ドナルド・トランプ 政策に関するニュース

「私は日本人を尊敬している」 実際に会ってロングインタビューを行った植山周一郎が語る ドナルド・トランプの正体とは 『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 12月29日緊急発売決定!!

DreamNews / 2016年12月29日11時00分

株式会社SDPより『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』著者植山周一郎が、12月29日より発売を開始いたしました。平素よりお世話になっております。 株式会社SDPより『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』著者植山周一郎が、12月29日より発売を開始いたしました。【著者はドナルド・トランプ氏にインタビューした最初の日本人:植山 [全文を読む]

現時点で見えた「トランプ政権」の輪郭を、しっかり分析していく

まぐまぐニュース! / 2016年11月16日18時00分

世界中が驚いた、ドナルド・トランプ氏の米大統領選の勝利。その政策や方針が徐々に明らかになってきていますが、まだまだ不透明な部分が多く、各国のマスコミは「世界や日本はどうなってしまうのか」と、少々煽り気味な報道を垂れ流している状態です。 そんな中、メルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』は、前号に続いて緊急号外を発行。著者でアメリカ在住の作家・冷泉彰彦さんは「 [全文を読む]

ノーベル経済学者と語る、トランプ時代の世界経済と日本の行方

Forbes JAPAN / 2017年06月02日11時00分

ジョセフ・E・スティグリッツ(以下、スティグリッツ) : まず、ドナルド・トランプが当選していなかったら世界経済がどうなっていたかを考えるのがベストだ。米国では、力強い回復とはいかないまでも、経済が本格的な回復をみせていただろう。一方、欧州は依然として問題を抱え、中国経済は6.5〜6.6%の成長を続ける。つまり、今年は、2016年と非常によく似た状況になる [全文を読む]

「トランプ阻止」でシリコンバレー団結、FB創業者ら145名が公開書簡

Forbes JAPAN / 2016年07月15日11時52分

7月18日開催の米共和党の全国党大会を控え、テック業界のリーダーらがドナルド・トランプの正式指名阻止に向けて立ち上がった。7月14日、合計145名のシリコンバレーの有力者たちが公開書簡を発表し「トランプは未来のイノベーションを破壊する」と、強く非難した。この書簡には有力企業幹部や投資家、スタートアップ企業関係者らが数多く参加している。賛同者のうち52名は企 [全文を読む]

投資と経営のプロ、モハメド・エラリアンが読む2017年

Forbes JAPAN / 2017年02月01日12時00分

ブレグジット(イギリスのEU離脱決定)にせよ、ドナルド・トランプ、ロドリゴ・ドゥテルテという大統領の登場にせよ、予測できないことが世界規模で起きています。経済成長率がとても低い環境で近代的民主主義政治を続けていて、成長の成果が全人口のうち非常に小さな層にしか届かないとしたら、国民は怒りを抱き、エスタブリッシュメントへの信頼を失い始める。これがアメリカで起き [全文を読む]

トランプ「脅迫的米国第一主義」で、中国の金融流動性枯渇と資金流出加速…世界経済混沌

Business Journal / 2017年01月27日06時00分

1月20日、米国の第45代大統領にドナルド・トランプ氏が正式に就任した。就任演説でトランプ大統領は強い米国の“再建”を呼びかけ、米国の労働者の手で道路や鉄道、トンネルなどのインフラを再整備すると強調した。そして、米国民の利益を第一に考え、通商政策や外交政策を進めるとも述べた。それを実践するために、同氏は「米国第一主義」に基づく保護主義政策を強調した。米国が [全文を読む]

トランプ「当確」をなかなか出さない米メディアのジレンマ

まぐまぐニュース! / 2016年11月10日05時00分

米大統領選「報道」狂騒曲を振り返る 11月8日に行われたアメリカ大統領選挙の集計結果が、日本時間の午後4時30分過ぎに判明し、選挙人の過半数以上を獲得したドナルド・トランプ候補(70)が勝利宣言しました。この結果は今後のアメリカ経済や世界経済にどのような影響をおよぼすのでしょうか? 人気コンサルタントの吉田繁治さんは自身のメルマガ『ビジネス知識源プレミアム [全文を読む]

【永田町炎上】蓮舫や三原じゅん子に百万票以上を投じた有権者の知的水準

デイリーニュースオンライン / 2016年07月28日12時05分

筆者は内政では自民党の、米国では共和党の支持者だが、おそらくドナルド・トランプは過激な主張が禍して本選ではヒラリー・クリントンには勝てないであろう。 目下、舌戦もたけなわの東京都知事選もメディアの世論調査によれば、小池百合子元防衛相が一歩抜きん出ているらしいし、政治の世界は内外を問わず「女性上位」の傾向が強いようだ。 およそ政治家には旧商工官僚出身で後に民 [全文を読む]

「コリア・ファースト」対「アメリカ・ファースト」、韓国次期政権と米韓関係の行方=韓国ネット「『コリア・ファースト』なんてあるわけない」

Record China / 2017年05月07日09時10分

2017年5月5日、韓国・世界日報によると、5月9日に行われる韓国大統領選挙について、米国内で、ドナルド・トランプ大統領の推進する朝鮮半島政策への重大な障害になる可能性があるとする分析が出ている。 米国の朝鮮半島専門家と主要メディアは、次期韓国政府が対北朝鮮融和政策を推進する可能性があり、これはトランプ大統領の対北朝鮮強硬政策と真っ向から衝突する可能性があ [全文を読む]

大荒れトランプ政権、経済政策の命運を握る2人のキーパーソン

ニューズウィーク日本版 / 2017年02月17日15時28分

なかでも重要なのが、ドナルド・トランプ大統領が主張してきた大型減税やインフラ投資である。大統領選挙後の米国の株価は、これらの積極的な財政政策の実現を期待して上昇してきた。その行方が不透明になるようでは、さらにトランプ政権の足もとは危うくなる。日本にとっても、こうした政策の行方は見逃せない。トランプ大統領が主張してきた法人税の減税は、米国でビジネスを行う日系 [全文を読む]

今さらだけど、なぜトランプが勝利したか、しっかり検証していく

まぐまぐニュース! / 2016年11月11日04時45分

世界中に衝撃が走った、共和党ドナルド・トランプ候補(70)の当選。まさかの「トランプ大統領」が本当に誕生してしまうことになりそうです。世界は、そして同盟国である日本は今後どうなってしまうのでしょうか? 今回のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』は、この結果を受けて緊急号外を発行。著者でアメリカ在住の作家・冷泉彰彦さんは、まだ日本のマスコミでは誰も語ってい [全文を読む]

北朝鮮問題で米国と中国を待ち受ける「誤算」 中国による圧力が気に食わない国がある

東洋経済オンライン / 2017年05月03日08時00分

ドナルド・トランプ大統領は、インタビューやツイッターで「大規模な、大規模な紛争」の兆しが見える、といった漠然とした警告を行い、朝鮮半島での差し迫った戦争の話題で首都ワシントンを混乱させ、メディアを騒がせ続けている。だが、米国の政策の現実がもっともよく表れているのは、先週のホワイトハウスでの会合でニッキー・ヘイリー米国連大使が、中国の国連当局者に語った内容だ [全文を読む]

トランプ政策、一部は国民から高評価 8割超の支持獲得も

Forbes JAPAN / 2017年04月12日08時00分

ドナルド・トランプ米大統領は就任以来、さまざまな政策を打ち出し、いくつもの大統領令に署名した。それらのいくつかは、大きな議論を巻き起こしている。それらの中で最も大きな論争を呼んだのは、イスラム圏6か国の市民の米国への入国を90日間にわたって禁止するとした大統領令だ(当初の対象は7か国、いずれも差し止めを求めて提訴されているため発効はしていない)。その他には [全文を読む]

【プロ野球】人間性は違えども…。今もっとも旬な“お騒がせ男”トランプ大統領を彷彿させる名監督はこの2人!?

デイリーニュースオンライン / 2017年02月12日16時05分

2016年11月の米国大統領選挙に勝利して以来、一躍、世界中を振り回す“時の人”となったドナルド・トランプ大統領。 トランプ大統領の動向を、アメリカ国内のみならず、世界中の人々が固唾を飲んで見守り、その計り知れない影響力は国際社会の多方面に及んでいる。 トランプ大統領は、掲げる政策はもとよりそのパフォーマンスに至るまで、非難の声も多いが、カリスマ性を持ち合 [全文を読む]

【大予測:中東】トランプ政権で混迷深まる

Japan In-depth / 2016年12月31日19時00分

大野元裕(参議院議員)1月20日、ドナルド・トランプ氏が米国大統領に就任する。トランプ氏の政策には、ゆがめられ、且つ面白おかしく伝えられているものも多い。今月ワシントンを訪問し、トランプ氏に近い人たちから直接話を聞いてきたことをも踏まえ、次期政権の対中東政策を考えてみたい。トランプ氏の大統領選挙勝利を受け、アラブ・イスラーム世界の報道機関や有識者の論調は悲 [全文を読む]

トランプの「秘密兵器」娘婿J・クシュナーが初めて語る、歴史的勝利の舞台裏

Forbes JAPAN / 2016年11月25日11時35分

ドナルド・トランプが近代の米大統領選史に残る劇的な勝利を収めてから1週間が経ったこの日、彼の選挙対策本部があるニューヨークの高層ビル「トランプ・タワー」の周辺は、次期大統領の登場を待つ報道陣や観光客でにぎわっていた。かつてリアリティー番組「アプレンティス」で落ち目のセレブリティたちがトランプの一番弟子になろうとしのぎを削ったこのビルの26階で、トランプは今 [全文を読む]

「ドナルド・トランプの世界」を読み解く

ニューズウィーク日本版 / 2016年11月17日15時50分

これから訪れる「ドナルド・トランプの世界」とはどんな世界か。「本当のドナルド・トランプ」とは何者か。「トランプ米大統領」という現実と、世界はどう向き合うべきなのか。 本誌は今週、その人物像から過激な「公約」集、経済政策や外交政策、ワシントン人事、過去の実績まで、トランプの世界を読み解くべく、52ページに及ぶ総力特集を組んだ。トランプの政策アドバイザーがア [全文を読む]

「円の先高観」がまったく消えない本当の理由 「不純な利上げ」では「ドル買い」にはなりにくい

東洋経済オンライン / 2017年04月21日06時00分

①大統領のハネムーン期間が終わり、政権の地力が見え始めるであろう4~6月期以降、ドル高への牽制が意識されやすくなって、再びドル円相場は反転下落するだろう②歴史的に見ても、購買力平価(PPP、現在100円程度)から実勢相場がプラス20%以上乖離することは持続的ではなく、2017年末には再びPPPに照らして違和感のない1ドル=100~105円のレンジに回帰する [全文を読む]

アラブ穏健派のリーダー、ヨルダン国王がトランプを変える?

ニューズウィーク日本版 / 2017年04月06日19時10分

<トランプが過激な中東政策を改めるきっかけになるのではないかと期待されていたヨルダン国王との会談後、トランプは殊勝な言葉を口にした>ドナルド・トランプ米大統領は5日、ホワイトハウスでヨルダンのアブドラ国王と会談した。この会談には大きな期待が掛かっていた。イスラム教徒の入国禁止を叫び、在イスラエル米大使館のエルサレム移転を公約に掲げるなど、選挙戦中からことさ [全文を読む]

ハシゴを外された台湾。なぜトランプは一つの中国を認めたのか?

まぐまぐニュース! / 2017年02月19日12時00分

米国と中国、足並みそろえた方向転換 ウォール・ストリート・ジャーナル 2/13(月)8:42配信 【ワシントン】中国の習近平国家主席との9日夜の電話会談に先立って、ドナルド・トランプ米大統領は「米中関係の礎」を破棄するとの脅しを撤回することを決めた。アジア政策継続に向けた動きの一環だった。 トランプ氏は台湾を外交的に認めないという長年の米中合意を破棄する [全文を読む]

フォーカス