中森明菜 斉藤由貴に関するニュース

戦後70年「日本のアイドル近代絵巻」、巨大セールスの80年代

アサ芸プラス / 2015年09月09日05時59分

何しろ小泉今日子や中森明菜でさえ、デビューした年のレコ大新人賞候補の5組から漏れてしまうほどの「激戦」だった。堀ちえみ、松本伊代、石川秀美、早見優と、キラ星のごとく同じ時代に飛び出したのだ。 この時代まで、アイドルの多くは「歌手」を意味していたが、別の潮流も生まれた。それは薬師丸ひろ子・原田知世・渡辺典子の「角川三人娘」である。彼女たちの可憐な姿を観たいと [全文を読む]

「紅白に出てほしい80年代アイドル」ランキング女性編

WEB女性自身 / 2013年09月12日07時00分

1位・中森明菜(48)2位・小泉今日子(47)3位・松田聖子(51)4位・中山美穂(43)5位・森高千里(44)6位・薬師丸ひろ子(49)7位・Wink8位・河合奈保子(50)9位・おニャン子クラブ10位・斉藤由貴(47)10位・原田知世(45) この結果を受けて、アイドル評論家の中森明夫さんにランキングを分析してもらった。「1位が中森明菜というのは、この [全文を読む]

写真家・野村誠一氏注目の女性 斉藤由貴など次々人気者に

NEWSポストセブン / 2016年05月11日07時00分

その後、『私のことを真剣に叱ってくれたのは、野村さんぐらいだった』と話していたと聞いてなんだか嬉しくなりました」 気の強さという点で印象に残っているのは中森明菜も同じ。 「デビュー直後に撮ったけど、新人なのにまったく媚びない。ポーズを指示しても、『なんで?』『ヤダ!』ってソッポを向く。数年後にその理由を聞くと、『アイドルなんて媚びたって売れるわけないじゃな [全文を読む]

【男性に質問】アイドルのカレンダー貼ってた? 40~60代全てで名前が挙がった人とは?

しらべぇ / 2015年11月05日17時00分

」「雛形あきこ」など【30代】「中山美穂」「酒井若菜」「持田香織」「内田有紀」「相川七瀬」「広末涼子」など【40代】「浅香唯」(2人)「薬師丸ひろ子」「伊藤つかさ」「Wink」「松田聖子」「本田美奈子」「岡田有希子」「中森明菜」「斉藤由貴」「河合奈保子」「菊池桃子」「柏原芳恵」「今井美樹」「細川ふみえ」など【50代】「山口百恵」(7人)「天地真理」(4人) [全文を読む]

「ラヴィン・ユー」のジャネット・ケイがつんく♂監修のアイドル集で松田聖子、中森明菜、モーニング娘。をカヴァー

リッスンジャパン / 2012年05月08日20時00分

松田聖子、中森明菜、モーニング娘。など日本のアイドルソングの名曲に挑戦する。Janet Kay - アーティスト情報永遠のアイドル・ソングを英語詞でカヴァーした本作。数多のアイドルを輩出してきた名プロデューサー、つんく♂を起用。「監修という立場で、さあらばということで、1975年~2000年までの「これぞ!J-POPでしょ!」というスーパースターな曲たちを [全文を読む]

BRAHMAN&宮本浩次がRCサクセションを熱唱!

Smartザテレビジョン / 2016年10月20日15時15分

リリーから「見た目がスナックのママ」と評されたJUJUは「スナックでは実地訓練をしています」とスナック好きを告白し、中森明菜の「DESIRE」を披露した。秦は坂本九の「見上げてごらん夜の星を」をギターの弾き語りと共に、とうとうと歌い上げた。そしてORIGINAL LOVEが、自身の楽曲「接吻」を横山とコラボ。「マヨネーズとケチャップ、オーロラソースみたい」 [全文を読む]

2015年活躍した女優 個性派として注目度増した山口紗弥加も

NEWSポストセブン / 2015年12月30日07時00分

ちなみに2015年に50代に突入したのは吉田美和、草刈民代、大桃美代子、沢口靖子、中森明菜など、どこか職人芸を感じさせる面々だった。 年々層が厚くなる五十代女優陣。上司役、お母さん役だけじゃなく、王道のラブストーリーだっていけまっせ!という五十代女優たちの存在感は、来年、ますます大きくなりそうだ。 [全文を読む]

今年のNHK紅白歌合戦 乃木坂46有力、松山千春が目玉に浮上

NEWSポストセブン / 2015年11月19日16時00分

「昨年は、中森明菜の“復活”やアナ雪ブームもあり、視聴率的には何とか及第点を取りましたが、今年は話題になったヒット曲もこれと言ってなく、フジテレビが10年ぶりに格闘技大会の中継番組をぶつけてくるなど、苦戦が予想されています」 そうした中、近年はジャニーズ事務所所属のアーティストやAKB48グループをはじめとするアイドルが多数出演。『進撃の巨人』や『妖怪ウ [全文を読む]

タモリが司会辞退で目玉なし?トホホ紅白の全舞台裏「結婚した福山雅治が頼みの綱だが…」

アサ芸プラス / 2015年11月01日17時57分

昨年は中森明菜のサプライズ出演のほか、薬師丸ひろ子(51)など80年代アイドルの久々の復活に、オヤジ世代も溜飲を下げた。「8月に放送された“夏版紅白”とも言われる『思い出のメロディー』では、高田みづえ(55)が『私はピアノ』を歌い、30年ぶりにテレビ復帰を果たしています。また、松坂慶子(63)も脚見せスリットドレス姿で『愛の水中花』を歌い、司会の北島三郎( [全文を読む]

フォーカス