奥さん 清原和博に関するニュース

ロンブー田村淳が悩む「薬物事件の容疑者を家族が見捨てるのはアリ?」

週プレNEWS / 2016年07月13日06時00分

その高知容疑者の奥さんである女優の高島礼子さんが囲み取材を行なったけど、涙ながらの謝罪は見ていてつらいものがあったよね。ただ、高島さんの『離婚も視野に入れている』という見切り発言は早すぎるんじゃないかと思った。 これからもっと深く夫婦で話し合い、更生の可能性を見つけ出すべきなんじゃないの。いや、でも、クスリに浮気だもんなぁ……そりゃ妻からすれば愛想が尽き [全文を読む]

禁断の「密着&激白」清原を知りすぎた男・野村貴仁(3)亜希元夫人に告発した理由

アサ芸プラス / 2016年03月13日17時57分

清原さん自身に送っても見てくれないと思いまして、先輩のためにも、奥さんの口から『気をつけて』と、注意してあげてください」 字が下手な自分が書いては真剣に受け止められないと考え、代筆を依頼するほど気合いを入れたという。 夫の「黒い人脈」を突きつけられ、元夫人はどうしたのか。「結局、清原が激怒して連絡してくることもなかった。奥さんがその手紙をどうしたのかはわか [全文を読む]

清原和博 “薬物底なし沼”と“あふれ出る女性遍歴”(2)亜希元夫人と結婚した後も…

アサ芸プラス / 2016年02月27日17時57分

現金を持たされていないため支払いはカードばかりだったことに納得がいかず、奥さんの愚痴をよくこぼしていた。そればかりか、デリケートな奥さんの体形の話題まで持ち出して、『アイツはケツが小さいんや。ちっともよくないわ』と吐き捨てるように言い放っていたんです。それでも愛の結晶である、子供ができたことを諭されたんですが、『どうしても子供が欲しいと言うから2発ヤッただ [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】『文春』記者はレベル高い! 東国原氏と角川春樹の娘が生放送でぶっちゃけ

TechinsightJapan / 2016年02月05日20時15分

元プロ野球選手の清原和博が覚せい剤所持で逮捕された件が話題となり、「覚せい剤から1人だけで抜けるのは難しいので逮捕されてよかったのでは」「ASKAさんの場合は奥さんが通報した」などの意見が出ると、角川慶子から「うちは別に暮らしていたから分からなかった」と父親が逮捕された当時について語られた。有名人が逮捕されるたびにその頃を思い出すという彼女は、「本人はやっ [全文を読む]

“甲子園スター”たちの流転人生!「清原和博・松坂大輔」

アサ芸プラス / 2015年08月16日17時56分

食事の前に契約の話をして、2年4億の提示をすると真っ先に奥さんが立ち上がって『ありがとうございます』と深々と頭を下げ、清原本人も『よろしくお願いします』と続けて頭を下げた。あの奥さんはホンマにできた人やったで」 清原氏は引退後、薬物騒動によるイメージダウンでテレビ出演も激減。亜希夫人とも離婚し、激太りした様子がマスコミによって何度も撮られている。「パチンコ [全文を読む]

保釈後の清原和博に忍び寄る「地下格闘技」からの黒いオファー

アサ芸プラス / 2016年03月06日17時57分

しかし、大阪の両親は病身で、奥さんとは離婚状態、暴力団との黒い交遊まで明るみに出た今、500万もの保証金を用意して清原に手を差し伸べる人物などいない」(社会部記者) 独房で孤独を極める清原容疑者の保釈は、3月中旬までずれ込むと言われる。「大物ヤクザとの交遊を自慢してもいたが、どの組にも八方美人な態度の浅いつきあいで、面倒を見てもらうまでの忠義心はなかった。 [全文を読む]

清原和博 逮捕から1カ月、絶体絶命で浮上した「救いの糸」

WEB女性自身 / 2016年03月02日06時00分

支えてくれた人や、元奥さん、そして何より子どものためにも、努力して信頼を取り戻してほしい。彼は野球の世界でトップスターになった人。その陰では、大変な努力があったはずです。だから苦しい修行にも、きっと耐えられると信じています」 地獄から這い上がる。その苦難の道にたらされた一本の糸を、清原はつかむことができるのだろうか。 [全文を読む]

両刀遣いに、変態3Pまで――!? 清原和博容疑者の下半身エピソードがヤバすぎる!

日刊サイゾー / 2016年02月23日09時00分

「自分でまいた種とはいえ、離婚した奥さんや子どもさんには同情しますよ。清原容疑者の下半身エピソードは、探せばいくらでも出てくる。今後も止まらないでしょうね」とは週刊誌デスク。 同容疑者にシャブセックスを教え込んだのは、かつて交際していた銀座のホステスで「彼女とはホテルに3日間こもりきりで、セックスに興じたこともあったそうだ。彼女は裏社会の人間ともつながっ [全文を読む]

清原和博容疑者の「人生再生」後見人が絶縁告発!(1)PLの盟友・桑田真澄との“KKコンビ”復活を拒み…

アサ芸プラス / 2016年02月21日17時57分

さすがに奥さんも、清原がクスリを常用していたのは知っていただろうね」 芸能界復帰に際してP氏が清原容疑者に提案したのは、PL学園時代の「KKコンビ」復活だった。「疑惑があった以上、芸能界での仕事を再開するためには、人前でニコニコ笑顔を見せたり、頼まれればサインを書かなければならない。清原に、それが芸能人としての復帰につながるんだと話した。特に清原の場合には [全文を読む]

清原和博 「捨てられ離婚」までの“不倫中毒”な野獣生活

アサ芸プラス / 2014年10月07日09時58分

あの騒動が決定打となり、奥さんが『絶対に別れる』と。でも2人の息子のために‥‥と、思いとどまって仮面夫婦を続けましたが、限界が来てしまった」 9月22日にファックスで離婚を発表した清原和博氏(47)についてスポーツライターが話す「不倫旅行」とは、09年に発覚した3件の隠密行動のことを指す。 この年の3月、TBSの解説者として渡米し、WBC米国ラウンドに臨ん [全文を読む]

清原和博 日ハム・中田翔に公開絶縁を突きつけた戦慄真相(2)現役選手も深夜に電話で呼び出し

アサ芸プラス / 2014年04月01日09時57分

彼はその前から“筆頭舎弟”だった元木大介氏(42)に、奥さんからもらったネックレスを破損されて『こんな軍団にはいられない』と一派とは疎遠になり、広島入団で完全に断ち切ったようです。さらに、05年オフに中日に移籍した小田幸平(37)はまだ現役ですが、引退後の清原氏が夜中でもかまわず飲みに誘ってくるので、徐々に電話に出なくなり、ついには返信すらしなくなったとい [全文を読む]

清原和博のオリックス入団の背景に金村義明と大塚光二の存在

NEWSポストセブン / 2012年03月13日07時00分

お焼香させてもらい、奥さんから“(夫を)一緒に宮古島に連れていってやって”といわれたのが印象的でした」(金村氏) ※週刊ポスト2012年3月23日号 【関連ニュース】時計の選択は“大人のたしなみ”の成熟度を物語る清原和博氏 「伊良部のストレートが一番速かった」と述懐晩年不調の清原 『とんぼ』をテーマ曲に選んだのは大間違いプリン1リットル3496円 50リッ [全文を読む]

SMAPから小池百合子まで 泉ピン子が2016年を総まくり

WEB女性自身 / 2016年12月24日17時00分

「相手の男(川谷絵音)は最低だね!奥さんがいたのに、実家に行くのはご法度ですよ。詳しくはわからないけれど、彼が実家に誘って、軽く考えて行ってしまったのかな?ベッキーは素直で真っすぐな子だから、本当に頑張ってほしい。(三遊亭)圓楽師匠の会見は笑っちゃったけどね(笑)。師匠は芸人だし、ジジイだし、もう許してやってよ。絶対、女房に『みっともない』って絞られてる [全文を読む]

禁断の「密着&激白」清原を知りすぎた男・野村貴仁(1)逮捕前に一度だけ清原の元夫人・亜希さんに手紙を送った

アサ芸プラス / 2016年03月12日17時57分

取材の意図を野村氏に伝えると、清原容疑者本人のことではないため、公判までは語りたくないと悩みだしたのだが、「ただ、俺はいくら何でも(一部で報じられた)清原が斧を買って、奥さんを襲おうとしたとかはありえん話だと思っとるし、『俺がしゃべったから離婚した』と周りから言われるのも心外や」 と、言葉少なに語りながらひと言だけ、「逮捕前に一度、清原亜希宛てに手紙を送 [全文を読む]

「ゲスだけでなくカス!」川谷絵音告白記事で蒸し返された沈黙のベッキー

アサジョ / 2016年03月11日17時59分

さらに妻に対しても『奥さんとは何回も話をして、申し訳ございませんでしたという話は。何度言ったからと言って変わるわけじゃないんですけど、あの。そういう話は二人の間ではしていますね』など。騒動の大きさに比べて、かなり軽い受け答えの印象です」(週刊誌記者) この報道を、ベッキーサイドはどんな思いで読んだのだろうか。「怒り心頭ではないでしょうか。ベッキーを休養させ [全文を読む]

ゲス極・川谷の逆ギレでベッキーに同情論!復活は記者会見での態度しだい?

アサジョ / 2016年03月11日09時59分

「ベッキーを休業に追い込み、結果的に彼女の所属事務所に億単位の負債を負わせた川谷ですが、結局は今の奥さんと離婚せず、結婚生活を続けるようで、周囲も言葉を失っています。しかも、先日行ったライブでは『僕はいったい誰に謝ればいいんだ!』と逆ギレしたそうですから、ベッキーもとんでもない男に引っ掛かったものですよ」 そんなベッキーだが、業界内では“同情論”も出始めて [全文を読む]

<自立できないカリスマ主婦たち>なぜ清原亜希は清原姓を捨てられないのか?

メディアゴン / 2016年02月28日07時40分

仮に、雑誌やテレビなどでいくら「カリスマ」として支持を受けようが、人気を得ようが、その実態は「パートナーがすごいから、その奥さん『も』すごい」という幻想の人気であるに過ぎない。よって、その存在価値は「パートナーの存在」によって左右される。いわば、パートナーの一挙手一投足にすべての生殺与奪を握られている極めて脆弱なポジションであるというわけだ。そう考えると「 [全文を読む]

カトパン「ダルビッシュとの密会報道」の真相を告白

Smartザテレビジョン / 2016年02月18日11時05分

坂上忍が「奥さんとのキューピッドがココリコ遠藤(章造)って本当?」と質問すると、「(妻と)テレビ番組で一緒になった時に遠藤さんもいて、遠藤さんが妻のタイプを聞いたところ、自分だった」と意外な事実を明かした。 その後、遠藤が里田の連絡先を受け取り、直接田中投手に手渡した、と二人のなれ初めを告白した。 そして今月、パパになった田中投手。生まれた長男の名前はま [全文を読む]

清原容疑者が子供2人をシャブ部屋に…近隣住民が見た”恐怖の光景”

デイリーニュースオンライン / 2016年02月18日07時30分

たぶん離婚後も、元奥さんから1ヶ月に何回か会う機会をもらっていたんでしょう。ただ、そのときはもうすでに覚せい剤漬けだったわけでしょ? シャブ部屋に子どもを連れ込んでいたわけで、父親としての最後のプライドすら薬によって失っていたのだと思います」(前出・ジャーナリスト) かつて、いくつもの媒体で自身の子煩悩ぶりを話していた清原容疑者。覚せい剤を前にしてその大切 [全文を読む]

巨人ファン SB松田、内川、摂津の獲得にも自信をにじませる

NEWSポストセブン / 2015年09月21日07時00分

「フジテレビのアナウンサーだった奥さんの影響もあって、在京志向が強いとされていた。ただ巨人は手を挙げなかった。当時、同じポジションに小笠原(道大)やラミレスといった戦力がいたからです」(前出・デスク) だが状況は変わった。 「ここで声をかければ動くのではないか」──ファンは勝手な自信を覗かせる。 ●攝津正(33・ソフトバンク) 今季、巨人は投手陣がチーム [全文を読む]

フォーカス