07日16時00分

書籍紹介】『小泉今日子はなぜいつも旬なのか』助川幸逸郎/朝日新書/780円+税 1982年にアイドルとしてデビュー。その後も役者として、ときに書評家として活躍し続ける小泉今日子。彼女には「変わっていく力」があるという著者が、バブル時代などの考察も含めながらその魅力を探る。小泉今日子的な生き方を学ぶ7か条も収録。 ※週刊ポスト2015年11月13日号 [全文を読む]

小泉今日子、中山美穂、AKB48らの名曲産んだ作曲家の自伝

NEWSポストセブン / 2015年09月10日07時00分

書籍紹介】『神曲ができるまで』/井上ヨシマサ/双葉社/1000円 小泉今日子、中山美穂などに楽曲提供をしている作曲家が、これまでの人生を振り返る。中学の頃にはプロとして活躍していた著者は、アイドルの曲も書き始める。特に、秋元康の言葉で楽曲提供するようになったAKB48については、『Beginner』はアイドルっぽくない曲で、もがいている人にメッセージを込 [全文を読む]

蒼井優による対談企画「8740-HA・NA・SHI・WO-」が単行本化

Entame Plex / 2014年10月08日16時10分

今回の書籍では、そんな対談の模様をまとめるとともに、単行本用に3年間の連載を振り返る蒼井のインタビューも掲載されている。 掲載されている全ゲストはこちら。 野田秀樹/宮森隆行/岩井俊二/タナダユキ/黒田育世/小松真弓/皆川明/ケンタロウ/市川猿之助/犬塚朋子/小泉今日子/野村萬斎/伊藤佐智子/チャットモンチー/朝海ひかる/佐藤健/笑福亭鶴瓶/香川照之/羽海 [全文を読む]

小泉今日子 居酒屋ツーショットも!豊原功補との気になる関係

WEB女性自身 / 2017年01月10日06時00分

舞台演劇の企画制作や書籍・音楽出版やアパレル製作販売を目的とした会社で、初プロデュース作は昨年6月の舞台『日本一の大悪党』だった。 「今作はベテランの多彩な顔ぶれが脇を固めるなか、座長が豊原さん。かなり小泉さんの采配が光った作品になりそうで『公私ともに話題の2人だけあって、出演者やスタッフのほうが気を遣ってしまいそう(笑)』という声も上がっています」(前出 [全文を読む]

「頑張ってアイドルを演じていた」 高橋由美子らが語るアイドル冬の時代

AOLニュース / 2016年09月14日18時00分

一般には芸能史のなかでアイドルの存在がなかったかのようにされているこの時代を、当事者の端くれとして掘り起こしたいと、書籍「アイドル冬の時代 今こそ振り返るその光と影」(シンコーミュージック)の出版に携わった。 "20世紀最後の正当派アイドル"と呼ばれ、冬の時代にソロで孤軍奮闘した高橋由美子らにインタビューをさせてもらった。 まったく個人的なことだが、彼女は [全文を読む]

上野樹里と平野レミの嫁姑バトルが起きても「文春砲」は炸裂しない? 表紙を描く舅のおかげで上野樹里が文春のタブーに

リテラ / 2016年05月30日20時00分

和田誠といえば、星新一や村上春樹、最近なら小泉今日子の著書など数多くの書籍の装画・装丁で知られるイラストレーター・デザイナーで、自身もエッセイを手がけたり映画監督もするなど多才な人物。なかでも誰もが目にしたことがあるであろうもっとも有名な仕事が、そう「週刊文春」(文藝春秋)の表紙だ。 上野の舅となる誠氏は1977年以来、じつに40年近くにわたって「文春」の [全文を読む]

日本橋三越本店 昭和のスターとアイドル展 ~テレビからヒット曲が生まれた時代~ 5月3日(火・祝)~5月9日(月)新館7階ギャラリー 午前10時30分~午後7時【午後7時30分閉場】

PR TIMES / 2016年04月27日19時27分

また、山野楽器、ディスクユニオン、八重洲ブックセンターなどと協力、それら歌謡曲が収録されたCDやDVD、アナログレコード、書籍、グッズなどを販売します。 【開催概要】 期間:2016年5月3日(火・祝)~5月9日(月) 場所:日本橋三越本店 主催:NPO法人ミュージックソムリエ協会 ■新館7階ギャラリー 「昭和のスターとアイドル展」展示会場/ギャラリートー [全文を読む]

『あまちゃん』全話から制作・演出法を綿密に分析した書登場

NEWSポストセブン / 2014年02月10日07時00分

そのブログに加筆をして書籍化した本書は、『あまちゃん』全話を取り上げているが、物語を追うことを主眼にはしていない。放送の中で、印象的だったシーンを抽出し、なぜそのシーンに心が動かされたかを、繊細な語り口で語っていく。 例えば著者は、第一話では、北三陸の実家に24年ぶりに帰ってきた小泉今日子演じる天野春子の、実家での軌跡に着目する。春子は実家を留守にしてい [全文を読む]

中井洽議員に切断小指送った男性 前職は公安刑事だと語った

NEWSポストセブン / 2012年03月20日07時00分

右翼団体の取り締まりに当たっていました」 取り調べ相手への理論武装のため、数多の右翼思想の書籍を読み込んだ。気付くと活動家を取り締まることへの疑念が頭をもたげるようになったという。 「昔は活動家をマークするのが仕事でしたが、今では私担当の刑事さんまでいます。右翼活動家として今回の事件は逮捕覚悟です」 ※週刊ポスト2012年3月30日号 【関連ニュース】「早 [全文を読む]

フォーカス