森田剛 近藤真彦に関するニュース

「ジャニーズ系」ってどういうこと? 一般の人とジャニーさんが思う「ジャニーズ系」の違いとは

AOLニュース / 2016年04月25日21時00分

また、「(タレントは)顔だけでは選ばない」とも語り、だからこそワイルドな森田剛さん(V6)、ヤンチャな近藤真彦さんら、個性豊かな人材がそろっているのでしょう。一般に語られる"ジャニーズ系"のイメージと、本家本元のジャニーさんがヨシとする男子像にかなりズレがあるのは、興味深いところです。両者を比較してみると、こんな感じになりましょう。【一般的な"ジャニーズ系 [全文を読む]

今井翼、V6井ノ原の下品すぎるイタズラを暴露

日刊大衆 / 2017年02月22日11時00分

そのロケには井ノ原やV6の森田剛(38)など年上の先輩も一緒だったのだが、宿泊した翌朝、なぜか井ノ原らがそわそわしており、今井がトイレに行ったところ、下腹部に象の耳などの絵が落書きしてあったのだという。これについて今井が「中学2年で初めてのロケでこんなことされて、どえらい世界に入ったな(と思った)」と、当時の気持ちを打ち明けると、国分らTOKIOのメンバ [全文を読む]

ジャニーズ50人がシャッフル! 夏ソングをメドレーで

Smartザテレビジョン / 2016年06月23日22時22分

「オモイダマ」('14年、関ジャニ∞)を、松岡昌宏、森田剛、堂本剛、加藤シゲアキ、八乙女光、松島総。 「太陽がいっぱい」('89年、光GENJI)を、城島茂、二宮和也、錦戸亮、有岡大貴、重岡大毅、佐藤勝利。 「ギンギラギンにさりげなく」('81年、近藤真彦)を、長野博、相葉雅紀、大倉忠義、桐山照史、知念侑李、菊池風磨。 日本テレビの前田直敬プロデューサー [全文を読む]

キスマイ・宮田も救われた!「アド街」新司会、V6・井ノ原のフォロー力

アサ芸プラス / 2015年04月04日09時59分

団地で育った庶民的な所もありますし、メンバーの森田剛くんに『井ノ原くんがいなかったらV6は成り立たなかった』と言われるほど、バランス感覚にも優れています。ジャニーズタレントの中で、情報番組をやるうえでの引き出しが一番多いのではないでしょうか。それに素顔はとても男らしく頼りがいのある人で、家庭は彼が引っ張り、瀬戸さんは全幅の信頼を寄せているそうです」(芸能関 [全文を読む]

ジャニーズ恒例、成人式&年男ユニットは消滅? ファン6,000人集結の一大行事の行方

サイゾーウーマン / 2015年01月14日09時00分

99年、新成人のTOKIO・長瀬智也、KinKi Kids・堂本光一、V6・森田剛が出席し、「立会人」として先輩の近藤真彦も登場したジャニーズの成人式。翌年も明治神宮で行われ、少年隊・東山紀之が立ち会う中で、KinKi Kids・堂本剛&V6・三宅健が、ファンやマスコミの前で挨拶。以降も嵐、タッキー&翼、NEWS、関ジャニ∞、KAT‐TUNメンバーらが出 [全文を読む]

「V6は抱き合わせ」嵐らジュリー派閥がIT業界に歩み寄り!? 「GREE」CM出演の裏側

サイゾーウーマン / 2014年05月01日09時00分

C V6は、坂本昌行と森田剛が舞台で活躍していますが、テレビとして需要があるのは岡田准一と井ノ原快彦の2人くらいですからね。そういえば、GREEではありませんが、岡田は携帯ゲームのCMに現在出ています。A でも、そのV6のメンバーが出演するソーシャルゲーム『ラブセン~V6とヒミツの恋~』が、すごい人気だそうですよ。国内アーティスト初の実写恋愛ゲームなんだっ [全文を読む]

いつの間にか“地味”に!? ジャニーズ「好きな」「嫌いな」ランキング双方圏外だった香取慎吾の現在

日刊サイゾー / 2014年02月26日09時30分

以下の順位は、2位が元KAT-TUNの赤西仁、3位が中居正広、4位が近藤真彦、5位が草なぎ剛、6位がV6の森田剛、7位が嵐の二宮和也、8位が同率でTOKIOの長瀬智也と亀梨和也、10位がSMAPの稲垣吾郎という結果だった。 「嫌いな~」の年代別ランキングにおいても、30代を除くすべての年代で1位となってしまった木村。回答者の中には、木村に対し「あの年でロン [全文を読む]

SMAP、嵐の二大勢力が大健闘!! 好き・嫌いなジャニーズランキング

messy / 2014年02月25日17時00分

◆好きなジャニーズ 1位:櫻井翔 2位:木村拓哉 3位:中居正広 4位:松本潤 5位:大野智 6位:岡田准一 7位:亀梨和也・相葉雅紀 9位:井ノ原快彦 10位:山下智久 ◆嫌いなジャニーズ 1位:木村拓哉 2位:赤西仁 3位:中居正広 4位:近藤真彦 5位:草なぎ剛 6位:森田剛 7位:二宮和也 9位:長瀬智也・亀梨和也 10位:稲垣吾郎 「好き」部門 [全文を読む]

フォーカス