青山学院大学 陸上部に関するニュース

藤木直人×青学陸上部長距離ブロック 原晋監督&来年の箱根駅伝のキーマン!ワクワク大作戦・ハッピー大作戦に続く今年のキーワードは…

PR TIMES / 2016年11月09日14時38分

青山学院大学学園祭「青山祭」で公開収録! 『TOYOTA Athlete Beat』 11月12日・19日(土)10:00~10:50放送 TOKYO FMのスポーツ×音楽プログラム『TOYOTA Athlete Beat』(毎週土曜日10:00~10:50/JFN系全国38局ネット)では、10月30日(日)に青山学院大学学園祭「青山祭」で番組公開収録を行 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】上田竜也、中国・少林寺ロケでJr.から“金メダル”贈られる

TechinsightJapan / 2017年02月05日16時06分

第1走者・100mは鈴木舜映(19)×青山学院大学・藤森安奈(22)、第2走者・200mは長妻怜央(18)×日本大学・エドバーイヨバ(19)、第3走者・300mは上田竜也(33)×東京学芸大学・安西この実(22)、第4走者・400mは初レースとなる諸星翔希(22)×立命館大学・木本彩葉(20)が走った。 結果は十分な差をつけて上田陸上部が勝利する。第1走者 [全文を読む]

明石家さんまを、恐怖で泣かせた“意外な相手”とは!?

Smartザテレビジョン / 2017年05月01日11時00分

スタジオゲストでもある、箱根駅伝で3連覇を達成した青山学院大学陸上部の原晋監督や、モデルから動物園園長になった女性の転職エピソードを紹介。原晋監督は36歳の時に、年収800万円のトップ営業マンだった地位を捨て、3年契約の嘱託職員として青山学院大学陸上部の監督に転職。実績を残さなければクビになってしまうという不安定な転職をした原監督にさんまは、「よく、駅伝に [全文を読む]

2016年度新社会人にはどのような育成戦略が必要なのか?!人材育成のアルー株式会社が、時勢・背景を分析し「新入社員育成のシナリオを描く」資料をリリース

@Press / 2015年09月18日10時30分

青山学院大学陸上部監督 原晋氏を迎えた対談の採録記事も掲載されており、読み応えのある冊子としてもご活用いただける資料になっております。 あわせて新人育成に関する情報提供の場として、無料セミナーが開催されます。 【教示資料に関して】 ■タイトル 新入社員育成のシナリオを描く ■内容 (1)alue message 「新人・若手領域の育成にかける想い」 (2 [全文を読む]

女子100m日本学生チャンピオン 藤森安奈がジュエリーを手掛けるAs-meエステールに入社 「ジュエリー・アスリート」誕生へ!

@Press / 2017年03月31日11時00分

As-meエステール株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:丸山雅史、以下 As-meエステール)は、現在青山学院大学陸上部に在籍する女子100m日本学生チャンピオンの藤森安奈(22)を2017年度の新入社員として採用しました。As-meエステール 公式URL: http://www.as-estelle.co.jp/藤森安奈 Facebook : [全文を読む]

箱根3連覇を支えた歴代のキーパーソンたちが湘南に集合。『青トレ』実演会&トークショー&握手会が開催!

PR TIMES / 2017年03月01日18時16分

フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一氏をメインゲストに、現在は実業団で活躍する“山の神”こと神野大地選手らが、3/4湘南T-SITEに!! 株式会社徳間書店(本社:東京都港区、代表取締役社長:平野 健一)は、青山学院大学陸上競技部監督・原晋氏とフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏による著書『青トレ 青学駅伝チームのスーパーストレッチ&バランスボー [全文を読む]

「サンキュー大作戦」で箱根駅伝3連覇を狙う! 営業サラリーマン出身、青学・原晋監督が言葉に込めた信念

PR TIMES / 2016年12月11日10時16分

昨日12月10日、第93回箱根駅伝記者発表が行われ、箱根駅伝3連覇がかかった青山学院大学の原晋監督から、注目の作戦名「サンキュー大作戦」が発表された。[画像1: http://prtimes.jp/i/11710/320/resize/d11710-320-829908-2.jpg ]2004年に同大学陸上競技部に就任した原監督は、その名も「ワクワク大作戦 [全文を読む]

10月29日(土)開催 第30回青山まつり 『青山ワールドスポーツパレード』

PR TIMES / 2016年10月21日11時52分

スポーツ界からも青山学院大学陸上部 原晋(はらすすむ)監督、リオデジャネイロパラリンピックの柔道100kg超級で銅メダルを獲得した正木健人(まさきけんと)選手、義足の短距離ランナーとして活躍中の高桑早生(たかくわさき)選手達や、東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクター・つば九郎がパレードに参加します。ぜひこの機会にご紹介のご検討を賜りたく、何卒よろし [全文を読む]

書籍『一流はなぜ「シューズ」にこだわるのか』 - 青春出版社より8月上旬に発売開始 -

PR TIMES / 2016年08月09日10時31分

~箱根駅伝連覇の青山学院大学陸上部・原晋監督推薦! ~~野口みずき、高橋尚子、イチロー・・・をサポートしてきた世界一のシューズ職人、“伝説のシューフィッター”が教える、プロの「見えない努力」とは~ 書籍プロデュースやオウンドメディア、Webコンテンツの企画・制作を手がける株式会社タンクフル(本社:東京都港区赤坂)は、このほど青春出版社より、書籍『一流はなぜ [全文を読む]

ユーモラスな言葉や笑顔が印象的な青学・原監督の「別の顔」

NEWSポストセブン / 2015年11月19日07時00分

やられたらやり返す──全日本大学駅伝(11月1日)で三冠を逃した直後から青山学院大学・原晋監督(48)の頭の中は、どうやって「復讐」を果たすかに切り替わっていることだろう。 東洋・駒澤による「青学潰し包囲網」との今シーズンの戦績は、出雲駅伝(10月)では青学大が勝ち、全日本は東洋大が制する“1勝1敗”の五分。その最終決戦となる箱根駅伝に向け、原監督は対外的 [全文を読む]

「今」意義のある講演ゲストをお迎えしてセミナー開催!グローバル&ダイバーシティ時代の育成シナリオ 特別講演ゲスト/元ソニー会長 出井 伸之氏、青学陸上部監督 原 晋氏、元良品計画会長 松井 忠三氏

@Press / 2015年06月03日11時00分

【セミナー概要】 <1日目>ラウンドテーブルセッション 日程:2015年6月16日 火曜日 時間:9:30~12:00(受付9:00~) 会場:WTCコンファレンスセンター38階マリーン/東京都港区浜松町2-4-1 ▼「経営者が実践すべき人材育成・理解すべき本質」 ゲスト: クオンタムリープ株式会社 代表取締役ファウンダー&CEO 出井 伸之氏 URL [全文を読む]

箱根駅伝優勝・青学陸上部支えた「寮母」 原監督妻の素顔

NEWSポストセブン / 2015年02月22日07時00分

今年の箱根駅伝で初の総合優勝を飾った青山学院大学陸上競技部。“番狂わせ”ともいわれる優勝を勝ち取ったのは“新・山の神”と呼ばれる神野大地選手たちの力の向上、そして“ワクワク大作戦”で選手たちの士気を高めた原晋監督の指導力の賜物でもある。だがもうひとり、その奇跡の優勝を支えた女性がいた――。 「奥さん、大根はひとり何個?」 「ねぇ、聞いてよ。今日さぁ…」 午 [全文を読む]

上司こそ学べ! 原晋監督はなぜ学生の心を掴むことができるのか

プレジデントオンライン / 2017年03月26日11時15分

今年のレースでは青山学院大学(以下、青学)が圧倒的な強さで優勝し、見事3連覇を達成しました。そんな青学を率いる原晋監督の指導方法は、体育会系部活動に残る旧態依然とした練習内容とは一線を画しています。 原監督は10年間ほどサラリーマンの経験があり、「伝説の営業マン」と呼ばれるほどの成功をおさめた人物。その経験を駅伝に活かしており、「ビジネスも駅伝も同じ」と言 [全文を読む]

青学大・箱根駅伝2連覇の影に「青トレ」! 勝つために必要な“新しい風“とは?

ヘルスプレス / 2016年01月11日19時56分

今年の「箱根駅伝」で青山学院大学が総合2連覇を飾った。往路に続き、復路も1位を走り続ける完全優勝だった。それだけではない、1977(昭和52)年の日体大以来39年ぶりに全10区間で1位を並べる快挙を遂げた。 この活躍の秘密は、2年前から導入した独自の体幹トレーニング「青トレ」だ。かつては青学大も「腹筋、背筋、腕立て」という古典的な陸上競技のトレーニングを行 [全文を読む]

箱根に男泣き“山の神”神野大地、2度の骨折から奇跡の復活!

WEB女性自身 / 2016年01月06日06時00分

第92回箱根駅伝の勝者は、戦前の予想どうり、圧巻の激走で連覇を果たした青山学院大学。スタートの1区から一度もトップを譲らない完全Vは、39年ぶり、史上6校めの快挙であった。 青学大の象徴でもある 山の神 神野大地は、中学時代は野球で汗を流した。 「野球はクラブチームだったので、部活動は陸上部に入りましたが、掛け持ちのため陸上の大会には出られなかったんです。 [全文を読む]

出版社11社合同「堂場瞬一の100冊」プロジェクト96冊目、堂場瞬一著『十字の記憶』を発売!著者サイン入り読者プレゼント企画もスタート!

PR TIMES / 2015年08月29日11時32分

青山学院大学国際政治経済学部卒業。2000年、『8年』で第13回小説すばる新人賞を受賞。主な著書に「アナザーフェイス」シリーズ、「警視庁追跡捜査係」シリーズ、「捜査一課・澤村慶司」シリーズのほか、『天国の罠』『警察回りの夏』『夏の雷音』など多数。[画像3: http://prtimes.jp/i/7006/1700/resize/d7006-1700-68 [全文を読む]

文藝春秋『NumberDo』を本格電子化!『体幹論―長友佑都が教える走れる体の作り方』電子版を雑誌と同時発売!

@Press / 2015年02月04日13時30分

他にも箱根駅伝で優勝した青山学院大学の陸上部のトレーナー、中野ジェームズ修一氏が語るトレーニング論など、「走れる体」を作るため必要な知識満載の内容です。 ■書誌情報 『NumberDo 体幹論―長友佑都が教える走れる体の作り方』 販売価格:700円(※電子書店により異なる場合があります) 発売日:2月2日(月) ※「Number Do」とは? 「Spor [全文を読む]

目指せ、2016年リオ五輪! 7人制ラグビー「サムライセブン」の挑戦

週プレNEWS / 2014年01月16日06時00分

●渡邊友太郎(青山学院大学・21歳) 昨季の東都大学リーグ首位打者。187cm、85kgというサイズながら、敏捷(びんしょう)性もある。大手商社への就職が内定していながらトライアウトに参加したのは、「友人に誘われたので」。 ●杉原雅俊(元ノジマ相模原ライズ・31歳) オンワード、オービックの所属時代、先発ランニングバックとして2度のアメフト日本一を経験。 [全文を読む]

フォーカス