福山雅治 木村佳乃に関するニュース

4月ドラマ「こじらせ系」「ドロドロ系」のハマれる一本

WEB女性自身 / 2016年04月11日06時00分

「何も考えずに松本さんに乗っかり、カッコよさや葛藤、戦い方を見れば、スカッとして 月曜から頑張ろう ってなるはず」(木村さん) ■4月11日スタート『ラヴソング』(フジテレビ系・月曜21時)出演/福山雅治、藤原さくらほか。「結婚もして円熟味を増した福山さんの久々の恋愛もの。大抜擢された藤原さくらさんという原石を輝かせる役回りに注目です」(木村さん)「どんな [全文を読む]

NHK『花燃ゆ』 吉田松陰と桂小五郎が共演しない理由とは

NEWSポストセブン / 2015年06月08日16時00分

『花燃ゆ』の制作統括がプロデューサーを務めた『龍馬伝』(2010年放送)では、福山雅治演じる坂本龍馬の初恋の女性・加尾役を広末涼子が演じ、高杉晋作役に起用されたのが、かつて広末と交際し、破局した伊勢谷だった。 「2人の共演場面はもともと少なかったが、広末と伊勢谷の出番が重ならないようにしたといわれる。高杉のキャスティングをNHKが発表したのは、放送が始まっ [全文を読む]

「心にぽっかりと穴が…」竹野内豊と倉科カナに破局説浮上!! 2人同時の意味深コメント

messy / 2017年09月11日21時00分

西島秀俊や福山雅治が相次いでかなり年下の女性と結婚したこともあり、竹野内と倉科の交際発覚時には「結局若くて巨乳の女を選ぶのか」「結婚反対だけど、もしするならミッチー(及川光博)みたいに同い年の女性がいい」といった願望が竹野内ファンからあがっていた。 ただ、もし交際が順調だったとしても、公の場であえてその話題を出さないよう慎重になっている可能性もある。倉科も [全文を読む]

ディーン・フジオカ号泣会見の裏で、報道陣に異例の要請…記者の質問を強行制止

Business Journal / 2016年11月13日12時00分

この飛ぶ鳥も落とす勢いの人気の裏には、福山雅治を“日本一撮られない男”にさせた所属事務所アミューズの超優秀かつ鉄壁なマネジメントがあるようだ。 フジオカはブレイクした時点ですでに妻子がおり、そんな家庭を大事にする面もフジオカの人気上昇の要因にもなった。妻は2歳年上の中国系インドネシア人で、男女の双子の子どもがいることなど私生活をオープンにしてきた。そして1 [全文を読む]

低予算の”系列局”作品は好調?フジテレビ今季ドラマの体たらく

デイリーニュースオンライン / 2016年05月24日08時01分

今期の月9ドラマ、福山雅治(47)主演の『ラヴソング』は、5月16日放送の第6話が6.8%と、月9枠歴代最低視聴率を更新した。現段階の平均視聴率は8.8%で、史上最低といわれた前作『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の9.9%を下回っている。 テコ入れも不発だ。3年ぶりに復活した日曜9時枠の『OUR HOUSE』も大惨敗。芦田愛菜(11)と、シ [全文を読む]

迷走するフジ 期待できない『僕のヤバイ妻』を初回2時間スペシャルでオンエアの暴走で、予想通り爆死スタート!

日刊サイゾー / 2016年04月21日13時00分

民放連ドラの初回は15分拡大が通例で、同局の福山雅治主演『ラヴソング』(月曜午後9時~)でさえ、30分拡大止まり。今期の同局のプライム帯の連ドラは、ほかに『早子先生、結婚するって本当ですか?』(松下奈緒主演/木曜午後10時~)、『OUR HOUSE』(芦田愛菜&シャーロット・ケイト・フォックス主演/日曜午後9時~)があるが、4つのドラマの中で最も視聴者の関 [全文を読む]

北斗晶さん、つるの剛士さん強し!篠原涼子さんの躍進にも注目-有名人の子育てイメージに関するアンケート調査 2015

DreamNews / 2015年12月11日13時30分

【こそだて】 http://www.kosodate.co.jp/ 集計総数: 399人 男女比 6:94(男性23人 女性376人)中心年齢 30代半ば ※参考:2014年の結果 http://www.dreamnews.jp/press/0000103958/ ■アンケート結果 敬称略 ( )は2014年●最近子どもができた有名人で思い浮かべる人は? [全文を読む]

沢尻エリカ主演『ファースト・クラス』、“焼き直しのフジ”がキャスト一新で大惨敗『ショムニ2013』の二の舞いか?

日刊サイゾー / 2014年09月03日20時30分

中には、木村拓哉主演『HERO』や、堺雅人主演『リーガルハイ』、福山雅治主演『ガリレオ』のようにヒットした続編もあるが、主役への注目度が最初から高い作品ばかり。今の沢尻に、そこまでの人気があるとは思えません」(番組制作会社関係者) 「深夜枠だからよかったのに」「前作のほうがよかった」と言われなければよいが。 [全文を読む]

NHKドラマ「はつ恋」はひらがなだからいい、と女性ファン力説

NEWSポストセブン / 2012年08月21日16時00分

奇しくも、福山雅治が2年ほど前にリリースしヒットした歌も「はつ恋」でした。 ラジオ番組で、「初恋」ではなく「はつ恋」とした理由を聞かれた福山氏は、「初恋の初は初体験に見えるし、『初』の字が好きじゃない」。 「初恋」は、初体験を想像する。つまり生々しい現実を。しかし、「はつ恋」は、こうあってほしいと願う美しいイリュージョン。 妥協に満ちた現実生活をしばし見 [全文を読む]

フォーカス