ドナルド・トランプ 米大統領選に関するニュース

「トランプ阻止」でシリコンバレー団結、FB創業者ら145名が公開書簡

Forbes JAPAN / 2016年07月15日11時52分

7月18日開催の米共和党の全国党大会を控え、テック業界のリーダーらがドナルド・トランプの正式指名阻止に向けて立ち上がった。7月14日、合計145名のシリコンバレーの有力者たちが公開書簡を発表し「トランプは未来のイノベーションを破壊する」と、強く非難した。この書簡には有力企業幹部や投資家、スタートアップ企業関係者らが数多く参加している。賛同者のうち52名は企 [全文を読む]

【海外発!Breaking News】ハロウィン近し 今年はパンプキンならぬ「ドナルド・トランプキン」がトレンド

TechinsightJapan / 2016年10月15日17時21分

そのパンプキンの顔にも流行があるようで、今年SNSで話題となっているのは米大統領選の共和党候補者ドナルド・トランプ氏だという。 もともとケルト人のお祭りだったハロウィンは、死者の霊と一緒に悪い精霊や魔女が訪ねてくるとして10月31日に魔よけの焚き火を行っていた。今ではアメリカを中心にイベント的要素が強いハロウィンだが、この時期になるとスーパーなどあちこちで [全文を読む]

【イタすぎるセレブ達】クリント・イーストウッド、米大統領選は「ドナルド・トランプに投票する」

TechinsightJapan / 2016年08月05日10時50分

このほどクリント・イーストウッド監督が人気誌のインタビューに応じ、米大統領選挙ではヒラリー・クリントン氏ではなく「ドナルド・トランプ氏に投票する」と語った。 歯に衣着せぬ発言や人種差別的かつ過激な発言で物議を醸しているドナルド・トランプ氏だが、クリント・イーストウッド監督は彼に投票する意向とのこと。このほど『Esquire』誌インタビューに応じたイーストウ [全文を読む]

アデル、米大統領選ドナルド・トランプの当選でイギリス帰国へ?

アサジョ / 2016年11月28日18時14分

アデルはドナルド・トランプ氏が次期米大統領に当選したことで、現在拠点にしているアメリカを離れることを示唆していたようだ。ヒラリー・クリントン氏を支援していたアデルは今回の米大統領戦の結果にひどくショックを受けており、ハリウッドに構える豪邸を捨て去り、故郷のイギリスへ戻ることを真剣に検討しているという。 アデルの友人はザ・サン紙に「アデルの直感はロサンゼルス [全文を読む]

ハロウィンのマスクの売れ行きから米大統領選の行方を予測できる?

AOLニュース / 2016年10月26日11時00分

というのも、ハロウィンのコスチュームを販売する"Savers/Value Village"によると、ドナルド・トランプの顔のマスクの売れ行きは76パーセントで、ヒラリーは69パーセント。トランプのほうがヒラリーより7パーセントも多く売れているのだ。 しかし、今年の大統領選には様々な要因があり、過去の選挙戦とは事情が違う。もし、ハロウィンのマスクの"予言" [全文を読む]

【イタすぎるセレブ達】ジョニー・デップ「ドナルド・トランプは欲張りなガキだ」

TechinsightJapan / 2016年03月14日12時00分

米俳優ジョニー・デップが、過激発言で話題のドナルド・トランプ氏につきコメント。「まるでガキだ」と痛烈に批判した。 米大統領選に出馬したドナルド・トランプ氏は、「しばらくムスリムの米国入りを完全に禁止する」といった過激発言、またメキシコなどからの移民を侮辱する差別発言を連発。これに多くのアメリカ人が猛反発する一方、「彼ならアメリカを強くできる」と信じる人も少 [全文を読む]

米国よ、本気か? 現実味を帯びてきたトランプ次期大統領

まぐまぐニュース! / 2016年03月13日20時00分

トランプの大統領候補リアリティショー 今週は、いよいよ本気で考えねばならなくなった次期大統領ドナルド・トランプにつきまして、現在大きく評価されている背景を含め、私見たっぷりにお話ししたいと思います。 ハフィントンポストが、「エンターテイメント」欄に掲載していた米国次期大統領選に出馬中のドナルド・トランプを「政治」欄に移し替えてまだ日が浅いことからもわかる [全文を読む]

米大統領選で都市の住人はなぜ不利だったか

プレジデントオンライン / 2017年01月29日11時15分

■アメリカにもあった一票の格差問題 ドナルド・トランプの勝利に終わった米大統領選。しかし、得票数はヒラリー・クリントンが上回ったことが判明している。どうして得票数の少ない候補が当選できたのか。原因は二つある。 一つ目は、勝者総取り方式の選挙制度だ。米大統領選では、各州で得票数の多かった候補がその州に割り当てられた選挙人全員を獲得する。たとえばカリフォルニア [全文を読む]

オバマが報復表明、米大統領選でトランプを有利にした露サイバー攻撃

ニューズウィーク日本版 / 2016年12月16日19時00分

それに対してドナルド・トランプ次期大統領側は、ロシアの介入に関する情報機関の報告を頭から否定し、情報機関の能力にまで難癖を付けている。米情報機関に公然と喧嘩を売っていることになる。 こうした対立は悲劇を招きかねない。ホワイトハウスが情報機関の分析を信用せず、無視すれば、対外的な危機に十分に備えられないことは歴史が証明している。 まずは対立の経緯を見ておこう [全文を読む]

トランプの「秘密兵器」娘婿J・クシュナーが初めて語る、歴史的勝利の舞台裏

Forbes JAPAN / 2016年11月25日11時35分

ドナルド・トランプが近代の米大統領選史に残る劇的な勝利を収めてから1週間が経ったこの日、彼の選挙対策本部があるニューヨークの高層ビル「トランプ・タワー」の周辺は、次期大統領の登場を待つ報道陣や観光客でにぎわっていた。かつてリアリティー番組「アプレンティス」で落ち目のセレブリティたちがトランプの一番弟子になろうとしのぎを削ったこのビルの26階で、トランプは今 [全文を読む]

トランプ旋風はっきり―米大統領選のリアルが分かる「NYTimes」の特設サイト

インターネットコム / 2016年11月09日12時30分

赤はドナルド・トランプ候補率いる共和党、青がヒラリー・クリントン候補率いる民主党だ。色が濃くなるほど優勢の度合いが強い。 内容は英語だが、例えば「Live Forecast」を選ぶと、各州についてニューヨークタイムズが予測する各候補の勝利可能性をメーターとしてリアルタイムで確認でき、直感で把握しやすい。 日本への影響を気にかける人が、手に汗握りながらこの [全文を読む]

玄田哲章さんと野沢雅子さん 「最強の吹替」でトランプとヒラリーが『niconico』にて激突中

ガジェット通信 / 2016年11月06日17時45分

11月5日21時より、「ニコニコで決める米大統領選」と題し、ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンの過去の明言を振り返る放送が『niconico』で行われている。24時間の放送の後に、実際のアメリカ大統領選に先立ちユーザーアンケートでアメリカ大統領を決定しようというもの。 トランプVSヒラリー名言集 《CV:玄田哲章/野沢雅子》 ~ニコニコで決める米大統 [全文を読む]

ドナルド・トランプが出演していたプレイボーイのビデオ作品がさらに発掘される

AOLニュース / 2016年10月11日15時00分

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏が2000年に米プレイボーイのビデオ作品に登場していたことが発覚し話題となっていたが、今回さらに2本の作品に出演していたことが明らかとなった。 米CNNが報じたところによると、1つ目の作品では、トランプ氏が1994年、『プレイボーイ』誌創刊40周年のプレイメイト候補のモデルにインタビューを行ったり、そのモデルをイン [全文を読む]

ドナルド・トランプの総資産は37億ドル、1年で8億ドル減 フォーブス新調査

Forbes JAPAN / 2016年09月29日08時15分

ドナルド・トランプは、ここ数十年の米大統領選で全候補が行ってきた納税申告書の公開を、かたくなに拒み続けている。26日の第1回討論会では「納税申告から分かることはそれほど多くない」と主張し、米内国歳入庁(IRS)による監査を15年連続で受けていると説明。詳細を知りたければ、連邦選挙委員会に提出した104ページにわたる「財務報告書のようなもの」を参照すればいい [全文を読む]

ドナルド・トランプの虚言癖、討論会でも止まらず うそ常習犯の心理とは?

Forbes JAPAN / 2016年09月28日11時00分

26日に行われた今年の米大統領選初の討論会で、ハフィントン・ポストはドナルド・トランプとヒラリー・クリントンが進行役のレスター・ホルトの質問に対しうそで答えた回数を集計した。最終結果はなんと、トランプが16回、クリントンが0回だった。メディア各社はクリントンの「信用問題」をこぞって問題視してきたが、トランプは今回の討論会に限らず、日常的にうそを並べ続けてい [全文を読む]

米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

ニューズウィーク日本版 / 2016年09月26日16時33分

民主党候補のヒラリー・クリントンと共和党候補のドナルド・トランプは、各種の世論調査でデッドヒートを演じている。クリントンに支持率で水を開けられていたトランプは、ここ数週間でかなりの挽回に成功した。異例尽くしの選挙戦にあって、どんな成果を出せば「勝利」になるのか。過去最高の視聴者数が見込まれる討論の前日、両候補の代理人がテレビで前哨戦を演じた。【参考記事】ト [全文を読む]

トランプ当選の可能性はもうゼロではない - 冷泉彰彦 プリンストン発 日本/アメリカ 新時代

ニューズウィーク日本版 / 2016年09月23日17時00分

そんななか、ドナルド・トランプ候補とヒラリー・クリントン候補の支持率は拮抗してきています。いつの間にか、全国規模の世論調査の数字も拮抗しているのです。 政治情報サイト「リアル・クリアー・ポリティクス」によれば、最新の「世論調査の全国平均」では、まず支持率の単純平均値で、■ヒラリー・クリントン・・・46.0%■ドナルド・トランプ・・・・43.4% と僅差に [全文を読む]

トランプはヒラリーを大統領にすべく民主党から送り込まれた工作員だった!?「共和党失墜がミッション」

tocana / 2016年08月29日11時00分

そこで今年に入って米大統領選を記念した300枚限定のオリジナルTシャツが販売されたのだが、アメリカ国旗の中央に描かれた候補者の顔をよく見ると、右半分はヒラリー・クリントン候補、そして左半分はドナルド・トランプ候補になっているのだが……。【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2016/08/post_10732.html】■アイク氏「この [全文を読む]

ドナルド・トランプの迷言を子どもに言わせてみたらやたら陽気になったwww【動画】

AOLニュース / 2016年05月21日18時00分

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏の過激発言(または迷言)を幼児に言わせたビデオが面白いと話題だ。 https://www.youtube.com/watch?v=pCy9A-cD_H4 <関連動画はこちら> ビデオではカワイイ男の子たちが、かつらでトランプ氏のトレードマークともいえる"ヘアスタイル"を再現しながら、 「言っておくけど君たち、私は本 [全文を読む]

<米大統領選>トランプ候補の弱点が判明、女性の不支持率が過半数超え―米国

Record China / 2016年03月22日04時00分

2016年3月20日、環球網によると、米共和党予備選で躍進を続けるドナルド・トランプ氏だが、女性の不支持率は50%を超えている。 米華字紙・僑報によると、ロイター通信が実施した米大統領選に関する世論調査で驚くべき結果が明らかになった。世論調査は3月1日から15日にかけて5400人を対象に実施された。米共和党予備選で躍進を続けるドナルド・トランプ氏だが、女性 [全文を読む]

フォーカス