ドナルド・トランプ さんに関するニュース

安倍総理が「トランプ会談」で絶対に言ってはいけない3つのこと

まぐまぐニュース! / 2016年11月16日04時45分

安倍首相とトランプ氏、17日に会談へ 電話会談で合意トランプ氏「日米の特別な関係をさらに強化したい」 産経新聞 11/10(木)9:04配信 安倍晋三首相は10日午前、米大統領選に勝利した共和党のドナルド・トランプ氏と電話会談を行い、17日に米ニューヨークで会談する方向で調整を進めることで一致した。 早期にトランプ氏と会談し、日米関係の重要性を確認すると [全文を読む]

裏切られる米国民。弾劾を免れても変わらぬ窮地のトランプ大統領

まぐまぐニュース! / 2017年05月19日23時18分

FBI長官として捜査を指揮していたジェイムズ・コーミー氏を、ドナルド・トランプ大統領が解任して以来、特別検察官の任命を求める声が高まっていた。 このムラーさん(ミュラー、あるいはモラーと表記するメディアもあり)は、コミーさんの前任。2001年~13年、FBI長官を務めた超大物。きっと、客観的捜査をして結論を出すことでしょう。 トランプの「本当の敵」とはい [全文を読む]

【海外発!Breaking News】ロンドンテロで犠牲となった米旅行者夫婦 結婚25周年のお祝いが悪夢に

TechinsightJapan / 2017年03月26日16時42分

地元でレコーディングスタジオを経営していたカートさんとメリッサさんが巻き込まれた今回の事件に、ドナルド・トランプ米大統領も「偉大なアメリカ人をロンドンテロで亡くしました。彼の遺族や友人らに深く哀悼の意を祈りとともに捧げます」とツイッターで追悼の意を表した。 カートさんの義理の妹にあたるシャンテル・ペインさんは、この訃報を聞きFacebookにこう綴った。 [全文を読む]

日本だったら完全アウト。ヒラリー氏に浮上したFBI幹部買収疑惑

まぐまぐニュース! / 2016年10月26日20時14分

トランプさんの反応は? この報道を受け、共和党候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏(70)は「クリントン氏は説明責任を果たすべきだ」と批判している。(同上) この問題は、どうなるのでしょうか? ヒラリー氏は、もはや何をしても許される「超法規的」存在なのか ヒラリーは、「超法規的」存在 これ、日本人の感覚だったら、アウトかもしれません。日本で [全文を読む]

トランプ勝利の理由は「単純接触効果」と「インサイト」

プレジデントオンライン / 2017年01月01日11時15分

アメリカ大統領選挙で、ドナルド・トランプさんが当選したことは、多くの人にとって驚きだった。特にアメリカのメディアは、最後まで、トランプ候補が本当に大統領選で勝つとは予測していなかったように思う。 政治的な主張や価値観は別として、最初は「泡沫候補」だったトランプさんが、なぜ共和党の指名を受け、当選にまでこぎつけたのか、そのプロセスを分析してみたい。 まずは、 [全文を読む]

だから中国は侮れない。トランプの態度を一転させた懐柔作戦の全容

まぐまぐニュース! / 2017年03月03日04時45分

「中国の夢!」(=ナショナリズム)は、どこにいっちゃったのでしょう? 世界の舞台では、習主席は、自分がドナルド・トランプとは違うということを巧みに示した。ダボスでの世界経済フォーラムで、習主席がグローバル化と自由貿易を擁護したのは有名な話だ。 (同上) というわけで、習近平政権は、トランプが大統領になってから、「国をあげて」アメリカ新政権「懐柔」に奔走して [全文を読む]

【鼎談1万字!】日本のマネーマスター3人が語る「資産大国ニッポン」への道

Forbes JAPAN / 2016年12月28日11時00分

高野:2016年で最大のニュースといえば、佐護さんがおっしゃったようにアメリカ大統領選でドナルド・トランプが勝ったことです。この影響を、どうお考えですか? 17年はどうなっていくのでしょうか? 佐護:こと金融市場に関して言えば、現在のトランプへの期待感は、”ハネムーン”状態を通り越した”シュガーハイ”状態だと分析する人もいます。確かに短期的には、彼が推し進 [全文を読む]

エリザベス女王に「緑の魔術師」と言わしめた世界一の庭園デザイナーの生け花ショーを鑑賞してみた

AOLニュース / 2016年11月01日16時00分

(取材・文・写真:赤山恭子) ■石原和幸氏 生け花ショー フォトギャラリー【ギャラリー】石原和幸 生け花ショー13 ■ガーデンデザイン ランドスケープアーティスト 石原和幸デザイン研究所kaza-hana.jp ■急上昇ワード「ドナルド・トランプ」 ・トランプ氏を警戒しまくるニャンコが面白すぎるwww 【動画】 ・【知られざるトランプ伝説】プロレスで培った [全文を読む]

日本から「ジェフ・ベゾス」を輩出するために必要な2つのこと

Forbes JAPAN / 2017年05月02日12時30分

大統領選の直後、ドナルド・トランプ氏と対話し500億ドル(5兆7000億円)の投資を決めたことも記憶に新しい。こうしたグローバル・レベルで大胆な動きができる経営者・起業家は、今の日本では孫さんを除いて数えるほどしかいないかも知れません。「ネクスト孫正義」はこの2人!とはいえ最近では、日本の若手の起業家の中でもボーン・グローバルの感覚を持つ方々が増えてきてい [全文を読む]

ドナルド・トランプ日本最大の理解者『予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる』 著者:植山周一郎が最新ツィートに隠れた本音を分析「彼(トランプ)も(テロを)内心非常に恐れているのではないか」

DreamNews / 2017年01月12日12時00分

絶賛発売中の「予言 ドナルド・トランプ大統領で日米関係はこうなる」の著者、植山周一郎氏が最新のドナル・トランプ氏の最新ツィートを翻訳、分析し発表しました。日本人で初めてドナルド・トランプ氏にロングインタビューし、バースディ・パーティにも出席した植山氏。過去2冊トランプ氏の書籍を翻訳、トランプ氏研究の第一人者です。大統領就任間近のドナルド・トランプ過激発言の [全文を読む]

警察官がパトロール中に心臓発作を起こした女性を救助! その一部始終を車載カメラがキャッチ

AOLニュース / 2016年11月08日15時00分

■参照リンクhttp://www.aol.com/ ■急上昇ワード「ドナルド・トランプ」 ・トランプ氏を警戒しまくるニャンコが面白すぎるwww 【動画】 ・【知られざるトランプ伝説】プロレスで培った「アオり系演説パフォーマンス」 ・ロバート・デ・ニーロがトランプに激怒! 「あいつの顔を殴ってやりたい」罵倒ビデオが制御不能な勢いで拡散中 ■フォトギャラリー [全文を読む]

【海外発!Breaking News】24年目にして初 米最大のショッピングモールが黒人サンタを起用(米)

TechinsightJapan / 2016年12月16日13時45分

イギリスの「BREXIT(英国のEU離脱)」問題を先駆けにアメリカの大統領選挙でドナルド・トランプ氏が勝利するなど、ヘイトクライム(人種差別犯罪)の増加に伴い世界の様々な変動に我々は振り回されっ放しといっても過言ではないだろう。しかしここにきて、年の終わりに向けてなんとも心温まるニュースが報じられている。 クリスマスシーズンになると、各地のショッピングモー [全文を読む]

ソ連崩壊、アメリカ没落を予言した学者が占うトランプとEUの未来

まぐまぐニュース! / 2016年10月12日13時38分

トッド氏が見た「トランプ現象」の理由 トランプ現象は、アメリカ人の○○化疲れ ──大統領選挙でドナルド・トランプ氏が共和党の候補になったことの意味をどう考えますか。 「(民主党で候補者指名を争った)バーニー・サンダース氏の人気も合わせると、米国社会で大きな変化が生まれていると感じます。支離滅裂で挑発的なトランプ氏のスタイルの陰に隠れがちですが、トランプ氏 [全文を読む]

トランプ大統領暴走で懸念!日本に突き付けるトンデモ政策は

WEB女性自身 / 2017年02月09日06時00分

TPPからの離脱を表明したり移民・難民の入国規制に関する大統領令に電撃署名をするなど、これまでの米国政治の常識をことごとく覆す行動に出ているドナルド・トランプ米大統領(70)。アメリカ政治に詳しい国際ジャーナリストの堤未果さんも、懸念を表す。 「トランプは 国内優先主義 ですから、日米関係も今までのような主従メンタリティのままでは、ますます足元を見られま [全文を読む]

沖縄での「土人」発言にピコ太郎「PPAP」大ブレイク……ガジェット通信記事で振り返る激動の2016年!その8

ガジェット通信 / 2016年12月31日17時30分

現地時間の11月8日、アメリカ大統領選でドナルド・トランプ候補とヒラリー・クリントン候補が対決。日本時間の16時半をすぎたところで、AP通信がドナルド・トランプ候補の当確を伝えます。各局がトランプ候補の勝利宣言を中継する中、我らがテレ東は「りんごの名産地 弘前の絶品アップルパイ」を紹介しておりました。 アメリカ大統領選挙でトランプ氏が勝利宣言! そのとき [全文を読む]

故カストロ前議長を「残忍な独裁者」と批判するトランプ外交の不安

まぐまぐニュース! / 2016年12月01日04時30分

トランプ氏、キューバ国交再断絶を示唆 「より良い取引」要求AFP=時事11/29(火)4:58配信 【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)次期米大統領は28日、キューバとの国交正常化に向けた取り組みについて、キューバ政府が大幅な譲歩に踏み切らなければ打ち切る用意があると発言した。バラク・オバマ(Barack Obama)現政権が尽 [全文を読む]

トランプ大統領なら米国終了。ソ連を崩壊させたゴルバチョフとの共通点

まぐまぐニュース! / 2016年03月29日20時00分

トランプ氏「在日米軍撤退も」=安保改定、日本の核保有容認─米大統領選 時事通信 3月27日(日)5時43分配信 【ワシントン時事】米大統領選の共和党候補指名争いで首位を走る不動産王ドナルド・トランプ氏(69)は、大統領に就任した場合、日本が駐留経費の負担を大幅に増額しなければ、在日米軍を撤退させる考えを明らかにした。 日本による核兵器の保有を容認する意向 [全文を読む]

大統領選の賭けに負けてトランプのタトゥーを入れることになった男性

AOLニュース / 2016年11月18日13時00分

この米イリノイ州在住の男性、ザック・コバートさんが支持するのは民主党のバーニー・サンダースだが、彼の人生に大きな痕跡を残すのは、ドナルド・トランプになりそうだ。 「おいおい、俺こんなところで何やってんだ?」 ザックさんはこれから賭けに負けた罰ゲームに臨もうとしていた。彼は「もしドナルド・トランプが大統領選で勝ったら、トランプのタトゥーを入れてやる」と豪語し [全文を読む]

トランプ陣営の危機管理能力に疑問符 夫人のスピーチ盗作騒動で見せた拙い対応

NewSphere / 2016年07月22日17時00分

18日の共和党全国大会で、ドナルド・トランプ夫人のメラニアさんが行なったスピーチの一部が、ミシェル・オバマ大統領夫人の8年前のスピーチに酷似していた問題で、メラニアさんのスピーチライターが自分の責任だとして謝罪した。本来ならばあり得ないミスだけに、トランプ陣営の仕事の甘さを多くのメディアが指摘している。◆トランプ夫人はオバマ夫人ファン?盗作の相手が悪かった [全文を読む]

橋下徹「“月額1万円”会員制オンラインサロン」の“あれっ?”な中身

アサ芸プラス / 2016年04月29日09時57分

とても『記者会見』とは言えない混沌とした場でしたね」(前出・A氏) 具体的な書き込み内容を外部に漏らしてはいけない規約になっている同サロンだが、日頃の書き込みで橋下氏が提起したのは「育休問題」や「ドナルド・トランプ旋風」など、タイムリーなテーマが多かった。同じく会員登録した男性・B氏が嘆く。「橋下さんの書き込み自体は勉強になるんですが、一部の会員による意味 [全文を読む]

フォーカス