アルバム 斉藤由貴に関するニュース

末光篤、待望のフルアルバム、11月13日発売決定!!(発売・販売:株式会社メディアファクトリー)

PR TIMES / 2013年09月06日11時40分

株式会社メディアファクトリー末光篤が待望のフルアルバム「色彩協奏曲」を11月13日(水)にリリース!アルバムには、GOING UNDER GROUNDをはじめ、斉藤由貴や、ヒップホップアーティストのVERSESなど、様々なジャンルのアーティストたちのコラボ曲を収録、また、末光篤らしい楽曲が次々と顔を揃える等、集大成とも言うべく、"末光篤らしい"アルバムに仕 [全文を読む]

こんな豪華な夜はもう二度とない!武部聡志 Original Award Show ~Happy 60~

PR TIMES / 2017年03月01日09時38分

日本を代表する音楽プロデューサー、作・編曲家武部聡志のプロデュース/編曲作品から厳選した、J-POPコンピレーション・アルバム『日本の音楽と、武部聡志。~Happy 60~』2月22日発売 (MHCL30445~6) 2017年に生誕60年を迎える音楽プロデューサー、作・編曲家の武部聡志の、これまでのキャリアを振り返る作品集。 80年代初頭より、松任谷由 [全文を読む]

松本隆、作詞活動45周年を記念して豪華アーティスト参加のトリビュートアルバム発売決定

okmusic UP's / 2015年05月04日11時00分

作詞活動45周年を記念して制作された松本隆のトリビュートアルバム『風街であひませう』が6月24日(水)に発売決定。 【その他の画像】安藤裕子同作は総合サウンドプロデューサーに鈴木正人(Little Creatures)を迎え、松本隆の言葉の世界を2015年の声でトリビュートするのは、安藤裕子、小山田壮平(ex. andymori)&イエロートレイン、草野マ [全文を読む]

デビュー30周年で斉藤由貴が“初戀”を告白? 「切ない気持ちも今だからこそ素敵」

週プレNEWS / 2015年03月19日13時00分

開演前から劇場前は人混みでざわつき、ポスターの写メを撮る人、場内ではパンフ売り場に並ぶ人…長い列の先で記念アルバム「ETERNITY」を皆、手にしていく。多くは彼女と同世代近くのアラフィフ、アラフォー男性のようで、ひとりの姿も少なくない。 場内に流れる曲を一緒に口ずさみ、席で肩を揺らせる女性も見られる中、冒頭でも語った通り、“恋”をテーマにした演出のサプラ [全文を読む]

スネオヘアーが選ぶプレイリスト。「ある日スネオヘアーが移動中に聴いていた曲」

okmusic UP's / 2016年05月25日15時00分

2015年6月、自身の作品を発表する場、新しいプライベート・レーベル「Tundra」を立ち上げ、アルバム『ツンドラ』発売(会場・通信販売限定発売中)。2016年5月には、9枚目のフルアルバム『0(ラブ)』をキングレコードよりリリース。■「ある日スネオヘアーが移動中に聴いていた曲」ある日、移動中にスネオヘアーがiPhoneで聴いていた時にランダム再生された曲 [全文を読む]

1年半ぶりにシングルリリース! キャラメル☆リボンが語る振り付けの難しさ

エンタメNEXT / 2016年02月25日07時00分

深田 私はアルバムを出したいですね。今までのキャラメルの曲をギッシリ詰めて、素敵なジャケットを撮って「アルバムです!」みたいな。 吉仲 今オリジナル曲が12曲あるんですけど、「虹色」は在庫がない状態なんですよ。なので今の声で歌ってみたい気持ちがありますね。 上野 私は今まで1年に一回しかシングルを出したことがないので、最低でもシングルを2枚出したい! そ [全文を読む]

斉藤由貴、歌手デビュー30周年記念コンサートでジャズスタンダードや名曲「卒業」を披露

okmusic UP's / 2015年03月14日00時00分

【その他の画像】斉藤由貴2015年2月21日(土)に歌手デビュー30周年を迎え、3月11日(水)には1985年のデビュー以来初の試みとなるジャズスタンダードを選曲した注目度の高い記念アルバム『ETERNITY』(YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS)を発売したばかりの斉藤由貴。デビュー当初より携わってきたスタッフを再集結して開かれる本コン [全文を読む]

斉藤由貴歌手デビュー30周年 思いを込めて名曲『卒業』歌う

dwango.jp news / 2015年03月13日23時51分

2015年2月21日(土)に歌手デビュー30周年を迎え、3月11日(水)には、1985年のデビュー以来初の試みとなるジャズスタンダードを選曲した注目度の高い記念アルバム『ETERNITY』(YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS)を発売したばかり。デビュー当初より携わってきたスタッフを再集結して開かれる本コンサートの初日を迎え、「正直感慨深 [全文を読む]

斉藤由貴「本の情報交換は“興味ある世界の交換”。それはすっごく刺激的」

ダ・ヴィンチニュース / 2015年03月08日11時30分

今回登場してくれたのは、デビュー30周年を記念したアルバム『ETERNITY』をリリースした斉藤由貴さん。ベッドの周りには、うずたかく積まれた本、本……。暮らしの傍らにはいつも本があるという斉藤さんの、本との付き合い方、そして、そこから受け取っているものとは? 【斉藤由貴さんの写真はこちら】『ETERNITY』情報をチェック 「実はこの本、私の枕の下に置い [全文を読む]

『てめえら、許さねえ』・・・あの名ゼリフが蘇える!斉藤由貴が人気ラジオドラマ「安部礼司」に初登場!

PR TIMES / 2015年02月16日11時16分

2月22日(日)『NISSAN あ、安部礼司~beyond the average~』17:00~17:55OA 平均的なサラリーマンの日常を描いた大人気コメディラジオドラマ『NISSAN あ、安部礼司~beyond the average~』(毎週日曜17:00~17:55/TOKYO FMをはじめとするJFN全国37局ネット)では、2月22日放送回のゲ [全文を読む]

デビュー30周年の斉藤由貴が当時を振り返って語る「なんでこんなことをしてるんだろうって正直、違和感はあった」

週プレNEWS / 2015年01月21日06時00分

3月13~15日には、30周年記念コンサートを開催予定(同時期に、フルアルバムを発売予定)。詳しくは公式HPへ! アドレスは、【http://www.toho-ent.co.jp】 (取材・文/浜野きよぞう 撮影/内山一也 五十嵐和博) [全文を読む]

末光篤、11月13日発売のフルアルバム、試聴開始!!

PR TIMES / 2013年10月18日19時53分

メディアファクトリー ブランドカンパニー11月13日(水)、1年半ぶりにリリースする末光篤のアルバム「色彩協奏曲」の発売カウントダウン企画として、10月16日より4週連続の楽曲試聴がスタートした。試聴はYoutubeにて一週間おきに更新されていく。本作品は、アルバムタイトル通り、J-POPの枠組みながらそのジャンル性は多岐にわたっており、カラフルでポップな [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】松本隆、日本の音楽界を変えた2度の挑戦 「友達が離れ孤独だった」

TechinsightJapan / 2017年02月19日15時01分

そのなかで松本が大学を中退して細野晴臣(ベース)や小坂忠(ボーカル)など5人で結成したロックバンド「エイプリル・フール」がアルバム『Apryl Fool』(1969年9月)をリリースした頃を振り返った。その時すでにバンドは「ロックを英語で歌うか日本語で歌うか」で対立しており「あっという間に口もきかないくらい険悪なムードなって、発売と同時に解散した」と明かす [全文を読む]

『君の名は。』声優でブレイク!上白石萌音が開く新たな“女優アイドル”の世界

ガジェット通信 / 2016年12月15日07時00分

映画の公開と合わせるように、10月にアルバム『chouchou』がリリースされ、その中で『君の名は。』の主題歌『なんでもないや』(映画ではRADWINPSが歌唱)をカバー。ミュージックステーション(テレビ朝日)やFNS歌謡祭(フジテレビ)でその歌声を披露し、卓越した歌唱力で話題となった。 それもそのはず、彼女は小さい頃から歌うことが大好きで、小学生時代か [全文を読む]

松本隆の“幻の対談集”が復活! オフィシャルHPの人気対談コーナーも書籍化され2タイトル同時発売

ダ・ヴィンチニュース / 2016年12月04日15時00分

2015年、作詞活動45周年を記念して、次世代アーティストによる松本の名曲カバー&朗読アルバム「風街であいませう」をリリース、オフィシャルプロジェクトとして「風街レジェンド2015」を開催、8月21&22日の二日間にわたり東京国際フォーラムAで行われ、松本にゆかりのアーティストが集結。また、松田聖子のデビュー35周年記念シングル「永遠のもっと果てまで」を [全文を読む]

「ゲスの極み乙女。」活動自粛でも川谷絵音が音楽界から絶対に消えない理由

アサジョ / 2016年10月07日17時59分

10月3日にはバンド活動自粛、新アルバム発売延期などが発表された。「ゲスの極み乙女。」はこのまま消えてしまうのだろうか。邦楽事情に詳しい音楽ライターに聞いた。「消えないとは思いますね。川谷の作詞家として、メロディメーカーとしての才能は素晴らしい。天才と表現する人がいるのもうなづけます。『みんないるよ』とか『僕が君を守る』といったフレーズ、似たようなメロディ [全文を読む]

写真家小澤忠恭が語る中山美穂、小泉今日子、小柳ルミ子秘話

NEWSポストセブン / 2016年06月23日16時00分

小澤氏は彼女のアルバム『Liar』のジャケットを撮影しているが、彼女のプロ意識も際立っていた。 「実にまっすぐな意見と感覚を持つ子。『私は一生懸命にやりますから、皆さんも真剣にお願いします』という雰囲気を、20歳そこそこの女の子が漂わせているので驚きました」 有森也実もまた、清純なイメージとは裏腹に、サバサバとした感覚の女性だった。 「カメラマンだって、セ [全文を読む]

タモリが司会辞退で目玉なし?トホホ紅白の全舞台裏「結婚した福山雅治が頼みの綱だが…」

アサ芸プラス / 2015年11月01日17時57分

また、松坂慶子(63)も脚見せスリットドレス姿で『愛の水中花』を歌い、司会の北島三郎(79)を悩殺していただけに可能性は高い」(前出・スポーツ紙文化部記者) 他にも、河合奈保子(52)はデビュー35周年、今井美樹(52)も30周年で、それぞれ記念アルバムを出しており、出演オファーの可能性は高いという。「中でも有力なのが斉藤由貴(49)です。今年はデビュー3 [全文を読む]

デビュー30周年を迎える浅香唯、中山美穂「それぞれの幸せ」

アサ芸プラス / 2015年07月05日17時59分

そして、それぞれが記念アルバムを出し、ライブを行うなど、往年のファンとともにこれまで過ごした時間を振り返るイベントが話題になっている。 85年のデビュー組といえば、おニャン子クラブ、中山美穂、本田美奈子、斉藤由貴、南野陽子、浅香唯、芳本美代子、井森美幸、森口博子、佐野量子などなど。あるいは今なお活躍し、あるいは引退し、あるいは鬼門に入り‥‥。それぞれは今、 [全文を読む]

「自分はダメママ…」斉藤由貴の謙虚すぎるインタビューの真意とは?

アサ芸プラス / 2015年03月09日17時59分

3月11日には記念アルバム「ETERNITY」をリリースするなど、これからもファンを楽しませてくれそうだ。 [全文を読む]

フォーカス