ボクシング 安藤サクラに関するニュース

映画『百円の恋』安藤サクラ × 新井浩文 対談

NeoL / 2015年01月07日22時20分

2人が演じるのは、ボクシングを通じて“負けっぱなし”の人生から這い上がろうとする32歳ニートのヒロイン・斉藤一子と、挫折続きの人生を送ってきた中年ボクサー・狩野祐二。不屈の魂を持つ者たちの大勝負という意味では、マーティン・スコセッシ監督の大傑作『レイジング・ブル』(1980年)のように熱く、どん底でキラリと輝く“ボーイ・ミーツ・ガール”の物語という意味では [全文を読む]

ドイツの映画祭で安藤サクラ旋風が吹き荒れる!

Movie Walker / 2015年06月06日14時46分

質疑応答では、実家に引きこもりの32歳のヒロインが、ボクシングを経て内面も外見も変貌していく劇中の変化に質問が集中。「本当にボクシングをしているんですか?」「縄跳びも?」との質問には「もちろんです。たまに、CGだったり、スタントで吹き替えをしているかと聞かれますけど、一切、使っていません」というと、再び大拍手が。 「監督を責めているわけじゃないけど、撮影 [全文を読む]

安藤サクラ、ボクサーの役作りで驚異の肉体改造!

Movie Walker / 2014年12月19日12時48分

なぜなら本作が不器用な女の子のラブストーリーにして、筋金入りのボクシング映画でもあったから。若手演技派女優として確固たる地位を築いてきた安藤だが、本作で見せたデ・ニーロ・アプローチならぬ、安藤サクラ・アプローチは、息を呑むほどすさまじい。安藤サクラにインタビューし、本作に懸けた、ほとばしるような情熱について話を聞いた。本作は、故・松田優作の出身地、山口県で [全文を読む]

『100円の恋』無職女性の初恋と失恋から自立まで【挑む女】

messy / 2017年06月01日14時00分

淡々と仕事をこなしていた一子は、ある日、近くのボクシングジムでストイックにトレーニングをしている男性・狩野祐二(新井浩文) に一目ぼれをします。この狩野が小汚いのに(小汚いから?)ワイルドな魅力があってかっこいい。まあ、こんな男性が近くにいたら一子じゃなくても惚れちゃうわな~というフェロモンが出まくっています。なんだかんだでその恋は成就し、有頂天になる一子 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安藤サクラが“殴る!” クリープハイプ『百八円の恋』のMVが痛そう。

TechinsightJapan / 2014年11月26日19時55分

安藤は映画でボクシングを始める女性を演じるが、その経験を活かしてMVでも生々しいパンチを披露。彼女に手を出した男子学生が本当に痛そうだ。 映画『百円の恋』は第27回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門作品賞を受賞した力作だ。インタビューでオーディションを受けた理由を聞かれた安藤サクラは、「戦いたいと思ったから」と答えている。 実家を出てひとり暮らしをす [全文を読む]

アラサー女子必見の新年映画!32歳人生のリターンマッチ「百円の恋」

ANGIE / 2015年01月05日07時59分

いつまでも痛くて情けない毎日だけど、やがて恋をし、そしてボクシングに出会うことになります。 そこから、一子のリターンマッチがスタート! いつでも人生は、やり直せるのです。 うまくいかない毎日。でも“勝ち”たいという気持ち 「こんなもんだろう」と、何もはじめる前から諦めていた人生。 でも、ひとりで生きるのは、寂しく、誰かを必要とします。もし恋をして、失恋す [全文を読む]

安藤サクラ、股間にバラ&スケスケドレス姿披露でファン興奮! 門脇麦は“美ちっぱい”披露で「将来が楽しみ」

おたぽる / 2016年03月16日09時00分

撮影期間たったの2週間という厳しい制限があったにも関わらず、自堕落な女性がボクシングに打ち込むことで変わっていく姿を、体重10kgの増減やハードなボクシングシーンをこなし熱演。その姿、役者魂には、『女版ロッキー』『和製ロバート・デ・ニーロ』などといった声が上がり、評価は急上昇。安藤はかつて、『ずっと2世なのがコンプレックスだった』と語ったことがあるなど、父 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】安藤サクラと新井浩文 『百円の恋』コンビの写真がなんか変?

TechinsightJapan / 2016年03月08日18時31分

映画『百円の恋』は32歳で実家を追い出され、100円ショップに働きながら1人暮らしする自堕落な女・斎藤一子(安藤サクラ)が、ストイックなボクサー・狩野祐二(新井浩文)に惹かれてボクシングをはじめる。そんな2人を中心に描いた作品である。 授賞式にて優秀助演男優賞で名を呼ばれ壇上に上がった新井浩文は、本木雅弘、浅野忠信、伊藤淳史、染谷将太と並び「間違いなくこ [全文を読む]

【日本アカデミー賞】安藤サクラ、『百円の恋』の驚異の肉体改造で最優秀主演女優賞!

Movie Walker / 2016年03月04日22時05分

『百円の恋』は、不器用でどん底の生活を送っていた32歳の女(安藤サクラ)が、中年ボクサー(新井浩文)と出会い、ボクシングを通して変化していく姿を描く人間ドラマ。安藤は3ヶ月間ボクシングのトレーニングを積んだが、撮影期間はたった2週間というタイトなスケジュールだったと言う。安藤は「全部排泄してでもやってやるぞ!くそうと思いながら撮影しました」と、ド根性で臨 [全文を読む]

悔しさをバネに美しくなる〜『百円の恋』〔伊藤さとりの映画で恋愛心理学 第17回〕【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2014年12月24日10時15分

初めての一人暮らし、生活のために100円ショップで深夜労働を始めた一子は、近くにあるボクシングジムのボクサー狩野(新井浩文)と出会い、人生初のデートに誘われます。そして狩野が招待してくれた試合でボクシングの魅力に惹かれていくのだけど......。初めての恋、初めての経験、女として自信を持てなかったヒロイン一子が、愛される喜びを知り、女として目覚め、どんどん [全文を読む]

安藤サクラ、新井浩文から「リアル“あしたのジョー”だった」と絶賛される

Movie Walker / 2014年12月20日16時43分

どん底の生活を送っていた32歳の女・一子(安藤サクラ)が、中年ボクサー(新井浩文)と出会い、ボクシングを通して成長していく。第27回東京国際映画祭では日本映画スプラッシュ優秀作品賞を受賞した。【取材・文/山崎伸子】 [全文を読む]

安藤サクラが「和製女デ・ニーロ」と呼ばれるワケ

アサ芸プラス / 2014年11月13日09時59分

この映画では引きこもりのグータラ娘が、中年ボクサーに恋をし、ボクシングに挑戦。身も心も激変していく姿を描いている。 「サクラは役のためにクランクインして10日間で体重を10キロも絞ったという。急激な減量をすると体力まで落ちて、集中力を欠いたりするものだが、そんな素振りはまるでなかった。ボクシングシーンにも一切弱音を吐かずにやり通した。父親譲りの粘り強さ、役 [全文を読む]

なぜNY在住の日本人社長は真っ白なDVDを見て身を乗り出したのか

まぐまぐニュース! / 2017年05月15日13時55分

そこにはボクシングをしている彼女の写真は掲載されていたはず。 それすら(ジャンルすら)知らない僕はまさかの展開に、驚き、結果、生涯の1本のひとつになった。 前述の近所のお兄ちゃんにとっての「トッツィー」のように。 予告編で観ていたら、少なくとも、最後に彼女がリングに上がるということくらいまではわかるはず。 観てなくて良かった。 、、ということは、映画好き [全文を読む]

【ウラ芸能】高評価・安藤サクラへの「不満」

NewsCafe / 2014年12月18日15時00分

加えて母親のエッセイスト、安藤和津(66)は犬養毅首相の孫という血筋で彼女もマスコミ界に顔は広い」デスク「確か、サクラも下から学習院でそこの女子大出ているんだよね」記者「そうした育ちの良さとは裏腹に、映画ではパンツ見せる女番長を演じたり、20日公開の主演映画『百円の恋』ではニートのダメ女がボクシングに生きがいを見せる姿を演じていますが、貧乳をさらしながらね [全文を読む]

フォーカス