センター 森田剛に関するニュース

片や解体、片や“干され→復活”……Sexy ZoneとHey!Say!JUMP、ジャニーズ若手の悲喜こもごも

日刊サイゾー / 2014年07月23日13時00分

たとえば、V6結成時、『森田剛が入らないなら自分もやらない』と言う、お気に入りの三宅健に対し、ジャニーさんが『剛を入れると、剛がセンターになっちゃうよ』と返したのはよく知られた話。。また、中山優馬のためにHey!Say!JUMPの人気メンバー・山田涼介と知念侑李を引っ張ってきてNYCを作ったときも、最初は中山がセンターだったのに、途中から一番人気の山田がセ [全文を読む]

「東京フレンドパーク、放送してない!」 北海道は野球中継、ツイッターで悲鳴が

Jタウンネット / 2017年07月04日20時00分

北海道放送(HBC)の広報部にJタウンネットが2017年7月4日に話を聞いたところ、こんな問い合わせが視聴者センターにここ1週間で80件ほど殺到したという。森田剛、長瀬智也らが出演で話題に 北海道放送(Joさん作成、Wikimedia Commonsから) 東京フレンドパークは、17年1月に特別番組として6年ぶりに復活し、再び放送された7月3日夜は、TBS [全文を読む]

V6三宅を大きく成長させた「ある苦手意識」

日刊大衆 / 2017年06月30日15時05分

当時、後にメンバーとなる森田剛とコンビのように扱われたが、ダンスがうまかった森田と組んだことで、どうしてもセンターに立つことが多かった。三宅は、自分よりも踊れる先輩たちを差し置いて、踊れない自分がセンターへ出ることに、申し訳なさと後ろめたさを感じていたという。 三宅が最初に覚えたのは、SMAPが1993年にリリースした8枚目のシングル『はじめての夏』の振付 [全文を読む]

伝説の漫画作品、韓国の大ヒットドラマ、注目作はどれ!?お薦めしたい2017年夏ドラマ5選!

日本タレント名鑑 / 2017年06月30日12時05分

救命センターで切磋琢磨していた彼らのその後が描かれるサードシーズン。そのキャリアは10年を越え、5人はそれぞれの道を歩み始めています。積み上げたものも時間も違う5人の道がどう絡み展開していくのか、今から楽しみで仕方ありません。 ちなみに主題歌は、これまでの2シーズンと同じく、Mr.Childrenの「HANABI」。これまたファンにはたまりませんね。 僕 [全文を読む]

メンバー全員30歳以上でノリノリ! ジャニーズ・V6が開き直っている

日刊サイゾー / 2012年03月03日08時00分

「やはりイノッチ(井ノ原快彦)がNHK『あさイチ』でブレイクした影響で、グループのセンター的ポジションが変わってきたということはあるでしょう。舞台で活躍してきた坂本は声量も歌唱力もあるし、事務所歴の長い長野博も地味ながら安定感がある。昔は若くて華があるカミセンに人気が集中していましたが、全員が30歳を超えた今、"若さ"とか"カッコよさ"よりも、メンバーそれ [全文を読む]

フォーカス