安倍昭恵 昭恵夫人に関するニュース

<森友問題>誰も言わない谷査恵子FAXミステリー

メディアゴン / 2017年03月29日07時40分

これ以降、日替わりで新ネタが掘り出され、稲田朋美防衛相や安倍昭恵夫人さらに鴻池祥肇氏、菅野完氏という印象の強いキャラクターが次々と登場することで世間の注目が高まり、生ワイド番組はますます多くの時間を森友問題に割くことになります。この間、政府・自民党の鎮火作戦はことごとく失敗、とうとう無理やり証人喚問を提案して籠池氏を呼びつけ、人格否定作戦を敢行しましたが、 [全文を読む]

「波動」というオカルトを信じる昭恵夫人

プレジデントオンライン / 2017年04月19日09時15分

その点について、『朝日新聞』は「リベラル? 国粋的? 安倍昭恵さんの思想とは」(4月6日付朝刊)という記事で追求を試みていた。 その記事の中で、一つ注目されるのが、昭恵夫人が「波動」ということに強い関心を抱いているとされている箇所である。 『文藝春秋』3月号でも、ノンフィクション作家の石井妙子氏が「安倍昭恵『家庭内野党』の真実」という記事で、昭恵夫人は、「 [全文を読む]

国会で討論すべき重要議題は他にある? 森友学園問題で「昭恵夫人に早期決着を望む」彼女たちの声とは…

週プレNEWS / 2017年04月04日20時30分

そこで今回のテーマは、ズバリ「安倍昭恵首相夫人に対する率直なイメージは?」。国を挙げての騒動に対して、JDはどのような感想を抱いているのでしょうか? 当然、彼女たちの関心も高いようですが…。 「森友問題については、真相はわかりませんが、一方の当事者である籠池氏が国会で話して、昭恵夫人の主張と食い違っている以上、同じ場で話をしたほうがいいのではないでしょうか [全文を読む]

<急展開、森友問題>新理事長・籠池町浪氏が安倍総理へ反逆の声明文

メディアゴン / 2017年04月04日07時30分

両角敏明[テレビディレクター/プロデューサー]* * *籠池氏が安倍昭恵総理夫人付き谷査恵子氏に出したとされる「依頼の手紙」は実に奇妙であると書いたのは3月28日でした。その後、この手紙の詳細が各テレビ局で明らかにされ、全文が判読できるようになりました。驚いたのは書かれていたのは中学生が使いそうな学習用ノートで、上下余白には、「平家物語」「平清盛」「祇園精 [全文を読む]

安倍昭恵に姑・洋子さんが大激怒「ケジメとってもらいます」

WEB女性自身 / 2017年03月28日00時00分

「3月上旬、安倍首相の母・洋子さんが、2階で暮らす昭恵夫人を3階に呼び出したそうです。そこで『首相夫人という立場にいながら、得体のしれない人物にはもう会わないように 』と、面と向かって厳しく叱咤したと聞いています」(政治部記者) 安倍晋三首相(62)の私邸で再燃した嫁姑バトル。姑の洋子さん(88)が危機感を募らせたのは、森友学園の国有地払い下げ問題で自分ば [全文を読む]

違法! 昭恵夫人が自民党の選挙応援に夫人付き職員を随行させていた! 森友口利きサポートに続き、官僚を私物化

リテラ / 2017年04月03日23時31分

安倍昭恵夫人に財務省へ掛け合ってもらうべく電話をした籠池泰典・森友学園理事長(当時)の留守電メッセージに対し、総理大臣夫人付の官僚である谷査恵子氏が折り返しの電話を入れ、書面の送付を依頼していた──。先週、新たに判明したこの事実によって、昭恵夫人の「口利き」がさらに明確になったが、ネット上ではまたしても昭恵夫人の問題が浮上した。 それは、選挙において自民党 [全文を読む]

森友問題の幕引きを許すな! 籠池氏が「昭恵夫人に交渉経緯を適時報告していた」と証言! 昭恵夫人は「主人に伝えます」と

リテラ / 2017年04月28日20時33分

●「安倍昭恵夫人には、財務省との交渉内容について適時、電話でご報告しておりました」 本日、民進党の森友学園問題調査チームが籠池泰典前理事長を国会に招いてヒアリングを行ったが、そこで語られたのは、安倍首相の妻・昭恵氏との"濃厚な"やりとりの詳細だった。 きょうのヒアリングで籠池前理事長はまず、「小学校の建設構想が具体的に走り出した直後の平成24(2012)年 [全文を読む]

総理夫人・安倍昭恵が夫より心酔する5人の男(3)中国の工作員とも親密に!

アサ芸プラス / 2017年03月24日12時55分

「ファースト・レディ」でありながら奔放な昭恵夫人とは何者なのか──。来歴から素顔が見えてくる。 62年東京都生まれで、父親は森永製菓の元社長・松崎昭雄氏(86)。小中高とお嬢様学校で知られる聖心女子学院に通った。続けて進んだ聖心女子専門学校卒業後は、大手広告代理店「電通」の新聞局に勤務。グリコ森永事件が起きた84年頃、上司から安倍総理を紹介され、約3年後に [全文を読む]

<批判は思想の違い?>安倍昭恵夫人のズレた感性と軽率さ

メディアゴン / 2017年03月22日07時49分

これと同様にテレビ朝日「羽鳥慎一・モーニングショー」が伝えた渦中の安倍昭恵総理夫人のコメントもおそらく他番組は伝えませんでした。いま、昭恵夫人のコメントにはバリューがあるはずなのですが・・・。安倍首相曰く、「妻は独立した人格の私人です。」ならば昭恵夫人が独立した大人として自ら説明しなければならないことがたくさんあるはずです。まずは当事者である100万円につ [全文を読む]

安倍昭恵さん「アベ政権反対」の看板を掲げるバー店主に心酔

NEWSポストセブン / 2015年09月07日16時00分

8月下旬、南青山の会員制バーで飲んでいた安倍昭恵さんが布袋寅泰を呼び出し、布袋にしなだれかかったり、首筋にキスをするなどしていたことが『女性セブン』で報じられた。布袋との騒動は「酒」が引き起こした“情事”だが、かつて昭恵夫人はこんなことを語っている。 《私にとってお酒はコミュニケーションの大事なツールだと思っています。帰宅が遅くなることもあり、週に何度かは [全文を読む]

安倍昭恵「別居生活」と「偽装ツーショット」の修羅現場!(3)「晋三の世話は私がしている」

アサ芸プラス / 2017年05月07日09時55分

マイナスイメージを作りたくないようで、メディアに出る時こそツーショットのために呼び寄せますが、それ以外は、昭恵夫人には干渉していません」(前出・自民党関係者) [全文を読む]

安倍昭恵「別居生活」と「偽装ツーショット」の修羅現場!(2)食事の時だけ撮影用に同席

アサ芸プラス / 2017年05月06日17時55分

日本中を騒動の渦に巻き込む一方で、安倍夫妻の家庭も非常事態に見舞われていた。さる官邸関係者が、「昭恵夫人は渋谷区内にある自宅にほとんど帰っていない。実質上の別居状態です。政府関係者は世間への露呈を避けるため、対応に苦慮しています」 と「家庭崩壊」の兆しについて打ち明ける。「すわ、離婚か!」となるその生活実態について、官邸関係者は、続けてこう明かすのだ。「4 [全文を読む]

総理夫人・安倍昭恵が夫より心酔する5人の男(2)「元カレ」を自民党に紹介

アサ芸プラス / 2017年03月23日12時55分

昨年8月、沖縄県東村の高江地区にある米軍北部訓練場内にて、ヘリコプターが発着するヘリパッド建設工事を巡り、反対する地元住民が座り込みで抗議をしていた。警備隊とにらみ合いが続くピリピリした場所に、昭恵夫人が現れた。「政府が建設工事を進める中、安倍総理にも知らせずに電撃訪問しました。怒号が飛び交い、10分ほどでその場をあとにはしましたが‥‥」(地元記者) 暴動 [全文を読む]

安倍昭恵「別居生活」と「偽装ツーショット」の修羅現場!(1)スキャンダルにミツバチ騒動も

アサ芸プラス / 2017年05月06日09時55分

彼女がいたく腹に据えかねているのは、安倍昭恵夫人(54)。「さんざんな目」とは例えば、国会を揺るがす疑惑を生んだ「森友学園騒動」を指している。政治部デスクが解説する。「森友学園が評価額の9割引きという破格の安さで大阪・豊中市の国有地を取得。建設される小学校の名誉校長に昭恵夫人が就任していたことで、口利き、政治介入が疑われました。15年9月5日、森友学園が経 [全文を読む]

森友学園、愛と憎しみの証人喚問を新聞各紙はどのように伝えたか?

まぐまぐニュース! / 2017年03月27日05時00分

しかし蓋を開けてみれば籠池氏の口からは数々の爆弾発言が飛び出し、幕引きどころの騒ぎではなくなり、野党からは安倍昭恵総理夫人の喚問を要求する声も上がる事態となっています。この喚問を新聞各紙はどのように報じたのでしょうか。メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ』の著者でジャーナリストの内田誠さんが詳細に分析しています。 はじめに~証人喚問の破壊力 こんにちは。 [全文を読む]

本人へのインタビュー取材も行った石井妙子氏の「安倍昭恵『家庭内野党』の真実」を 電子書籍オリジナルで3月24日(金)緊急発売!

@Press / 2017年03月24日08時00分

株式会社文藝春秋・電子書籍編集部では、電子書籍オリジナル作品「安倍昭恵『家庭内野党』の真実 文春e-Books』(石井妙子著)を3月24日(金)より配信します。 「月刊文藝春秋」2017年3月号に掲載された「安倍昭恵『家庭内野党』の真実」は、その後、一連の森友学園の騒動で昭恵夫人に注目が集まったこともあり、彼女について読み解いた記事として話題となりました。 [全文を読む]

森友学園問題、参議院の議事録に記録されていた「安倍総理の動揺」

まぐまぐニュース! / 2017年03月14日00時05分

許認可が始まる直前に名誉校長に就任を受諾をして、寄附金集めには、安倍昭恵夫人が名誉校長だとか、さらには講演に来られているかとか、そういう話も出るはずです。 そして、これ大阪の財務局の立場でいえば、安倍昭恵夫人が名誉校長に就任している小学校を、手続ができないからといって先送りなんかして開校を延長したら、それは昭恵夫人に恥かかせたのか、安倍総理に恥をかかせたの [全文を読む]

安倍昭恵が大宣伝していた「大麻で町おこし」の会社社長が大麻不法所持で逮捕!「家庭内野党」からの撤退に拍車

リテラ / 2016年10月18日08時00分

すっかり「お騒がせ」キャラが板についた安倍総理のファーストレディ・昭恵夫人が、またしても注目を集めている。今度は、昭恵夫人が大々的に応援していた大麻加工を行う会社の代表が、大麻を所持し、大麻取締法違反の疑いで厚生労働省の麻薬取締部に逮捕されていたのだ。 逮捕されたのは、鳥取県智頭町で大麻の関連商品の販売を行っていた上野俊彦容疑者。上野容疑者は大麻草の種や茎 [全文を読む]

安倍昭恵夫人の居酒屋を公安部がマークしているとの情報登場

NEWSポストセブン / 2014年01月16日16時00分

「家庭内野党」を自任するお騒がせファーストレディ・安倍昭恵夫人にまつわる仰天情報が永田町の噂のタネになっている。「昭恵夫人の店が警視庁公安部にマークされているらしい」(自民党関係者)というのである。 昭恵夫人の店とは、2012年10月に神田にオープンした居酒屋「UZU」のこと。にわかには信じがたいが、事実とすればなぜ、昭恵夫人に国家権力の監視がつくことにな [全文を読む]

総理夫人・安倍昭恵が夫より心酔する5人の男(1)「本当に知らない」と激怒!

アサ芸プラス / 2017年03月22日12時55分

「森友学園」の「名誉校長」に就任していた安倍昭恵氏が窮地に追い込まれた。私生活では「家庭内野党」を公言して自由奔放にふるまってきた結果、「夫よりも心酔する男」たちの存在までが次々と浮上。宴席では乱れる場面も──。国会では追及されない「ピンク交遊録」を明らかにする!「何でこんなに私は注目を集めてしまっているんだろうかって、すごく戸惑っている」 3月7日、東京 [全文を読む]

フォーカス