奇行 広末涼子に関するニュース

芸能関係者がこっそり明かす、「奇行騒ぎを起こした芸能人」とは?

サイゾーウーマン / 2014年06月23日13時00分

過去にはタクシー無銭乗車の広末涼子、奇抜なファッションと言動を繰り返し話題になった鬼束ちひろなど、“奇行”に走る芸能人のウワサは後を絶たない。今回はそんな知られざる芸能人の“奇行事情”に迫る。 11年のNHK連続テレビ小説『カーネーション』でブレーク、戸田恵梨香との交際でも名を広く知らしめた綾野剛。彼は酒の席での奇行エピソードに事欠かないようだ。 「NHK [全文を読む]

奇跡レベル! 広末涼子の「透明感」がアラフォー三児の母とは思えない

messy / 2017年08月13日20時00分

同年7月には、当時の交際相手・金子賢と朝まで西麻布のクラブで遊び明かした後、当時撮影中だったドラマ『できちゃった結婚』(フジテレビ系)のロケ地・千葉県白浜町までタクシーで直行したが、4万円分も無賃乗車したことなど、相次ぐ「奇行」が報じられた。 広末は、2013年7月放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演した際に「今だから言うけど、辞めたくて辞めたくて [全文を読む]

石原真理子が万引き! 広末涼子や秋吉久美子…「プッツン女優」と呼ばれた女たちの奇行

サイゾーウーマン / 2017年07月30日15時00分

さらに同年は仕事のドタキャンも報じられており、『奇行が目立つ』『情緒不安定』といった声が上がっていました」(同) また女優の中には、活動休止中の奇行が取り沙汰されている人物も。藤谷美和子は、芸能界で活躍していた当時からプッツン女優と言われていたが、その行動は活動停止中の現在も発揮されているようだ。 「藤谷は12年に、神奈川県小田原市で徘徊生活を行っていると [全文を読む]

広末涼子、「デキ婚」「奇行」「不貞」すら帳消しにしたアッパレな“透明感”

アサ芸プラス / 2016年06月22日05時59分

「01年放送のドラマ『できちゃった結婚』(フジテレビ系)の収録時には、ロケ現場までのタクシー無賃乗車や共演者を待たせてまで携帯電話で話し続けるなどの奇行が報道され、03年には早稲田大学を退学。その2カ月後には噂の多いモデルの岡沢高宏とデキ婚するも08年に離婚。10年にはキャンドルアーティストのCandle JUNEとデキちゃった再婚し、15年1月末には俳優 [全文を読む]


忽那汐里の深夜奇行に“広末涼子の悪夢”再び? ショーケンと親子役で「感化されないか心配!」

messy / 2016年01月19日16時00分

地面に座り込み、足首にテーピングを巻き始めたり、『携帯の電波が入らな〜い』と叫びながら走り回ったり、食堂で歌い出すなど奇行に走る姿を目撃され、当時の広末ファンにショックを与えると共に、『本当に酔っ払ってただけ?』『変なクスリじゃないよね?』などといった疑惑まで浮上していた。「広末はちょうど同時期、主演したフランス映画『WASABI』の記者会見で突然号泣する [全文を読む]

路上へたり込みの元SMAP・草なぎ剛だけじゃない! 芸能人のギョーテン“奇行”事件簿

日刊サイゾー / 2017年05月24日11時00分

元SMAPの草なぎ剛の“奇行”を、5月19日発売の「フライデー」(講談社)が報じた。同誌はラフな服装でキャップをかぶった草なぎが子犬を連れ、大通り沿いの歩道に足を投げ出してへたり込んでいる姿を掲載。通行人は草なぎと気づいていない様子で、主婦はよけて通り、自転車に乗った少年は心配そうに背中をのぞき込んでいたという。 「草なぎは涙をぬぐいながら子犬を抱き上げて [全文を読む]

広末涼子、顔が「リアルに劣化」? 現場マスコミがこぞって酷評、透明感の裏側がヤバい

tocana / 2016年12月19日09時00分

人気絶頂だった20代はじめに報じられた奇行をはじめ、2度のデキ婚など、私生活では波瀾万丈な広末。この日のイベントでは透明感の裏側にあるマイペースさを垣間見せた格好になってしまったようだが、年齢を重ねてなおも輝くその独特の空気感を今後もたっぷりと披露してもらいたいものだ。 ※朗読CD『鉄道員(ぽっぽや)』e-Spirit Booksより [全文を読む]

能年玲奈、女優復帰の道は広末涼子がお手本に? エキセントリックなイメージをどう活かすか

リアルサウンド / 2016年07月14日06時10分

広末涼子も一時期は、奇行が目立つとの報道が相次いだものの、そのイメージもキャラとして利用して、現在はミステリアスな色気もある女優として活躍しています。芸能界にはお手本となるようなキャリアを積んでいる女優がたくさんいるので、彼女たちのようにうまく立ち回ってほしいですね。個人的には、前クールのドラマの中でも好評だった『重版出来!』の主人公のような、元気で真っ直 [全文を読む]

伊勢谷友介は奇行好き? シャブ中は必ずスベる? 岡本夏生は大丈夫?……芸能界“不安”な人々

日刊サイゾー / 2016年04月16日13時00分

六本木で奇行するタイプの女のコが好きなのかな? 吉川ひなのも奇行してそうだし。記者F 失礼ですよ! それにしても、ハナエモリの孫と山本寛斎の異母弟が付き合ってるわけですから、超セレブカップルですよね。デスクT そうだね。着る物には困らないだろうね。記者F そういうもんですかね。記者F それにしても、また覚せい剤で芸能人が逮捕ですよ。しかも今週は2人も。デス [全文を読む]

広末涼子・内田有紀“初共演”の陰で……消えた90年代アイドル女優たちの今「北浦共笑、井出薫は?」

日刊サイゾー / 2015年11月19日09時00分

その後、01年には「FRIDAY」(講談社)に“プッツン奇行”が報じられ“肉を食べると性欲が増すため、肉禁止令が出た”と、まことしやかな報道がなされたこともある。 それでも現在の活躍を見る限り、2人とも女優として大成しているといえるだろう。一方で、90年代には “ポスト内田有紀”“ポスト広末涼子”を待望されながら、そのまま消えてしまったアイドル女優たちも多 [全文を読む]

テレビ出演のたび“ドS・DV疑惑”再燃の伊勢谷友介 「オラつき」ながら語る「地球の未来」が胡散臭すぎ!?

日刊サイゾー / 2015年11月11日17時00分

彼と交際した広末涼子にしても長澤まさみにしても、そろって奇行に走っている様子が報じられています。もともと理屈っぽい伊勢谷が求めるのは、理知的で議論のできる女性ですが、なかなかお眼鏡にかなう恋人ができず、イラついた末での暴力と見る向きもあります。DVは別として、彼が典型的な“Sキャラ”であるのは間違いなく、テレビでも時折その性格が垣間見え、視聴者に悪寒が走る [全文を読む]

第3子出産の広末涼子、年内に“大どんでん返し”を狙う!?

アサ芸プラス / 2015年08月05日17時59分

結婚前には“奇行”が注目されたこともあった広末だけに、大いにあり得る話だ。今後の動向が気になるところである。(村上トマト) [全文を読む]

上戸彩“不倫ドラマ”『昼顔』ギャラは破格の1本300万円! オファー蹴った長澤まさみと明暗くっきり

日刊サイゾー / 2014年07月17日13時00分

最近では奇行ばかりが報道され、皮肉にも昔、伊勢谷と別れた広末涼子が、夜中に徘徊したり、奇行に走ったりしていたが、今の長澤は当時の広末と同じ状態だ。伊勢谷という男、罪作りな男だ。 (文=本多圭) ※画像は『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』フジテレビ [全文を読む]

広末涼子、9歳年下の佐藤健と「割り切り不倫」か…女性誌が“通い愛”報じる

メンズサイゾー / 2014年02月27日17時03分

一時は奇行や派手な夜遊びが伝えられていた広末だが、キャンドル氏と結婚してからは落ち着いたといわれていた。それがなぜ、9歳年下オトコとの「通い不倫」などという事態になってしまったのだろうか。「震災発生以降、キャンドル氏は復興支援活動に従事しており、1年の半分以上は東京におらず半別居状態。ほとんどボランティアなので収入はスズメの涙ほどしかなく、広末が2人の子 [全文を読む]

広末涼子、佐藤健との不倫通い愛で猛バッシング…キャンドルに罪はないのか

messy / 2014年02月27日16時00分

過去にも広末は“焼き肉を食べるとセックスしたくてたまらなくなる”というウワサがあったり奇行を報じられたりと、透明感ある美貌とは裏腹に旺盛な性欲の持ち主というイメージが強い。今回も結婚からわずか3年で夫に飽きて若い男に走ったのか――という下衆な勘繰りをされているが……なぜ彼女は夫ではない男と逢瀬を重ねるようになったのだろうか? キャンドル・ジュンは11年の [全文を読む]

広末涼子主演ドラマで「しでかした」!? 最終回6.9%の大惨敗

メンズサイゾー / 2013年09月13日22時00分

休業までには数々の「奇行」がウワサされ、ゴシップ誌を賑わした。 そんな広末だったが、『スターマン』の番宣のため堤幸彦と対談した7月7日の『ボクらの時代』(フジテレビ系)では、「黒歴史」と化した休業当時のことを堤に尋ねられ、「今だから言うけど、やめたくてやめたくて…」とこぼしていた。「黒歴史独白」までして臨んだドラマだったのだが…。 「このドラマの『ママが、 [全文を読む]

広末涼子、「フルヌード解禁」「夫のキャンドル営業」報道に、「切なすぎる」の声

サイゾーウーマン / 2013年08月11日14時00分

多くのマスコミ関係者は、『どうせすぐ離婚するだろうから』とプライベートを取材しなくなっていたので、今回の報道は意外でした」(ワイドショーデスク) 度重なる奇行や2度の“デキ婚”といった不遇の時代を経て、広末は現在、なんともたくましく一家の大黒柱として頑張っているようだ。しかし、一家のために全力で“稼ぎ”に走る妻を、夫はどう見ているのだろうか? [全文を読む]

広末涼子“赤裸々インタビュー”の裏で自叙伝を執筆中!?「過去の肉体関係も暴露……」

日刊サイゾー / 2016年07月01日11時00分

実際、結婚の数年前には奇行ぶりが目立っていた。 「フランスの鬼才、リュック・ベッソンが手掛けた映画『WASABI』の製作会見で、500人の記者の前で突如、号泣。ドコモのCM撮影の公開取材を、『精神的に不安定なため』という理由でドタキャンしたこともありました。自己推薦入試で入った早稲田大学は、ほとんど授業に出ないまま自主退学。ほかにもタクシーで150キロの距 [全文を読む]

広末涼子が「育児放棄バッシング」に大反論! 紗栄子、辻希美、スザンヌら芸能人ママ攻撃にひそむ歪んだ“母性神話“

リテラ / 2016年06月26日20時00分

それは、数々の奇行やスキャンダルが報じられてきた広末が、これまでのプライベートや過去に言及しているからだ。例えば2008年、23歳のときに「デキ婚」したことついて、広末は"確信犯"だったと告白している。「ホントに、仕事を辞めたくて仕方がなかったです。もちろん結婚なんて許されていない時だったので、そこへの反発は大きかったし、正直、確信犯ですよね。出来ちゃっ [全文を読む]

フォーカス