髪型 黒木華に関するニュース

黒木華主演『重版出来!』が高評価 「かわいく見えてきた」の声も

しらべぇ / 2016年04月21日18時00分

髪型も着てる服もすべて。— じえん (@NeFuku) April 21, 2016『重版出来』、2話目もみおわった。黒木華ちゃんがかわいいすぎてつらい。自分が新卒のとき男性ばかりの部署に他の同期より先に配属になったときのこと思い出してつらい。— ㌫㍉㍎㌅㍊㌳㌹㌕㍂㍗㌣㌻㌖㌶㌧㌔㌦㍑ (@natsunatsuna) April 21, 2016■好評の理由 [全文を読む]

名匠・山田洋次監督が描く、恋愛映画 『小さいおうち』U-NEXTで配信スタート

@Press / 2014年08月08日11時00分

昭和デザインの美を感じることができる、時子(松たか子)の着こなすモダンな着物や髪型をはじめ、周りの人々のファッションにも注目です。監督の情熱から生まれたかつてない意欲作となる、『小さいおうち』をPPV(ペイ・パー・ビュー)(※2)で配信いたします。なお、DVD ・ブルーレイの発売と同日配信となっております。▼小さいおうち【配信期間】平成26年8月8日~平成 [全文を読む]

オダジョー、40才の変化 人情派演じる姿に「円熟味出た」評

NEWSポストセブン / 2016年05月30日07時00分

個性的な髪型やヒゲ顔もあって「和製ジョニー・デップ」と言われ、さらに、独自の存在感が“オダジョー”という略称を生み、変人や犯罪者などの「クセの強いイケメン」役を演じてきました。 そんなオダギリさんが『重版出来!』では、これまでの「いかにも“オダジョー”」というクセの強いイケメンではなく、人情派の役を演じています。オダギリさん演じる五百旗頭敬は、ヒロインの黒 [全文を読む]

ニノ、普段は汚い格好!?ジャニーズらしからぬ素顔明かす

Movie Walker / 2015年12月12日13時20分

今まで公開に向けて、テレビや雑誌、新聞に出て、キレイな服装、キレイな髪型にしていただいていた。そんな毎日がもうなくなってしまうんだと。普通の汚い格好をして、汚い髪型になって、普通の生活をしていくんだなぁと思うと寂しい気持ちになります」と、ジャニーズ事務所のメンバーらしからぬ日常を明かし、笑いを誘っていた。 また、“一番心に残ったシーン”について聞かれた二宮 [全文を読む]

佐藤健の差し入れ、黒木華の所作…『天皇の料理番』おいしい撮影秘話

WEB女性自身 / 2015年07月11日06時00分

着物を縫う撮影でも、針や布の持ち方をお教えするケースが少なくないのですが、彼女の場合は、私がなにもしなくても『ハイハイ』と、上手に裁縫していました」 また、黒木の髪型や着物の模様は、明治から昭和になるにつれて微妙に変化しているのだが……。「黒木さんはその時代、時代に合った所作や作法をうまくこなしていました。ふだんは、明るくてお茶目な方ですが、作品に出演する [全文を読む]

西川美和 師匠・是枝裕和に“似ない言い訳”

ソーシャルトレンドニュース / 2016年09月29日20時17分

今回の作品にも活かされていますが、例えば、誰かが亡くなって悲しいのに、トイレに行ったら自分の顔を見て無意識に髪型を整える。本当に悲しいのかどうかわからないよな……と、自分自身で感じたことが反映されています」――ただ、作品としてみると、西川さんの中だけではなく、普遍性のある感情に感じます。「自分の中の嫌なところは必ずしも特殊な個性ではなく、濃度の差はあれ、意 [全文を読む]

『とと姉ちゃん』次女役で注目! 相楽樹の包容力あふれる演技の魅力

リアルサウンド / 2016年06月14日07時57分

彼女がオーディションを受けに来た役柄は、髪型の関係で起用することができなかったが、他の役で見てみたいと思わせるだけの光るものがあったと映画プロデューサーは語っている。 相楽が演じる鞠子は、冷静に姉妹のバランスを取りながら行動をしつつも、自身の思いを達成するために強い意志をもち、努力を惜しまない。実際の相楽も“頭で考えるタイプ”と自己分析したが、「朝ドラは知 [全文を読む]

目撃した女子大生があ然!「重版出来!」黒木華の“華がなさすぎる”ロケ現場

アサ芸プラス / 2016年04月22日17時59分

今までのイメージと違って、役柄上、前髪パッツンの髪型だったせいもあるけど、女優オーラはゼロでしたね。実際に誰も気づいていなかったし‥‥」 黒木の「華のなさ」が、致命傷にならなければいいが。 [全文を読む]

Coccoの発言に不穏な空気漂う!?岩井俊二監督も首傾げる

Movie Walker / 2016年03月26日17時49分

毎回、髪型も衣装も全部変えて。同時進行していたいろんなドラマ撮影のあとに『リップヴァンウィンクルの花嫁』の現場へ行っていたんですが、そのときそのときで印象を変える役だったので、全てがプラスに働きました」とコメント。 黒木は「感無量です。本当にここまで来るのは長かったです。いつもは監督の思いに答えられないとか、そういうので苦しいんですが、この作品では監督が私 [全文を読む]

フォーカス