坂本昌行 草なぎ剛に関するニュース

V6坂本、SMAPにもTOKIOにも参加していた!?

日刊大衆 / 2017年02月09日19時00分

1月11日に放送されたTOKIOのレギュラー番組『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に、V6の“トニセン”メンバー、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦がゲスト出演。本人たちの記憶をたどりながら、事務所への入所順を年表にし、当時の思い出を語った。 V6長野は1986年の4月に入所。その一カ月後に元光GENJIの佐藤アツヒロ、さらに7月にTOKIO城島茂が入所したと [全文を読む]

さよなら、SMAP「6人の絆」で築いた栄光ストーリー(1)中居があわや光GENJI入り!?

アサジョ / 2017年03月04日06時00分

メンバーは常に流動的で、ピーク時は20人に達し、TOKIO・国分太一、V6・坂本昌行のほか、かつてJr.だった俳優の反町隆史も在籍していた。 そこから、森且行を含めた6人がSMAPになり、91年9月、「CANT’STOP!!-LOVING-」で歌手デビュー。東京・西武園で開催されたデビューイベントには、台風15号が接近するなか、1万5000人が集結している [全文を読む]

中居正広が「ジャニーズで一番」と絶賛するグループとは

日刊大衆 / 2016年11月21日12時00分

デビュー前に芸能界を引退した岩佐克次や、TOKIO国分太一、V6坂本昌行なども、一度はSMAPに参加していた。 同じように、光GENJIにも幻のメンバーがいた。光GENJIのルーツは87年にジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長が、家出中の諸星和己をスカウトして、入寮させたことに始まる。直後に誕生したユニットが、「ライト・イン・シャドウ」だ。光GENJIの誕 [全文を読む]

12枚目シングルで初の1位獲得…数字で見るSMAPの偉業・後編

WEB女性自身 / 2016年11月18日17時00分

その中には現「TOKIO」の国分太一や、現「V6」の坂本昌行といった名前も。この12人から選抜された6人でSMAPは結成された。 ■最初の紅白歌合戦では白組の「2番手」での登場だった! 91年の『第42回NHK紅白歌合戦』にデビュー曲の『Can t Stop!! -LOVING-』で初登場したSMAP。後に歴代3位の大トリ6回を務めるスーパーグループも、こ [全文を読む]

国分太一が「SMAP解散」に踏み込んだ発言をしてしまうある理由とは?

アサジョ / 2016年10月04日09時58分

「この頃は国分と現V6・坂本昌行くんもまた、SMAPの正規メンバーの候補に挙がっていたんです」(前出・アイドル誌編集者) 結局、ジャニー社長の審美眼にかなったのは木村拓哉、中居正広、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾、森且行(脱退)の6人だったが‥‥。現在の国分が「白熱ライブ ビビット」(TBS系)のなかで「SMAP解散騒動」について踏み込んだ発言をするのも、「 [全文を読む]

元Hey!Say!JUMP・森本龍太郎は、なぜ復帰できた? ジャニーズ“不祥事”出戻り列伝

日刊サイゾー / 2016年05月03日12時00分

V6のリーダーである坂本昌行は、デビューが24歳と遅く、一時期事務所を離れて広告代理店でサラリーマンをしていたこともあります。さらに、受験勉強で一時的に事務所を離れるメンバーもいます。ほとんどは戻ってきますが、そのままいなくなる場合もありますね」(同) 芸能界の道は厳しいということなのだろうか。それでも先ごろ解散騒動に揺れたSMAPでは、2009年に公園で [全文を読む]

フォーカス