ドナルド・トランプ 発言に関するニュース

日本文化は、世界の「グローバル化」が進めば進むほど高く評価される

まぐまぐニュース! / 2015年12月18日05時30分

アメリカ大統領候補の1人である、ドナルド・トランプ氏の発言が物議を醸し出しています。その発言は、「イスラム教徒の入国を禁止すべき」というものです。メルマガ「ニューヨークの遊び方」の著者・りばてぃさんが、その発言に対する問題点からわかる、「多様性の重要性」についてわかりやすく紹介しています。 トランプ発言で大騒ぎ 今週、アメリカでは、共和党内の大統領候補の1 [全文を読む]

アメリカ製日本憲法の真実 バイデン発言の波紋

Japan In-depth / 2016年08月21日18時00分

バイデン副大統領は8月15日、ペンシルベニア州での演説で共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏を批判する中であっさりと語った。「核保有国になれないとする日本の憲法を私たちが書いたことを彼(トランプ候補)は知らないのか」この発言は日本側ではとくに現行憲法を絶対に変えるなという陣営をとまどわせたようだ。朝日新聞などバイデン発言は「戦後の歴史を無視する」と書いた [全文を読む]

ドナルド・トランプ日本最大の理解者『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 著者:植山周一郎が最新ツィートに隠れた本音を分析「彼(トランプ)も(テロを)内心非常に恐れているのではないか」

DreamNews / 2017年01月12日12時00分

絶賛発売中の「予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる」の著者、植山周一郎氏が最新のドナル・トランプ氏の最新ツィートを翻訳、分析し発表しました。日本人で初めてドナルド・トランプ氏にロングインタビューし、バースディ・パーティにも出席した植山氏。過去2冊トランプ氏の書籍を翻訳、トランプ氏研究の第一人者です。大統領就任間近のドナルド・トランプ過激発言の [全文を読む]

もし日本のトップがトランプ氏だったら…JDたちの不安と意外な期待感とは?

週プレNEWS / 2016年11月15日16時00分

共和党のドナルド・トランプ氏が過半数を超える選挙人を獲得して民主党のヒラリークリントン候補を下し、次期大統領に内定しました。 事前の世論調査や大方の予想とは反するこの結果にアメリカ各地ではデモが発生し、大波乱の展開に…。日本国内の為替や株価にも大きく影響が出ましたが、JDたちはこの選挙結果をどう見ているのでしょうか? そこで今回のテーマは、ちょっと視点をず [全文を読む]

「アニメへの射精はトランプへの投票だ!」アメリカの次期大統領候補の支持者は「アニメ好きのHENTAI」ばかり!?

おたぽる / 2016年02月03日17時00分

先日アメリカで、政治コメンテーターのリック・ウィルソンがテレビ番組に出演した際、「ドナルド・トランプの支持者の大半は、アニメで自慰行為をする寂しい男たちだ」と発言し、物議を醸したようだ。これに対し日本のアニメファンからも批判の声が殺到するかと思いきや、「お前らの兄弟じゃねえか。トランプを応援だ!」となぜか盛り上がっている。 現在、米大統領選の共和党指名候補 [全文を読む]

人種差別大国・韓国、黒人に「君の顔は練炭と同じ色」 大物政治家のジョークが国内で波紋

Business Journal / 2015年12月28日06時00分

「イスラム教徒は入国拒否」「メキシコ移民はレイプ魔」など、人種差別的な発言を連発し、世界中で批判の的となっている米大統領候補のドナルド・トランプ氏。韓国では先日、そのトランプ氏顔負けの人種差別発言をしたとして、ある政治家が叩かれている。 【詳細画像はこちら】 http://biz-journal.jp/2015/12/post_13060.html その人 [全文を読む]

ドナルド・トランプに外見劣化をディスられたハイディ・クルム、おもしろ動画で華麗な反撃

サイゾーウーマン / 2015年08月19日20時24分

歯に衣着せぬ発言で有権者たちの共感を集め、今や2016年米大統領選挙の共和党候補の中でトップの支持を得ているドナルド・トランプ。そんな彼のウィークポイントの1つが、女性に対する軽率な発言である。 8月6日にテレビで放送された共和党大統領候補による初の討論会では、女性司会者から過去に女性を蔑視する発言をしてきたと指摘されたが、宿敵の女性コメディアンヌ、ロージ [全文を読む]

ドナルド・トランプ、柳井正、孫正義……お金がバンバン貯まる「実践!大富豪の言葉」

プレジデントオンライン / 2017年03月07日09時15分

---------- データファイル▼ドナルド・トランプ 米大統領(雑誌掲載当時:トランプ・オーガナイゼーションCEO) 【名言】私は物事を大きく考えるのが好きだ(『トランプ自伝』より) 【総資産】4500億円(45億ドル)* 【年齢】70歳(1946年生まれ) 【出身地】ニューヨーク市クイーンズ 【父親】父・フレッドも不動産業を営む 【学歴】ペンシルベ [全文を読む]

【イタすぎるセレブ達】クリント・イーストウッド、米大統領選は「ドナルド・トランプに投票する」

TechinsightJapan / 2016年08月05日10時50分

このほどクリント・イーストウッド監督が人気誌のインタビューに応じ、米大統領選挙ではヒラリー・クリントン氏ではなく「ドナルド・トランプ氏に投票する」と語った。 歯に衣着せぬ発言や人種差別的かつ過激な発言で物議を醸しているドナルド・トランプ氏だが、クリント・イーストウッド監督は彼に投票する意向とのこと。このほど『Esquire』誌インタビューに応じたイーストウ [全文を読む]

トランプもクリントンも嫌われている…史上最悪の大統領選の背景にある米社会の変化とは?

週プレNEWS / 2016年06月16日10時00分

米大統領予備選挙は、共和党候補がドナルド・トランプ、民主党候補はヒラリー・クリントンにほぼ決定した。 なぜ、人種差別発言など過激な言動で物議を醸すトランプが圧倒的な支持を得るのか? なぜ、アメリカ初の女性大統領候補であるクリントンが苦戦しているのか? その根底にある米社会の変化とは? 「週プレ外国人記者クラブ」第36回は、『フォーブス』誌などに寄稿するアメ [全文を読む]

トランプは、ヨーロッパを不安にさせる「醜いアメリカ人」

ニューズウィーク日本版 / 2015年12月15日19時23分

2016年の大統領選挙に向け共和党候補の指名争いに参加している億万長者のドナルド・トランプは先日、「すべてのイスラム教徒のアメリカ入国を拒否すべきだ」と述べて、世界中で激しい怒りを買っている。 イギリスでは、トランプの入国禁止を求めて50万以上の人々が嘆願書に署名した。ヒラリー・クリントン前国務長官とディック・チェイニー元国防長官、ポール・ライアン下院議長 [全文を読む]

“ヒスパニックびいき”ジェブ・ブッシュ大統領候補「アンカーベイビー」発言に、在米韓国人が激怒!

日刊サイゾー / 2015年08月26日22時00分

加えて、米国内で生まれる赤ん坊に市民権を付与する制度が不法移民数の増加を助長しているとして、同法律の廃止を提案していたドナルド・トランプ大統領候補も、ここぞとばかりに競争相手であるブッシュ候補を非難し始めている。トランプ候補は自身のTwitterで「ブッシュ候補の発言はアジア系移民を傷付けた。アンカーベイビーという言葉を使ってしまった彼が、ヒスパニック系 [全文を読む]

リーマンショックを予言したソロスがトランプの失敗を確信する訳

まぐまぐニュース! / 2017年01月29日08時00分

トランプ氏で市場は低迷へ、政策は失敗すると確信=ソロス氏 ロイター 1/20(金)8:42配信 [19日 ロイター] 著名投資家ジョージ・ソロス氏は19日、ドナルド・トランプ次期米大統領の政策が不透明な点を考えると、世界の金融市場は今後低迷するとの見通しを示した。ソロス氏はブルームバーグに対して「現段階で不確実性の度合いは最高潮に達しており、こうした不確 [全文を読む]

乱世の始まり。トランプが口にし出した「ドルの毀損」という暴走

まぐまぐニュース! / 2017年01月23日04時45分

1月20日に就任の宣誓式も終え、遂に正式な米国大統領としての活動を始めたドナルド・トランプ氏。そんなトランプ大統領が今週発言した「我々のドルは強すぎる」という発言について、メルマガ『高城未来研究所「Future Report」』の著者・高城剛さんが注目しています。高城さんはこの発言から、「トランプ政権は必ずドルを毀損する戦略に出る」と断言。さらには、このド [全文を読む]

トランプ氏、F-35戦闘機計画に「高すぎる」と口撃 出費削減を示唆

sorae.jp / 2016年12月13日14時07分

大統領選に勝利したドナルド・トランプ氏は12日(現地時間)、Twitterにて「F-35プログラムとそのコストは制御不能になっている。(正式に大統領に就任する来年の)1月20日以降は、軍事関連やその他からの数十億ドルの出費を抑えるつもりだ」と語っているのです。 The F-35 program and cost is out of control. Bil [全文を読む]

「メディアはトランプ報道をしくじった」:メディアウォッチャーのマイケル・ウルフ氏

DIGIDAY[日本版] / 2016年11月30日20時14分

ドナルド・トランプ次期大統領の誕生に対して、メディアが無力に感じているいま、長らくメディアウォッチャーとしてコラムを執筆してきたマイケル・ウルフ氏の評価は厳しい。米DIGIDAYのポッドキャストプログラムにおいて、「メディアはトランプ報道において何を間違えたか?」という質問に、同氏は「すべてだ」と答えた。 「文字通りすべてだ。予想、評価、そして、自分たちの [全文を読む]

「ドナルド・トランプの世界」を読み解く

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月17日15時50分

これから訪れる「ドナルド・トランプの世界」とはどんな世界か。「本当のドナルド・トランプ」とは何者か。「トランプ米大統領」という現実と、世界はどう向き合うべきなのか。 本誌は今週、その人物像から過激な「公約」集、経済政策や外交政策、ワシントン人事、過去の実績まで、トランプの世界を読み解くべく、52ページに及ぶ総力特集を組んだ。トランプの政策アドバイザーがア [全文を読む]

トランプ大統領の誕生 ノルウェーにもいる、静かなる支持者

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月16日20時50分

ドナルド・トランプ氏が次期米国大統領になるというニュースは、北欧ノルウェーにも大きな衝撃として駆け巡った。筆者は、仕事柄、ノルウェーの政治家や企業・団体の代表者を取材することが多い。結果、その後フェイスブックでつながることも多く、そのネットワークには報道陣、政治家や社会活動家、企業・団体の運営者たちがやけに集まっている。一般人の集まりというよりも、その代表 [全文を読む]

米大統領選 初討論会はクリントン氏圧勝

Japan In-depth / 2016年09月27日19時08分

一方、共和党大統領候補のドナルド・トランプ氏は民主党カラーである青のネクタイで登場。支持率が拮抗する中、お互い、5人に1人と言われる浮動票を狙おうという意図が如実に現れている。 このところ 体調問題が取り沙汰されたクリントン氏は、完璧なヘアメイクで、健康不安説を払拭。一方、選挙活動中は地方行脚で体重が増えて困ると訴えていたトランプ氏も、顎のあたりがすっきり [全文を読む]

世界に100以上存在する「ファクトチェック」サイトの現状:メディア信頼度を裏付ける第三の権威

DIGIDAY[日本版] / 2016年09月08日07時50分

「Tracking Obama’s Campaign Promises」というページではバラク・オバマ現大統領が掲げた公約をどれだけ守っているのか、「Donald Trump’s file」というページではドナルド・トランプ次期大統領候補の発言の真偽を確認できるようになっています(いまのところ、誤った情報・発言を口にすることが多いとの結果です)。 当然、「 [全文を読む]

フォーカス