映画 安藤サクラに関するニュース

なぜNY在住の日本人社長は真っ白なDVDを見て身を乗り出したのか

まぐまぐニュース! / 2017年05月15日13時55分

メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者で、米国の邦字紙「WEEKLY Biz」CEOの高橋克明さんは、無類の映画好きという立場から、このサービスを「素晴らしい!」と大絶賛。さらに「映画の予告編や事前情報が映画をつまらなくしている」と、現在の映画業界に対して苦言を呈しています。 予告編だらけの世の中に 日本の [全文を読む]

クリープハイプ、ツアー最終日にサプライズ発表続々

okmusic UP's / 2014年09月19日00時00分

【その他の画像】クリープハイプ楽曲タイトルは「百八円の恋」、話題の新春映画『百円の恋』の主題歌となっている。映画『百円の恋』は、主演の安藤サクラが100円ショップの定員からボクサーへの転じ、底辺から一瞬だけ浮上するストーリーで、新曲「百八円の恋」はそのシナリオを読んだクリープハイプの尾崎世界観(Vo/Gt)が映画をイメージして書き下ろした新曲である。 更 [全文を読む]

満島ひかり 主演映画「海辺の生と死」でみせた妖艶姿(3)命がけの恋をはかなんで…

アサ芸プラス / 2017年07月18日12時57分

「彼女がその名を知らしめたのは園子温監督の映画『愛のむきだし』(ファントム・フィルム)ですが、純白の生パンティを大開脚で惜しげもなく見せたり、安藤サクラと濃厚なキスや愛撫を見せたり、あげく、過激なオナニーも披露しました」(映画関係者) 問題のシーンでは、ベッド上で恋の相手を思い出し、大股を開くと、クリトリスや膣の影が浮き出るのかと錯覚するほど、自身のアソコ [全文を読む]

単館復活の兆し 公開中の映画『下衆の愛』が好調 インディーズ映画の聖地=テアトル新宿ブランドに注目~『百円の恋』『恋人たち』につづけ~

@Press / 2016年04月13日10時00分

東京・テアトル新宿で公開中の映画『下衆の愛』が好調です。映画界の底辺でのた打ち回るインディーズ映画人たちの“下衆”ぶりを容赦なく、しかし愛を籠めて描いた作品。カルト人気を誇る俳優の渋川清彦が“下衆”の極みとも言うべき映画監督を演じ、映画人たちの悲喜こもごもの描写は、映画スタジオなき時代の『蒲田行進曲』でもあります。 【放送作家/映画活動家 松崎まこと氏のコ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安藤サクラが“殴る!” クリープハイプ『百八円の恋』のMVが痛そう。

TechinsightJapan / 2014年11月26日19時55分

安藤サクラ主演映画『百円の恋』の主題歌に起用されたロックバンド・クリープハイプの『百八円の恋』。そのミュージックビデオが凄まじい。安藤は映画でボクシングを始める女性を演じるが、その経験を活かしてMVでも生々しいパンチを披露。彼女に手を出した男子学生が本当に痛そうだ。 映画『百円の恋』は第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門作品賞を受賞した力作だ。 [全文を読む]

安藤サクラが「和製女デ・ニーロ」と呼ばれるワケ

アサ芸プラス / 2014年11月13日09時59分

女優の安藤サクラ(28)の主演映画「0.5ミリ」が11月8日に公開された。主人公をサクラが演じることに決めた形で、同名小説を書いたサクラの姉・安藤桃子が自ら脚本・映画化した。同作には父の奥田瑛二、母でエッセイストの安藤和津が参加した。 一家総出のうえに、サクラの夫で俳優の柄本佑の親である柄本明・角替和枝夫妻も出演している奥田ファミリー映画だ。 「3時間を超 [全文を読む]

大根仁監督【奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール】映画化決定!

NeoL / 2016年05月22日03時17分

漫画「奥田民生になりたいボーイ・出会う男すべて狂わせるガール」(渋谷直角著)の映画化が決定。 原作は、「週刊SPA!」(扶桑社)や「CREA」(文藝春秋)、「GINZA」(マガジンハウス)、「EYESCREAM」(スペースシャワーネットワーク)など、人気雑誌に多数の連載を持つ人気漫画家/コラムニスト渋谷直角の伝説的サブカル漫画だ。「力まないカッコいい大人」 [全文を読む]

【連載:シネマ守銭奴】『愛と誠』の見どころ(銭どころ)

AOLニュース / 2012年06月16日10時00分

このコラムは、観た映画に対して「値段」をつける、というなんとも失礼極まりない内容です。素人の分際でそんな事をしたらお叱りを受けるかもしれませんが、あくまで個人の価値基準に基づいた値付けなので、どうか菩薩の心で読んでやって下さい。で、もし作品に興味をもっていただけたら、ぜひとも劇場に足を運んで、身銭をはたいてご鑑賞いただければこれ幸いです。さて、記念すべき第 [全文を読む]

安藤サクラや神木隆之介…“実力派”の若手がこぞって出演する入江悠監督作品の魅力

dmenu映画 / 2017年06月03日07時00分

自主映画作品としてスタートした『SR サイタマノラッパー』シリーズや、人気バンドの楽曲をモチーフにした群像劇『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』、柳広司の短編ミステリーを実写化した『ジョーカー・ゲーム』など、着実に良作を生みだしてきました。 そんな入江悠監督の作品には、若手の実力派と謳われる俳優たちが続々と出演を果たしています。超 [全文を読む]

「1000年に一度の童顔巨乳」浅川梨奈の胸の谷間が全開! 性春映画『14の夜』で「オラ、揉めよ!!」と強烈セリフも披露

AOLニュース / 2016年10月13日21時00分

安藤サクラ主演映画『百円の恋』(14)で第39回日本アカデミー賞最優秀脚本賞を獲得するなど、国内の映画祭で数々の脚本賞に輝いた足立紳の監督デビュー作『14(じゅうし)の夜』が12月24日(土)より公開される。 「自分のことを大嫌いな人間が、今の自分から一歩でも脱却しようともがく話にしたい」と語る足立監督が作り出す本作は、1980年代の田舎町のレンタルショッ [全文を読む]

中田秀夫×安藤サクラ「ママゴト」一挙3話放送決定!

Smartザテレビジョン / 2016年09月14日19時00分

演出を務めるのは映画「女優霊」('96年)、「リング」シリーズ('98~'05年)などで知られるホラー界の巨匠・中田秀夫監督。中田監督は試写取材会で「一般にホラー映画監督といわれますが…。昔の日本映画ですと“母物”といわれる作品です。 原作の松田洋子さんご自身は『グロリア』という映画をイメージし、私と篠原圭プロデューサー二人は映画『長屋紳士録』('47年 [全文を読む]

TSUTAYAスタッフに聞いた「胸キュン恋愛映画&ドラマ」5選

Woman Insight / 2015年09月21日17時50分

パワフルに乗り切るために、ここらでちょっと一息いかがですか? 今回、TSUTAYAスタッフの方にお願いして、<胸キュン恋愛><ちょいエロ><感動の涙>の3つのテーマで、各5作品を厳選していただきました! 心の栄養を満タンにしてくれる15作品から、本日は、「胸キュン恋愛映画&ドラマ」5選をお届け♪ <シルバーウィークに観たい「胸キュン恋愛映画&ドラマ」5選> [全文を読む]

映画監督×ミュージシャン×俳優が火花を散らす異色の映画祭「MOOSIC LAB」開催

FASHION HEADLINE / 2015年07月16日21時00分

新進気鋭の映画監督とアーティストの掛け合わせによる音楽×映画で展開する、異色の映画祭「ムージック・ラボ 2015(MOOSIC LAB 2015)」が、今年も8月22日から9月11日までK’s cinema(東京・新宿)にて開催される。この開催に向け、同映画祭のポスタービジュアルと予告編が公開された。 12年にスタートした「ムージック・ラボ」は、新進気鋭の [全文を読む]

ドイツの映画祭で安藤サクラ旋風が吹き荒れる!

Movie Walker / 2015年06月06日14時46分

6月2日からドイツのフランクフルトで開催されている世界最大規模の日本映画専門の映画祭、第15回ニッポン・コネクションに女優の安藤サクラが日本から参加し、現地で“サクラ旋風”を引き起こしている。 前年度に製作、公開からされた中から厳選し、100本近い最新の日本映画を上映する本映画祭において、今回の目玉は2014年度の女優賞を席巻した安藤サクラだ。 プログラミ [全文を読む]

【ウラ芸能】高評価・安藤サクラへの「不満」

NewsCafe / 2014年12月18日15時00分

デスク「女優の安藤サクラ(28)が映画情報誌キネマ旬報の『日本映画オールタイムベスト女優』に選ばれの知ってる?」記者「ああ、老舗映画雑誌ですが、若い映画ファンは読んでないでしょ、キネ旬って…」デスク「ま、そうかもしんないけど、何がすごいかって…。男女10人ずつ計20人の日本映画で活躍した俳優が選ばれてて、安藤の他は、若尾文子(81)、富司純子(69)、浅丘 [全文を読む]

岡田准一が敬服する「降旗&木村」の深い魅力 高倉健作品手掛けた名コンビが「追憶」で復活

東洋経済オンライン / 2017年05月17日08時00分

映画『追憶』が公開中だ。25年ぶりの再会を果たした幼なじみの3人。ただ、それは殺人事件の被害者、容疑者、そして刑事という形での再会だった――。先が読めないサスペンスドラマだが、富山県の漁港を舞台に、それぞれが歩んできた人生を紡ぎ出す骨太な人間ドラマでもある。■岡田准一主演のサスペンスドラマ主演は『図書館戦争』『永遠の0』『海賊とよばれた男』といったヒット作 [全文を読む]

『SRサイタマノラッパー~マイクの細道~』第1話 あの号泣メ~ンがテレ東の深夜に帰ってきた!!

日刊サイゾー / 2017年04月10日21時00分

超低予算なインディーズ映画『SRサイタマノラッパー』が連続ドラマ化され、地上波テレビでオンエアされる日がくるとは夢にも思わなかった。『SRサイタマノラッパー』のヒロイン・みひろが、『SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』(10)での女子ラッパーたちとの対決シーンが、そして『SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者』(12)で刑務所に [全文を読む]

4月7日(金)より放送開始 新番組『Koh Gen Do WORDS ALIVE』

PR TIMES / 2017年04月06日12時15分

映画監督、小説家、エッセイストとユニークな感性と美しいたたずまいを持ち合わせる安藤桃子さんと、女優として圧倒的な演技力で数々の映画賞に輝き、日本を代表する女優として注目される安藤サクラさん。日本映画界を賑わせる姉妹の際立つ個性と、才能、生き方が、Koh Gen Doの「肌質・年齢・国境を越えた美しさを追求する」というコンセプトに合致することから、イメージキ [全文を読む]

安藤サクラ、小さなヒロインの涙に動揺「もらい泣きしちゃいそう!」

Movie Walker / 2017年01月21日19時00分

新藤風監督11年ぶりの新作となる映画『島々清しゃ(しまじまかいしゃ)』の初日舞台挨拶が1月21日にテアトル新宿で開催され、伊東蒼、安藤サクラ、山田真歩、渋川清彦、新藤風監督が登壇。万雷の拍手に迎えられた伊東が思わず涙をこぼし、安藤が「動揺した」としどろもどろにコメント。会場も感動するとともに、温かな笑いに包まれた。 本作の舞台は沖縄。耳が良すぎて少しの音の [全文を読む]

安藤サクラ、天才子役の伊東蒼を絶賛「現場で見守ってくれていた」

Movie Walker / 2017年01月12日19時40分

安藤は「五感がすごく心地良くなるような映画です」とアピールした。 天才子役との呼び声が高い伊東は本作で映画初主演を果たした。「うみちゃんは耳が良い役なので、わざと普段からいろんな音を気にするようにしていたんですが、島で寝たり撮影したりしていくうちに、自然とうみちゃんになれたのかなと思っています」。 安藤は伊東に「映画では見守る側でしたが、現場ではどちらかと [全文を読む]

フォーカス