徳川家康 日光東照宮に関するニュース

静岡市にある出世運の強力パワースポット!?久能山東照宮にはガンダムが奉納されている!

GOTRIP! / 2015年08月08日06時17分

さまざまな節目を迎えている2015年、実は天下を取り征夷大将軍となった徳川家康公が没してから今年で400年という節目で、全国にある家康にゆかりのある都市では、様々なイベントが開催されています。 その中でも没後ということで、家康のお墓がある栃木県の日光東照宮と、静岡県の久能山東照宮では、50年に1度の「式年大祭」が盛大に行われる特別な年となっています。 次に [全文を読む]

京都の梅の名所「北野天満宮」にある七不思議

まぐまぐニュース! / 2016年01月31日19時00分

神になろうとした2人(豊臣秀吉と徳川家康) 菅原道真はその怨霊を鎮魂するために後に朝廷が高い地位を与え神として祀られた人物です。これに対して豊臣秀吉と徳川家康は自ら望んで神になろうとした人物です。 豊臣秀吉 豊臣秀吉は、自らが神となり、豊臣家が神の末裔になることを望んだと言います。秀吉の墓所・豊国廟(現在は阿弥陀が峰山頂)が造られた当時に描かれた狩野永徳 [全文を読む]

国内世界遺産の検索人気ランキング2017年版をGoogleが発表!

TABIZINE / 2017年06月03日12時00分

10位:京都 二条城|江戸幕府を象徴する歴史の舞台 江戸時代の始まりに、徳川家康により築城された二条城。当時の建物が現存しています。江戸時代が終わる大政奉還もここで執り行われました。京都のど真ん中に位置している広大な敷地。その昔は平安京の中心部だったそうです。 9位:栃木 日光東照宮|徳川家康を祀る荘厳かつ豪華絢爛な建築美 深い緑に包まれひっそりと佇む日 [全文を読む]

全面金箔の特撰カステラを先着401本で限定発売!国宝、日光東照宮40年に一度の「陽明門」竣功を記念ミス鬼怒川の巨大カステラ入刀イベントも

@Press / 2017年02月23日15時30分

くわえて当日限定の商品として全面金箔特撰カステラを徳川家康公御奉祀401年式年から401個限定で販売いたします。最後の1個をご購入の方には特別な品をプレゼントいたします。また、栃木県は60代の観光客が最も多く(※1)年齢層の低いお客様、特にお子様や家族連れにも来ていただきたいという想いを込めて、今回入刀する陽明門竣功記念イベントには通常販売をしていないチョ [全文を読む]

抜いただけでわかる刀のクオリティ──斬劇『戦国BASARA』のこだわりをキャストがアツく語る

ニコニコニュース / 2017年01月23日11時00分

すべての写真付きでニュースを読む 番組には、徳川家康役の中尾拳也さん、石田三成役の沖野晃司さん、伊達政宗役の眞嶋秀斗さん、真田幸村役の松村龍之介さん、後藤又兵衛役の汐崎アイルさん、黒田官兵衛役の伊藤裕一さんら6名のキャストが生出演。 それぞれが演じたキャラクターについて、その魅力や特徴を語ってくれた。ここでは、その内容をピックアップして紹介していこう。中尾 [全文を読む]

【連載】国内一人旅でおすすめの旅先は?/第5回「日光~鬼怒川温泉を巡る旅」

TABIZINE / 2016年06月17日12時00分

徳川家康を神聖化して祀っているこの神社は、世界遺産だけあり、サルをはじめとする動物の木彫像や社殿のおびただしい数の彫刻には圧巻! 拝殿の中に入り、うえを見上げると、天井の装飾に度肝を抜かれます。これほどまでに、細部の装飾にまでこだわった豪華絢爛な拝殿はほかに例を見ないかもしれません。 ■あわせて読みたい 見ざる聞かざる言わざるでおなじみの三猿から学ぶ、知っ [全文を読む]

開運&縁結び!「オトナ女子の週末日光」モデルプラン前編

LAR - Life & Aging Report / 2016年02月02日12時00分

■世界文化遺産の「日光東照宮」へ参拝 腹ごしらえが済んだら、徳川家康公を神様として祀る「日光東照宮」へ。 今年は家康公が鎮座して400年ということで、日光の街全体も活気づいています。屈指のパワースポットということもあり、今年は、お参りすれば特に大きなご利益が得られるとのことですよ。 国宝である「眠り猫」をくぐり、長い長い階段を上って奥宮へ行くと、御祭神で [全文を読む]

【茨城vs栃木vs群馬】もっとも栄えている北関東はどこか決着

しらべぇ / 2016年02月06日16時00分

そして栃木県は徳川家康が祀られる日光東照宮、日本最大名滝の一つ華厳の滝、そして日本屈指の温泉地鬼怒川温泉などがある。どれも甲乙つけがたいが、日本の歴史において重要な役割を果たした徳川家康が眠る日光東照宮を持つ栃木がややリードか。3つの要素を比較したが、それぞれの県が長所を持っており、「ここが一番!」とは言えない。3県の県民を傷つけない意味でも「どこもそれな [全文を読む]

四百年式年大祭の日光東照宮へ!秋の祭典が斎行

Walkerplus / 2015年10月14日22時41分

徳川家康公の神霊を、駿府久能山から日光へ改葬した当時の行列を再現した行事だ。槍持ちや鎧武者などに扮した大勢の行列が、家康公の神輿(みこし)とともに東照宮を進発し、表参道を通って御旅所(おたびしょ)へと向かう。 御旅所は、神輿などが通る際の休憩地点で、ここで三品立七五膳、八乙女の舞、東遊の舞といった祭典が行われた後、再び表参道を通り東照宮へと戻る。 また、1 [全文を読む]

名人がソフトに完敗の将棋電王戦…「歴史的役割」は終わった?

しらべぇ / 2017年04月07日10時00分

対局場の日光東照宮といえば、将棋を愛した徳川家康ゆかりの地。家康公も草葉の陰で、地団駄を踏んでいたかもしれない。■電王戦は今期で終了数々の熱戦を繰り広げ、新規将棋ファンを多く獲得したといわれる「将棋電王戦」は今期をもって終了する予定だ。これは2月の記者発表で主催であるドワンゴ・川上会長が発言したもので、「人間とコンピューターが同じルールで真剣勝負するスタイ [全文を読む]

日光の紅葉は10月30日~11月8日がピーク!

Walkerplus / 2016年10月06日17時55分

特に今年は徳川家康の御鎮座400年にあたり、日光東照宮は例年以上の盛り上がりを見せそうだ。 日光東照宮を含む日光二社一寺や、中禅寺湖、いろは坂、華厳の滝、そしてライトアップなど多くの有名紅葉スポットのピークが重なると予想されている。 また今年、日光は開山1250年を迎え、様々な記念イベントも企画されている。全山が真っ赤に燃える日光に、素敵な秋を見つけに出か [全文を読む]

名刀コレクター徳川家康 信長や秀吉保有の名刀群も収集

NEWSポストセブン / 2016年04月18日16時00分

天皇家や足利家、織田信長に豊臣秀吉、徳川家康ら時の権力者たちがいかに刀を求めたかについて、時代小説家の牧秀彦氏が解説する。 * * * 刀剣は記紀神話にも登場し、その霊力で邪気を祓(はら)う神聖な武器として描かれている。天皇家は朝敵討伐の際にその威光を借り、権威を委任する証しとして「節刀」を用いた。その天皇家の武官たる立場にふさわしい重宝、つまり代々の宝と [全文を読む]

JTBサン&サン「日光女子倶楽部」発売

PR TIMES / 2014年12月26日19時02分

また、徳川家康公の400回忌にあたり、日光東照宮400年式年大祭が開催となる節目の年となります。 この節目を機に、世界遺産「日光の社寺」プロモーション委員会は、ポジティブに幸せをつかもうとする女性を応援する「日光女子倶楽部」を設立しました。 「日光女子倶楽部」は首都圏の20~30代の女性をターゲットとして、自分磨きや夢にむかって行動する女性のグループに、日 [全文を読む]

【挑戦!お江戸クイズ】神田祭と山王祭が「天下祭り」と称された理由とは?(ほか全5問)

サライ.jp / 2017年02月08日19時00分

その理由は何でしょう?(い)将軍が江戸城内で祭礼行列を上覧したから(ろ)将軍家が祭礼の費用を全額負担したから(は)天下の中心・江戸で、もっとも華やかな祭礼だから(に)天下に並びない由緒ある神社の祭礼だから【クイズ4】徳川家康を祀り、極彩色の絢爛豪華な彫刻で知られる日光東照宮の門は、一般に何と呼ばれているでしょう?(い)大手門(ろ)南大門(は)桜田門(に)陽 [全文を読む]

直虎眠る、浜松・龍潭寺の美しい庭園

NEWSポストセブン / 2017年01月07日16時00分

徳川家康が青年期を過ごし、後にホンダ、スズキ、ヤマハなど日本を代表する企業が誕生した“出世の街”・静岡県浜松市。東京、大阪から約1時間半、アクセスも抜群の魅力の宝庫を訪ねた。 そんな浜松は、新大河ドラマ『おんな城主 直虎』で注目を集めている。柴咲コウ演じる主人公の直虎は、戦国時代、井伊家22代当主・直盛の一人娘として生まれる。幼い頃に許嫁・直親と生き別れに [全文を読む]

街道トラッカーズ 日光街道(3/4)

INLIFE~あなたと保険を繋げるメディア~ / 2016年08月01日09時00分

江戸川に通じる渡良瀬川の支流、思川の水運で栄え、日光街道、徳川家康とのゆかりも深い。 家康が上杉景勝討伐のために北進しているところ、石田光成の挙兵を聞き、世に言う小山評定を開いたのがこの地である。須賀神社で評定を行い、家康は合戦を決意した。そして、戦勝祈願を行った後に天下分け目の大合戦、関ヶ原の合戦へと日本史が大きく動いて行くのだった。 その後、祇園城は祇 [全文を読む]

<Wコラム>日本のコリアをゆく(静岡・清見寺編2)

Wow!Korea / 2016年07月11日17時28分

1607年、江戸時代に初めて来日した朝鮮通信使には、徳川家康に朝鮮国王の国書を渡すという重要な任務があった。彼ら一行が江戸をめざして東海道を進んで浜松に至ったとき、2年前に将軍職を息子の秀忠に譲った家康が駿府(静岡)にいるという情報が伝わってきた。■家康から受けた歓待朝鮮通信使の正使だった呂祐吉(リョ・ウギル)は、なんとしても家康に朝鮮王朝の国書を直接渡し [全文を読む]

台湾人が提示する、中国が台湾を「日本の一部」と見なしていた証拠

まぐまぐニュース! / 2016年06月15日19時30分

江戸時代に入った慶長13年、徳川家康は日本に漂着した台湾のアミ族を駿河で引見した。このことは、『パンチア国人と今』という書物に記録されている。台湾に興味を持った家康は、その翌年、有馬晴信に台湾探険を命じる。 家康の命を受けた有馬晴信は、部下を台湾に送ってまずは視察をし、原住民を撫順してから通商を試みたが、結果は失敗に終わる。元和元(1615)年、今度は長 [全文を読む]

オススメドライブスポット・日光編

clicccar / 2016年01月12日14時33分

■日光東照宮 江戸幕府初代将軍の徳川家康が祀られており、観光スポットとしても有名です。国宝や重要文化財に指定されているものが多くあり、古き良き歴史を感じることができる造りとなっています。社殿には動物の絵柄が彫られており、”見ざる 言わざる 聞かざる”の三猿は特に有名です。 ■華厳の滝 日本三大名瀑の1つでもあります。高さ97mから流れ落ちる滝の迫力には圧 [全文を読む]

紅葉は旅の入り口にすぎない。「そうだ京都、行こう」歴代ロケ地めぐり

まぐまぐニュース! / 2015年11月27日07時30分

この神社の建築様式は人を神として祀るための特徴的な建物として、後に徳川家康を祀る日光東照宮にも引き継がれました。菅公が愛でたとされる梅と紅葉の名所です。毎月25日は「天神さん」と呼ばれる縁日で、境内には多くの露店が立ち並び賑わいをみせます。 ・北野天満宮 紅葉 2015年見ごろは?ライトアップはいつから? image by:京都フリー写真素材 いかがでした [全文を読む]

フォーカス