青山学院大学 箱根駅伝に関するニュース

「箱根駅伝」優勝候補、青学監督は元トップ営業マン! 異色の指導法とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年01月01日15時00分

2位に大差をつけて往路初優勝を果たし、復路もトップを独走して初めての総合優勝を掴みとったのは、青山学院大学だ。その後も2015年10月に開催された出雲駅伝で優勝を果たし、今年も優勝本命校として注目されている。そんな青山学院大学は、この1年で一気に「駅伝の強い学校」というイメージを世間に植えつけた。 【詳しくはこちら】ダ・ヴィンチニュースへ この大躍進の裏 [全文を読む]

<箱根駅伝>青山学院大学・原晋監督にみる「若い人をその気にさせる伝え方」

メディアゴン / 2017年01月09日07時30分

さて、そんな箱根駅伝、今年の優勝は昨年・一昨年に引き続き、青山学院大学でした。3連覇したとは言え、青山学院大学の箱根駅伝と言われても、「ここ2、3年で突如躍進してきた」と感じている人は多いのではないでしょうか。そこで今、注目を集めているのが、原晋監督の存在です。原監督は、自身が就任した2004年当時は出場権すら手に入れられなかった弱小チームを、廃部の危機も [全文を読む]

藤木直人×青学陸上部長距離ブロック 原晋監督&来年の箱根駅伝のキーマン!ワクワク大作戦・ハッピー大作戦に続く今年のキーワードは…

PR TIMES / 2016年11月09日14時38分

青山学院大学学園祭「青山祭」で公開収録! 『TOYOTA Athlete Beat』 11月12日・19日(土)10:00~10:50放送 TOKYO FMのスポーツ×音楽プログラム『TOYOTA Athlete Beat』(毎週土曜日10:00~10:50/JFN系全国38局ネット)では、10月30日(日)に青山学院大学学園祭「青山祭」で番組公開収録を行 [全文を読む]

特別インタビュー“青山学院大・原晋監督”「ハッピー指数大作戦で箱根を連覇する!」(1)悔しさで本気度がアップする

アサ芸プラス / 2016年01月02日09時56分

独特の「青トレ」なる手法で学生駅伝史上最強の選手層を誇る青山学院大学。強さの秘密は「新・山の神」の存在にばかりあるのではない。当然のように箱根駅伝優勝候補筆頭にあげられる中、「連覇」に向けて指揮官が語った秘策とは──。「青学史上最強ではなく、学生史上最強チームだと思います」 11月1日の全日本大学駅伝の直前、青山学院大の原晋監督(48)は、自チームをそう称 [全文を読む]

箱根路をラブライバー、ガルパンオタが駆ける!? やっぱり今年もいる「箱根駅伝」の“オタク選手”たち

おたぽる / 2015年12月03日20時00分

昨年王者の青山学院大学をはじめ、強豪の駒沢大学に東洋大学といった出場大学の襷リレーは毎年注目を集めるが、その裏で、一部選手の“とある面”が話題になっているのはご存知だろうか。「東洋大学の柏原竜二(現・富士通)」と聞けば、2009年~12年に山道の5区で見事な走りを見せた“山の神”だが、実は彼、アニメなどが好きな“オタク”と有名。また、現在柏原と共に富士通陸 [全文を読む]

明石家さんまを、恐怖で泣かせた“意外な相手”とは!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月01日11時00分

スタジオゲストでもある、箱根駅伝で3連覇を達成した青山学院大学陸上部の原晋監督や、モデルから動物園園長になった女性の転職エピソードを紹介。原晋監督は36歳の時に、年収800万円のトップ営業マンだった地位を捨て、3年契約の嘱託職員として青山学院大学陸上部の監督に転職。実績を残さなければクビになってしまうという不安定な転職をした原監督にさんまは、「よく、駅伝に [全文を読む]

上司こそ学べ! 原晋監督はなぜ学生の心を掴むことができるのか

プレジデントオンライン / 2017年03月26日11時15分

今年のレースでは青山学院大学(以下、青学)が圧倒的な強さで優勝し、見事3連覇を達成しました。そんな青学を率いる原晋監督の指導方法は、体育会系部活動に残る旧態依然とした練習内容とは一線を画しています。 原監督は10年間ほどサラリーマンの経験があり、「伝説の営業マン」と呼ばれるほどの成功をおさめた人物。その経験を駅伝に活かしており、「ビジネスも駅伝も同じ」と言 [全文を読む]

『勝ち続ける理由』原 晋著

プレジデントオンライン / 2017年03月19日11時15分

今年1月2日、3日に開催された第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)で、青山学院大学は往路、復路ともに制し、3年連続3度目の総合優勝を果たした。昨年10月の出雲全日本大学選抜駅伝優勝、11月の全日本大学駅伝優勝と合わせて大学駅伝3冠の達成だ。 青山学院大学はほんの7、8年前までは強豪校から程遠い存在だった。2009年、33年ぶりに箱根駅伝に出場した [全文を読む]

青山学院大学 駅伝好調もスポーツ新聞「青スポ」は存続危機

NEWSポストセブン / 2017年03月12日16時00分

そのなかに、箱根駅伝3連覇、大学駅伝3冠王を成し遂げた駅伝チームで知られる青山学院大学の『青山スポーツ』がある。4月発行予定の新入生歓迎号の準備はすすめているものの、昨年12月の箱根駅伝を特集した第63号を最後に、年4回の定期発行が難しい状態だ。 大学スポーツ新聞とは、学生が同じ大学や学生スポーツ選手を取材し、記事を執筆、編集して発行しているスポーツ新聞の [全文を読む]

座りっぱなしはツラい!青学トレーナーに学ぶ、仕事をラクにするレシプロストレッチ

@Press / 2016年02月16日11時00分

会員数20万人を抱える国内最大級のオンライン動画学習サービス『schoo WEB-campus』を運営している株式会社スクー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森 健志郎、以下スクー)は、青山学院大学フィットネスセンタートレーナーの萩原聖人氏を先生として招き、仕事をしながらでもできる効果的なストレッチ方法をご紹介します。授業URL:https://schoo [全文を読む]

箱根のガルパニストが公約通り“あんこう踊り”を踊る! なぜか『弱ペダ』ファンも大興奮した「箱根駅伝」をオタク的に振り返る

おたぽる / 2016年01月04日21時00分

青山学院大学が2年連続2度目の総合優勝を飾った第92回「東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)」(1月2・3日)。青学の1区からの独走もさることながら、熾烈な10位までのシード権争い、無念の繰り上げスタートなどが注目を集める中、今年も“オタク選手”が箱根路を疾走し、ネット上は大盛り上がり! 以前、『箱根駅伝 2016 完全ガイド』(ベースボール・マガジン社 [全文を読む]

箱根駅伝を連覇、青学・原監督はレース中の檄もチャラかった! 駅伝選手と監督の名言集(ただし腐女子目線)

リテラ / 2016年01月03日14時00分

2016年、第92回の箱根駅伝は予想通り、青山学院大学が圧倒的な強さで連覇を果たした。1区から一度もトップを譲らない完璧な走りは、王者の風格。昨年の優勝がフロックでなかったことを証明したといえるだろう。 駅伝ではこれまでほとんど名前を知られていなかった青学がここ数年、急速に力をつけたのは、原晋監督の手腕におうところが大きい。 駅伝といえば、今でも根性論を前 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】篠田麻里子、青学大メンバーと記念撮影「完全優勝おめでとうございます」

TechinsightJapan / 2016年01月05日10時52分

選手たちが笑顔あり涙ありのドラマを見せる同大会は“年始の風物詩”となっているが、今年は青山学院大学が2連覇を達成、さらに往路・復路で1度も首位を譲らない“完全優勝”で大会を大いに盛り上げた。そんな青学大選手たちのもとを、タレントの篠田麻里子が訪問。大の駅伝好きという篠田との記念写真に、ファンからは羨望の眼差しが注がれた。 篠田は4日、自身のInstagra [全文を読む]

女子大生ファッションの聖地・青山学院に異変!「青学パーカー」が大ブーム

ソーシャルトレンドニュース / 2015年05月20日06時33分

渋谷と表参道の間に位置する青山学院大学の青山キャンパス。通学路にはヒカリエやマックスマーラなど第一線のファッションショップが建ち並ぶ。そんなファッションの聖地・青山の立地がオシャレさを育ませるのか、滝川クリステルや田中みな実といったおしゃれな有名人を輩出し続ける青山学院大学。青学生は、いつの時代も大学生ファッションの“中心”としてその地位を守り続けている、 [全文を読む]

「新・山の神」柏原竜二が現役引退 今後はオタ活に専念?

しらべぇ / 2017年04月03日14時30分

順天堂大学の今井正人、青山学院大学の神野大地、そして東洋大学の柏原竜二だ。その中のひとりで「新・山の神」と呼ばれた柏原が現役引退を発表し、衝撃が広がっている。■2016年で現役引退3日、柏原は自身のツイッター上で「私ごとではありますが、2016年度をもちまして現役を引退する事になりました」と発言。理由は今のところ公表されていないが、夕方には発表される模様。 [全文を読む]

日経BPコンサルティング調べ「大学ブランド・イメージ調査 2016-2017」(2016年8月実施)【首都圏編】大学ブランド力トップ3は、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学 「いま注目されている、旬である」大学に、青山学院大学

@Press / 2016年11月30日11時00分

・「いま注目されている、旬である」で青山学院大学が第1位。【調査結果データ】■《大学ブランド力》トップ3は、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学 首都圏の主要大学120校における「大学ブランド力」第1位は、87.5ポイントを獲得した東京大学(表1)。第2位は慶應義塾大学(82.0ポイント)、第3位には早稲田大学(81.9ポイント)が続いた。公立大学で最も高い [全文を読む]

藤木直人×日本マラソン界レジェンド・瀬古利彦!リオ男子マラソン直前SP 日本マラソン界に喝!4年後、東京で勝つには…?

PR TIMES / 2016年08月18日12時39分

そういった意味で今の青山学院大学は、いい流れを作っていますね。箱根駅伝からマラソンへと、選手をうまく育成していかないと」。 さらに、瀬古利彦が現役時代聴いていた曲、そして今気に入っている曲をチアアップソングとして紹介しました。「この曲はね、東京マラソンのゴール付近で毎年演奏しているんです。ビッグバンドを組んでね。教室にも通って、ドラムを習ってますよ。家内も [全文を読む]

書籍『一流はなぜ「シューズ」にこだわるのか』 - 青春出版社より8月上旬に発売開始 -

PR TIMES / 2016年08月09日10時31分

~箱根駅伝連覇の青山学院大学陸上部・原晋監督推薦! ~~野口みずき、高橋尚子、イチロー・・・をサポートしてきた世界一のシューズ職人、“伝説のシューフィッター”が教える、プロの「見えない努力」とは~ 書籍プロデュースやオウンドメディア、Webコンテンツの企画・制作を手がける株式会社タンクフル(本社:東京都港区赤坂)は、このほど青春出版社より、書籍『一流はなぜ [全文を読む]

「バイトル」一社提供『仲間』をテーマとしたミニ番組「バディーズ~私と大切な仲間たち~」4月14日(木)からフジテレビ系例で全国放送開始

PR TIMES / 2016年04月14日15時21分

初回放送は箱根駅伝2連覇を達成した 原晋青山学院大学陸上競技部監督の『仲間』に迫る! ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下 ディップ)が運営する日本最大級のアルバイト求人情報サイト「バイトル」(http://www.baitoru.com/)は、4月14日(木)から全国で放送開始するフジテレビ系列のミニ番組「バディー [全文を読む]

箱根連覇狙う青山学院大学 1万m28分台で走る選手が11人になる

NEWSポストセブン / 2015年12月02日07時00分

箱根駅伝まで、あと1か月。前回優勝の本命・青山学院大に、東洋大や駒澤大をはじめとするライバル校がどれだけ迫るのか。正月の本番を楽しむために、日本中のどこよりも陸上競技の現場を取材するウェブメディア「駅伝ニュース」の主宰者である、「公園橋博士」こと西本武司氏が最新情報をレポートする。 * * * 11月21日、慶應大日吉キャンパスの陸上競技場で開かれた「1万 [全文を読む]

フォーカス