ソロ 森田剛に関するニュース

V6三宅を大きく成長させた「ある苦手意識」

日刊大衆 / 2017年06月30日15時05分

V6の10周年記念コンサートでは、メンバーそれぞれのソロパートがあり、三宅は自分のソロパートの振付を、憧れのストリートダンサーに頼んだ。三宅が選んだ曲はV6の楽曲ではなく、お気に入りだったMr.Childrenの『こんな風にひどく蒸し暑い日』だった。番組で、三宅はこのエピソードを「ひどいよね。10周年に人の曲歌ってんの」と笑いながら話していたが、これによっ [全文を読む]

関ジャニ横山裕「一番影響を受けた先輩」中居正広への思いを告白

ザテレビジョン / 2017年06月11日07時45分

手描きのアートを披露したほか、彼らの音楽への思いを語った座談会、各メンバーのソロインタビューを掲載している。 ソロインタビューでは、7人が「人生を変えたアーティスト」について言及。多大な影響を受けた国内のミュージシャンや海外アーティストについてそれぞれの思いを語った。そんな中、横山裕は自身にとってのSMAPの存在の大きさを明かした。「SMAP、特に中居(正 [全文を読む]

元KAT−TUN田口淳之介ソロデビュー!数年前の「亀梨予言」が当たった?

しらべぇ / 2016年09月06日08時30分

しかし1年もたたないうちにソロデビューを発表!この知らせを聞いたジャニヲタ(30代・女性)は...「KAT-TUNのなかで、田口くんだけ踊りが異常にきれいでしたよね。三浦大知くんみたいな方向性で、ダンスを極めた楽曲をやりたいんでしょう。」それなら山下智久くんみたいにグループを脱退して、ジャニーズ事務所内でソロ活動すればいいのでは?すると、ジャニヲタ(30代 [全文を読む]

V6とHey!Say!JUMP―今年の「24時間テレビ」のメインパーソナリティーを務める2組の共通点とは

ウートピ / 2015年04月09日12時00分

20周年! ソロでもグループでも円熟のV62000年にパーソナリティーを務めて以来、15年ぶりとなるV6。1998年には森田剛がチャリティーマラソンランナーとして100キロを完走している。長らくソロ活動が目立っていたV6もグループ結成20周年を迎え、昨年はシングルCDのリリースにNHK紅白歌合戦に初出場と、グループ活動も盛んになっている。井ノ原快彦はNHK [全文を読む]

「人間ぽくていい!」と森田剛が語るV6メンバーとは

WEB女性自身 / 2014年11月08日07時00分

最近ではソロでの活躍が目覚ましいV6も、デビュー20年目に突入!いざそろうと少年のような仲のよさがあり、成熟したグループならではのチームワークがある。そんななか、森田剛(35)がメンバーの素顔を語った。 健と出会ったときのことは今でもよく覚えてる。紫色の服着て、態度の悪い、何か変な子供だった(笑)。そのまま大人になっちゃった感じ。最近はアウトな発言で楽しま [全文を読む]

メンバー全員30歳以上でノリノリ! ジャニーズ・V6が開き直っている

日刊サイゾー / 2012年03月03日08時00分

かつては森田剛、三宅健、岡田准一という弟組「カミセン」が人気の中心であり、年長者「トニセン」は歌もソロパートがほとんどない構成ばかりだったが、「Sexy.Honey.Bunny!」では一転、坂本昌行と井ノ原快彦がねっとりとソロを歌い上げ、強烈なインパクトを与えていた。 そして、今回の「バリバリ~」でも、やはり坂本と井ノ原が中心となり、軽快なリズムにノッて [全文を読む]

24時間テレビのジャニーズギャラ数千万円は高いのか問題への反論|平本淳也のジャニーズ社会学

デイリーニュースオンライン / 2017年08月23日20時30分

ジャニーズをバッシングしたいだけのようだが、ギャラ単価ではソロの上戸ほうが嵐の各メンバー個人より高いことを知ったらどう思うのだろう。 ジャニーズとは正反対に、呼ばれてもいないのに募金箱や貯金箱を持って武道館に現れる「テレビに出たい芸能人や有名人」も多数いる。実際に武道館の現場では、キャストに手渡しできる「募金ロード」の受付で自身の立場を説明しながら出演交渉 [全文を読む]

三宅健が出した「V6加入の意外な条件」とは

日刊大衆 / 2017年01月11日19時00分

V6の三宅健は、ソロのテレビ露出が少ないせいか、あまり目立たないイメージがあるかもしれない。しかしV6は、彼なしでは成立しなかったといわれている。そもそもV6は、ジャニーズJr.時代、カリスマ的な人気を誇った三宅と森田剛の“剛健コンビ”がいたからこそ誕生したのだ。 三宅は、13歳でジャニーズ事務所に入所した当初から華々しい活躍を見せている。履歴書を送付した [全文を読む]

J Movie Magazine Vol.10刊行のお知らせ

@Press / 2016年04月13日11時15分

満を持しての映画初主演・森田剛の魅力に迫る! 【表紙・巻頭特集/独占撮り下ろしロンググラビア&インタビュー】 『ヒメアノ~ル』森田 剛 【ソログラビア&インタビュー】 『ヒーローマニア-生活-』大特集 東出昌大/窪田正孝 【ロンググラビア&徹底インタビュー】 『ディストラクション・ベイビーズ』菅田将暉 【『暗殺教室~卒業編~』連続特集・第3弾!】 《特別 [全文を読む]

【エンタがビタミン♪】V6・三宅健が「岡田准一はおもちゃ」だった発言。メンバーからはクレーム連発。

TechinsightJapan / 2015年08月17日14時55分

V6の三宅健がバラエティ番組にソロ出演して、ジャニーズJr.時代から現在までを振り返った。ほかのメンバーに聞いた三宅に関するアンケートも紹介されたが、褒めたりクレームが飛び出したりとざっくばらんに言いたい放題で、彼も苦笑していた。デビュー20周年を迎えるV6から、三宅健が8月16日放送のトークバラエティ番組『誰だって波瀾爆笑』(日テレ系)に初出演した。1人 [全文を読む]

「聞いてないのに、なんで言うの?」生理日を世界に発信するmisonoが、今度は岸田健作との恋愛を公表!

日刊サイゾー / 2014年08月04日20時30分

しかし、2012年にリリースした18thソロシングルは最高位77位に留まり、以降、音楽活動を縮小。現在は、舞台やイベント、パチンコ店のイメージガールなどの活動をしている。 「misonoは、かつてV6の森田剛とのデート現場がスクープされたり、自ら『顔が小さい、細い、目が大きい、肌が綺麗、じマツゲが長い、歌がうまい、声がいい、TVよりも生で会う方がいいとか、 [全文を読む]

乙女ゲーム化に三宅健&長野博のバラエティ進出、18周年のV6になにが!?

サイゾーウーマン / 2013年11月07日17時00分

今後も長野は得意のグルメ知識を生かし、ソロでテレビに出る機会が増えるかもしれません」(ジャニーズに詳しい記者) メンバーのバラ売りが始まって新境地を開拓しつつあるV6だが、10月23日からは実写恋愛ソーシャルゲーム「ラブセン~V6とヒミツの恋~」が、GREEにて配信されている。 「“擬似恋愛ゲーム”ということでジャニーズファンからは『なんで若手の嵐や関ジャ [全文を読む]

いじめのトラウマを告白…misonoのネガティブキャラが加速中

メンズサイゾー / 2013年02月02日12時00分

ソロ転向後も鳴かず飛ばずだったが、バラエティーで活躍することでタレントとしての光明を見出した。だが、あっけらかんとした明るいキャラクターについては「沢山の人に好かれたいという想いから明るく元気にふるまっている」「実は凄くネガティブで他人の目を凄く気にしている」と本人がブログで記しており、少なからず無理が生じてしまっていたようだ。 misonoといえば、昨秋 [全文を読む]

フォーカス