内田篤人 松本潤に関するニュース

webサイト「ザテレビジョン」の【視聴熱】7/31-8/6ウィークリーランキング メンバー卒業の乃木坂46、劇場版公開の「仮面ライダー」「キュウレンジャー」が上位に!

PR TIMES / 2017年08月08日00時35分

第2位 嵐(179,442pt)…8月3日の「VS嵐」(フジ系)では、内田篤人選手が国内、海外で活躍するサッカー選手を率いた「内田篤人軍団」とサッカー対決を行い、結果は「内田篤人軍団」が勝利。また、5日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)では、「物まねがまったくできない」というゲストのイモトアヤコに対し、松本潤がボビー・オロゴンのマネを伝授した。また、 [全文を読む]

サッカー内田篤人「ゾンビアクション対決」で松本に敗ける!

J-CASTテレビウォッチ / 2017年07月25日15時30分

「嵐にしやがれ」(2017年7月22日よる9時~・日本テレビ系) 「松本潤のTHIS IS MJ」コーナーの挑戦者はプロサッカー選手・内田篤人。はるばるドイツから帰国、嵐・松本潤に挑戦状を叩きつけた。内田が「僕、娘が生まれまして、娘が大きくなったら嵐のファンになるだろうと。その時にMJに勝ったと、パパは勝ったんだと、そう伝えたい一心です」と挑戦理由を明かす [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】ももクロ・百田夏菜子、嵐・松本潤に率直な感想「なんなんだろうこの人?」

TechinsightJapan / 2017年07月23日19時03分

“松本潤のTHIS IS MJ”ではプロサッカー選手・内田篤人が「娘が成長して嵐のファンになった時に“パパは嵐に勝った”と自慢したい」とドイツからやって来た。身体能力が試される競技3番勝負「直径3m重さ10kgの巨大フラフープ対決」「“ウーロンジャオズウ”という中国武術の技でカッコ良く起き上がるアクション対決」「いざというとき女子を助けるゾンビアクション [全文を読む]

松本潤がキムタクにダブルスコアで勝利の「抱かれたい男2015」に異議あり!?

アサ芸プラス / 2015年11月24日09時59分

1位 松本潤 797票2位 木村拓哉 361票3位 五郎丸歩 287票4位 斎藤工 230票5位 山下智久 198票6位 羽生結弦 97票7位 内田篤人 92票8位 錦織圭 89票9位 福山雅治 78票10位 櫻井翔 64票「松本に関しては、『彫りの深い顔』や『メンバーとじゃれあっているときの可愛さ』などがその理由としてあげられていますが、松本は前からそん [全文を読む]

嵐・松本潤に浮上した「スタッフの厚意を無にする冷たい男」疑惑!

アサ芸プラス / 2017年07月27日05時58分

毎回ゲストが様々な形で松本に挑戦するこのコーナーは「クールでカッコイイ松本が見られる」とファンの人気が高いが、今回はドイツで活躍するプロサッカー選手の内田篤人が挑戦。娘に嵐に勝ったと自慢したい一心での出演だという。「内田はアイドル真っ青のイケメンサッカー選手で、ゲストのももいろクローバーZのメンバーは嵐そっちのけで『カッコイー』を連発してキャーキャー騒ぎ [全文を読む]

内田篤人「嵐に勝っていいところを見せたい」

ザテレビジョン / 2017年07月23日11時00分

7月22日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)に、サッカー選手の内田篤人が登場。松本潤と身体能力を使う3本勝負の対決をする。 内田は番組出演の理由を、成長して嵐のファンになるであろう娘に、嵐に勝っていいところを見せたいからと明かす。「勝って、(番組を)永久保存版で家宝にします」と言う内田に、松本は「この番組は家宝になんかならないぞ!」とツッコミを入れる。 [全文を読む]

キスマイ玉森は“ポロリ”のまま撮影!?「anan」でヌードを披露したイケメンたち

dmenu映画 / 2017年09月02日07時00分

旬のタレントだけでなく、メジャーリーガーのダルビッシュ有や、サッカー元日本代表の内田篤人などイケメンスポーツ選手が登場し、見事な肉体を披露したこともある「anan」。今後も、どんなイケメンが脱いでくれるか期待したい。 (文/河村綾香) [全文を読む]

堂本光一、14歳のころは「首すわってないもん」

ザテレビジョン / 2017年07月16日11時00分

ゲストにももいろクローバーZ、サッカー選手の内田篤人が登場する。 [全文を読む]

真矢ミキ、高橋一生グラビアに不満「脱がないでほしかった」

日刊大衆 / 2017年03月08日18時05分

「これまでにも『an・an』では、嵐の松本潤(33)や松坂桃李(28)、サッカー日本代表の内田篤人(28)など、旬の男性がセクシーな肉体を披露してきました。この特集が組まれた号は、いつも通常の数倍は売れるといいます。今回も書店では品薄が目立ってましたから、相当な売れ行きでしょうね」(女性誌編集者) そんな高橋フィーバーに一石を投じたのが、女優の真矢ミキ( [全文を読む]

フォーカス