子供 安藤サクラに関するニュース

「ゆとりですがなにか」続編で岡田将生と松坂桃李が殴り合い!?

ザテレビジョン / 2017年07月01日06時00分

でも、連ドラのラストで、正和は会社を辞めて酒造りをすることを宣言したので、1年後も家業を続けてくれていてうれしかったです」■ 山路役の桃李くんと子供の言い合いみたいになっちゃって(笑)(岡田)ドラマは、正和と山路(松坂桃李)、まりぶ(柳楽優弥)の3人が、なじみの居酒屋で1年ぶりに再会を果たすところからスタート。山路から「(妻の)茜を気遣え」と言われた正和は [全文を読む]

安藤サクラ 『ママゴト』でのやさぐれ母親役でさらに光る

NEWSポストセブン / 2016年09月22日16時00分

では、視聴者はいったい何に反応しているのでしょうか?「子供のいない中年女の悩み」「仕事と女の両立」「独身で将来どうやって生きていけばいいのか」。そうした「テーマ性」に関心を抱き、自分にひきつけて考えようとしている視聴者が多くいるのでは? つまり「中年女の生く末」というテーマ性は今後も扱う価値のある、インパクトと深みのある素材。でも、ドラマとしての出来ばえは [全文を読む]

中田秀夫×安藤サクラ「ママゴト」一挙3話放送決定!

Smartザテレビジョン / 2016年09月14日19時00分

本作は悲しい過去を持つスナックのママ・映子(安藤サクラ)と彼女の元に預けられた子供・大滋(小山春朋)が共同生活をする中で理想の家族を探し求める姿を描く。 演出を務めるのは映画「女優霊」('96年)、「リング」シリーズ('98~'05年)などで知られるホラー界の巨匠・中田秀夫監督。中田監督は試写取材会で「一般にホラー映画監督といわれますが…。昔の日本映画で [全文を読む]

母性が目生えた安藤サクラ、臼田あさ美と子役と3ショット

NEWSポストセブン / 2016年08月27日16時00分

安藤は今回子供と接する役を演じたことで、「母性が芽生え始めたように思います」と語っていた。なお、小山はNHK朝ドラ『まれ』にも出演経験がある。 撮影/小彼英一 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安藤サクラの代わりに番宣 父・奥田瑛二が「かっこ良すぎ」

TechinsightJapan / 2016年04月25日11時25分

俳優のみならず、親の職業を継いだ子供が親の偉大さに萎縮してしまうケースは少なくないが、2人はそれぞれが独立した俳優として良好な親子関係を築いているようだ。 出典:https://www.instagram.com/sakuraando (TechinsightJapan編集部 根岸奈央) [全文を読む]

『ゆとりですが』スペシャル版 クドカン脚本は「爽快」

NEWSポストセブン / 2017年07月08日16時00分

「小学校の教員なんて子供相手の仕事。親も先生には強く出られない。だから楽勝」と真正面から教師の仕事をディスって……。 [全文を読む]

実写版「鎌倉ものがたり」予告編、劇場に先駆け公開!鎌倉の不思議ワールドにワックワク

シネマトゥデイ 映画情報 / 2017年07月04日08時00分

玄関の前をカッパがペタペタと走り去っていくさまに仰天する亜紀子や、魔物たちがひしめく市場、「老人じゃないだろ、神様なんだろ!」「都合のいい時ばっかり老人、老人言いやがって!」と神様と子供じみた言い争いをする先生のユーモラスな場面など、ファンタジックな映像のオンパレード。先生が「絶対入らないように!」と亜紀子に釘を刺す納戸には一体、何があるのか……? また、 [全文を読む]

岡田准一&宮崎あおいの”2ショット”は?記者落胆の日本アカデミー賞

デイリーニュースオンライン / 2017年03月07日08時00分

週刊誌で執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『格差社会の真実』(宙出版)ほか多数。 [全文を読む]

ミュウミュウがショートフィルムプロジェクトの最新作を発表。17歳少女の思春期を表現

FASHION HEADLINE / 2016年09月02日19時00分

第12弾となる今回は、7人の子供を自宅学習で育て上げた一家を描いたドキュメンタリー映画『The Wolfpack』でサンダンス映画祭の審査員大賞を受賞した、アメリカ人映画監督のクリスタル・モーゼルが監督を務めた。 主人公となるのは、ニューヨーク郊外に住む17歳の少女・レイチェル。男性優位主義による差別に嫌気がさし、スケートボードに乗って自分探しの旅に出たレ [全文を読む]

【連載:シネマ守銭奴】『愛と誠』の見どころ(銭どころ)

AOLニュース / 2012年06月16日10時00分

「加藤清史郎くんのバイオレンスアクション」シーンとしては一瞬ですが、主人公の子ども時代を演じた加藤清史郎くんが、子供相手に狂気のバイオレンスアクションを炸裂します。このシーンを見たら、もうだれも彼の事を「かわいい♪」と言えなくなると思います。これも1,000円の価値ありです。「武井咲ちゃんが縄で縛られ吊るし上げに!!」いまや国民的美少女の武井咲ちゃんが、こ [全文を読む]

フォーカス