高校 神田沙也加に関するニュース

神田沙也加の結婚で今どきな女のコたちが考える「やっぱり親に認められたい?」

週プレNEWS / 2017年05月16日17時00分

でも、高校や大学受験の時や何か新しいことを始める時も、普段の生活の中で親にあまりうるさく言われたことがありません。いつも『好きなことをやりな』と言われてきました。自由にさせてもらった分、何事も妥協せず、親に頑張りを認めてもらってきたので、結婚もそうだったらって」(美咲ちゃん・中央大学2年・20歳) 「私は親から認められたいです! しかし、すべてを認められた [全文を読む]

松田聖子VS神田沙也加 電撃結婚でバレた「母娘修羅14年」(2)「ジェフをパパと呼びなさい」

アサ芸プラス / 2017年05月13日17時57分

高校を出たばかりで稼ぎの少ない沙也加には最もつらい事件でした。“兵糧攻め”にあって生活に困窮した沙也加は結局、白旗を揚げてギタリストと別れた。聖子にわびを入れて母のもとに戻ることになったんです」(芸能デスク) その後、ディナーショーで共演し、11年には紅白でともに歌ったが、「完全にビジネスパートナーだった」との声まで聞こえるのだ。 [全文を読む]

表参道高校 「愛の歌」は香川家をつなぐ運命の曲?

Smartザテレビジョン / 2015年09月25日10時00分

「合唱」をテーマに王道な“青春ストーリー”を展開してきたドラマ「表参道高校合唱部!」(毎週金曜夜10:00-10:54TBS系)が9月25日(金)の放送で最終話を迎える。 これまでのストーリーでは、主人公・真琴(芳根京子)に幾度となくハプニングが起きてきたが、彼女は持ち前の前向きな性格で次々と乗り越えてきた。 しかし最終回では、そんな真琴の頑張りも報われず [全文を読む]

「表参道高校」第2話 “歌の力”で元部員を呼び戻せ

Smartザテレビジョン / 2015年07月24日10時00分

7月17日に放送されたドラマ「表参道高校合唱部!」(TBS系)の第1話では、香川真琴(芳根京子)をはじめとする合唱部のメンバーがJUDY AND MARYの名曲「Over Drive」を披露。合唱部を存続させるため、懸命に部員集めに力を注ぐ合唱部の姿を描かれた。 【第2話】合唱部を存続させるために部員を集めなければならない真琴は、懸命に勧誘を続けていた。そ [全文を読む]

神田沙也加 城田優に連ドラでのデュエット計画を暴露される

NEWSポストセブン / 2015年07月13日16時00分

7月17日にスタートする金曜ドラマ『表参道高校合唱部!』(TBS系)の発表会に音楽教師役の城田優をはじめ、主要キャストが集結した。このドラマは、合唱が大好きな転校生の香川真琴(芳根京子)が、廃部寸前の合唱部をたて直し、歌の力でミラクルを起こすという青春ストーリー。 メインキャストの高校生たちは、1000人以上集まったオーディションで選抜された次世代スターと [全文を読む]

沙也加「毎日カップやきそばの時期も」聖子の呪縛を逃れるまで

WEB女性自身 / 2014年08月29日07時00分

高校を卒業するとひとり暮らしを始め、12歳年上の離婚歴のあるギタリストと交際した。心配した聖子と大ゲンカし、近隣住民から警察を呼ばれた、との報道もあった。沙也加が出した結論は休養だった。’05年から1年半休んで、ニューヨークやロンドンで舞台を観て学んだ。「活動休止中に出した結論が、母・松田聖子とは違う道を歩むということでした。以後、彼女はミュージカルや舞 [全文を読む]

松田聖子 娘・神田沙也加の“大切な日”にはいつも不在だった

WEB女性自身 / 2017年05月10日06時00分

学校行事に聖子さんが来ることはほとんどなく、高校の卒業式にすらマネージャーが代わりに出席していたのです」(前出・芸能関係者) 娘の 大事な日 には、いつもいない母・聖子。 3月21日、沙也加の主演舞台『キューティ・ブロンド』の初日にかけつけた伯父夫妻の姿を本誌は目撃している。終演後には沙也加と一緒に食事を楽しんでいたが、ここにも聖子の姿はなかった。そして同 [全文を読む]

天才テリー伊藤対談「港カヲル(皆川猿時)」(1)デュエット相手とまだ会ってません

アサ芸プラス / 2017年02月14日12時57分

特に2013年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で北三陸高校潜水土木科の教師・磯野心平役を演じ、注目を集めた。「あまちゃん」などで知られる俳優・皆川猿時のもう1つの顔、それがパンクコントバンド「グループ魂」のメインMC「永遠の46歳」港カヲルだ。今回、本当に46歳となったことを記念して、ソロアルバムを発売。その勢いで、ド派手な衣裳とともに天才テリーの前に [全文を読む]

高畑裕太、再上陸の可能性

NewsCafe / 2016年10月06日09時45分

裕太は千葉・木更津にある暁星国際高校時代に野球部にいて、勉強もほとんどできず、英語ももちろんできなかった…」 デスク「だから、留学なんて無理だろ?」 記者「いやそうでもないですよ。あの高校は、ミスターこと長嶋茂雄元巨人軍監督(80)の次男で元レースドライバーの長島正興(46)や松田聖子(54)の娘の神田沙也加(30)も中学に一時籍を置き、さらには芸能界のド [全文を読む]

神田沙也加がバイト経験の告白で好感度上昇中「したたかさは聖子超え」との声も

日刊サイゾー / 2015年02月07日09時00分

高校卒業後の1年半にわたって芸能活動を休止し、その間に懐石料理店でアルバイトをしていたことを明かした。働いて賃金をもらうという労働の実感を得ることが目的だったといい、ネット上では「親の七光りだと思ってたけど印象が変わった」「本当にしっかりしてるな」など沙也加を称賛する声が上がっている。また昨年8月には、活動休止に激怒した聖子に給料を凍結され、毎日カップ焼き [全文を読む]

神田沙也加「許せない…」初著書から外した母・聖子の写真

WEB女性自身 / 2015年01月28日06時00分

最初は高校までエスカレーター式の学校に通う予定だったんです。でも入学ギリギリになって、親が海外を拠点として仕事をすることになって……》(『Dolly girl』より) 沙也加が中学進学時期を迎えたのは99年4月。その前年に、聖子は6歳年下の歯科医と再婚していた。もともと沙也加は中高一貫の私立校・M学園への入学手続きを済ませていたのだが、4月から聖子がハリウ [全文を読む]

松田聖子 恩人の通夜に娘・沙也加を同伴させた深いワケ

WEB女性自身 / 2013年06月06日07時00分

しかし、父親が芸能界入りに大反対していると聞いた相澤さんは、「高校卒業してからいらっしゃい」と聖子に告げる。「いったん、実家に帰ったものの聖子さんはまた翌月に上京し、歌手への夢を直訴しました。その熱意に根負けした相澤さんは、自宅の寮にあずかることを決めたのです。反対していた父親も“一子さんが一緒に住むなら”と芸能界デビューを認めました。聖子さんの夢を理解し [全文を読む]

フォーカス