過去 深川麻衣に関するニュース

あの紅白出場シンガーに「あわや乃木坂46入り」の過去が!

アサ芸プラス / 2015年12月09日09時58分

(石田安竹) [全文を読む]

乃木坂46 、ドキュメンタリー映画のインタビュー入り予告編を公開 白石麻衣「過去の自分は好きじゃない」

リアルサウンド / 2015年05月28日12時00分

同映画は、“人は変われる”をテーマに、決して平坦ではなかったメンバーそれぞれの過去が明かされる一方で、現代のアイドルグループのなかで異彩を放つ存在に成長した乃木坂46の輝きを活写。彼女たちの変化を見守ってきた家族へのインタビューも交え、アイドルとして、そして1人の人間として生き抜く女性の素顔が描かれている作品だ。 動画はこちら 今回公開された予告編では、 [全文を読む]

乃木坂46・深川麻衣がマニアックすぎる雑誌の表紙に!ネット上で話題に

AOLニュース / 2015年03月10日12時00分

ちなみに、この『YAKUZEMI+(ヤクゼミプラス)』、過去の発行ペースから推察するに、どうやら季刊のようだが、その一般的な知名度とは裏腹に、実はこれまでも女優・栗山千秋や木村文乃、俳優・綾野剛や小泉孝太郎など、その時々の「旬」とも言うべき、実に豪華すぎる面々がその表紙を飾っている。そうした意味で言えば、一見「変化球」的に思われる今回の彼女の起用は、乃木 [全文を読む]

なぜ今までなかった?乃木坂46白石麻衣の初ソロ曲にファンが歓喜!

アサ芸プラス / 2016年07月05日09時59分

過去のインタビューでは「乃木坂を(アイドルではなく)アーティストとして見てもらえるように頑張りたい」と話していた白石。その夢に前進すべく、まずは自身の声で道を切り拓いてほしいところだ。(石田安竹) [全文を読む]

天使のように優しいメンバーに何が!?乃木坂46“突然の悲報”にファン騒然

アサ芸プラス / 2016年01月13日17時58分

卒業が事実なら、同グループの過去の卒業メンバーの中でもトップクラスの人気を誇るメンバーがいなくなることになります」(アイドル誌ライター) さらに彼女の魅力について、前出のアイドル誌ライターはこう続けた。「深川の良さはいい意味でアイドルっぽくないところ。素人っぽい雰囲気が強いので、当初は芸能界は不向きだという声もありましたが、だからこそ親近感が沸いたのでしょ [全文を読む]

これはドンまい!?乃木坂46白石麻衣と共演した本田翼がよもやの放送事故!

アサ芸プラス / 2015年08月17日09時59分

ごめんなさい、まいやん」と謝罪しているという過去がある。 そういった経緯もあり、本田に乃木坂ファンから「さすがにそろそろ覚えてくれたよね?」「ドンまい、だよね(笑)」など、微笑ましいイジりコメントも多く見受けられているようだ。 天然系として有名な本田もこれだけイジられたら、さすがにもう間違えることはことだろう。(石田安竹) [全文を読む]

乃木坂46白石麻衣 世の中で最も美しいロボットを開発?

dwango.jp news / 2015年07月17日13時01分

監督を務めたのは、過去にも乃木坂46のMVを数多く手がける中村太洸で、4人の研究員が開発する世の中で最も美しいロボットが完成に近付くにつれ研究所にある周りのロボットたちが新型ロボットの余りに美しい姿に「恋」の感情を覚え始めるという新感覚の恋愛ストーリーに仕上がっている。尚、ビデオ内に登場する小型ロボットは実際に動く最新鋭の自立走行可能なロボットを使用して撮 [全文を読む]

乃木坂46の“十福神”がセブン‐イレブンでアルバイト!?

okmusic UP's / 2015年06月14日14時30分

過去の楽曲を含んだオリジナルセットリストでのプレミアムライブとなるそうなので、気になる方は是非セブン-イレブンで「太陽ノック」を購入しよう。 (C)乃木坂46LLC [全文を読む]

大好評につき第2弾刊行!『OVERTURE No.002』3月19日発売

エンタメNEXT / 2015年03月19日07時00分

■伊藤万理華「ONE AND ONLY」 伊藤万理華さんを「ファッション」「アート」「過去」「乃木坂46」という4つのキーワードから紐解く大特集です。幼少期~乃木坂46加入前のプライベート写真、今回のための描き下ろし作品などを公開しています。 ■VOICE OF KEY PERSON「乃木坂って、どこ?」 生駒里奈さん、秋元真夏さん、高山一実さんの3人に [全文を読む]

乃木坂46白石麻衣・橋本奈々未がMVで魅せた迫真演技

dwango.jp news / 2015年03月11日12時47分

工場を出て芸能活動をすることを夢みる白石に、人見知りの橋本は少しずつ心を開いていくのだが、ある日白石が工場を出て行くことになり、橋本はかつて母親と行き別れた過去を思い出してしまう。それぞれの道へと旅立った2人が「自分にとっての幸せ」を探しながら生きていく模様を描いている。夕日が落ちる中行われた別れのシーンの撮影では、感情を爆発させる橋本と、それを受けて白石 [全文を読む]

フォーカス